FC2ブログ

美に入り彩を穿つ 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:大宮アルディージャユースvs前橋育英高校〜



もう7周年か。
このブログを書いている途中にビッグニュースが!
白菊ほたるちゃんソロデビュー決定!
15.png
おめでとう!

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2018
大宮アルディージャユースvs前橋育英高校

IMG_3920_20181201214730bec.jpg

大宮は4-4-2
2トップは髙田颯也くんと吉永昇偉くん。
左SH渡辺俊介くん右SH五百藏悠くん。
ボランチは瀬良俊太くんと安島樹くん。

前橋は4-2-3-1
室井彗佑くんのワントップ。
トップ下に秋山裕紀くんが入り左に森隼平くん右に長澤壮竜くん。
ボランチに鏑木瑞生くんと渡邉綾平くん。

プリンス関東の2位と3位の直接対決。
この試合の結果がプレミアリーグプレーオフ出場権の獲得に大きく影響する。

さて、試合。

大宮右サイドでFK、キッカーは瀬良くん。
ゴール前に入れたボールは前橋がクリア。
左サイドでクリアボールを拾った安島くんがワントラップから再びゴール前へ。
CB村上陽介くんがヘディングを合わせるが枠の上。
IMG_3922_20181201214736b59.jpg

前橋、中央から秋山くんが左サイドに展開。
オーバーラップしてきた左SB倉俣健くんがクロスを入れる。
ゴール前で室井くんがヘディングを合わせるがこれは大宮GK久保賢也くんが体の正面でキャッチ。
実は室井くんにボールが渡った時点で副審の旗が上がっていたのだがシンプルで効果的な攻撃。
IMG_3924_20181201221106918.jpg

大宮、右サイド五百藏くんがドリブルで突破。
カットインしてPAへ。
五百藏くんのドリブルからスィッチして髙田くんがPA内でボールを受け、反転してシュート。
これは前橋GK山口瞬くんが飛び出してシュートコースに立ちはだかり体でブロック。
IMG_3935.jpg

前半21分、大宮は右サイドでのFKを吉永くんが素早く縦へ。
抜け出した髙田くんがクロス、ゴール前吉永くんがヘッドを合わせた。大宮先制。1-0
IMG_3936.jpg
IMG_3937_201812012148350ec.jpg

前半34分、大宮は右サイドから右SB梅本琉生くんがクロス。
前橋ゴール前でクリアもバイタルで拾った安島くんがミドル。
ブロックされるがこぼれ球を拾った吉永くんが押し込んだ。2-0
IMG_3948_201812012148396b2.jpg
IMG_3950_20181201214841405.jpg

前橋は二人交代。
ボランチの渡邉くんに代えて近藤友喜くん。
IMG_3955_20181201215200ec3.jpg
右SH長澤くんに代えて榎本樹くん。
IMG_3954_20181201215154951.jpg
榎本くんが前線に入り室井くんと2トップ。
近藤くんが右SHに入り秋山くんをボランチに。
IMG_3958_201812012152047a6.jpg

大宮、左サイド渡辺くんがドリブルで切り込み髙田くんに折り返し。
髙田くんの右足シュートはコース右枠外に逸れる。
IMG_3932.jpg

大宮、高い位置で奪った吉永くんが右から走り込んできた髙田くんへパス。
髙田くんからリターンを受けた吉永くんがフリーでシュートも枠の外。

前半終了。

大宮は攻撃が噛み合っている。
前線でターゲットになる吉永くんとドリブルで前橋守備ブロックを掻き回す髙田くん。
特に髙田くんの鋭い切り返しとストライドの長いドリブルは一人、二人とDFを置き去りにしてしまう。
両SHは渡辺くんと五百藏くんの縦に仕掛けるドリブル。
ボランチは安島くんがアンカーでDFラインの前でビルドアップ。
瀬良くんが安島くんと縦の関係になりボランチからトップ下のポジションをこなす。
先制点の起点となったのは瀬良くんのセットプレー。
瀬良くんがバイタルエリアでチャンスメイク。
右SB梅本くんのオーバーラップも良い。
サイドライン際を走るだけでなくインサイドにオーバーラップしていく。
サイドに開いて受けるだけでなく中央に絞ってボール回しに参加。
彼が内に外に上がることで前橋が引っ張られサイドで有利な展開を作り出せる。
IMG_3951_20181201221504b0b.jpg

前橋は明らかに上手くいっていない前半。
シュートは一本か二本。
前線の室井くんが孤立している。
元々前線でDFを背にしてキープというプレースタイルではないのだろう。
そもそもボールが入るシーンがあまりないのもあるが。
中盤からサイドに展開して攻撃陣を押し上げていければいいのだがサイドに渡っても一対一での勝負に負けている。
サポートの動きもあまりなく選手個々がそれぞれの持ち場で孤軍奮闘しているという印象だ。
大宮のプレスにそのまま取られてしまうことはないにしてもポジションを限定的に追い込まれている。
一手先のパスは繋がるが二手先、三手先のプレーで詰まってしまう。
前半途中には長身FWの榎本くんを入れ2トップに変更してきた。
後半どう出るか。
IMG_3925_20181201214739e7c.jpg

後半開始。

後半3分、大宮の髙田くんが中央からドリブル突破。一人、二人と躱して抜いていきGKが詰める前にシュート。3-0
IMG_3972_2018120121535140c.jpg
IMG_3973.jpg

前橋、センターサークル付近からのFK。
キッカーの秋山くんはDFとGKの間に落とすボール。
走り込んだCB吉田和暉くんがヘッドで合わせようとするも僅かに合わず。
IMG_3975.jpg

前橋の榎本くんが前線でGKのキックミスをカットしシュートもGKがブロック。
IMG_3979_201812012155439e4.jpg

後半21分、大宮は瀬良くんが高い位置でのチェイスでこぼれたボールが髙田くんへ。
髙田くんはPAまで持ち込みユニを捕まれ倒れながらもシュート。
シュートは枠の外だったがPKの判定。
キッカーは吉永くん。
IMG_3981_201812012155461e0.jpg
コース左にキッチリ決めた。4-0
吉永くんはハットトリック達成。
IMG_3983_20181201215550964.jpg

大宮は五百藏くんに代えて林勇太朗くんをピッチへ。

前橋はスローインを森くんのロングスローでゴール前へ投げ込んでくる。

前橋は三人交代。
須田晃輝くん塚原舜介くん水多海斗くんがピッチへ。
IMG_3991_20181201215835c4e.jpg

大宮は渡辺くんに代えて早乙女勝海くんをピッチへ。
IMG_3994.jpg
さらに髙田くんに代えて高柳郁弥くん。
IMG_3996_201812012158393ed.jpg

大宮、右SB梅本くんに代えて柳智也くん。
柳くんはトップに入り右SHだった林くんがSBに降りる。
IMG_4002.jpg

試合終了。

前橋は後半大分形を作れるように。
前線の榎本くんがターゲットになり。
秋山くんがボランチに下がってセンターラインの軸がしっかり固定された。
CB吉田くんのロングフィード。
森くんのロングスローなど徹底的に前線の高さを活かす。
ただし全てが上手く回っていたわけではない。
中盤でのプレスからのボールロストは再三見られ。
4失点目も危険な位置でプレスを受けて失点に繋がった。
室井くんも前半よりはチャンスが増えたがボールが足につかなかったり大宮の寄せが早くシュートを打たせてもらえない。
IMG_4015_20181201220308bbe.jpg

大宮は会心の勝利。
プレミアプレーオフにかなり近づいた。
最終節の結果次第では前橋育英に勝点で並ばれるが得失点差でかなり有利だ。
後半にやり方を変えてきた前橋に対し守備陣はスムーズに対応。
長身の榎本くんに空中戦でアドバンテージがあるのは認めた上で仮に競り負けてもセカンドボールに気を使う。
室井くんにはスッと複数の人数でプレスをかけてボールを囲んでしまう。
ロングボール攻勢にはとにかく前へ大きく弾き返す。
CBコンビの森侑里くんと村上くんの対応はパーフェクトに近い。
瀬良くんも安島くんをサポートしつつ攻撃にも絡んでいく。
ハットトリックの吉永くんは流石の一言。
天性のポジショニングの良さ。
ゴールの匂いが濃厚な所には必ずポジショニングしている。

この試合の"SMVP"は髙田颯也くん。
1ゴール1アシスト。
4点目のPKを獲得したのも彼だ。
相手の逆を突く切り返しとゴールへの最短距離を突き進むドリブル。
鋭い切り返しの要因は足元が柔らかいこと。
切り返しで反応を遅らせて一歩目からスピードに乗るドリブルでDFを引き離す。
IMG_4012.jpg
IMG_4018.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Sunshine See May 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ:柏レイソルU-18vs流通経済大学付属柏高校〜



上越高校サッカーに力入れてる(監督は元Jリーガー藤川祐司さん)から上越高校だけでなく上越地区として相対的にレベルアップしてほしいやね。
ワイは上越地区から選手権出場高校が出る日をずっと待ってるんや(まあ望むなら母校の糸魚川白嶺高校に出て欲しいけどそこまで高望みはしまい)

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018
柏レイソルU-18vs流通経済大学付属柏高校

IMG_3831.jpg

柏は4-1-4-1
トップに森海渡くん。
一列下に左から鵜木郁哉くん山田雄士くん小野寺巧くん正田徳大くん。
アンカーに杉井颯くん。

流経は4-4-2
森山一斗くんと岡本竜くんの2トップ。
左SH熊澤和希くん右SH芹田悠真くん。
ボランチに八木滉史くんと藤井海和くん。

さて、試合。

柏、カウンターで右サイドを山田くんがドリブル突破。
流経が後ろから身体を当てて止めファウル。
右サイド角度のあまり無い位置でFK獲得。
左SB吉田新くんが左足でニアを直接狙うがポスト直撃。
IMG_3846_201811260027014eb.jpg

流経、ボランチの八木くんが左サイドの熊澤くんへ展開、熊澤くんがワンタッチでPA内へ浮き球を入れると森山くんが走り込んでシュート。
ゴールにはならなかったがスピーディーな攻撃。
IMG_3833.jpg
その後のCK、キッカーの芹田くんの右足キックは直接ゴールインしそうなコースに巻いてきた。
ジャンプして触ろうとした柏GKの頭上を越えゴールインかと思われたがゴールライン上で守っていた柏DFがヘディングでクリア。

柏、中央の杉井くんから左サイドへ。
リターンを受けた杉井くんがダイレクトでライン裏へスルーパス。
小野寺くんが抜け出すが流経DFが一足先にクリア。
IMG_3838.jpg

流経、左サイド熊澤くんが遠目からロングシュートを狙う。
ゴール左上段のコースをGK小久保玲央ブライアンくんがジャンプし片手で弾き出す。
IMG_3854.jpg

柏、山田くんがバイタル中央やや右からミドルシュート。
流経GK松原颯汰くんが弾いたボールを森くんが拾って(この時点で線審の旗が上がっていたのでオフサイド)シュートも再びGK松原くんが距離を詰めてブロック。
こぼれ球を拾った右SB貞廣大輔くんがシュートを放つが枠の上。
IMG_3849.jpg

前半終了。

柏はDFラインからのビルドアップは安定している。
流経のプレスをいなして繋いでいけるのは流石。
ただ流経の中盤のプレッシャーが激しい。
前線の森くんは長身FWだが流経も空中戦に滅法強いCB関川郁万くんがいるのでなかなかすんなりと通してはくれない。
柏の攻撃にアクセントを加えていたのがCB井出敬大くんのロングフィード。
DFラインから一気にサイドに通す。
特に左サイドは鵜木くんに加えてSB吉田くんがいつの間にか前線に駆け上がっている。
無理をして繋いでいくことをせずにDFラインからの井出くんや真家元彦くんの一本のロングパスが効果的だった。
IMG_3840.jpg

流経は中盤のプレスが良い。
柏の選手達はプレスをいなせるだけの技術を持っているがチャレンジ&カバーが徹底されていて一人目が躱されても二人目がしっかり詰める事で柏のボール回しを寸断。
八木くんと藤井くんのボランチコンビに加えてSH熊澤くんがキッチリ守備に戻る。
サイドに通されてもしっかり付いてクロスに対応。
崩されても中央の守備ブロックで弾き返す。
CB関川くんは空中戦で観客をどよめかせるヘディングを放つ。
高さは勿論の事、そのヘディングの飛距離。
最終ラインから一気に前線へ通す。
ベンチからのコーチングを聞く限りではもっと縦に速く、そして2トップへの動き出しを要求。
2トップの効果的な絡みがあまり無かったというのもあるが最初の方にあった素早いサイドへの展開からダイレクトでPAへのパスに抜け出す攻撃が理想なのかもしれない。
IMG_3852_20181126002715f63.jpg

後半開始。

後半11分、柏が右サイドをSB貞廣くんがカットされながらもなんとかボールを持ち込んで縦パスを正田くんへ。
正田くんのグラウンダーのクロスにゴール前で森くんが合わせようとするが流経DFに競られて態勢を崩し打ち切れない。
だがファーに流れたボールを鵜木くんがゴールラインギリギリで追い付いてキープし角度の無い位置から右足で叩き込む。
柏先制。1-0
IMG_3856_20181126003029b6d.jpg
IMG_3858_20181126003036d09.jpg
IMG_3859_2018112600304023f.jpg

流経は森山くんに代えて中井颯人くん。
IMG_3861_20181126003048efd.jpg
さらに芹田くんに代えて北島直樹くんをピッチへ。
IMG_3862_20181126003052e1b.jpg

流経のCK、右からの八木くんのキックにニアに走り込んだ関川くんがヘッドを合わせるが枠の上。
IMG_3842.jpg

流経左SBがこの試合二枚目のイエローで退場。
流経、岡本くんに代えて木村聖くん。
IMG_3879.jpg

柏、鵜木くんに代えて細谷真大くん。
細谷くんは右に入り正田くんが左に移る。
IMG_3889.jpg

流経右からのCK、八木くんのキックに熊澤くんがヘディングを合わせるが枠の上。
IMG_3868_20181126003256d06.jpg

一人少ない流経、右SB清宮優希くんをスライドし3バックに移行して3-4-2へ。
さらにCB関川くんを前線に上げてパワープレー。
IMG_3890.jpg
シンプルに裏を狙うか関川くんをターゲットにバイタル中央で時間を作り人数を掛けていく攻撃。
リスクは勿論あるが攻めの姿勢で柏もギリギリのクリアやシュートブロックで対応。
IMG_3882_20181126003440ecb.jpg
流経にCKが増えてきた。
スローインも木村くんのロングスローで直接ゴール前に入れてくる。

流経、清宮くんに代えて古谷優斗くんを投入。
IMG_3894.jpg

柏はなるべくサイド奥深くでボールを持ちキープして時間を使う。
小野寺くんが巧みにそして巧妙にコーナフラッグ付近までボールを運び身体を壁にしてボールをキープ。
ロスタイムに入ったが柏が左サイドでボールを持つ時間の方が多い。
IMG_3865_201811260032471fe.jpg

流経が焦れる展開が続く。
柏はサイドでのキープというやり方を徹底。

ロスタイム3分が経過し試合終了。
柏が1-0で流経に勝利。

流経は1点を追う展開になったところで一人退場者が出たのが痛かった。
チーム全体が落ち着きを欠いていたところがあったかもしれない。
CB関川くんを上げてのパワープレーは理にかなっているが柏も中央を固めてくる。
何度かゴール前に肉迫していただけにそこを押し切るだけのもう一押しとむしろ逆手に取るぐらいの一工夫のワンプレーがあれば。
IMG_3909_20181126003742282.jpg

柏は終盤チームとして1点を守り切る戦い方に徹した。
DF陣がゴール前を固めセカンドボールへの対応にも決して気を抜かない。
特にCBコンビの集中力は素晴らしかった。
CB真家元彦くんはライン裏を狙われ前線からのプレスにもさらされる。
クリアか?繋ぐか?何度も難しい判断を迫られるが常に最善手を取り続けた。
GK小久保くんはそんな中で流経からの前線のプレスに慌てて蹴り出さずに切り返しで躱しパスを繋ぐ。
ゴールキックの時もいつもと変わらない動作(ほんのちょっとゆっくりになってはいるが)でチームを落ち着かせる。
小野寺くん正田くんの二人はサイドで時間を使う事を徹底。
小野寺くんは試合を通じて気の利いたポジショニング。
常に味方がいてほしいところにポジショニングしゲームメイクを一手先に繋げる。
アンカーのカバーもしながら攻撃にも絡み終盤はボールキープを自分のタスクとしてやり遂げた。
そしてこのチームに落ち着きをもたらしていたのがキャプテンの杉井くん。
試合の終盤こんな一コマが。
流経の監督がサイドに切れたボールをトラップからリフティング披露。
それを見て笑顔でボールを取りに行く柏のキャプテン杉井くん。
去り際に監督の肩をポンポンと叩く。
そしてヒートアップしていたCB関川くんをなだめながらしっかりマークにつく。
IMG_3900.jpg
緊張と緩和。
1点を追われている状況。
どちらに偏ってもチームとしては良くないが。
叱咤と激励。
杉井くんが上手くチームのバランスを取っていた。

この試合の"SMVP"はCB井出敬大くん。
後半特に増えたラインの裏のスペースへのカバー。
ボールに追い付いてセーフティーにクリアするか、それとも受けてプレスを躱してから繋いでいくか。
この判断が非常に的確でかつ迷いが無い。
終盤は一寸間違えれば大ピンチを迎えるプレーの分岐点が多く、何度も決断を迫られるシーンが続く。
だが最適解を自分のプレーで証明してみせた。
IMG_3907_2018112600373798b.jpg
IMG_3911.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Last Pass ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 T1:成立学園高校vs東久留米総合高校~

成立学園鷲宮グランドへ。
間違えて久喜で乗り換えて鷲宮駅で降りてしまう。
駅出たら見慣れないなんもない風景が。
「あ、やべ」と思い駅に引き返して久喜行きの電車に。
そしてようやく東鷲宮駅で降りる。
スタプラリーじゃねえんだよ!
まあなんとかキックオフには間に合いました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 東京 T1リーグ
成立学園高校vs東久留米総合高校

IMG_3704_20181123182415cd2.jpg

成立は4-4-2
2トップは三上昂佑くんと八木橋俊介くん。
左SH吉長真優くん右SH高木健匠くん。
ボランチは大野秀和くんと原田歩夢くん。

久留米は4-4-2
12番と9番の2トップ。
左SH18番、右SH11番。
ボランチは10番と4番。

*選手名はわかる範囲で表記しています。
わからない場合は背番号表記。
もし選手名情報や選手名の間違いなどがありましたら是非ご教授下さい。


さて、試合。

キックオフから久留米のハイプレスが成立のビルドアップを狙ってくる。
ラインを高く押し上げFWとSHが横一列でプレッシング。
久留米のボールカットから18番がミドルを狙うもGK正面でキャッチ。
IMG_3709_20181123182423ce8.jpg

前半5分、成立は左サイドをSB原豪汰くんがドリブルで持ち上がるとサイド深い位置からクロス。
ゴール前を通過しファーに走り込んだ高木くんが押し込んだ成立先制。1-0
IMG_3714_20181123182429de1.jpg
IMG_3715.jpg

久留米セカンドボールを拾うと4番がミドル。
これはゴールならず。
IMG_3723.jpg

前半25分、成立は右サイドを高木くんがドリブル単騎で仕掛ける。スピードで振り切ったところでゴール前へグラウンダーの折り返し。
これを三上昂佑くんが右足で決めた。2-0
IMG_3736_2018112318254202b.jpg

さらに成立、左SBの原くんが左サイドからドリブル、クロスを上げるモーションで相手の動きを止め蹴らずにそのままドリブルで驀進。
効果的なキックフェイントに完全に久留米も出遅れた。
左サイドから思い切ってミドルを放つ。
これはクロスバーを直撃。
ボールが真下に落下する。
IMG_3718_201811231824431e0.jpg

成立、八木橋くんから前線の三上くんへロビングのパス、三上くんはDFラインの裏へ抜け出すもPA内で体を当てられてボールロスト。
IMG_3733_20181123182539c55.jpg

久留米、後方から前線へロングフィード。
俊足の12番が左サイド深い位置で追い付く。
そのまま中央にドリブルしニアを強襲するシュートを放つが成立GK阿部海士くんが至近距離のシュートをブロック。
IMG_3753_201811231830145eb.jpg
IMG_3752_20181123183009f6a.jpg

前半終了。

成立は2点を先制した。
ボールもよく回っている。
だが久留米のプレッシングは相当キツイ。
余裕を持って回せている時はいいがDFやGKからのパスが甘かったり遅かったりするとあっという間に距離を詰められる。
だが前がかりにプレスしてくる久留米に対し成立はドリブルで打開を目指す。
FW、SH(時にはボランチの一人)が前からプレッシングしているということはボランチの横。
つまりサイドのスペースがどうしても手薄になる。
勿論久留米もカバーはしているがそこを抜いてしまえば即DFと一対一。
先制点も追加点もサイドから多少強引にドリブルで持ち込んだ事がキッカケ。
成立は多少のプレッシングならいなせる技術を持った選手が多い。
ボランチはなるべくボールロストしない様に繋いでいく。
そしてサイドに入ったら縦に仕掛ける。
前半は左SB原くんが大活躍。
一対一なら抜きにかかれる。
サイドに追い込こまれてもキープ出来てパスコースを探す余裕がある。
そして両SH。
1得点1アシストの高木くんは一人で右サイドをブッチギるドリブル。
左サイドの吉長くんは柔らかいボールタッチ、足裏でボールを撫でる様なフットサルっぽいトラップ。
技術を駆使して左サイドから崩しに掛かる。
前半中に目尻の裂傷で流血するも包帯を巻いて出場。
2トップの関係も良い。
三上くんが強引でもドリブルで抜きにかかり、さらに前線でラインの裏を狙う。
八木橋くんは一列下がったところからパスでチャンスメイク。
IMG_3751_20181123183002116.jpg

久留米は果敢なプレッシング。
成立DFにボールを奪われたら4-2-4にシフトし前からボールを奪いに掛かる。
実際何度かDFやGKのパスミスを誘発していた。
前線は流動的。9番は前線にいたと思ったらサイドに流れている。
18番は左サイドにいたかと思えば2トップの一角にも、さらに逆サイドにもポジション取り。
体幹が強く当てられても腰を入れて体勢をキープ。
12番はそのスピードを活かすためにスペースへ走りこませる様なロングボールが後ろから供給される。
ボールを供給しているのは主にボランチの10番。
ラインを高く押し上げ全体をコンパクトに保つ。
ただ成立もラインを高く上げるので中盤の人口密度が濃い。
必然的に中盤でボールの主導権を握る局地戦が展開される。
守備陣は15番と16番のCBコンビが統率。
ラインを高く押し上げている時はリスク覚悟で前線の選手にボールが渡る前の読みでのインターセプト。
渡った直後には激しく当たってボールを奪う。
特に15番が裏のスペースのカバーや成立の前線選手の対応をこなしていた。
IMG_3725_20181123182518b3b.jpg

後半開始。

成立は選手交代。
後半から窪田稜くんを三上くんに代えてピッチへ。
窪田くんはそのままFWの位置に。
IMG_3755_201811231830203bc.jpg

久留米も選手交代。
11番に代えて6番を投入。
IMG_3763_201811231832291bb.jpg
まず6番を右SBに、右SBだった20番をCBにスライドしCBだった15番を前線に配した。
IMG_3758_20181123183213060.jpg

後半9分、成立の八木橋くんの浮き玉のパスに反応した窪田くんがライン裏抜け出しコース右に決めた。3-0
IMG_3767_2018112318330451c.jpg
IMG_3768_20181123183312da4.jpg

後半16分、成立はGK阿部くんの最後方からのロングキックが前線の窪田くんへ。
DFを振り切った田窪田くんは後ろからのボールのバウンドに合わせて右足をダイレクトで振り抜く。
コース右に決まった。4-0
IMG_3773_20181123183325a07.jpg

久留米GK交代。1番が入る。

久留米、前線でボールを受けた15番が右に流れる、DFに体を当てられ体勢を崩して体が沈んでしまうがすぐに立て直し強烈なミドルを放つ。
シュートはゴールネットを揺らし一瞬入ったか!とも思ったがこれはサイドネット。
IMG_3780_20181123183442350.jpg

後半24分、久留米のボランチ10番のGKとDFラインの間に落とす絶妙の浮き玉パスに15番が反応。
GKが飛び出してくる一歩前にワンタッチでGKの頭上を超えるループ。久留米1点返す。4-1
IMG_3779 (1)

窪田くんが負傷したため選手交代。
宇津木優人くんが入る。
IMG_3783_20181123183451e18.jpg

成立、バイタル中央でのこぼれ球を原田くんが走り込みながらシュート。
これは枠外。
IMG_3781_2018112318344613c.jpg

成立左サイドから持ち込むとゴールラインぎりぎりまで粘って宇津木くんがシュート。
これは久留米GKが身体でブロック。
IMG_3798_2018112318364443c.jpg

久留米、右SB6番のサイド深くからのクロスにゴール前で15番は合わせられなかったがファーに流れたボールを拾った9番。
シュートを放つが成立GK阿部くんがブロック。
IMG_3808_2018112318591378c.jpg

後半35分、成立バイタル中央で受けた八木橋くんがソフトタッチでカインドネスな受け流しで縦パスをライン裏のスペースへスッと送り込む。
このパスに反応した高木くんが右足で叩き込んだ。5-1
IMG_3793_20181123183635885.jpg
IMG_3794_20181123183639059.jpg

久留米4番に代えて14番がIN。
IMG_3797_201811231836424d2.jpg

成立も選手交代。
吉長くんに代えて13番をピッチへ。
IMG_3800_20181123183647952.jpg
13番は左SHに入り八木橋くんと宇津木くんの2トップに。
IMG_3803_20181123183901898.jpg

さらに成立は高木くんに代えて29番をピッチへ。
IMG_3810_201811231840381f8.jpg
29番は右SBに入り、右SBだった豊田優磨くんをSHに上げる。
IMG_3814_20181123184052cb0.jpg

成立は八木橋くんに代えて18番をピッチへ。
IMG_3806_20181123183912f8f.jpg

後半43分、成立左サイドからの崩しからバイタル中央に戻して細かく繋ぎ豊田くんのポストプレーを最後は宇津木くんが決めた。6-1
IMG_3812_201811231840410e6.jpg
IMG_3813_20181123184045b11.jpg

後半ロスタイム、成立右サイドを豊田くんがドリブルで切り込んでから切り返しでかわすとバイタル中央の宇津木くんにパス。
宇津木くんは右足ダイレクトでコース右に突き刺した。7-1


試合終了。
成立学園が7-1で勝利。

久留米は後半は前半ほどはやはりもたなかったがハイプレスは続行。
人数はかけられなくなっていたが15番と12番、9番が精力的に前線からプレッシング。
1点返した時の様な中盤で10番がDFラインとGKの間に浮き玉を落とす攻撃パターンはシンプルだが効果的。
サイドからのドリブルを得意とする9番。
多少長めのボールでも追いついてしまう俊足の12番。
ラインブレイクからドリブルでの仕掛け、前線での攻撃の起点となる15番。
特徴的なアタッカーが何度か成立ゴール前に迫る。
後半は両SBも積極的にオーバーラップ。
特に左SB13番は左サイド高い位置でボールを持ち攻撃の始点となる。
久留米のハイプレスはDF陣のスピードの甘いパスやあやふやなコースを見逃さない。
GKにもガンガンプレス。
GKのキックミスを誘っていた。
何度かカウンターで戻りきれない成立の守備ブロック。
手薄になった中央を狙いPAまで持ち込む。
ただ肝心なところでほんの少し時間をかけてしまいシュートを打ち切れないもどかしさも。
ハードなプレス、全員守備からのカウンターなど見所を多く作った。
一番印象に残ったのは15番。
前半はCBとしてハイラインのリスク管理。
後半はFWとして肉弾戦をいとわず前線を掻き回す運動量でチャンスを作り出す。
IMG_3827.jpg

成立は攻撃陣が自分達の持ち味を出し切った。
先制点をあげた高木くんは2ゴール。
逆サイからのボールにターゲットとしてファーに陣取るかPAに走りこむ。
左SB原くんもだが中盤がコンパクトになっているぶんドリブルで一人かわせばチャンスが生まれる。
サイドを警戒させておけばバイタル中央での細かいショートパスの繋ぎが活きてくる。
縦パスとワンタッチパス、ダイレクトを駆使して久留米の守備ブロックを切り崩しにかかる。
また交代選手の活躍も光った。
後半途中出場の宇津木くんは2得点。
アシストしたのは右SBから一列上げた豊田くん。
積極的な攻め上がりで2アシスト。
また守備陣の対応も臨機応変。
後半はラインの裏を狙われたがすかさずカバーして身体を寄せシュートを打たせない。
西尾将吾くんと12番のCBコンビは慎重なカバーリング。
PA内でも身体を上手くボールと選手の間に滑り込ませファールなしでボール奪取。
後半から出場の窪田くんは負傷もあり25分ほどの出場だったが短い時間でもキッチリ2得点。
ドリブル、トラップからのシュート動作への移行が恐ろしく速い。
こちらが「あ、撃つかな?」と思った時には既にシュートが完了している。

この試合の"SMVP"は八木橋俊介くん。
2アシスト。
トップ下の役割をこなしつつシャドーとして前線に飛び出していく。
プレスを技術で無効化出来てしまうのでボールをタメられる。
バイタル中央ではワンタッチ、ツータッチで小気味良く繋いでいく。
パスが丁寧でラストパスの精度も高い。
味方にとっては実に「カインドネス」な相手にとってはまさに「キラー」なパスを出せる選手。
IMG_3825.jpg
IMG_3828.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Movin' On 〜全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会:昌平高校vs浦和東高校〜

11月11日はサッカーの日(と小市眞琴さんがLIVEで言っていた)

平成30年度第97回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会 準決勝
昌平高校vs浦和東高校

IMG_3562.jpg

昌平は4-4-2
2トップは渋屋航平くんと西村悠希くん。
左SH 森田翔くん右SH木下海斗くん。
ボランチは丸山聖陽くんと原田虹輝くん。

浦和東は4-4-2
2トップは前田祥玲くんと河西輝星くん。
左SH石塚陸斗くん右SH横田遥人くん。
ボランチは杉山琉汰くんと中野音央くん。

さて、試合。

前半13分、昌平の森田くんが左サイドから中央へパス。
木下くんが受けてワンタッチ、ツータッチでDFを外してシュート。昌平先制。1-0
IMG_3576_20181115102502c67.jpg
IMG_3577_20181115102506253.jpg

浦和東は左サイド石塚くんのドリブル突破から中央へ横パス。
PA手前で受けた横田くんがシュートを狙うもややミートしきれず。昌平GK牧之瀬皓太くんが正面でキャッチ。
IMG_3594 (1)

さらに浦和東、ライン裏に上手く抜け出した前田くん。
PAまでドリブルで進むも昌平GK牧之瀬くんが果敢に飛び出してブロック。
IMG_3580_20181115102515b0d.jpg

前半28分、昌平ボランチ原田くんのパスが左サイドから走り込んできた森田くんへ。
思い切り左足を振り抜いたミドルがゴールネットを揺らす。2-0
IMG_3586_20181115102547208.jpg
IMG_3587_20181115102555144.jpg
IMG_3588_20181115102600344.jpg

昌平は浦和東ゴール前での競り合いでCB関根浩平くんが頭部を負傷し出血。
しばらくベンチで治療、テーピングを巻いてピッチへ戻ってくる。
IMG_3592.jpg

前半35分、浦和東は前田くんに代えて小川翼くんを投入。
小川くんは前線へ。
IMG_3604.jpg

前半終了。

浦和東は先制点は取られたがその後は左サイドの石塚くんが積極的にドリブルで仕掛ける。
左SB青鹿真太郎くんもオーバラップでサイドを駆け上がり攻撃参加。
石塚くんと青鹿くんのコンビで左サイドから攻勢を掛ける。
守備では昌平にボールを支配される時間が続いたがボランチのキャプテン中野くんがDFラインの手前で昌平の攻撃を食い止める。
ただビルドアップに難あり。
DFラインから繋いでいく意識はあるのだがサイドから斜め前方に入れる中盤へのパスを昌平にカットされる。
ここで勿体無いボールロストが何度か。
パスの精度というよりもパスコース、ゲーム展開を昌平に読まれていた。
ただ2点差だが全くチャンスを作れていなかったわけではない。
前半のうちの積極的な交代で前線を変更してきたが後半どうなるか。
IMG_3595.jpg

昌平は2-0で申し分なく前半を終えた。
全体的にボールを保持しDFラインのビルドアップから中央、そしてサイドへ。
先制点の右SH木下くんは攻撃は勿論、守備でも貢献。
浦和東のDFラインから中盤へのパスを何度も遮断していた。
そして2得点に絡んだ左SH森田くん。
左サイドから中央へカットインしていくドリブル。
ウィングとセカンドアタッカーの役割を兼務。
2トップは渋屋くんが180cmの長身FWだが前線に張るよりも一列下がってボールを受ける。
前線でのポストというよりも一列下からのトップ下的なゲームメイク。
IMG_3578_20181115102509d22.jpg

後半開始。

後半12分、昌平は中盤で原田くんから右の渋谷くんへ。
渋谷くんからのリターンを原田くんがダイレクトでバイタル右の木下くんへ。
木下くんからバイタル中央の森田くんへ。
森田くんのキープしてる間に左から回って駆け上がった原田くんが森田くんのラストパスを右足ダイレクトで蹴り込んだ。3-0
緩急をつけたショートパスとスペースへのポジショニング。
常に浦和東の一手先を取り続けた見事な攻撃。
IMG_3624.jpg
IMG_3625.jpg

浦和東、杉山くんに代えて大越來くんをピッチへ。
IMG_3634.jpg

浦和東、右サイドからのクロスに小川くんがヘディングを合わせるも芯で捉え切れず枠外。

昌平、西村くんに代えて大和海里くんを前線へ。
IMG_3654_20181115103532795.jpg

浦和東、石塚くんに代えて志村直樹くん。
IMG_3646_201811151037049dc.jpg

昌平は交代出場の大和くんが左サイドに流れドリブルで中央へ切り込んでいく。
アグレッシブな姿勢でたとえドリブルをカットされてもボールに食らいついて取り返そうとする。
彼の投入で前線が活発になり、両サイドのアタッカーもガンガンゴールを狙う。
IMG_3631.jpg

浦和東は3バックにしてCB上原龍くんを前線へ上げる。
とにかく前線に人を配しロングキックや志村くんのロングスロー等の飛び道具を武器にゴール前に迫ろうとする。
IMG_3662_20181115104531b65.jpg

昌平は木下くんに代えて須藤直輝くん。
IMG_3665_20181115103538a3f.jpg
さらに左SB堀江貴大くんに代えて山本蓮くんをピッチへ。
IMG_3663_2018111510353523f.jpg

浦和東はパワープレーを続けるが昌平DF陣も守備陣形を乱さない。
空中戦で跳ね返すと前線の大和くんを走らせる。
IMG_3653_20181115103524bbc.jpg

試合終了。
昌平が決勝進出。
決勝のカードは昌平高校vs浦和南高校となった。

浦和東はなかなか有効な攻撃の形を作る事が出来なかった。
前半良かった左サイドも後半はトーンダウン。
前線の人数を増やしてのパワープレイも跳ね返される事が多く、セカンドを拾っての波状攻撃にも繋がらない。
また所々でパスコースを消されてしまい攻撃が分断される。
IMG_3676.jpg

昌平は後半の3点目。
そして大和くんの投入が大きかった。
ドリブルという明確な持ち味を武器に浦和東を撹乱する。
渋屋くんが前線から少し下がってボールを受けサイドに展開。
両SHがサイドだけでなく中に絞って中央からゴール前に迫る。
木下くんは後半も守備から攻撃に奔走。
丸山くん原田くんの両ボランチも中盤で上手くバランスを取っていた。
原田くんは中盤の底からゲームメイクすることもあれば3点目の様に自ら前線に上がって得点を決める。
丸山くんは原田くんが前目の時は縦の関係を保ちながら中盤の底をケア。
二人共守備時はプレスでキッチリ相手に寄せ、少しでも甘く入ったパスは中盤でインターセプト。
DF陣も関根くんと阿部天翔くんのCBコンビを中心に80分間危なげない守備を持続。
多彩なアタッカー陣も魅力的だが堅実な守備がチームに安定感をもたらした。

この試合の"SMVP"は森田翔くん。
1ゴール2アシスト。
全ての得点に絡んだ。
サイドからのドリブルだけではなく3点目のアシストは前線バイタル中央から丁寧なラストパス。
2点目の閃光の様な左足シュート。
ピッチのどこにいてもゴールに直結するプレーが出来る。
IMG_3680_20181115103723abf.jpg
IMG_3681.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

行ってきたで!「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!」

まあLVやけども。
当日は11:35から第97回全国高校サッカー選手権埼玉大会の準決勝、昌平高校vs浦和東高校を観戦。
昌平が3-0で浦和東に勝利したのを見届けて急ぎ大泉学園の映画館へ。
西武池袋線の池袋駅構内ではシンデレラガールズの広告が群立。
IMG_3684.jpgIMG_3685_201811120412065b5.jpgIMG_3687_201811120412244ca.jpgIMG_3688_201811120413385ad.jpgIMG_3689.jpg
IMG_3691.jpgIMG_3692.jpgIMG_3694.jpg

何人かのP達が写真を撮ってる(ワイもやけど)
あと女性Pも結構おるんやね。
こういうイベント稀にしか参加せんからあんま実感がないんよね(ゲーム内でもtwitterでも同業とはいえあんまP達と交友がないから)
大泉学園へ向かう。
池袋〜大宮〜池袋〜大泉学園と埼玉・メットライフドームを中心にMERRY-GO-ROUNDOME!!!

会場に着き、ソイジョイで腹拵え。
開演時間になったのでシアター1へ。
もぎりの係員が「お待たせしまたプロデューサー」と声をかけてくれる粋な対応。
席は最前列。
最近の筋トレのせいか腰が痛いのでLVには湿布装着(ウサミンリスペクト)
まあ最前列なら立つ事もないからもつやろう....
ちひろさんの注意事項説明の後本番スタート。

オープリングは全員での『イリュージョニスタ』
「絢爛七色」の歌詞がピッタリ。
そして次が本田未央の『ステップ!』
イキナリ上げてくるやないか!

次が『いとしーさー♥』
今日はオリジナルメンバーが一人もいないからやらないのかなと思ってた。
この日のメンバーは桜咲千依さん五十嵐裕美さん新田ひよりさん。
桜咲さん五十嵐さんは既に場数を踏んでいる方なはず、その中で新田さんの存在感が光っていた。Chu Chu

間髪入れずに『ドレミファクトリー』
櫻井桃華役の照井春佳さんがいないので赤城みりあ役の黒沢ともよさんが入る。
楽しい、楽しい、歌詞と振付の中で古市真琴さんがキレキレの動き!
あと春瀬なつみさんが本当に楽しそうに歌い、踊る。

メンバー勢揃いの『リトルリドル』
この曲、ラップの部分は正統派アイドルラップなんやけど青木志貴さんがエモーショナルに歌い上げるパートが大好きなんよね。

『メルヘンデビュー!』はもうワイが語る事はない。
これは安部菜々と三宅麻理恵さんと担当P達が作り上げた叙事詩であり、最早感動する以外に方法がない。

馬車での『Starry-Go-Round』
デレステのヴァージョンでしか聴く機会がなかったけどフル良いね!
配信されたら買わなきゃ。

MCを挟んでここからは(季節というより楽曲の勢い的な)「夏」

『CoCo 夏夏夏 Holiday』
メンバーは原紗友里さん花守ゆみりさん原優子さん安野希世乃さん春瀬なつみさん。パッションンン!

『Twin☆くるっ★テール』
山本希望さんと佳村はるかさんの城ヶ崎姉妹。

凸凹スピードスター
しゅがみん。ハイパートランス。

銀のイルカ熱い風
メンバーが福原綾香さん今井麻夏さん飯田友子さん小市眞琴さん洲崎綾さんの五人だったのはちと意外だった。

Virgin Love
ノーティギャルズの原優子さんと金子真由美さん。この曲では馬車をアメ車に錯覚。

『ハイファイ☆デイズ』
今井さん黒沢さん春瀬さんに新田さん三宅さん佳村さんを加えた6人。年少組とお姉さん組。

『Orange Sapphire』
大橋さん藍原ことみさん金子さん朝井さん五十嵐さんによるCuなメンバーのPaな曲。
というかハイファイからオレンジの流れは反則級だろう。
四天王プロレスで言えば三沢のフランケンシュタイナーを川田が踏み止まって脳天から叩きつけるぐらい危険だ(Pにとって)

MCを挟み一発目はフレちゃんの
『フレデリカ、猫やめるよ』
このあとのMCでは人をやめた模様。

『in fact』
佐藤亜美菜さんの『in fact』は発売されて聴いた時の感想を呟いている、少々長くなるが引用すると....

橘ありすの『in fact』が素晴らしいのはパートによっては声が出切れて(伸び切れて)なくてちょっと"拙さ"を感じるとこ(下手だといってるわけやないよ)今のレコーディング技術ならいくらでも修正出来そうなとこをあえて残しているという印象。でもそれが「橘ありすの歌」にピンズドなんよ。


この公演では本当に堂々と歌い上げていて”拙さ”がほとんど無くなった印象。
担当アイドルと演じ手の成長が完全にシンクロしている印象を受ける。
多分次に歌う時は違うフェーズに入ってるだろう。
稀有な曲。

『Voyage』
最高やった、正直普段あまり聴いてる曲やなかったけどLIVEで曲の魅力に気がつかされた。

『わたぐも』
めっちゃ良い曲なんやけど「赤城みりあ」として歌うの凄く難しそう、と思ってたらなんなく歌う黒沢さん。

『キミのそばでずっと』
新田さんがセンターで左に立花理香さん右にルゥ ティンさんという3トップ。
立花さんルゥ ティンさんも素晴らしかったが新田さんの堂々としたセンター感。

『さよならアロハ』
この曲勿論好きやけど安野さんの男前な声がほんとに良い。歌い上げるパートが様になってるし「ロックなバラード」感がいいんよね。

『なつっこ音頭』
オリジナルメンバー勢揃い。「シンデレラガールズ劇場ED曲」そのままの小学生(一人中学生やけど)っぽさ全開。
そして古市さんは音頭でも動きにキレがある。

MC

『You're stars shine on me』
個人的にはアーニャのソロなら『たくさん』か『Nebula Sky』かと思ってたので予想外だった。
でもオープニングの挨拶で上坂さんが「ズヴェズダ」と言っていたのが伏線だったのかも。

『クレイジークレイジー』
ベースラインがウネウネしてて上モノとかLFOや90年代テクノの質感。この曲で踊る事が出来ないというのは拷問に近い。

『Bloody Festa』
やるとはおもってなかったので完全に不意をつかれた。めちゃくちゃ好きな曲。現世ではなく彼岸から聴こえてくるような桜咲さんの声と激しい曲調がアンバランスなようでベストマッチ。

『共鳴世界の存在論』
まさかこれも聴けるとは思ってなかった。オルタナ〜グランジのサウンドが日本に流れ着いて変化し耽美で独特なサウンドになってる。飯田友子さんとの共演で最後の「さあ、往こうか」が完璧過ぎた。

『美に入り彩を穿つ』
二人とも格好良かった。LIVE映えする曲やな〜と。

『Rockin' Emotion』
安野さんと朝井さんの意外な組み合わせ。朝井さんのチャキチャキなとこと安野さんの場慣れしてる感じがマッチング。コラボの妙。

『Memories』
ダンスも決めポーズも完成されてた。アーニャと美波のユニットを考えた人にはノーベル平和賞を。

『Tulip』
デレステでもっとも「スーパーバンド」感のあるユニット。
通常よりテンポアップしたイントロが鳴り出した時、会場の雰囲気がよりヒートアップしてた。

『Absolute Nine』
まさかニュージェネがアブナイ歌うとは全く(恐らく誰も)想像出来なかった(だろう)
福原さんはこういう曲調あってると思うけど大橋さんの「卯月で格好良い曲を歌う」のも良かった。

『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』
この曲やるだろうなあとは思ってたけど安野さん福原さん朝井さんルウ ティンさんに誰か加えてやるもんだとばかり。
まさか原さん上坂さん立花さん洲崎さん青木さんの完全この公演だけのオリジナルメンバーでくるとは!
これからのシンデレラガールズのアンセムの一曲になりそうな曲。

MCを挟んで最後は、、、
『Stage Bye Stage』
ステージからステージへ。
繰り返される「またね またね」
本編のトリを飾るのに相応しい曲やと思う。

本編終了。
アンコールに応えてちひろさん再登場。
発表及び告知をいくつか、、、


デレステに依田芳乃、藤原肇のユニット「山紫水明(さんしすいめい)」の新曲が、イベント楽曲として近日追加予定です
さらに、デレステアイドルによるカバー曲として、以下2曲を近日追加予定です。
 ■HOT LIMIT」(T.M.Revolution)
 ■「行くぜっ!怪盗少女」(ももいろクローバーZ)
アイドルのソロ1曲目の楽曲が11月12日より一挙配信開始!
また、最新イベント楽曲「Starry-Go-Round(M@STER VERSION)」も11月14日より配信開始!

サイコミにて連載中!「アイドルマスター シンデレラガールズ After20」のコミックス第2巻 特別版が12月28日ごろ発売!
本書籍には下記楽曲などを収録したCDを付属。
・オルゴールの小箱(川島瑞樹&三船美優)
・命燃やして恋せよ乙女(片桐早苗&川島瑞樹&高垣楓)
・「アイドルマスター シンデレラガールズ After20」14.5杯目(オリジナルボイスドラマ)


盛り沢山の告知(でも『HOT LIMIT』ってデレステサイズの尺ならまだええけどフルだと歌詞がアイドル的にちとマズいとこあるよなあ....)

アンコールは
『GOIN'!!!』
メンバー全員で。ドームの端から端まで。

そして最後の挨拶

ラストは『お願い!シンデレラ』で無事にフィナーレ。

あ、書き漏れていたが11月11日はサッカーの日ということで「小市さんカズダンスしてた」
古市さんの応援するクラブ、ベルマーレは早く始球式なりコラボなりのイベント企画を早急にまとめるべき。

今回初めてリアルタイムでLV見たけど出演者でユニット曲とかは大体想像つくのもあるけど今日の『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』のメンバーなんて予測不可能。
もう不意をつかれまくってたけどそれでOKよね。
あんま前知識入れてかないほうがええんちゃうかな?と思うくらい。
ほんま「完璧なエンターテインメント」として少し怖くなるぐらい素晴らしかった。
ワイはLVやからええけどあれ幸福の過剰摂取で絶頂死するPがそのうち出るんちゃうかな。
怒りのあまり死ぬ「憤死」という言葉があるけどその反対やね(対義語が思いつかんからFUN死やわ)
法律で規制される前に観ておくべき。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : アイドルマスターシンデレラガールズ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ