FC2ブログ

ボーイズ・イン・ザ・フロンティア ~2018 Jユースカップ:川崎フロンターレU-18vsV・ファーレン長崎U-18〜

等々力へ。
今日は「高体連の雷電」こと青森出身のK氏と観戦。

2018 Jユースカップ 第26回 Jリーグユース選手権大会
川崎フロンターレU-18vsV・ファーレン長崎U-18

IMG_3065.jpg

川崎は4-2-3-1
トップに山田新くん。
左から中島大成くん、鈴木大登くん、有田恵人くん。
ボランチは古屋雄帆くんと戸水利紀くん。
1回戦のザスパクサツ群馬U-18戦からスタメンを一人変更。
左に中島くんが入る。

長崎は4-4-2
2トップは山本廉くんと岡野凜平くん。
SHは増田開志くんと高尾翔くん。
ボランチは田畑篤郎くんと浦道翔くん。

さて、試合。

前半10分、長崎にCK。キッカーの左SB岩本真治くんは直接ゴール前ではなくバイタル左の岡野くんへグラウンダーのパス。
岡野くんの低空ミドルシュートはGKがなんとか弾くがこぼれ球を高尾くんが押し込んだ。長崎先制。1-0
見事なセットプレー。
14.png

前半22分、長崎左サイドを山本くんがドリブル突破、ゴールライン際まで持ち込んで折り返し。
ゴール前で岡野くんが蹴り込んだ。長崎追加点。2-0
IMG_3085.jpg

川崎、右サイド40m程の距離でFK。サイドに流してからのクロス。
長崎GK朝長心優くんがハイボールをパンチングで弾く、こぼれ球をミドルシュートも枠の上。

川崎CK。ショートコーナーからのクロスに右SB宮本 ディアウ 勇守歩くんがヘディングを合わせるも枠外。

前半終了。

川崎は意表をつかれたセットプレーからの失点。
さらにカウンターから失点を重ねてしまう。
ボールは動かせている。
ただ長崎にSBからの縦ラインのパスコースを狙われている様に見えた。
ボランチへのプレスがキツくサイドへ振ってからの展開が手詰まり気味に。
バイタルでも細かいパスは繋げているが守備ブロックを崩し切るまでは至らず。
何度かあったセットプレーも不発に。
IMG_3093.jpg

長崎は1本目のCKをモノにした。
記憶違いでなければ左サイドから囮で一人走り込んでいる。
ゴール前に直接上げてくるのではなくニアに通すかと思わせておいてプレーを切り。
一呼吸置いてグラウンダーで岡野くんへ。
川崎守備陣のタイミングを外す二重三重の仕掛けがバッチリ決まった。
前半の戦い方はハイプレスをかけボールをサイドに追いやり縦のコースに網を張る。
右SB林田友彦くんがパスを寸断。
奪ってからは手数を最小限にゴール前へ。
陣形をコンパクトに保ちカウンターに繋げる。
堅陣速攻。
IMG_3083.jpg

後半開始。

川崎は右SB宮本くんに代えて小川達也くんをピッチへ。
小川くんはボランチに入りボランチだった戸水くんが右SBに。
IMG_3099_20181021235810910.jpg
前線のフォーメションも代えてきた。
右の有田くんを山田くんとの2トップにしトップ下だった鈴木くんを右SHへ。
4-2-3-1から4-4-2に。
IMG_3105.jpg

後半2分、川崎有田くんがドリブルで左からPAへ。切り返してゴール前の山田くんへパス。山田くんがトラップからシュート。2-1
IMG_3088.jpg

長崎選手交代。SH増田くんに代えて五月田星矢くんをピッチへ。
五月田くんを前線に入れて岡野くんと2トップ。
左SHに山本くんが入る。
IMG_3101.jpg

川崎、バイタル中央から左へ。
PA外からシュート、右隅ギリギリのコース長崎GK朝長くんが横っ跳びでタッチ。
シュートを枠外に逸らす。
IMG_3119.jpg

川崎、前線の山田くんへの楔のパスから左SB島崎元くんが駆け上がりPAへ。
山田くんからのポストを受けた島田くんがシュート。
これは長崎GK朝長くんが距離を詰めて身体でブロック。

川崎、右サイドの鈴木くんがドリブルで切り込み右足でゴール上段を狙うシュート。
長崎GK朝長くんがジャンプ一番片手で弾き出す。
IMG_3110 (1)

長崎、攻める川崎の右サイドの裏のスペース。
山本くんが左サイドで受けると距離はあるが思い切って狙う。
ファーのゴール右上段隅へのシュートはGKも反応出来ないコースだったがバー直撃。
IMG_3081.jpg

川崎選手交代。中島くんに代えて上野綜太くんをピッチへ。

川崎、右サイドからの横パスを受けた有田くんが中央へカットインしながらシュート。
これはボランチの田畑くんが身体でブロック。
IMG_3128.jpg

長崎選手交代。岡野くんに代わって郡司島樹くんがトップに入る。
IMG_3114.jpg

川崎左サイドからのクロスに前線頭で落としてDFラインの裏へ。
抜け出してゴール.....かと思ったがこれはオフサイド。

IMG_3123.jpg

長崎、浦道くんに代えて柴田豊輝くん。

川崎、松永竜之介くんをピッチへ。

IMG_3117.jpg
長崎、左サイドからSB岩本くんがオーバラップからパス交換で抜け出しPAへ。
角度のほとんど無い位置からニアを急襲するシュートを放つも川崎GK川合我空くんが飛び付いて弾き出す。
IMG_3131.jpg

90分が近付いてくると徹底的にキープの態勢。
コーナー付近で3人でボールを囲み時計の針を進める。
IMG_3135.jpg

ロスタイム4分。
川崎、恐らくラストプレーとなるCK獲得。
ゴール前に入れるもクリア、こぼれ球を拾って右サイドからクロスを入れるも合わず。
ここで試合終了の笛。
IMG_3141.jpg
2-1
V・ファーレン長崎U-18が勝利し3回戦進出。

川崎は前半と違い後半は劇的に改善された。
要因は選手交代。
アンカーに小川くんを置き中盤の底を安定させる。
前半ボランチだった戸水くんも勿論素晴らしいボランチだがタイプが違う。
戸水くんは中盤広いスペースをカバーしようと運動量が多くなり長崎のプレスに晒されてしまっていた。
小川くんを基本中央に配し古屋くんがサポートする形にしてボールの置き所を安定させた。
戸水くんを右SBにしたことで右サイドでゲームメイクが出来る。
そして前半、トップ下の位置にいた鈴木くんを右サイドに固定させることでサイドに起点が出来る。
有田くんはFWとしてゴールに近い位置にいることで山田くんとの連携が密になる。
彼のドリブルをよりゴール期待値が高まる場所に変更。
さらに左SB島崎くんを高く押し上げ積極的な攻撃参加を促す。
長崎のプレスが前半からは大分落ち着いた事もあり押し込む事が出来た。
それでもあと1点が遠かった。
IMG_3161_2018102123481583c.jpg

長崎は後半ほとんどを自陣でプレーする展開。
中盤・最終ラインが押し込まれてしまい前線とのスペースが空いてしまう。
セカンドボールが拾えなくなり常時川崎のターンで試合が進む。
前線はメンバーを代えながらプレスの強度を保とうとする。
それでもなかなかプレスが掛かりきらないシーンが増えて来た。
ただ長崎は前線と最小限の人数で攻撃を完結させる事が出来る。
岡野くんと山本くんはテクニックに優れチャンスを嗅ぎ分ける。
押し込まれながらも決定機を二回作り出した。
パス数を削ぎ落としシンプルな形でゴールまで迫る。
守一辺倒ではなく追加点も奪えそうな試合展開に持ち込んだ。
そして耐える時間は徹底的に耐え抜く。
川崎ペースでも引きっぱなしにはならずなるべく勇気を持ってラインを高く保とうとする。
終盤の川崎のポストプレーをオフサイドにしたシーンが象徴的だ。
酒井亮くんと中川立暉くんのCBコンビが最後まで集中を切らさなかった。
酒井くんは山田くんへのハイボールを空中戦で迎撃し中川くんはラインの裏のスペースを良くカバー。
林田くんと岩本くんの両SBも守備ブロックを作り、ある程度サイドで崩されても逆サイドが中に絞ってゴール前を固める。
そして数少ない攻撃時にはしっかりサイドを駆け上がり攻撃をサポートする。
ボランチの田畑くんが前後半を通じて川崎の攻勢を跳ね返す防波堤の役割。
181cmの長身を活かした空中戦、ボディバランスに優れ、腰を入れてボールを刮ぎ取る守備。
時にはDFラインに入って壁となり守備に徹する。
彼に限らず長崎は球際のボールに対して驚くほど粘り強い対応。
相手が抜いたと思っても後ろからもう一足が伸びてくる。

この試合の"SMVP"はGK朝長心優くん。
何本ものシュートを己の身体で防いだ。
ハイボールへの飛び出しも積極的で好判断。
それにキック力もある。
攻め込まれている時は「とにかく遠くへ」飛ばせるキックが何より大事。
流れを切るという意味もあるが守備陣が陣形を立て直し頭を切り替えるためのちょっとした時間が生まれる。
最後方から味方をコントロールする意図のあるキック。
後半は「彼の活躍なくして長崎が勝利を成し得ただろうか?」と思うほど素晴らしいセーブを連発。
ブッフォンの名言「俺が全てのシュートを止めれば負けることはない」を体現していた。
IMG_3153.jpg
IMG_3157_201810212348087ef.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Anthem Of The Sun ~2018 Jユースカップ:柏レイソルU-18vs愛媛FC U-18〜



5454.png
江古田が入ってないやん!
あと鷺ノ宮駅は鷺沢さんじゃないんやね。

2018 Jユースカップ 第26回 Jリーグユース選手権大会
柏レイソルU-18vs愛媛FC U-18

IMG_2938_2018102023004107f.jpg

柏は4-1-4-1
トップに森海渡くん。
中盤はアンカーに杉井颯くん。
一列前に左から正田徳大くん山田雄士くん小野寺巧くん細谷真大くん。

愛媛は4-4-2
美佐田誠大くんと柳下将野くんの2トップ。
左SH塩﨑彰くん右SH横江建城くん。
ボランチは岩井柊弥くんと阪井暖くん。

さて、試合。

前半5分、柏最終ラインから杉井くんのロングフィードが左サイドの正田くんへ。
正田くんのドリブルからのクロスをゴール前で森くんがヘディングを合わせる。柏先制。1-0
IMG_2943.jpg
IMG_2944.jpg

前半10分、愛媛が柏の左サイドへ振ったボールにチェイスし縦パスをカット。ルーズボールが柏のCB二人の間に落ちる。
前線の柳下くんがCBよりも速くボールを拾いGKとの一対一を決めた。愛媛同点。1-1
IMG_2951_2018102023015515d.jpg
IMG_2952.jpg

愛媛、中盤からの縦パスを受けた横江くんがバイタル中央を突破、ドリブルから強烈なシュート。
柏GK小久保玲央 ブライアンくんが反応して両手で弾き出す。
IMG_2949_20181020230209037.jpg

柏、右サイドからのクロスのこぼれ球をファーで正田くんが受けてシュート。これは枠の左。
IMG_2948.jpg

愛媛、左サイドから塩﨑くんがやや距離はあるがシュート。
ゴール右上段、キッチリ枠を捉えていたがGK小久保くんが横っ跳びから左手でギリギリ掻き出す。
IMG_2980.jpg

前半終了。

柏は速い段階で先制点。
左サイドの正田くんへはDFラインから度々長いボールが供給され正田くんがドリブルでサイド深くへ切り込む。
アンカーの杉井くんはビルドアップ時はDFラインまで下がってボールを左右に振る。
山田くんと小野寺くんが降りてきて杉井くんをサポート。
二人とも攻撃時は前線へ。
失点はビルドアップのミスからだがここから動揺したり引きずったプレーはしない。
キャプテンでもあるアンカーの杉井くんから「単純でいい!」というコーチングがピッチに響き渡る。
愛媛の決定機も二本ともGK小久保くんのファインセーブで防ぐ。
ボールは保持出来るが愛媛の中央の守備ブロックが堅く、なかなかシュートまで持ち込めない。
IMG_2957_20181020230751713.jpg

愛媛は攻守の切り替えが速い。
というよりも攻撃のスィッチが入った時に一気にスピードアップする。
DFラインからの縦パス、サイドへの展開。
「ここ」というポイントで明らかにギアを上げている。
パススピードも速く、動き出しも最適解。
ゲームメイクの中心がボランチの岩井くん。
中盤の底でボールを捌いていく。
柏もプレスに行っているがプレスをいなせるキープ力がある。
両SHのサイドアタックも効果的。
塩﨑くんの縦への突破と横江くんのカットインしてくる動き。
決してサイド一辺倒ではなく柳下くんへの縦パスを織り交ぜてくる。
柏も愛媛の動き出しに対応が遅れることが何度か。
前半はポゼッションではやや柏優勢だがチャンスメイクの数では愛媛が勝っている。
IMG_2954_2018102023075676d.jpg

後半開始。

柏、右からのCK。柏はこれが初CKかな?
キッカーの左SB吉田新くんの左足のキックにゴール前でCB井出敬大くんが飛び込みヘッド。
これは愛媛GK草野真人くんが正面でガッチリキャッチ。
IMG_2966.jpg

愛媛は石田健真くんを美佐田くんに代えてピッチへ。
IMG_3006.jpg
石田くんは左SHに入る。
この交代で愛媛はシステム変更か。
柳下くんをそのまま前線に、左に石田くん右に横江くん。
塩﨑くんFWの2トップかと思ったが....
どうも前線を三枚に。
中盤はアンカーに阪井くん、右インサイドハーフ岩井くん、左インサイドハーフ塩﨑くんの4-3-3にも見える。

IMG_2982.jpg
柏、左サイドからのクロスの流れを細谷くんがボレーシュート。
ふかさず抑えた弾道のシュートはファーのコースへ唸りながら向かっていくが愛媛GK草野くんが横っ跳びで飛びつく。
IMG_3009_20181020231250e1b.jpg

愛媛、右サイドの横江くんのクロスにファーで塩﨑くんが競り合いながらヘディングシュート。
枠を捕らえた近距離からのシュートも柏GK小久保くんが素晴らしい反応で飛びながら左手を伸ばしシュートを防ぐ。
IMG_3017.jpg

柏、左サイドからDFラインの裏へパス。
ただ少々長く、CBとGKが寄ってきてGKがキャッチしようとするが多少交錯があったか?
GKがボールをこぼしてしまう。
これに前線の森くんが反応しこぼれ球を拾ってシュート、だが惜しくもサイドネット。
IMG_3008.jpg

柏は田村蒼生くんをピッチへ。
IMG_3013.jpg

柏左からのCK、キッカーは小野寺くん。
右足で巻いた蹴ったキックは半月の弧を描いてゴール上段へ直接迫るシュート。
GKジャンプして弾き出そうとするがこれはネットの上。
IMG_2978.jpg

愛媛、上岡陸くんをピッチへ。

ここで後半終了。
1-1で同点のため延長戦に入る。

延長前半。

柏は貞廣大輔くんを藤本隼斗くんに代えて左SBに。
IMG_3022.jpg

愛媛にセットプレーのチャンス。
右サイド遠目から。
キッカーの塩﨑くんがファーの選手を狙うが柏GK小久保くんがハイボールをキャッチング。
IMG_2989.jpg

愛媛は塩﨑くんに代えて岡田蒼生くんをピッチへ。
IMG_3028.jpg

延長前半終了。

延長後半。

柏は足を痛めた左SB吉田くんに代えて鵜木郁哉くんをピッチへ。
IMG_3030.jpg

愛媛は田中大翔くんを投入。
IMG_3031.jpg

延長後半5分、柏は前線中央で森くんがキープから右サイド駆け上がってきた正田くんへ。
正田くんはボールを受けて躊躇なくシュート。これが決まって柏勝ち越し。2-1
IMG_3033.jpg
IMG_3036.jpg
IMG_3038.jpg

延長後半9分、柏は左サイドから交代出場の田村くんがPA内へ切り込んでいく。
これを愛媛DFが後ろから掴んで倒してしまい柏にPKが与えられる。
キッカーは森くん。
IMG_3043.jpg
GKの逆をつくゴール右へ蹴り込んだ。柏駄目押し。3-1
IMG_3045.jpg
IMG_3046.jpg

残り時間僅か。
ここで柏は矢継ぎ早に選手交代。
清水勇貴くんをピッチに。
IMG_3049.jpg
間をおかず堤健太くんを正田くんに代えて投入。
IMG_3052.jpg

試合終了。
柏レイソルU-18が勝利しJユースカップ三回戦へと駒を進めてた。

愛媛は惜しくも敗れた。
CBコンビの谷岡昌くんと伊藤友弥くんは柏のバイタルからPAへ進入してくるショートパスに上手く対応。
中央は人で固めて柏の中央突破を密集陣形でことごとく弾き返していた。
後半は前半ほどのチャンスは作れなかったがソリッドで無駄のないゴールへの侵攻は見応えがあり。
中盤や前線だけでなく両SBも積極的に攻撃参加。
右SB村中総一郎くんは守備では中央に絞り攻撃では横江くんをサポートする。
左SB三原秀真くんは果敢なオーバーラップを繰り返し、塩﨑くんを追い越していく動きで塩﨑くんのスペース作り出す。
ボランチコンビも良い。
阪井くんは試合途中からアンカー的な役割を任されたがソツなくこなし中盤を停滞させない。
岩井くんは囲まれていてもキープ出来、パスコースを横パスだけでなく前へ通せる。
この試合、局地的に愛媛のボランチと柏の中盤によるボールを挟んでの鍔迫り合いが何度か。
両チームなんとかマイボールにしようとする気概の表れだが見ていて非常に心沸き立つシーンだった。
プリンス四国のレベルの高さを実感出来た試合。
IMG_3054.jpg

柏はまず2得点をあげた森くん。
先制点のヘディングシュート。
ストライカーらしくゴールの臭いを嗅ぎ逃さない。
正田くんは1ゴール1アシスト。
後半は左サイドだけでなく右サイドでも躍動。
間合いの取り方が抜群で一見無造作にボールを持っている様に見えても相手が近付いてくると居合抜きの様に一瞬のスピードで抜き去ってしまう。
左SB吉田くんの足をつるまで上下にアップダウンする運動量。
右SB藤本隼斗くんは後方でビルドアップしながら高い位置を取りゲームメイクに参加する。
後半は右サイドの細谷くんが前半よりも積極的にサイドから仕掛けていけた。
これもSB藤本くんと小野寺くんのサポートがあってこそ。
そしてGK小久保くん、1点もののピンチを自らの両手で守り切った。
ファインセーブ3本。
危ないパスもあったがそれを帳消しにしてさらに高額のキャッシュバックがくるほどの活躍。

この試合の"SMVP"は杉井颯くん。
先制点の起点となったのは彼のロングフィードから。
2点目も彼が愛媛の攻撃を中盤で食い止めたところから始まった。
攻守の守において大車輪の活躍。
中盤の底、時にはCBのすぐ前でロングボールを弾き返せる。
プレス、パスカットで愛媛のカウンターを未然に防ぐ。
そして彼の"声"に注目したい。
コーチングといっても様々。
彼のはチームへの"檄"であり"喝"であり"鼓舞"
さらに試合終了後、敗戦のショックと延長フルで戦った消耗でなかなかピッチから立ち上がれない愛媛の選手達。
杉井くんは一人一人の元に行って声を掛ける。
プレーは勿論だが、こういうところから溢れ出すのが"キャプテンシー"だろう。
IMG_3056.jpg
IMG_3058.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

青のイルカと熱い風 ~2018 Jユースカップ:川崎フロンターレU-18vsザスパクサツ群馬U-18〜

等々力へ。
今年もふろん太くんおった(蕪もおった)
IMG_2917_20181015054136b04.jpg
川崎は等々力でU-18の試合をやる時は電光掲示板、場内アナウンス、選手紹介もきっちりやる。
「ヤンフロ通信」っていう育成年代の活動を紹介するフリーペーパーもあるし。
会場ではこういうメンバー表を兼ねた選手紹介のペーパーを配っている。
IMG_2931_2018101505471236a.jpg
育成年代の存在意義は勿論「トップで通用する選手を育てる」っていうのがあると思うしそこは第一。
でもこういうのは「未来への投資」なんよね。
実際U-18の選手達が全員プロになれるわけじゃない。
でも等々力で試合したっていうのはとても良い体験やしそれがクラブに対する愛情に繋がるはず。
プロになれる一握りの選手も大事やけどそれ以外の選手達が「川崎」というクラブを好きなまま社会に出て行く。
これは将来的にとてもポジティブなフィードバックを生み出す筈やと思う。

2018 Jユースカップ 第26回 Jリーグユース選手権大会
川崎フロンターレU-18vsザスパクサツ群馬U-18

IMG_2829.jpg

川崎は4-2-3-1
トップに山田新くん。
左から上野綜太くん、鈴木大登くん、有田恵人くん。
ボランチは古屋雄帆くんと戸水利紀くん。

群馬は4-4-2
2トップは橋爪陸くんと磯田真慧くん。
右SH冨丘俊之介くん左SH野際拓海くん。
ボランチは林凱世くんと江田歩夢くん。

さて、試合。

川崎、左SB島崎元くんがオーバーラップからシュート。枠を外れる。
IMG_2830.jpg

川崎、右サイドからクロスの様なその実ゴール上段を襲うシュートを放つ。
きっちり枠内に飛んでいたがこれは群馬GK田中仁人くんがジャンプ一番片手で枠の上へ。

前半43分、川崎右サイドから有田くんのクロス。上野くんがPAへ走り込みフリーでヘディングを叩き込む。
川崎先制1-0
IMG_2855.jpg
IMG_2856_20181015052607b29.jpg

前半終了。

川崎は両SBを高く押し上げ相手陣内でゲームを進める時間が多い。
ボランチの二人、古屋くんと戸水くんが中盤でボールをキープ出来、展開する。
トップの山田くんが前線中央やサイドに流れてボールキープから起点となる。
鈴木くんがトップ下のポジションから一列追い越してゴールに迫る。
左SH上野くんがSB島崎くんの上がってきたスペースを消さないように中に絞ってくる。
基本はショートパスで繋いでいくがCBの栗田悠巨くんの高精度ロングフィードで一気に最前線へ。
サイドのスペースを狙ったロングフィードが効果的だった。
バイタルに人数を掛け分厚い攻撃を展開するがなかなかシュートチャンスや決定機までは持ち込めない。
群馬の選手達が中央をSHも戻ってガッシリ固めている。
それでも前半終了間際に先制点を取れた。
後半は落ち着いてゲームを進められる筈だ。
IMG_2852_2018101505255726a.jpg

群馬はボランチの10番江田くんを経由して攻撃を組み立てる。
江田くんがこのチームの核。
彼が中盤の底から持ち上がり左右に展開する。
右サイドではSBキャプテンの門井拓夢くんがオーバーラップ。
前線では橋爪くんがボールを引き出すためにオフザボールで様々なポジション取り。
縦パスが何本か入る。
ただ個々の動き出しは良くてもなかなか周囲との距離が遠いという事もあり攻撃が完結しない。
ある面では致し方ないとも言える。
右SH冨丘くんは攻撃よりも守備に比重を置いたポジション取り。
彼がサイドから中央に絞って自陣で川崎の攻撃を食い止める。
これは彼だけでなく左SH野際くんやトップの磯田くんも。
ある程度割り切って守備に専念する時間を費やす事で前半を1失点で終えられた。
勿論無失点が望ましかっただろうが1失点なら後半の戦い方をある程度明確にしつつゲーム展開も選択肢を増やせる。
IMG_2838.jpg

後半開始。

後半5分、川崎にCK。キッカーは戸水くん。右足のキックに山田くんがヘディングを合わせる。
ニアでポジショニングし密集地帯からあえて外れた位置で合わせたヘディングはコース右に吸い込まれる。
川崎追加点。2-0
IMG_2861.jpg

川崎、古屋くんがバイタルからシュート。
これは群馬GK田中くんが横っ飛びでセーブ。
IMG_2862_20181015052927ad8.jpg

群馬、橋爪くんが遠目からシュート。
枠内に飛んでいたが川崎GK川合我空くんが正面でしっかりキャッチ。
IMG_2867.jpg

川崎、鈴木くんが右から抜け出しPAへ。
GKと一対一、鈴木くんのシュートは距離を詰めた群馬GK田中くんが目一杯広げた身体でブロック。

群馬選手交代。
左SB岡田悠玖くんに代えて菅野龍晟くんを左SBに。
IMG_2877.jpg

川崎も選手交代。
上野くんに代えて中島大成くんを同じポジションで投入。
IMG_2879_20181015052938916.jpg

川崎、PA僅かに外、右寄りの位置でFK獲得。
キッカーは中島くん。
IMG_2880.jpg
右足で縦回転をかけて直接ゴール左上段を狙うがこれは枠外。

後半30分、川崎は右サイドから細かいパスワークで崩しにかかる。
右サイド後ろに戻したボールを受けた右SB宮本ディアウ勇守歩くんが横パスを中央に入れる。
受けた中島くんが右足でシュート。これがゴール右隅に決まる。3-0
IMG_2884.jpg
IMG_2887_201810150534552ef.jpg

後半32分、川崎左SBの島崎くんが高い位置でボールを受けると前線中央の山田くんへ。
受けた山田くんは右に流れつつシュート。4-0

群馬は交代で内藤大輔くんを左SHに。
IMG_2893.jpg

群馬左サイドをSB門井くんがゴールライン際まで持ち込んでからグラウンダーのクロス。
スピードのあるクロスはゴール前を横切りファーサイドへ。
群馬の選手が二人詰めていて触れば1点というシーンだったがあと一歩届かず。
IMG_2834_201810150524433f9.jpg

川崎は鈴木くんに代えて平田流衣くんをピッチへ。
IMG_2901.jpg
さらに戸水くんに代えて小川達也くんをボランチに。
IMG_2900.jpg

群馬、江田くんがミドルシュート。これは枠の上。
IMG_2905_20181015054020f05.jpg

川崎は宮本くんに代えて岡崎玄くんを投入。
岡崎くんが右SBに入り島崎くんが左SBにポジションチェンジ。
IMG_2913_2018101505402543d.jpg

後半ロスタイム、川崎前線の山田くんのポストプレーから途中出場の平田くんがトラップからシュート。5-0
IMG_2915.jpg
IMG_2916.jpg

試合終了。
川崎フロンターレU-18が勝利しJユースカップ2回戦へ進出。
2回戦は10月21日に等々力陸でvsV・ファーレン長崎U-18に決定。

群馬は後半はシュートチャンスは増えたが川崎に徹底的に中盤を締め付けられた。
前半のプレーで川崎にチームの核だと認識されたのか江田くんは後半なかなか自由にプレーさせてもらえず。
点差が開く旅に前掛かりにならざるをえないのだが必然的に薄くなるバイタル中央のスペースを川崎に使われてしまった。
それでもGK田中くんを始め木村亮太くん藤井怜央くんのCBコンビと左SB岡田悠玖くんが中央に絞って跳ね返す。
それでも川崎のサイドアタックに中央が釣り出されたり前線一人でもシュートにまで持ち込んでくる川崎のアタッカーに対応しきれなかった。
ただ前線の橋爪くんは川崎のCBとボランチの間のスペースに位置しボールを何度も引き出し川崎の守備ブロックに果敢にアタック。
江田くんも中盤から一列上げてバイタルで勝負するなど一矢報いようと奮闘。
IMG_2927.jpg

川崎は後半一気に4得点。
後半交代で入った2選手が得点を決めるなど試合運びも満点。
両SBも自信を持ってオーバーラップし攻撃に参加。
右SB宮本くんはサイドでの突破からのクロスだけでなくゲームメイクに参加。
ショートパスで周囲の選手と連携しパス回しでじっくりとサイドでの基盤を固め群馬の選手を引きつけたところで中央へ展開。
3点目はそれが見事にハマった形。
左SB島崎くんも高い位置から4点目をアシスト。
前半から積極的にシュートを放ち、終盤は右SBに回るなどプレーの幅が広いSB。
攻撃陣は勿論だがボランチの二人が目立っていた。
群馬もプレスをいなすだけの技術はあるが躱されてもそこからもう一足伸ばしてボールを奪ってしまう。
ボランチでは戸水くんが目立っていた。
落ち着いたボールキープからのゲームメイクに加えセットプレーのキッカーとして2点目をアシスト。
守備でも群馬の攻撃の芽を速めに摘み取るプレス。

この試合の"SMVP"は山田新くん。
2ゴールにアシストと大車輪の活躍。
ヘディングで1得点、流れから抜け出して1得点。
FWとしての仕事を全うした。
前線にただ張っているだけでなく下り目の位置でボールを受けてチャンスメイク。
時にはサイドに流れてドリブルで深く抉ってPAまで持ち込む。
キープ力があり局面を一変させる打開力も兼ね備えたストライカー。
IMG_2921_201810150546524af.jpg
IMG_2929_20181015054700391.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Bright Lights, Big City 〜Jユースカップ2018 JCY東日本代表決定戦:東京武蔵野シティFC U-18vs塩釜FCユース〜

初めてNTT図南スーパーグランド行ってきたで。
最寄りの大胡駅の駅舎。
IMG_2690.jpg
趣のある木造。
IMG_2826_20181008000759553.jpg
駅長の猫(野良)
グランドは畑と水田と住宅の中にポツンとある。
簡易二段ベンチがあり。
最初見た時ケビン・コスナーの『フィールド・オブ・ドリームス』かと思った。
「試合後選手達がトウモロコシ畑の中に消えていくんかな?」と。

Jユースカップ2018 JCY東日本代表決定戦
東京武蔵野シティFC U-18vs塩釜FCユース

IMG_2694_201810072336406ea.jpg

武蔵野は3-4-3
前線は寺本剛瑠くん、高橋理人くん、西川陸斗くん。
左SHに西郷瑛くん、右SH大場小次郎くん。
ボランチは小川開世くんと山登一弥くん。

塩釜は3-4-3
前線はトップに由利珠莉也くん右に石塚真珠くん左に下山広太くん。
中盤は大宮洸平くんと根崎寛斗くん。
左SH中村優希くん右SH門間陽輝くん。

さて、試合。

武蔵野FKのチャンス。
左40m程、キッカーは藤岡聡志くん。
左足で巻く様に蹴ったキックは直接ゴールへ、左隅ギリギリに入ったかに見えたがサイドネット。
IMG_2705_201810072336444d2.jpg

塩釜後方からのロングボールが左サイドの下山くんへ。
下山くんはカットインしてシュート、これはGK渥美拓也くんが正面でキャッチ。

武蔵野、こぼれ球をバイタル中央で拾った小川くんがシュート。
これはポストを叩く。
IMG_2702_20181007233643f3a.jpg

塩釜、CKから中央でCB大槻陽平くんが右足を合わせてシュートもバー直撃。
IMG_2735.jpg

前半終了。

武蔵野は今日の風の強いピッチで前半は風下をとる。
トップの高橋くんに当てて左右のウィングがサポートに入る。
時折右と左のウィングがポジションチェンジしたり高橋くんが下り目でポストし両ウィングが絞って中央セカンドトップの役割にも。
ゲームを支配しているのは武蔵野。
特にダブルボランチが効いている。
小川くんはワンタッチ、ツータッチのショートパスで繋いでいき縦パスを前線へ通す。
山登くんはサイドのスペースに流れたり大きなサイドチェンジで展開を一気に変える。
両ボランチが局面を変えるパスを出せるので攻撃が停滞しない。
IMG_2715_20181007234800a30.jpg

塩釜は3バックだが真ん中の白井博也くんが中央の選手のマークにつく。
CBが白井くんを前に出した三角形。
4-3-3の4バックで2CBの間にアンカーが最終ラインに入っているという形が想像しやすいかもしれない。
両SBをWB気味に押し上げる。
3バックで武蔵野の3トップに対応。
バイタルまで持ち込まれても一人一人にはしっかりついてる。
さらに両WBが戻ってきてボランチもバイタルのスペースを埋める。
シュートチャンスを作らせない守備ブロック。
攻撃ではロングボールで左サイドの下山くんに通すシーンが目立った。
武蔵野の3バックの両WBが上がったスペースを狙ったポジショニングしている。
ボールを持たれることが多いが攻撃時にはシュートチャンス、フィニッシュにまで持っていけている。
IMG_2737_20181007234649465.jpg

後半開始。

後半3分、右サイド大場くんのクロスをPA高橋くんが落として走り込んできた小川くんがシュート。武蔵野先制。1-0
IMG_2751.jpg

後半6分、武蔵野後方からのロングフィードを前線の高橋くんが頭でフリック。
ゴール前に流れたボールを西川くんが受けて抜け出しGKと一対一。右足で流し込んだ。2-0
IMG_2752.jpg

塩釜は由利くんに代えて森岡龍斗くんをピッチへ。
IMG_2757.jpg
CBだった大槻くんをトップに上げて2トップ。
両ウィングはそのままサイドに。
極端に言えば4-2-4という攻撃的シフトに。
IMG_2765.jpg

武蔵野、大場くんが右サイドから切り込みニアを突くシュート。
これは塩釜GK和田幹太くんが横っ飛びでスーパーセーブ。
IMG_2746.jpg

武蔵野は塩釜の左サイドを攻略の手がかりに。
前掛かりになり手薄になった右サイドから大場くんが何度もドリブルで仕掛ける。
塩釜はGK和田くんの片足セーブなどで失点を防ぐ。

武蔵野はトップの高橋くんに代えて長身の花村勇太朗くんをピッチへ。
IMG_2774.jpg

塩釜は菊地泰気くんと千葉陸翔くんの二枚代え。
菊地くん森岡くんを2トップに両ウィングをSHに。
トップだった大槻くんをボランチにし4-4-2に。
IMG_2779.jpg

後半30分、武蔵野、右サイドからのFK、キッカー藤岡くんがファーサイドの選手を狙うキック。
IMG_2783_20181007234540cbc.jpg
これをPA競り合い時に押して倒したということで武蔵野にPK。
キッカーは藤岡くん。
左足でGKの読みの反対のコース右に決める。武蔵野追加点。3-0
IMG_2788_201810072345423d5.jpg

試合終了。
武蔵野シティがJユースカップ出場権獲得。

塩釜は前半は武蔵野をよく抑えていた。
守備陣がブロックを堅持し、前線の三人にボールを預ける。
実際にチャンスを作れていた。
後半早々の失点と立て続けに追加点を奪われたことでゲームプランを修正しきれなかった。
中盤のスペースが埋め切れず。
攻め上がりからの守備の切り替え時に左サイドに広いスペースが生まれてしまいそこを武蔵野に使われた。
ただ敗れはしたがタイトな守備とソリッドな攻めを随所に見せた
特に後半ビッグセーブを連発したGK和田くん(プロフィールを見るとまだ中学三年生!)
CB、トップ、ボランチと試合状況によってポジションを代えた大槻くん。
前半は惜しいシュートも放ち、後半トップでは前線でボールを収め、最後はボランチで中盤の防波堤となった。
左ウィングの下山くんはサイドからの細かいタッチと一気に裏に抜けるドリブル。
一人でも左サイドからの切り返しで中に切り込んでくるドリブラー、武蔵野DFも相当手を焼いた筈だ。
両SB門間陽輝くんと中村優希くんは上下動だけでなく中へ絞り、時には中盤までプレスに出る。
さらに攻撃時は大胆なカットインでバイタル中央に顔を出す。
中村くんは左サイドのスペースを埋めようと奔走。
守備でだいぶ走らされていた筈だが攻撃時はしっかりオーバーラップしてサイドをサポートする。
面白い選手達が揃っているチーム。
塩釜は宮城県リーグ U-18 1部で最下位らしいがにわかには信じ難い。
IMG_2812_20181007235503fce.jpg

武蔵野は前半ボールを持ちながら攻め切れなかったもどかしさを後半爆発させた。
特にサイドはWBをサポートするためにCBが駆け上がってくる。
前線は高橋くん西川くん寺本くんがポジションを代えながら塩釜ゴールに迫る。
三者三様。
両サイドはウィングの役割から、セカンドトップ、シャドーストライカーまでこなす。
2点目はまさに高橋くんの高さを活かしたポストに追い越す形で西川くんがゴールを奪った。
寺本くんはサイドの下り目の位置からゲームメイク。
サイドをサポートしつつ中央へ走り込んでいく。
後半爆発の立役者は右WB大場くんだろう。
スペースが空いていると見るや縦へ仕掛け。
香車の様に猪突猛進からのクロスだけではなく一度立ち止まってゲームのスピードをコントロールすることも出来る。
そしてセットプレーで活躍した左CB藤岡くんの左足。
3点目のキッカケとなった合わせるセットプレーもあれば直接狙うことも出来る。
WBもやっている選手だけあってDFラインからの攻撃参加も効果的。
ボランチの小川くんはパス成功率が高くショートパスの精度が抜群。
中盤からパスで武蔵野のスィッチを押す存在。

この試合の"SMVP"は山登一弥くん。
後半に入って攻め急ぎ気味になる塩釜の縦パスを何度もカット。
守備から素早くピッチを見渡し空いているスペースへと長いパスを通す。
中盤の底で危険な芽を摘みつつチャンスメイクもこなす。
強風を意に介さないサイドチェンジで展開し武蔵野の攻撃を次の局面へ押し上げる。
IMG_2805.jpg
IMG_2814_20181007234546460.jpg
IMG_2819 (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

BOYS BE NEXT STEP ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 T1:駒澤大学高等学校vs関東第一高校~

夏に実家帰った時Amazonプライムで『有田の週刊プロレス』見てたんやけど面白いね。
ワイは微小のプロレス知識があるけどあの番組はプロレスよく知らない人が見ても面白い筈やわ。
プロレスメディアの成熟とも言えるんやろうか。
ああいうんがサッカーメディアにも求められてると思うんやけどね。
「正しさ」とか「知識」じゃなくて「語り手」が不足してるんよね。
なんというか「正しいから面白くなくていい」わけじゃないねん(専門的になるほどそうなる傾向あるけど)
批評と面白さは両立するはずやし批評自身がエンタメであっても構わない。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 東京 T1リーグ
駒澤大学高等学校vs関東第一高校

IMG_2583_2018100309272048e.jpg

駒高は4-4-2
前線は10番と11番
左SH8番右SH9番
ボランチは7番と6番
DFラインは左から5番、3番、4番、2番
GK1番

関東は4-4-2
前線19番と11番
左SH8番、右SH22番
ボランチ10番と23番
DFラインは左から6番、2番、5番、16番
GK1番

選手名がわからないため背番号で表記。

さて、試合。

関東、カウンターから右SH8番が自陣から飛び出す。
少々長めのボールだったがアッと言う間に追いつく。
DFにカットされたものの初っ端かな特徴を見せた。

前半8分、関東にFK。右サイド遠目の距離から。10番がGKとDFラインの間に入れたキックがそのままゴールイン。
関東先制。1-0
IMG_2587.jpg
IMG_2588.jpg

駒高、左SB5番がオーバラップ、後ろから来たボールを絶妙トラップ、ドリブルで仕掛ける。
カットされるも雄弁なワントラップ。
IMG_2628_20181003092724f59.jpg

駒高、左サイドからのクロスに4番がヘディングを合わせるが左に逸れる。
IMG_2618.jpg

前半終了。

駒高は前半40分頃に前線の10番を下げて13番を右SBに、2番をCBにして右SBだった4番をトップに上げる。
攻撃のポイントは左サイドの5番。
サイドからのクロスの形は作れている。
10番が前半で交代ということはなかなか前線でのタメが作れなかったという判断だろう。
前半の終わり頃にはボランチの7番が前線に飛び出していくシーンも。
鋭い動き出しでマーク外から一気に最前線に切り込んでいく。
IMG_2593.jpg

関東は先制点の後、ボールを保持するシーンは多い。
19番が前線でキープして11番がサポート、または追い越していく動き出し。
例えPAで囲まれていても19番が驚異のキープ力を見せる。
もう少し周囲との距離とコンビネーションがあれば崩し切れるというシーンも。
ただポゼッションに対してシュートは少なめ。
打ち切れないもどかしい展開が続く。
序盤で見せた左SH8番のスピードも(守備とスペースの関係があるが)発揮出来る場面がなかなかこない。
守備面ではCB2番が鋭い飛び出しと空中戦で駒高ボールを弾き返す。
またクロスへの対応もGK1番の守備範囲の広さと確実なハイボールのキャッチングでピンチを最小限に。
IMG_2608.jpg

後半開始。

関東右からのCKにゴール前で5番が合わせる。これをゴールライン上でカバーしていた9番がヘディングクリア。
間一髪。
IMG_2660_20181003093010ce7.jpg

駒高、40m程の距離からセットプレー。8番が蹴ったボールに右から上がってきたCB3番がヘディングで逆サイドへ折り返し。
左からのクロスに6番がダイビングヘッドで飛び込むも関東DFブロック。
IMG_2615.jpg

駒高のセットプレーが続く。
ゴール前へのボールに関東クリア、こぼれ球を駒高がシュート、ゴール上段を狙ったシュートもGK1番がジャンプして弾き出す。
駒高セットプレーの流れが続いていた中で関東GKのビッグセーブ。
IMG_2644.jpg

駒高17番をピッチへ。
IMG_2647.jpg

関東は左SB6番に代えて7番を右SBに。
右SBだった16番が左SBに入える。
IMG_2648.jpg

駒高は15番がピッチへ。
IMG_2655.jpg

関東は左SH8番を下げて13番を投入。
IMG_2658_201810030938419ba.jpg
さらに19番を下げて25番をピッチへ。
25番が左SHで13番と11番が2トップを組む形。
IMG_2662.jpg

駒高のセットプレー攻勢が続く。
関東は立て続けにCKを与えるも辛抱強く跳ね返し続ける。

後半40分、関東は25番の左サイド突破からのクロス。
GKが抑えようとしたがキャッチしきれず、こぼれ球を11番が押し込んだ。2-0
IMG_2665.jpg

関東、カウンターで11番が持ち上がり左サイドからフリーになった13番が追い越してライン裏でボールを受ける。
決定機だったが懸命に戻る駒高の前にゴールならず。
IMG_2669_2018100309421144b.jpg
IMG_2668_201810030942046d6.jpg

試合終了。
関東第一高校が2-0で勝利。

駒高は後半CK攻勢で関東ゴールに迫る。
7番がボランチの位置から縦に早くドリブルで仕掛け、シュートチャンスにまで持っていく。
もしくは遠目からのクロスでゴール前へ蹴り込む。
関東がシュートブロックやクリアで凌ぐ。
10本以上のCK、セットプレーを得るも最後まで決めきれず。
基本ファーサイドの選手を狙う事が多かったがなかなかゴール前の選手に合わない。
マークを外す動き、ポジショニングなど一工夫が足りなかったか。
IMG_2680_20181003094228e0a.jpg

関東はGKを含め守備陣が度重なるセットプレーを耐え切った。
ボランチの23番が試合を通じて安定。
身長のあるボランチで中盤での空中戦でアドバンテージ。
DFラインの前で弾き返せるのが強み。
攻撃に割く時間が少なくなった後半だが19番が交代まで役割を全う。
攻めの人数は少なくとも前線でタメを作り味方の押し上がりを待てる。
懐の広いキープ力を最大限に活かし、ポストプレーで味方に繋げる。
後半の大部分を自陣で展開されたが守備からの一転攻勢で追加点をもぎ取った。

この試合の"SMVP"は11番。
駄目押しとなる追加点。
右SH22番とのコンビネーションでサイドから仕掛ける。
仕掛けのアイデアが豊富な選手。
一対一でもDFの足元を抜くだけではなくチップキック気味に浮かせて頭越しを狙うなど予想外のプレーで観客を惹きつける。
IMG_2677_201810030942196f8.jpg

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ