Kick The Beam 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:大宮アルディージャユースvs浦和レッドダイヤモンズユース〜

日曜日は鷲宮グランドからNACK5スタジアムへのハシゴ。
めっちゃギリやけどキックオフには間に合った。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ イースト
大宮アルディージャユースvs浦和レッドダイヤモンズユース


大宮は4-3-3
前線はトップに吉永昇偉くん。
左に氏川匡くん、右に大室慶将くん。
高柳郁弥くん植松亮くん西谷学くんでドイスボランチを形成。
高柳くんをトップ下気味に中盤の上の方に配した三角形になる形が多い。

浦和は4-3-3
前線中央に長倉幹樹くん。
左にシマブク・カズヨシくん、右に池髙暢希くん。
中盤は弓削翼くんと玉城大志くんをダブルボランチにして一列前に佐藤陸人くんを置く三角形。

この試合、埼玉ダービーというのは勿論だが両チームともプレミアリーグ下位に沈んでいる。
降格圏に巻き込まれないよう浮上のきっかけの為にも勝点が是が非でも欲しい一戦だ。

さて、試合。

前半10分、大宮右サイド高柳くんがクロス。
ゴール前のDFの頭をギリギリで超えてファーの吉永くんに合わせてきた。
吉永くんが乾坤一擲、頭を振り抜く。
コースはGKの守備範囲、だが一度は身体に当てるも止め切れずにボールはゴールラインを転々と超えていく。
吉永くんのヘディングシュートの威力が勝った。大宮先制。1-0
IMG_6296.jpg

浦和はPA僅かに外でFK獲得。
ゴール正面から僅かに左。
キッカーの位置にはシマブクくんと橋岡大樹くん。
橋岡くんが直球ストレートのズドンとしたキックを蹴り込む。
壁に当たって枠の上へ。
IMG_6305.jpg

前半41分、大宮が攻撃は浦和に防がれるもその後の最終ラインのビルドアップのパス回しを虎視眈々と狙う。
プレスをかけた吉永くんがDFが甘く戻したパスを見逃さずパスを掻っ攫うとそのままPAへ、GKとの一対一を決めた。
大宮追加点。2-0
IMG_6315.jpg

前半終了。

浦和は若干前線が孤立していたかもしれない。
ロングボールを最終ラインに蹴り込み長倉くんを走らせる。
ただ前線の両サイドの選手達がなかなかサポートに行けない。
特に左に入ったシマブクくんのプレーエリアが狭く中盤のプレスを受けやすいので前線まで上がる事が難しい。
先制点は致し方ない部分もあるが二点目は自分達のミス絡みであり取られ方が悪過ぎた。
後半は切り替えられるかどうか?
IMG_6302.jpg

大宮は吉永くんが値千金の二得点。
二点目は相手のパスコースをしっかり読み切ってのインターセプト。
堂々と正面から切り込む姿勢に浦和DF陣は相当面食らった筈。
吉永くんをサポートする形で高柳くんが近くでプレー。
ラストパスを狙う。
前半右サイドを牽引したのは大室慶将くん。
物凄くテクニックや足技があるタイプの選手ではないが強引な切り返しのドリブル突破でゴリゴリと浦和の左サイドを我が陣地に変えていく。
"馬力"に溢れるサイドアタッカー。
彼が右サイドで粘る事によって周囲がサポートの時間を作れる。
IMG_6297.jpg

後半開始。

浦和は若干システムを変えてきた。
シマブクくんをFWの位置に上げ長倉くんと2トップの形に。
これが効果覿面。
前半左サイドにいた彼が右サイドに流れてチャンスを作る。
シマブクくんの右サイド柔らかいクロスからファーサイドで押し込む。
だがこれはオフサイド。
IMG_6308.jpg

浦和にボールを持たれる展開が増えてきた大宮。
だがソリッドなカウンターで対抗。
セカンドボールを拾うと数名の選手が連動しゴール前まで迫る。
中盤でボールを奪って植松亮くんが中央そのまま持ち上がってシュート。
これは浦和GK河畑光くんが横っ跳びでパンチングしゴールを割らせない。
IMG_6309.jpg

浦和、途中投入の甲斐崇史くんがラインブレイクを試みる。
DFラインとGKの間に落とすボールに反応し裏へ抜け出してシュートを撃とうとするも僅かに足先が届かず。

前掛かりになる浦和に対して大宮は冷静に浦和守備陣の手薄なところを突いてくる。
特に右サイドからの攻め上がりでスライドして来た浦和に対して逆サイドに振ってあっという間に左サイドで数的同数、もしくは数的優位を作り出す。
浦和GK河畑くんが果敢な飛び出しでピンチを未然に防ぐ。
IMG_6310.jpg

残り時間が少なくなってくると大宮は守備の選手を交代で切って守備ブロックを固める作戦。
守り切るという意思を明確に示した采配。
守備に人は割けるがその分DFラインと前線の間に大きな距離が出来てしまう。
この時点で吉永くんは前線で孤立。
まさに我慢比べ。

後半ロスタイム、浦和左サイド高めの位置からのクロスにゴール前長倉くんがクロスの勢いを殺さずゴールに背を向けたまま足裏で押し込む。2-1

浦和はCB橋岡くんを前線に上げるパワープレー。
IMG_6313.jpg

後半ロスタイムに入ると浦和GK河畑くんもセットプレーで前線へ上がる。
IMG_6317.jpg
シマブクくんのCK、左、右と連続したが最後は大宮がクリアしたところで主審の笛が鳴る。

試合終了。
2-1で大宮が浦和に勝利。

浦和は後半からシステムを4-4-2し変更しているように見えた。
シマブクくん長倉くんの2トップで中盤をボックス型に。
この変更によって選手個々の"やるべき事"が明確になった気がする。
特にシマブクくん。
右サイドに流れるケースが多かったが最初から右に固定されているわけではない。
バイタルの前の段階では周囲を活かすプレーが多く、サイドに張る時は周囲から活かされる動き出しをしていた。
IMG_6321.jpg

大宮は前半を2-0で折り返し後半は一点を返されるものの勝点3を手中に。
後半の様な相手に押し込まれる展開も選手達はある程度想定していたのだろう。
ああいう状態からジャックナイフみたいなカウンターを繰り出して来るのが大宮。
的確に相手の守備網の一番薄い所を抉ってくる。
その分前線と中盤の運動量は相当なものになる筈。
攻守にアップダウンしていた植松くん、高柳くん、吉永くんは後半途中で交代。
そんな中で一際目立ったのがフル出場した大室くんの運動量。
どんな時間帯だろうがチャンスがあれば右サイドの深い位置までボールを運ぶ。
彼の様な選手は試合終盤になってくるととても頼もしい存在。

この試合の"SMVP"は吉永昇偉くん。
試合を決める二得点。
高柳くんのクロスも絶妙だったがGKのブロックを突破する力強いヘディング。
冷静な読みのパスカットからの落ち着いたシュート。
ボールを持つと期待させる存在。
後半も前線で張るだけなく攻め込まれていると見るや降りてきて守備にも参加。
IMG_6318.jpg
IMG_6319.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

What Do I Get? ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 T1:成立学園高校vs駒澤大学高等学校~

ヤンマガで連載してる『ピッチディーラー ‐蹴球賭場師‐』
次号で最終回みたいね。
設定がぶっ飛んでてよかったのになあ。
最初は「なんや、コレ!」って思ったけどなんか一周回って面白くなってきたから残念やわ(サッカー漫画というよりも麻雀漫画に近いよね)
サッカー版『ワンナウツ』みたいになるかも?と思ったんやけど。


高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 東京 T1リーグ
成立学園高校vs駒澤大学高等学校

IMG_6273.jpg

成立は4-4-2
窪田稜くんと佐久間駿希くんの2トップ。
ダブルボランチは村上渉くんと鈴木皓くん。

駒大は4-4-2

選手名がわからないため背番号で表記。

さて、試合。

IMG_6287.jpg
成立、ボランチ村上くんのDFラインの裏に落とすロビングパスに左SH八木橋俊介くんが抜け出し飛び出したGKより半歩先にボールタッチしてシュート。
IMG_6282.jpg
ループ気味のシュートは枠の右外。
さらに右サイド、SB16番からのクロスに佐久間駿希くんが合わせてシュートも駒高GK1番が距離を詰めて身体でブロック。

駒高、前半でメンバー交代。
18番、16番、17番をピッチへ。

前半終了。

駒高はプレスの位置がなかなか定まらない。
序盤はハイプレスを敢行していたかと思ったが成立の出方を見てプレスの位置を下げた。
DFラインから繋いでくる成立に対し前線がチェイスする事で追い込むのが理想だがかえって中盤にギャップが出来てしまう。
サイドに振られるとスライドしきれずに中央にスペースが生まれてしまいそこを成立のダブルボランチに活用されてしまう。
気温も高くこのペースだとあっという間に消耗してしまう。
前半終了間際はあえてプレスに行かず膠着状態を狙った。
IMG_6283.jpg

成立はCBの二人がサイドに開いてボランチのどちらかが降りてきてビルドアップ。
ボランチ鈴木くんはDFラインから中盤の底でゲームメイク。
コンビを組む村上くんと役割を交代しながらトップ下の位置まで上がってボールを捌く。
前線の窪田くんは常にDFラインの裏へ飛び出しラインブレイクを狙う。
多少大きいボールでも追いついてシュートにまで持っていける。
佐久間くんが一列下がってチャンスメイク。
左サイドは八木橋くんとSB16番で押し込む。
八木橋くんはキープ力もあり中央にカットインしてくるドリブルが魅力的。
IMG_6284.jpg

後半開始。

駒高は前線の17番にボールが収まるようになり左サイド16番と18番のコンビネーションが上手く回り出した。
IMG_6288.jpg

成立は前半と同じく窪田くんを前線でのターゲットに。
佐久間くんがセカンドトップの様に中盤からゴール前へ。
右からライン裏へ抜け出しシュートも枠上。

チャンスは作れているが中々得点が奪えない成立。
右SH高木健匠くんをピッチへ。
さらに前線のメンバーを交代させる。

駒高は7番がCBに下がる。
長身でハイボールに強く、守備が安定する。
IMG_6285.jpg

試合終了。
0-0のスコアレスドロー。

駒高は後半左サイドが活性化。
18番、16番のコンビに10番が絡んでいく事で攻撃に厚みが出た。
さらにSB5番も成立の間隙を突いてオーバーラップ。
中盤からCBに下がった7番がDFラインを統率し守備の破城を防いだ。
結果論だが積極的な交代策がなんとか功を奏した形。
IMG_6293.jpg

成立は最後の最後まで仕留めきれないもどかしい展開。
チャンスは作っていたがあと一歩のシュートが決まらない。
ポゼッションは出来ているがもう駒高の守備ブロックを崩すにはもう一工夫必要だった。
DFラインからのビルドアップに関しては駒高のプレスがキツくない分ボールは回っていた。
左右に散らす展開で時折見せるCB照山颯人くんの縦パスが攻撃のスィッチに。
照山くんと24番が前半のロングボールや後半のクロス、駒高のセットプレーに対しても危なげなく中央で跳ね返す。
成立はCB、ボランチ、FWのセンターラインが確固たる役割を確立している。
サイドの選手もテクニックがある選手が揃っていてチームとして非常に魅力的。
IMG_6289.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Protection ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs桐光学園高校〜

安室ちゃん引退か....
アルバム『BEST FICTION』しか持ってないけど『Baby Don't Cry』がワイのベスト、大好き。
あと『WHAT A FEELING』のバキバキのエレクトロ・サウンドがめっちゃめっちゃ格好良いのよね。


高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東
三菱養和SCユースvs桐光学園高校

IMG_6244.jpg

養和は4-4-2
中村敬斗くん渋谷黎聖くんの2トップ。
SHは左に松川隼也くん右に長谷川佳輝くん。
ボランチは長岡龍之介くんと冨久田和真くん。

桐光は4-4-2
鷲塚蓮くんと田中彰真くんの2トップ。
SHは左に田中雄大くん右に倉持快くん。

さて、試合。

試合開始からボールは空中を飛び交う展開。
両チームともまず空中戦から主導権を握ろうとする。
桐光のロングボール攻勢が落ち着くと今度は中盤でガチガチの奪い合い。
プレスでお互いが激しくボールを挟んでの鍔迫り合い。
IMG_6251.jpg

桐光は中盤からのスルーパスに右から倉持くんが抜け出しGKと一対一。
ニアを突いたシュートを養和GK川島康暉くんが左足でブロック。

桐光はFWの鷲塚くんに代えて阿部龍聖くんをピッチへ。
IMG_6250.jpg

養和、中村くんが右からPA内でボールを受けるとターンしてシュート。
至近距離のシュートを桐光GK丸山拓郎くんが右手でブロック。
IMG_6245.jpg

前半39分、養和左サイドで渋谷くんがゴールラインギリギリまで粘ってボールをキープしSB松崎唯人くんへ戻す。
松崎くんがクロス、ゴール前で松川くんがヘッドを合わせた。養和先制。1-0
IMG_6253.jpg
IMG_6254.jpg

前半終了。

養和は序盤の桐光のロングボールを粛々と弾き返すと共に段々とゲームの主導権を手中に。
ポゼッションでは完全に養和。
ビルドアップ時は佐々木陸生くんと遠藤光くんのCBコンビがサイドに開きボランチの冨久田くんか長岡くんが中央に降りてくる。
佐々木くんが右サイド高い位置まで持ち上がってサイドの起点に。
右SB宮嶋俊弥くんを押し上げる事が出来るのでサイドで数的優位を作りやすい。
宮嶋くんのオーバーラップからのクロスという展開が多かった。
ただしポゼッションで押し込んではいるもののガッチリ守備ブロックを形成する桐光を相手に中々チャンスが作れない。
先制点は渋谷くんの粘りと松崎くんの早めのタイミングのクロス、松川くんの中に切り込むポジショニングが桐光の守備ブロックの隙間を突いた。
IMG_6258.jpg

桐光は前線の長身FW鷲塚くんをターゲットに序盤はロングボール主体の攻撃。
次第に養和に主導権を握られつつあったが無理に奪い返そうとするのではなくまず守備を固める。
全体的に引き気味で中央の守備ブロックを強化。
CBコンビの加藤優太くんと望月俊介くんがハイボールをキッチリ跳ね返す。
SHの倉持くんが中盤で奪ってから速攻を仕掛け矢口聖真くんがロングスローでチャンスを作る。
前半でFWを交代しアタッカー陣を機動力重視に。
IMG_6246.jpg

後半開始。

桐光が前掛かりに。
倉持くんを前線に上げSBも積極的にオーバーラップ。
前半とは打って変わって攻勢に出る。
IMG_6259.jpg

右SB今井海斗くんが右サイドから中央へ切り込んで右足でミドルシュート。
ポスト直撃、跳ね返りをゴール前の倉持くんが頭に当てるが枠の上。
IMG_6263.jpg
桐光、右サイドから阿部くんがドリブルでPAへ。
角度の厳しいところからシュートもGK川島くんがブロック。
IMG_6262.jpg

養和、長谷川くんが右サイドからミドルを撃つも枠の右に逸れる。
IMG_6247.jpg

桐光は山本蒼也くんをピッチへ。
IMG_6261.jpg

養和は松川くんに代えて山田陸くんを左SHに。
IMG_6264.jpg
さらに前線の渋谷くんに代えて栗原イブラヒムジュニアくんをピッチへ。
IMG_6265.jpg

桐光は養和ゴールにシュートの雨を降らせる猛攻。
必然的にCKが増え、またクリアによるスローインも矢口くんの遠投でチャンスに変える。
後半ロスタイムにはGK丸山くんも養和ゴール前へ。
最後のセットプレーを養和がヘディングでクリアし試合終了。

桐光は前半から一変して後半は養和ゴールに襲いかかる。
セカンドボールを拾えるようになり波状攻撃。
攻撃を牽引したのは倉持くん。
多少強引でも養和の守備ブロックにドリブル勝負、存分に撹乱する。
IMG_6271.jpg

養和は先制点を守り切っての勝利。
攻め込まれる展開では前線で何秒かの時間を作ることは万金に値する。
そういう意味で終盤の栗原くんの投入はドンピシャだった。
長身とリーチを活かし懐の深いキープ。
前線でターゲットになりボールの収めどころとして機能。
GK川島くんも前半のビッグセーブから後半のハイボール対応に安定感を発揮し無失点に貢献。
プリンス関東での好調さを維持している。

この試合の"SMVP"はCB佐々木陸生くん。
前半は右サイドで攻撃の第一歩としてパスを配給。
ハイボールへの強さ、ズバ抜けて長身というわけではないがジャンプのタイミングで頭一つ分相手より高く競り合える。
グラウンダーのクロスにもコースに体をしっかり入れてクリア。
遠藤くんとのコンビで養和ゴールを守り切る。
IMG_6272.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

SSR西園寺琴歌お嬢様登場記念



起き抜けにちひろさんが爆弾を投下。
頼むで!10連ガシャ!









IMG_6210.jpg
ああ(スクショミス)
IMG_6211 (1)
ああああああ

IMG_6212 (1)
ああああああaaaaああああ(ワイ、死ぬんかな....)
IMG_6222.jpg
IMG_6223.jpg
IMG_6224.jpg
IMG_6225.jpg
(言語喪失)
(理性を失いスクショを貼るマシーンと化した庄七)
IMG_6214.jpg
IMG_6215 (1)
IMG_6216 (1)
IMG_6217 (1)
IMG_6218 (1)
IMG_6219 (1)
IMG_6221 (1)
IMG_6220 (1)
IMG_6226.jpg
IMG_6227.jpg
IMG_6228.jpg
IMG_6229.jpg
IMG_6230.jpg
IMG_6231.jpg
IMG_6232.jpg
IMG_6233.jpg
IMG_6234.jpg
IMG_6235.jpg
IMG_6236.jpg
IMG_6238.jpg
IMG_6237.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : アイドルマスターシンデレラガールズ
ジャンル : ゲーム

Touched By The Hand Of God ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:ジェフユナイテッド市原・千葉U-18vs鹿島学園高校〜

TwitterでTLにフォロワーの方達の「いいね」が表示されるの。
最初は鬱陶しいなあと思ってたけどフォロワーの方達が「いいね」したシンデレラガールズのイラストでたまに「ええやん!」ってのが流れてくるから「ひょっとしてええ機能なんかな」と思い始めてる。
子供の頃のテレビが「興味ないけどなんとなく見る」って存在やったしそういうもののなかから一生ものの趣味が見つかることもあるから悪くないんかもね。



今日はゼットエーオリプリスタジアムへ。
というてもワイにとっては未だに市原臨海競技場。
ジェフvs京都でのチェ・ヨンス兄さんのハットトリックを観た。
最後に来たのがジェフvs新潟。
ジェフはオシム監督で要田が決勝点。
もう10年以上前やね。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東
ジェフユナイテッド市原・千葉U-18vs鹿島学園高校

IMG_6135.jpg

ジェフは4-2-3-1
トップに古川大悟くん。
左に􏶟􏱱􏰗􏲭􏵔􏶟􏱱􏰗􏲭􏵔榎本啓吾くん右に􏳜􏳝􏰗􏲦阿部渚くん。真ん中に安光将作くん。
ボランチは林一輝くん竹嶋裕二くん。

鹿島学園は4-4-2
􏷞􏲹􏰗􏰸􏲤富岡大智くんと橋口凜樹くん。
アンカーに深貝陸くん。

さて、試合。

ジェフが右からスローインを得る。
竹嶋くんがロングスローをゴール前へ。
古川くんがヘディングを合わせるがゴール右に逸れる。
IMG_6147.jpg

さらにジェフは榎本くんが左サイドからPA深くまでドリブルで切り込む。
GKと一対一になるが僅かに打ち切れず。
IMG_6145.jpg

古川くんのポストで左サイドからDFライン裏へ抜けPA内へドリブルで持ち込んだ林くんがシュートもこれはオフサイドの判定。
IMG_6148.jpg

鹿島学園、左サイドから橋口くんが持ち込んで強烈なシュート。
これはジェフGK廣濱顕哉くんがブロックしDFがクリア。
IMG_6149.jpg

ジェフ、後方からのロングフィードをDFに付かれながらも古川くんが前線で受けターンでDFを振り切ってシュート。
これは僅かに右に逸れる。
さらにジェフ、右サイドSB内野貴史くんがオーバーラップからクロス。
ゴール前で古川くんがヘッドを合わせるがこれは鹿島学園GK稲津右京くんの正面。
IMG_6146.jpg

前半終了。

ジェフはDFラインから丁寧に繋いでいく。
ただこれは鹿島学園もそうなのだが割と頻繁にパスがズレてしまう。
30℃を超える気温(多少風はあるが)
なかなか判断力の部分で相当苦しそうだ。
出し手と受け手の相互の考えの違いからくるパスミスが散逸。
それでもチャンスを作ったのはジェフ。
ボランチ竹嶋くんは中盤でゲームメイク。
彼のロングスローは大きな武器。
トップの古川くんはマークが厳しい状況やパスが多少ズレてもシュートにまで持ち込める推進力のあるストライカー。
左サイドは榎本くんに左SB渡邊啓太くんが高い位置でサポート。
榎本くんが仕掛けるお膳立ては完璧。
守備ではDFラインを高く設定して鹿島学園の攻撃陣をスモールフィールドの中に閉じ込めてしまう。
IMG_6152.jpg

鹿島学園はジェフのハイラインに手を焼いていた。
ロングボールはなかなか前線に収まらない。
攻撃の人数は足りているのだが相手も密集している。
バイタルは非常に窮屈そうだが橋口くんが多少強引でも仕掛けることでジェフ守備陣に揺さぶりをかける。
橋口くんのシュートまで持ち込めるドリブルが前半は有効だった。
アンカーの深貝くんが実に落ち着いていてゲームをコントロール。
中央から素早くサイドへ展開。
チームが動き出す。
IMG_6151.jpg

後半開始。

鹿島学園は後半から右SB水野志乃哉くんに代えて池田彪真くんを右SBに。
IMG_6154.jpg

ジェフは後半は右サイドの連携が強化された。
右SH阿部渚くんと右SB内野貴史くんのコンビネーションが活発化。
サイドでどちらかが張っていると一人はボールを預けてから一気に中央へ走り込む。
IMG_6160.jpg

ジェフ、阿部くんが右サイド深くまで持ち込みゴール前を横断するグラウンダークロス。
ファーにジェフの選手が走り込むがこれは鹿島学園右SB池田くんがゴールライン外へスライディングで掻き出す。
IMG_6161.jpg

ジェフ、PA近くでFK獲得。
キッカーはCB深川大輔くん。
壁を超えてゴール上段を狙うが惜しくもバーの上。
IMG_6155.jpg

後半立ち上がりからジェフが主導権を握る。
鹿島学園は段々中盤がDFラインに吸収されてきた。
セカンドボールが拾えず、カウンターに繋げられない。
IMG_6166.jpg

鹿島学園は金原朝陽くんをピッチへ。
金原くんはFWとして前線へ。
IMG_6163.jpg

ジェフはCB越後快くんに代えて畔蒜涼太郎くんをCBとしてピッチへ。

さらにジェフは本吉利安くんをピッチへ。
IMG_6190.jpg

IMG_6180.jpg
後半41分、ジェフ左からのスローイン。
スロワーの竹嶋くんのロングスローをニアで逸らして最後は途中交代の畔蒜くんが右足で押し込んだ。
ジェフ先制。1-0
IMG_6192.jpg
IMG_6198.jpg
IMG_6199.jpg

試合終了。
ジェフが1-0で鹿島学園に勝利。
この勝利は残留という面ではジェフにとって非常に大きい勝点3

鹿島学園はなかなかゴールまでが遠かった。
守備は非常にタイトでバイタルで回されていても最終的にはジェフの攻撃陣をしっかり抑えていただけに勿体無い。
途中交代で入ったFW金原くんとこちらも途中交代で入った高柳朗くんも交代選手のアドバンテージである十分な運動量を活かして前線からのプレスに奔走。
ただ前線がやや孤立気味だったのは否めない。
SHやボランチがジェフの攻撃の為に下げられており前線との距離が遠い。
この気温では一列上げて前線と絡むというのは難しいだろう。
試合終盤ともなれば尚更。
IMG_6206.jpg

ジェフは後半はパス回しにミスが減り相手のスペースを上手く使えていた。
特に右SB内野くんのサイドの上下をアップダウンする献身的な走り。
そこから中へ切り込むことで鹿島学園の守備ゾーンを乱す。
CBコンビも深川くんや後半途中交代した越後くん、越後くんに代わってCBに入った畔蒜くん。
この三人がラインコントロールと競り合いで負けない事で鹿島学園からゴールを遠ざけた。
特に負傷交代の越後くんに代わって入った畔蒜くん。
試合途中でかつCBということもあり難しさもあっただろうが値戦金の決勝ゴールを上げた。

この試合の"SMVP"は竹嶋裕二くん。
決勝点を生み出したロングスローという立派な"飛び道具"
ボランチとしても中盤で左右にボールを配球。
彼に預ければボールを取られることなくゲームを次の局面に展開してくれる。
コンビを組む林くんが時に前線へ出て攻撃に絡んでいくタイプなだけに中盤の底に彼がいることがチームに安定感をもたらす。
己の手と足でチームの勝利に貢献。
IMG_6205.jpg
IMG_6207.jpg
IMG_6208.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ