FC2ブログ

The Masterplan 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs横浜F・マリノスユース〜

『狼の死刑宣告』っていう映画。

普通の会社員の男がギャングに息子を殺され「法律が裁かないなら俺が裁く!」っていう復讐者(まあ巻き込まれに近いけど)の映画で好きなんやけど主演がケヴィン・ベーコンなんよね。
これまでのベーコン映画見てるともう冒頭からベーコンが「普通の会社員」に見えない。

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2019
三菱養和SCユースvs横浜F・マリノスユース

IMG_7100.jpg

養和は4ー3ー3
前線は中央に栗原イブラヒムジュニアくん左に上田英智くん右に樋口陸くん。
中盤は影山秀人くんと古舘陸大くん、清水雅仁くん。

マリノスは4ー2ー3ー1
前線はブラウン ノア 賢信くん下がり目に石井宏育くん。
左SH井出真太郎くん右SH松田詠太郎くん。
ボランチは植田啓太くんと吉尾虹樹くん。

さて、試合。

マリノス右サイド松田くんが突破して中央へ折り返し。
石井くんが合わせてシュートも養和GK平井一徹くんが正面でキャッチ。
IMG_7101.jpg

マリノス、左サイドに開いた賢信くんがグラウンダーのクロス。
ゴール前で石井くんがシュートも左のポスト直撃。
IMG_7104.jpg

養和、右サイドから上田くんがゴールライン際までボールを持ち込みシュートもこれはサイドネット。
IMG_7113.jpg

養和にCK。左から樋口くんのキックにファーサイドで栗原くんがヘッドでゴール前へ折り返す。
GKキャッチ出来ず押し込もうとする養和と弾き返そうとするマリノスでゴール前混戦状態になるが最後はマリノス松田くんがクリア。
IMG_7109.jpg

マリノス左からのCK。CB和田昂士くんがゴール前飛び込みながら右足アウトで合わせるが枠の外。
IMG_7111.jpg

前半終了。

マリノスは試合開始早々右SH松田くんがスピードで魅せた。
自陣からのボールに対面の選手をぶっちぎってのクロス。
トップ下の位置に入る石川くんは二度の決定機。
左サイドはSB池田航くんが高い位置を取りサイドだけでなく中盤やバイタルにポジション取り。
左SH井出くんと池田くんがポジションをカバーし合う。
お互いサイドに張り出すだけでなくバイタル中央に切り込んでくる。
守備に関しては養和のカウンターをCB和田くんが上手く潰していた。
ただ最後尾からのビルドアップに若干不安あり。
養和のプレスに不用意なパスを奪われピンチを招くシーンも。
IMG_7108.jpg

養和は4ー3ー3と書いたがシステム的には中盤の底の清水くんがCBも兼任。
清水くんはアンカーというよりDFラインの一歩前でマリノスの石井くんに対応。
守備時はCBに入る前提で5バックになる。
前線は三人に加えてプレスを掛ける時はボランチの古舘くんが前に出てマリノスのボールホルダーにチェイスする。
三人プラス古舘くんのハイプレスはかなりマリノスのビルドアップを撹乱していた。
少しでもパスが甘いと猛進してボールカット。
闇雲に前から行くわけではなく引く時はハーフウェー付近まで下がる。
プレスはボールホルダーだけでなくマリノスのキーマン、ボランチ植田くんへのパスコースもしっかり消していた。
前線の栗原くんも左の上田くん右の樋口くんもかなりの上下動を繰り返し、影山くんもスペースを埋めるべく精力的に走る。
IMG_7121.jpg

後半開始。

後半4分、養和ハーフウェー付近でFK獲得。
キッカーは影山くん。
ゴール前に上げたボールに清水くんがバックヘッドで合わせる。


これがGKの頭上を越え、ループ気味にゴールに吸い込まれる。養和先制。1ー0
IMG_7127.jpg
IMG_7128.jpg

マリノス選手交代。植田くんに代えて中村翼くん。
IMG_7132.jpg

後半16分、養和右サイドからゴール前へパス。
GKが飛び出してキャッチする寸前に走り込んだ上田くんが半歩先に届きボールタッチがそのままゴールへシュート。
養和追加点。2ー0
IMG_7139.jpg

マリノス左からのCK、ファーサイドの賢信くんが右足で合わせるが養和CB岩崎陽也くんがスライディングでシュートプロック。
IMG_7135.jpg

マリノス二人交代。岩井龍翔司くんと中村斗星くんをピッチへ。
IMG_7153.jpg

後半34分、マリノス右サイドでDFの頭上を越して中村斗星くんがPAへ。
中央へ折り返したボールを中村翼くんがシュートしゴール。2-1
IMG_7166.jpg

養和選手交代、古舘くんに代えて田中雄大くん。
IMG_7178.jpg
樋口くんに代えて仙北颯音くん。
IMG_7175.jpg

さらに養和選手交代。
栗原くんに代えて町田悠くん。
IMG_7180.jpg

養和、中盤でのパスカットから田中くんが中央からミドルシュート。
これはマリノスGK寺門陸くんが横っ飛びでゴールライン外へ弾き出す。
IMG_7181.jpg

既にロスタイムに突入。
養和はCKをゴール前へ蹴らずにコーナフラッグ付近でキープ。

試合終了。
三菱養和SCユースが2-1でマリノスユースに勝利。

マリノスは前半決定機を作り出した石井くんが養和に徹底的に封じられる。
右サイド松田くんのスピードも養和の守備陣の前に活かしきず。
特に前線の賢信くんが何もさせてもらえなかったのは痛かった。
セットプレーではターゲットになれるが常に背後につく養和CBの対応にポストプレーはおろかなかなか前を向かせてもらえない。
サイドを力押しでこじ開けようとするが攻めのバリエーションが少なくサポートも不十分。
養和にサイドで数的優位を作られ守り固められてしまう。
後半途中から入った岩井くんのドリブル突破など攻撃のオプションはあるのだが単発で終わってしまう。
先行されていて焦りもあるだろうが細かいパスミスも目立った。
IMG_7197.jpg

養和は2CBプラス清水くんというシステムがハマった。
特に後半は前半脅威となった石井くんを完璧にケア。
清水くんのDFライン手前での球際の強さが存分に活かされていた。
CB竹内駿斗くんの左サイドへのカバーは素早く。
CB岩崎陽也くんと共にハイボールを弾き返し続ける。
竹内くんは左SB今野息吹くんと共にマリノス右SH松田くんのスピードに対し抜群の距離感とボールの離れ際を狙った守備。
迂闊に飛び込まずジリジリと距離を詰める、そしていけると判断した時は思い切り足を伸ばす。
この二人が左サイドを堅守。
さらに今野くんは守備だけでなく機を見てオーバーラップ、ドリブルでサイドを切り裂く。
守備陣は身を呈してのシュートブロックとシンプルなクリアで養和のゴールに鍵を掛ける。
前線は栗原くんのレンジと懐の広いボールキープと変則ポストプレーで少ない人数でゴール前まで迫る。
樋口くんと上田くんの両サイドもアップダウンを繰り返しながら前から追い込む守備と自陣で待ち構える守備をしっかり状況によって使い分けていた。
ボールホルダーへのチェイスを怠らない。

この試合の"SMVP"は影山秀人くん。
先制点をアシスト。
中盤ではマリノスのパス回しを寸断するパスカット。
さらにゲーム終盤でも中盤から前へ出てボールにチェイスし追いかける。
ピッチを縦横無尽、とにかく走る。
ボールを取り切れないまでもチームの姿勢を自らのプレーでチームメイトに伝える。
IMG_7192.jpg
IMG_7198.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Clash City Rockers 〜高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ T1:成立学園高校vs東京武蔵野シティFC Uー18〜


Kang Minhyuk 『On the cheek』
韓国のロックバンド、CNBLUEのドラマー、カン・ミンヒョクのソロ。
めっちゃ好き。
ラヴィン・スプーンフルやね。
魔法を信じるかい?

ラヴィン・スプーンフルと言えばこの曲。
果たして「完璧なポップソング」というものは存在するのか?
シンプルな曲構成、極上のメロディ、コーラスワーク、そして1曲2分あるかないか。
ワイの中で一番完璧に近いのがこの曲。

高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 2019 東京
成立学園高校vs東京武蔵野シティFC Uー18

IMG_6881.jpg

成立は4ー4ー2
2トップに黒部光貴くんと藤原進士郎くん。
左SH中田開人くん右SH水野友雅くん。
ボランチは木村将汰くんと宇津木優人くん。

武蔵野は4ー4ー2
玉川昂勢くんと原川昂大くん。
左SH石塚雄八くん右SH小島永遠くん。
ボランチは安西響くんと西山栄人くん。

さて、試合。

武蔵野左サイドでFK、キッカーは玉川くん。
右足でニアに入れたボールはブロックされるが石塚くんがこぼれ球をシュート。
成立CB大田礼玖くんがゴールライン前でクリア。

成立、右サイドドリブルから水野くんがクロス。
ファーで黒部くんがトラップするが武蔵野の長澤くんがカット。
IMG_6886.jpg

武蔵野左CK獲得。
キッカー左SB西郷瑛くんのボールに右SB長澤シバタファリくんがニアに飛び込んでヘッドを合わせるがシュートは右に逸れる。
IMG_6890.jpg

武蔵野左サイドから石塚くんが深くまで持ち込む。
ゴールライン際まで抉ってからのクロスは成立CB大田くんがカット。
IMG_6892.jpg

前半30分、武蔵野の左SB西郷くんが自陣から縦へフィード。
DFライン裏に抜け出した石塚くん、PA外へ飛び出してきたGKと交錯。
バイタル中央にこぼれたボールを原川くんがGKのいないゴールへ流し込んだ。武蔵野先制。1ー0
IMG_6896.jpg
IMG_6897.jpg

成立、左サイドからのFK。
キッカーは左SB竹谷玲音くん。
IMG_6910 (1)
ゴール前へのボールはクリアされるがこぼれ球をミドル。
これはゴール左に逸れる。

武蔵野のミドルシュートを成立GK大野来生くんが横っ飛びで弾く。
IMG_6906.jpg

武蔵野右サイドから小島くんが切り込んでシュートも成立GK大野くんがキャッチ。
IMG_6901.jpg

前半終了。

成立は4ー4ー2というよりトップに黒部くんアンカーに木村くんを置く4ー1ー4ー1か。
DFラインからビルドアップしていくスタイル。
最後尾ではボールは回るがその次の出所を武蔵野に狙われていた。
アンカーへのパスコースを塞がれサイドに開く。
サイドは単独で仕掛けるが武蔵野がライン際に追い込む。
バイタル中央でもボールは持てるが中々有効な縦パスが出ない。
前半はシュート1本かな?
中盤でパスカットされカウンターを被弾。
武蔵野のハイプレスに苦しんでいた。
IMG_6887.jpg

武蔵野は狙い通りの前半だったのではないか。
前線からのプレスで相手のビルドアップを撹乱。
中盤でのパスカットも冴えていた。
ボール奪取から両サイドが空いたスペースへ走り込む。
先制点は再三のラインブレイクが実った形。
チャンスの数で成立を上回る。
守備面でも成立のパス回しに乱れることなく対応。
特に右SB長澤くんはサイドで高い位置を取りながら時に中に入って前線のターゲットに。
守備でも対面のSHに自由にさせない。
ボール奪取も体の入れ方とタイミングが良く、ボールの離れ際を狙ったカット。
IMG_6913.jpg

後半開始。

武蔵野左サイドから石塚くんが切り込みゴール前へクロス。
IMG_6926.jpg
成立DFクリア。
武蔵野の左からのCK、低いキックにファーで西山くんが合わせるも左に外れる。
IMG_6931.jpg

後半10分、成立右サイドから水野くんのDFライン裏への浮き球のパスに抜け出した黒部くんが胸トラップからシュート。成立同点。1ー1
IMG_6932.jpg
IMG_6933.jpg
IMG_6934.jpg

成立選手交代、水野くんと中田くんに変えて12番と20番。
12番が右SH、20番が左SHに入る。
IMG_6937.jpg

武蔵野、右サイドから原川くんがゴールライン際から中へ切り込んでシュートもバー直撃。
IMG_6942.jpg
さらに武蔵野、右サイドから中央の原川くんへ。
原川くんから左サイドフリーの玉川くんへパス。
玉川くんはPAへ持ち込みGKと一対一。
GK大野くんがすかさず飛び出して両手両足を広げてコースを狭めシュートを足でブロック。
IMG_6927.jpg

武蔵野、原川くんに代えて13番。
13番は左SHに入り石塚くんがFWに。
IMG_6951_201907010103153e5.jpg

武蔵野、西山くんに代えて17番をピッチへ。
IMG_6956.jpg

成立、CB森田純くんに代えて14番。
14番は右SHに入り右SHだった12番が右SBに下り、右SBだった横田文洋くんがCBにスライドする。
IMG_6959.jpg

武蔵野、谷江開良くんをピッチへ。
IMG_6969.jpg

成立左からのCK、キッカーは29番。
右足のキックはファーサイドの木村くんへ。
木村くんは角度のあまり無いところから右足を合わせてゴールへ流し込もうとする。
これを武蔵野GK高田凌輔くんが倒れこみながら両手でブロック。
こぼれ球を武蔵野クリア。
IMG_6908_2019070101103130b.jpg

武蔵野左サイドからFK。
キッカーは17番。
ファーサイドへのボールをヘッドで折り返しゴール前でCB野村航平くんがヘディングを合わせるもバー。
こぼれ球を左サイドで拾い中央へクロス。
武蔵野CB島田颯也くんがミドルを狙うが左に逸れる。
IMG_6975_20190701011546afa.jpg

成立、右サイドから切り込んでミドルシュート。
武蔵野GK両手で上に弾いてからしっかりキャッチ。
IMG_6989_20190701011406fc9.jpg

武蔵野GKがキックしたボールが近くにいた20番の頭に直撃。
こぼれ球に成立詰めるが武蔵野がクリア。

成立右からのCK。キッカー12番は低いボールをニアへ。
14番がニアで軌道を反らせてファーサイドヘ。
ファーでフリーの20番がダイレクトでボレーシュートも僅かに枠の上。
IMG_6974_20190701011548985.jpg

後半ロスタイム、武蔵野右サイドから交代出場の谷江開良くんがシュート。武蔵野逆転!1ー2
IMG_6998.jpg

成立、恐らくラストワンプレー。
左サイドからロングスローを入れるも武蔵野クリア。

ここで試合終了。
1ー2で武蔵野シティの勝利。

成立は後半かなり改善されていた。
武蔵野のプレスを無効化する早いボール回しで素早く縦に入れサイドへ展開。
戻り切れない武蔵野のサイド空いたスペースを使い前線へ入れてくる。
攻撃では9番と途中交代で入った20番が前線で効いていた。
9番は前半はなかなかボールが集まってこなかったが後半はポストプレーにフィニッシュにと見違える存在感。
成立の同点ゴールを決めた。
20番は最初は左SHだったが前線に上がりシュートを放つ。
ラインの裏へ抜け出す惜しいシーンも。
守備も前後半を通じてGK大野くんの好セーブとCB大田くんの寄せとカバーリングで持ち堪えていた。
後半主導権を握ったのは成立だったが攻勢の時間帯に決めきれず。
最後の最後で勝ち越されてしまった。
IMG_7010.jpg

武蔵野は前線からのプレスがあまりハマらなくなり陣形が間延びした。
中盤でもセカンドボールを拾われてしまう。
後半は守勢に回る時間帯が増えたがなんとか1失点に抑えた。
GK大野くんのセービングとCB島田くん野村くんがライン裏を必死にカバー。
ライン裏抜け出されても相手に食らいつき自由にさせない。
攻撃面ではサイドアタックからバイタルでも積極的な仕掛け。
両SBも守備一辺倒ではなく長澤くんは高い位置を取って攻撃参加。
西郷くんは左サイドでのパス供給で攻撃の起点となった。
守備から攻撃に移る際は長い距離を走ってカウンターを成立させる。
交代選手も含めて自分の役割とそれ以上のものをピッチ上で出そうとしていた。

この試合の"SMVP"は石塚雄八くん。
先制点を最高の形でお膳立て。
サイドを鋭く切りつけ深く抉るドリブルで前後半を通じてチャンスを作る。
スピードに乗ったライン裏を狙う飛び出し。
さらにサイドアタッカーとしてだけでなくシュートにまで持ち込める。
IMG_7011.jpg
IMG_7012.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Hand Of God 〜日本クラブユースサッカー選手権関東大会:水戸ホーリーホックユースvsジェフユナイテッド市原・千葉U-18〜

こないだ献血行ったら受付で「データ上に同姓同名、生年月日が一緒で同じくB型の方がいるので本人確認のために名前の漢字を教えてください」って言われた。
占いだとほぼ同一人物やん、その人に会ってみたいわ。
献血行くのはええしおすすめやけどワイ献血中に100以上あった血圧がみるみる下がって70ぐらいになってベッドから起き上がれんくなったことがある(一回だけやけど)
スタッフさん達が親身に介護してくれたからええけど恥ずかしかった。
献血をする時は体調、睡眠、食事の管理と水分補給をしっかり。

2019年度 第43回 日本クラブユースサッカー選手権関東大会 準々決勝
水戸ホーリーホックユースvsジェフユナイテッド市原・千葉U-18

IMG_6611_201906092124430e8.jpg

水戸は4ー4ー2
2トップは今市寛大くんと松本康平くん。
左SH高野晴輝くん右SH呼子隼人くん。
ボランチは藤枝伶央くんと甲高柊汰くん。

ジェフは4ー3ー3
トップに大野了熙くん左ウィングに大和葵晴くん右ウィングに常世廉くん。
中盤はアンカーに長島武くんを配し左に齋藤来飛くん、右に中村凜太郎くん。

さて、試合。

水戸、右サイドで呼子くんがボールを奪い松本くんへ。
松本くんからPAの今市くん、受けて縦に流してシュートもサイドネット。
IMG_6613_20190609212442b56.jpg

水戸左サイドでFK、キッカーはSB平田海斗くん。
右足で蹴ったボールは飛び出したGKの手の上を僅かに越え、走り込んで来た田辺陽太くんがヘディングを合わせるもバーの上。
IMG_6621_2019060921243449e.jpg

ジェフ、齋藤くんが正面からシュートもゴールならず。
IMG_6625_2019060921252357f.jpg
大野くんが左からPA内へ、ゴールライン際まで運んでシュートも枠外。
IMG_6620_2019060921243258f.jpg

水戸、左サイド高野くんの中央への折り返しに松本くんがシュート。
これはジェフGK伊藤蒼太郎くんがセーブ。
IMG_6638_201906092131064df.jpg

水戸、左サイド平田くんのパスから甲高くんがクロス。
IMG_6643_20190609213059f2a.jpg
味方には合わなかったがファーのゴール右上段に直接吸い込まれていく軌道。
ジェフGK伊藤くんがジャンプして片手で枠外へ掻き出す。
IMG_6642_20190609213101386.jpg

前半終了。

水戸は2トップかと思ったが松本くんが前線から中盤までカバー。
時には中盤の底までカバーし、DFラインからのビルドアップにも関与。
前線ではラストパスからフィニッシュまでに関わる。
水戸は一人多いのか?と錯覚させる運動量。
基本的にロングボールを蹴り込むことはせずDFラインからサイドへ繋いでいく。
サイドアタックからのクロスまではいい流れ。
ただ中央に人数が揃っていなかったり精度の問題だったりでなかなか合わない。
この日は風が強いのでお互いロングボール、ハイボールの処理には苦労するだろう。
IMG_6640_20190609212731605.jpg

ジェフは両サイドのウィングが積極的。
ワイドに張り出しボールを持ったら仕掛けられる。
左ウィングの大和くんは何度も縦に仕掛けて奥深くまでボールを運ぶ。
右ウィングの常世くんは細かいタッチが持ち味のドリブルで中へ切り込む。
アンカーとして長島くんを中盤の底に残し齋藤くんと中村くんも攻撃に絡んでくる。
特に齋藤くんはセカンドトップと言ってもいいぐらい前線でボールに絡む。
ただ攻めている時は圧をかけられるが守備に切り替わった時に必然的にサイドにスペースが。
前半はウィングが戻れてカバーしている。
ビルドアップはGKを始点に丁寧に繋いでいきアンカーの長島くんを中継点の一つとして組み立てる。
IMG_6628_201906092125155d7.jpg

後半開始。

水戸選手交代、左SH高野くんに代えて山中武蔵くん。
IMG_6655_201906092136509d5.jpg

水戸、松本くんに代えて藤浪昴也くん。
IMG_6669_201906092137348df.jpg

IMG_6658.jpg
ジェフ、ビルドアップ中の水戸DFに前線からプレス。
中村くんがボールを奪いそのまま持ち込んでGKと一対一。
水戸GK菊池柊太くんが飛び出してブロック。
IMG_6659.jpg

水戸、呼子くんに代えて関根梨玖くんをピッチへ。
IMG_6672_20190609213937419.jpg

ジェフは攻撃陣が前掛かりに。
中村くんと齋藤くんのポジションもだいぶ高い。
ほとんどツーシャドーぐらいの位置にいる。
さらに右からウィングの常世くんがアタキングサードの中央に顔を出す。
水戸をゴール前に釘付け、バイタルに人数を揃えているからセカンドボールもジェフが優位に拾えるように。
IMG_6653_2019060921365209a.jpg
IMG_6654_20190609213635c35.jpg

千葉、大和くんに代えて土田尚央くんをピッチへ。
水戸、甲高くんに代えて後藤尚希くんをピッチへ。
IMG_6677_20190609213939c28.jpg

守勢に回る時間帯が多くなった水戸だがDF陣が踏ん張っている。
IMG_6660_2019060921380166e.jpg
さらに最終ラインの後ろにはGK菊池くんが立ちはだかる。
再三のファインセーブで窮地を救う。
IMG_6679_201906092139278bc.jpg

後半終了。
勝負はPK戦へ。

先行はジェフ。
GK菊池くんが左に跳んでPKストップ。
IMG_6691_20190609213918c6e.jpg
X
水戸のキッカーは平田くん。
IMG_6694_20190609213910582.jpg
コース右にしっかり決めた。
IMG_6696_20190609215026a6c.jpg


ジェフの二本目。
GK菊池くんがまたもコース左に跳躍しストップ!
IMG_6701_20190609215031332.jpg
完璧に読み勝った。
IMG_6710_20190609215309b22.jpg
XX

水戸の二本目は手塚文登くん。
IMG_6711_20190609215530bb4.jpg
GKの逆を突くコース右。
IMG_6719_20190609215531a62.jpg
XX
○○
ジェフ三本目は木村一平くん。
IMG_6728.jpg
GKと逆のコースにしっかり決めた。
IMG_6734_20190609215531908.jpg
XX○
○○
水戸三本目は田辺くん。
IMG_6737_201906092155142e9.jpg
PK成功。
IMG_6742_20190609215508f8e.jpg
XX○
○○○
ジェフ四人目は木下颯太くん。
IMG_6745_2019060921550345e.jpg
PK成功。
IMG_6752_20190609220007554.jpg
IMG_6753_201906092202144dd.jpg
XX○○
○○○
水戸四人目は山中武蔵くん。
IMG_6755_201906092200075af.jpg
これを決めれば水戸の勝利。
右足でギリギリのコースに蹴り込んだ。
IMG_6758_201906092200048cf.jpg
XX○
○○○○
水戸勝利。
IMG_6761_20190609220008bc2.jpg
IMG_6762_2019060922014702b.jpg
IMG_6767_2019060922014871e.jpg
IMG_6768_20190609220148824.jpg
水戸は日本クラブユース選手権出場決定(意外なことに初出場らしい)

ジェフにとってはもどかしい試合だっただろう。
攻撃陣は魅力的、実際に何度もチャンスを作っていた。
だが最後まで得点には結びつかず。
後半、ショートカウンターから3〜4人がゴール前まで雪崩れ込み水戸DFは二人という状況があったが結果はパスミスでシュートに至らず。
チャンスをフイに。
このシーンだけを見て言うのはアンフェアだがどうもそれ以外でも細かいミスが目立った。
サイドやアタッキングゾーンではガンガン行くのだが中盤でのゲームメイク。
特に中央からサイドに振る時に何回かパスミスが見受けられた。
単純な目測を誤ってのパスミスだったり出し手と受け手の相互理解の足りなさ故のパスミスだったり。
故に後半は攻め込んではいるものの"もどかしい"シーンが多かった。

水戸は後半押し込まれる展開が続いたが両CB井坂虎鉄くんと田辺くんが持ち堪えた。
左SB平田くんも中央に絞っての守備でゴール前の壁となる。
平田くんはサイドに追い込むか、縦を切るか、それとも中に絞るかの局面局面での判断が凄く良かった。
前半は松本くんが目立っていたが流石に前半の運動量ではペースダウンしてしまう。
松本くんを後半30分程で交代し、その後も交代のカードでフレッシュな選手を投入(特に後半途中で入った山中くんはチームを本大会出場に導くPKを見事決めてくれた)
前半はある程度ジェフと互角の差し合いに持ち込めていたが後半は割り切って守備に比重を置く戦い方。
残り何分からPK戦を想定していたのかはわからないが見事に嵌まった。

この試合の"SMVP"は菊池柊太くん。
二本連続PKストップも勿論凄いが90分を通して何度もジェフの決定機を握り潰す。
サイドへの高精度なフィードも良いものがあった。
この日は風が強くロングボールやハイボールの処理、フィードなどにも直に影響を受けるはずだが意に介さないプレー。
ファイセーブを連発するとGK自身がノってくるという現象がある。
オカルトかもしれないがある種の"全能感"が満ちてくる時がありPK戦もその流れで行けたのではないだろうか(個人の想像だが)
ただオカルトかもしれないがGKにとって"思い込む"ことは紛れもなく重要な要素の一つ。
自信が確信に変わった時にそのGKは覚醒する。
今日の試合は間違いなく彼が王様だった。
IMG_6771_201906092201411e1.jpg
IMG_6774_20190609220130dbb.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Blitzkrieg Bop 〜日本クラブユースサッカー選手権関東大会:横浜FCユースvs柏レイソルU-18〜

昨日は稲毛へ。
稲毛海浜公園初めて行ったけどデカイ公園やね。
サッカー場は公園の中にあるんやけど公園入口からちょい歩く。
公園やからバスの本数もまああるしええとこやね。
これでピッチ内にあるスタンドで観戦出来れば最高なんやけどなあ。

2019年度 第43回 日本クラブユースサッカー選手権関東大会 準々決勝
横浜FCユースvs柏レイソルU-18

IMG_6441.jpg

横浜は4ー2ー3ー1
トップに佐々木翔くん。
左から山崎太新くん奥村周太くん永田亮輔くん。
ボランチは小倉陽太くんと中川敦瑛くん。

柏は4ー4ー2
細谷真大くんと奥田陽琉くんの2トップ。
左SH鵜木郁哉くん右SH佐々木寛太くん。
ボランチは戸田伊吹くんと清水祐輔くん。

さて、試合。

横浜、中央の奥村くんから左サイドの山崎くんへ。
山崎くんからの横パスを佐々木くんがバイタル中央で受けてシュート。
コース右、柏GK佐々木雅士くんが横っ跳びでセーブ。
IMG_6447_201906021330546e3.jpg

前半9分、柏右サイドオーバーラップしたSB藤本隼斗くんが中央へパス。
奥田くんが受けて落としたボールを中央から上がってきた左SB揖斐俊斗くんがシュート。
DFにブロックされるがこぼれ球を拾って再びシュート。コース右に決まった。柏先制。1ー0
IMG_6448.jpg
IMG_6449.jpg

横浜、右サイドから永田くんが中央切り込んでシュート。
コース上の奥村くんがワンタッチでシュートの軌道を変えるゴール右上段ギリギリのところに飛ぶも枠外。
IMG_6443.jpg

柏、左サイドからのクロスに佐々木くんが合わせるが枠外。
IMG_6458_2019060213331327a.jpg

前半終了。

横浜は前線に佐々木くん、下り目の位置に奥村くんが入る。
佐々木くんが前でボールを収め、奥村くんがセカンドトップとしてライン裏へ飛び出していく。
両サイドの山崎くんと永田くんも縦に仕掛けるだけでなく中へ切り込んでくる。
アンカーに小倉くんを配してチームの軸とし両SBを高い位置に押し上げサイドへ展開。
共にボランチを組む中川くんは攻撃時はパスでのゲームメイクだけでなく中盤から飛び出して積極的にシュートを放つ。
守備時は中盤と左右のスベースを埋め、柏の攻撃を寸断する。
IMG_6456_20190602133046376.jpg

柏は試合開始からしばらくフォーメーションが掴めなかった。
4バック?3バック?
DFラインは右からSB藤本くんCB富田英寿くん井出敬大くんのコンビ、左SB揖斐俊斗くんが基本布陣。
ただ揖斐くんのポジショニングがかなり独特。
ビルドアップ時にアンカーの戸田くんが下がって3バック気味になり両SBを高く押し上げる、というのは割とよくある。
ただその際に揖斐くんはサイドに開いて上がるのではなくボランチの位置に入る。
左SH鵜木くんがワイドに張り出し揖斐くんは中盤からサポートする。
逆サイドで攻撃が進行中の時もそうでSBからボランチになり主戦場を中盤に。
確かに逆の右サイドで攻撃中は左サイドはすぐにはピンチにはならない。
揖斐くんが中盤に入る事で選手をスライドしサイドで数的優位に立てる。
先制点のシーンは「SBが何故そこに?」というポジション取りだった。
柏の2トップの強みは高さで競り勝てる奥田くんと当たりに強くゴリゴリとDFを引きずる様なドリブルが持ち味の細谷くん。
2トップは守備でも効いていた。
横浜の小倉くんが中盤の底でボールを持つとまず前線で彼のパスコースを塞ぐポジション取り。
柏の中盤が彼にチェックにいくと後ろから追いかける形で挟み込んでしまう。
横浜の軸である小倉くんに対し仮にボール奪取出来なくてもなるべく自由にボールを持たせない。
選択肢を削るプレッシング。
IMG_6452.jpg

後半開始。

横浜、永田くんが右サイドドリブルからシュート。
これがDFに当たってゴール上段ギリギリのところにコースが変わる。
柏GK佐々木くんがゴール枠上に掻き出す。
IMG_6466_201906021334350cc.jpg

後半9分、横浜の前からのプレス、柏のビルドアップのミスを見逃さなかった。
ボールを奪った小倉くんが左からPAまで持ち上がるとバイタル付近で佐々木くんへパス。
佐々木くんがこれを叩き込んで横浜同点。1ー1
IMG_6479_20190602134026d4d.jpg
IMG_6480.jpg

後半10分、横浜右サイドからのクロス、横浜密集地帯でシュートを放つがGKがブロック。
このこぼれ球を佐々木くんが押し込んだ。横浜逆転。2ー1
IMG_6482_201906021341575a1.jpg
IMG_6484_201906021341532bf.jpg

前半15分、柏右サイドをSB藤本くんが駆け上がりグラウンダーのクロス。
ファーサイドで佐々木くんが押し込んだ。柏同点。2ー2
IMG_6492_20190602134328135.jpg
IMG_6494_20190602134312699.jpg

柏は戸田くんに代えて大嶽拓馬くんをピッチへ。
大嶽くんは左SBに入り揖斐くんをボランチに。
IMG_6497.jpg

柏、前線の佐々木くんから左サイドから走りこんで来た鵜木くんへパス。
PAまで進入した鵜木くんはGKと一対一に。
シュートを放つも横浜GK深宮祐徳くんの反応が勝った。
ニアを抜こうとした鵜木くんのシュートを足を出してブロック。
IMG_6500.jpg

柏は佐々木くんに代えて田村蒼生くんを右SHへ。
IMG_6506.jpg

横浜、山崎くんに代えて左SH前田柊くんをピッチへ。
IMG_6504.jpg
さらに小倉くんに代えてアンカーに増田健昇くん。
IMG_6512_201906021348278be.jpg

後半ロスタイム、横浜右サイドからSB田畑麟くんのクロスにファーサイド前田くんが被せるようにヘディングを合わせる。
これはポストを直撃、こぼれ球がゴール前にバウンド、腰と膝の間くらいに弾んだボールを走りこんで来た奥村くんがジャンプして右足正面で蹴り込んだ。横浜勝ち越し。3ー2
IMG_6525_20190602135010a6c.jpg
IMG_6526_201906021350100e1.jpg
IMG_6527_20190602135009a05.jpg

柏は鵜木くんに代えて左SHに中島舜くん。
IMG_6528_20190602134946287.jpg

横浜は佐々木くんに代えて堀越拓馬くん。
IMG_6533_20190602135212ab7.jpg
さらに森本義輝くんをピッチへ。
ベンチからは「5ー4ー1で!」という指示が飛ぶ。
堀越くん一人を前線に残しDFラインに森本くんを入れて残りの時間、柏の攻勢に備える。
IMG_6536_2019060213521095e.jpg

試合終了。
横浜FCユースが準決勝進出。

柏は後半の被弾からあれよという間に二失点で逆転される。
同点に追いつきそこからは柏の時間帯が続くがロスタイムに勝ち越された。
追いついてからの柏の攻撃は右SB藤本くんがオーバーラップで右サイドに起点を作り前線がゴール前へ。
ただしサイドへ意識が傾き過ぎていたかもしれない。
開いてボールを受けても選手間の距離があるために孤立してしまう。
横浜がサイドのスペースを埋めてくるとパスの出しどころに詰まってしまいボランチを経由して後ろに戻す。
CB井出くんと富田くんがサイドへロングフィードを出すが横浜としては読み易い展開。
前掛かりにはなっているがボールを保持しきれない。
攻勢に出ていた分ロスタイムの被弾時には選手が戻りきれなくっていた。
IMG_6538_20190602135451e00.jpg

横浜は快心のゲームだった。
前半失点するも後半早い時間帯で電撃的に2得点で逆転。
同点に追いつかれるが後半ロスタイムに勝ち越し弾。
前線の佐々木くんは2得点。
自陣からのロングボールをヘディングで正確に落とし味方に繋げる。
得点以外でも前線からのフォアチェックを怠らない。
そしてここぞという時にはしっかりゴール前のスペースにポジション取りをしている。
左SH山崎くんや交代で入った前田くん、増田くんといった一年生の活躍も見逃せない。
スタメンの山崎くんはゴールこそならなかったが前半から積極的にシュートを放ち後半もガンガンドリブルで仕掛ける。
その山崎くんに代わって入った前田くんは勝ち越し弾に直結するヘディングシュート。
また後半途中からアンカーで入った増田くんも中盤の底でのスィープからボールを正確に繋いでいく。
181cmの長身なのでDFラインの前でハイボールに競り合える。
後半は左SB小林佑熙くんの動きも見逃せない。
柏のサイドアタックに対応しつつ機と見ればサイドを駆け上がる。
またボールキープとパス出しが正確でサイドライン際に追い詰められてもしっかりボールを繋げられる。
前の左SHが一年生ということもあったかはわからないがSHにマークを絞らせないオーバーラップとサイドで詰まった時のサポートの動き出しなどSHが仕掛けられる舞台を整え、かつチャンスと見れば自らサイドを切り裂いていく。

この試合の"SMVP"は奥村周太くん。
後半ロスタイムの劇的ゴール。
ボレーには体勢的に難しくヘディングには低過ぎる難しいバウンドのボールを走り込みながらジャンプし右足で蹴り込んだ。
2トップの一角として、セカンドストライカー、シャドーストライカーの動きで柏ゴール前へ。
そして時に1.5列目のトップ下としてもチャンスメイク。
攻撃のあらゆる場面に現れボールを受けて選択肢を広げる。
前線に構える佐々木くんを車軸として両SHの両輪をフル回転させた。
横浜の熱エネルギーの源でありさらにそれを滞りなく循環させるマルチタスクダイナモ。
IMG_6539_20190602135502976.jpg
IMG_6540_201906021354443fe.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Skypainter 〜日本クラブユースサッカー選手権関東大会:三菱養和SCユースvsRaiz Chofu FC Uー18〜

シンデレラガール総選挙お疲れ様でした!
結果については後ほどまた改めてブログに書きます。
しかし今思うと去年の茄子さんの追い上げ凄かったなあ。

運営「列に並べ ボイス待ちアイドルはたくさんいる」

(投票券を撃ち込んで)

私が「列の先頭」

D5XNev7UwAA5ntB.jpg

ゴールデンカムイの土方歳三みたいで格好良い。

2019年度 第43回 日本クラブユースサッカー選手権関東大会ノックアウトアウトステージ
三菱養和SCユースvsRaiz Chofu FC U-18

IMG_6304_20190522091522f44.jpg

養和は4ー4ー2
前線は栗原イブラヒムジュニアくんと上田英智くん。
左SH白井敬くん右SH32番。
ボランチは田中雄大くんと高橋昴くん。

RAIZは4ー4ー2
前線は15番と10番。
左SH17番、右SH23番。
ボランチは8番と19番。
左SB5番、4番と32番のCB、右SB6番。
GK1番。

養和左からのCK、白井くんのキックにニアで岩崎陽也くんがヘディングを叩きつけるがRAIZ32番がブロック。

前半6分、RAIZが右サイドから23番のシュート性のクロス。
ゴール上段バー僅か下のコース、GKがジャンプして片手で弾く。
こぼれ球をPAライン付近で受けた8番が抑えてコース右ギリギリのシュート。RAIZ先制。1ー0
IMG_6309_201905220915106c7.jpg
IMG_6310_20190522091516f67.jpg

養和左サイドから中央戻して田中くんが放ったミドルはバーを叩きゴールラインギリギリの位置でバウンドする。
IMG_6313_20190522091512e72.jpg

養和、右サイド突破してSB櫻井佑樹くんがクロス。
ファーサイドでフリーの白井くんが合わせるが枠の上
IMG_6325.jpg

前半32分、養和右からのCK。キッカーは田中くん。
ファーサイド栗原くんがヘディングを合わせた。養和同点。1-1
IMG_6329.jpg

前半34分、養和右からのCK。キッカーは田中くん。
ファーサイド栗原くんがヘディングを合わせた。養和勝ち越し。2ー1
IMG_6332.jpg

養和、右からのロングスローにPA内で栗原くんがトラップからボレーシュート。
RAIZGK正面でキャッチ。
IMG_6326.jpg

RAIZ、左サイドからのクロスに23番がファーで合わせるが養和GK清水理くんが体でセーブ。
こぼれ球を拾って23番シュートもGK清水くんが近距離弾を体でブロック。
IMG_6338.jpg

前半45分、養和の上田くんがPAでボールを受け冷静にシュート。3ー1
IMG_6343.jpg

前半終了。

養和は先制こそされたが栗原くんの高さを活かして逆転。
1点目はマークを外して合わせたが2点目はマークがついていながら頭一つ分の高さから叩き込んだ。
ただ同点まではシュートは撃てるがなかなか入らない時間帯が続く。
RAIZのDFラインの高さもありオフサイドにかかる場面も。
栗原くんが”高さ”なら”速さ”で圧倒していたのは左SB今野息吹くん。
イーブンの状態でボールを持ってもワンタッチ毎に加速して相手を引き離していく。
IMG_6322.jpg

RAIZは理想的な先制点。
最初の決定機を見事に得点に結びつけた。
ボランチも含めて攻撃に人数を充分かけていたからこそ。
その後も養和にサイドを崩されるがギリギリのところで踏ん張る。
ラインを高く押し上げてなるべくコンパクトに保ち養和をオフサイドにかける。
CB32番の対応も養和の前線に対して付き過ぎず離れ過ぎず。
闇雲にボールホルダーにアタックするのではなくボールタッチの離れ際を狙ったチェイス。
栗原くんのセットプレーに関してはもう「しょうがない」としか言いようがない。
IMG_6319_201905220915363f8.jpg

後半開始。

養和は井上太一くんと樋口陸くん保坂祐貴くんの三人をピッチへ。
IMG_6344.jpg
IMG_6346_2019052209202514f.jpg

養和左からのCK、田中くんのキックにニアで今野くんがヘディングを合わせるが枠の上。
IMG_6366.jpg

後半9分、養和左サイドから今野くんのロングスローを栗原くんが受けてPA深くまで持ち込みシュート。4ー1
IMG_6353.jpg

養和、栗原くんに代えて宮崎楓吾くん。
IMG_6355_201905220920253fb.jpg

RAIZ10番に代えて11番をピッチへ。
IMG_6365.jpg

後半24分、養和バイタル左で受けた井上くんがそのまま持ち込んでシュート。5ー1
IMG_6369.jpg
IMG_6370_20190522093128584.jpg

RAIZ13番をピッチへ。
IMG_6374.jpg

養和GK交代、清水くんに代えて渡辺舜作くん。
IMG_6376.jpg

RAIZ17番に代えて7番。
IMG_6380_20190522093257507.jpg

RAIZ前線の15番に代えて16番。
IMG_6390.jpg

後半32分、養和井上くんがゴール。6ー1
IMG_6392.jpg

RAIZ5番に代えて24番。
IMG_6396.jpg

後半40分、養和左サイドから今野くんのパスに井上くんが受けてシュート。7ー1

後半45分、養和右からのCK、田中くんのキックにニアで宮崎くんがヘディングを合わせる。8ー1
IMG_6400.jpg

後半ロスタイム、養和樋口くんから左サイドの今野くんへ。
今野くんのクロスはゴール前を横切りファーで宮崎くんが押し込んだ。9ー1
IMG_6406.jpg
IMG_6407.jpg

試合終了。

RAIZは終盤バタバタと失点してしまった。
後半交代で入った養和攻撃陣に対応するのは非常に難しかったと思う。
ただ前半の戦い方は良かった。
先制点のボランチ8番、プレスに苦しみながら攻守の繋ぎ役となる。
SH23番、先制点が生まれたのも彼のサイドアタックから。
前半惜しいシュートシーンもあり。
SHとして養和のサイドアタックのケアと攻撃を両立させるのは明らかに厳しいタスク。
だが果敢な姿勢が得点に結びついた。
これは技術云々よりも”勇気”
トップの15番も前線からのチェイスでチームに貢献。
なかなか前線から連動してプレスというのは難しく、一人でボールを追う形が多かったがたとえボールを奪えなくてもDFラインにプレスをかけることで養和のゲームメイクの選択肢を狭める事が出来る。
守備である程度狙いがつけられるのでDFにとっては非常に有難いプレー。
リスク覚悟のラインの押し上げや先制点に繋がった攻撃への姿勢。
押し込まれてはいたが決して臆してはいなかった。
IMG_6414.jpg

養和は栗原くんがハットトリック。
オープンな競り合いなら確実に競り勝てる。
それ以上に足元の技術によるボールキープ。
柔らかいタッチで確実に足下に収める。
さらに長い手足をフル活用し相手を寄せ付けない。
三点目の様に長身だが小回りの利くプレーが持ち味の一つ。
後半に入った井上くんもハットトリック。
今年はボランチ起用での試合しか観ていなかった。
SHとして、サイドアタッカーとしての彼を観たのは初めて。
ドリブル、切り返し、シュートと素晴らしいプレーを見せてくれた。
養和は二年生時にボランチで三年生時にはSH(逆もある)というポジションチェンジが割とある。
近年だと瀬古樹くんや松川隼也くんがそうだった。
そして見違える様なプレーを披露する事が多い。
元々のポジションや選手個人の資質はこちらにはわからないがプレーの幅が広がるのは確かだろう。

この試合の"SMVP"は今野息吹くん。
サイドを切り裂くドリブル、クロスでアシスト。
左サイドでは試合を通してRAIZの脅威であり続けた。
SHもSBも出来るが持ち味は変わらない。
速さに加えて重心の低いドリブル。
さらにロングスローという飛び道具も持っている。
IMG_6413.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ