若者たち 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:桐光学園高校vs三菱養和SCユース〜



サニーデイ・サービスのドラマー丸山さんが亡くなった。
サニーデイは僕にとって不思議なバンドで時代と共に自分のベストなアルバムが変わっていく。
最初は『東京』だったりある時は『LOVE ALBUM』だったり。やっぱり『24時』がいいなあってなったり。
今は『MUGEN』

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2018
桐光学園高校vs三菱養和SCユース

IMG_1851_20180716033559d5f.jpg

桐光は4-4-2
2トップに西川潤くんと鷲塚蓮くん。
右SHに阿部龍聖くん左SH佐々木ムライヨセフくん。
ボランチに中村洸太くんと奈良坂巧くん。

養和は4-4-2
2トップは勝浦太郎くんと西田湧大くん。
右SHに宮本康生くん左SHに小山竜二くん。
ボランチは冨久田和真くんと松川隼也くん。

さて、試合。

まず桐光、中央で西川くんから左サイド駆け上がってきた佐々木くんへ。
ドリブルから中へ折り返そうとするが養和DFカット。
IMG_1873_20180716033620ec7.jpg

前半13分、養和右サイドの宮本くんにボールが入る。
宮本くんは中央にカットインして前方の勝浦くんへ縦にパスを通す。
受けた勝浦くんはそのままゴールに向かい右足シュート。これが決まって養和先制。1-0
IMG_1855.jpg

桐光、CB望月駿介くんが自陣から前線の阿部くんへロングパス。
中央のDFを振り切った阿部くんPAへドリブルするが右サイドから絞ってきたSB廣川虎太郎くんが走ってきてドリブルをカット。
シュートまで持ち込ませない。
IMG_1881.jpg

養和、後方からのロングボールに前線の西田くんがPAフリーで受けるがシュートを打ちきれない。
IMG_1871_201807160343492f8.jpg

桐光、再三左サイドからの進入を試みる。
西川くんがサイドに流れたり佐々木くんのスピードを活かしてゴールライン際までボールを持ち運ぶ。
左サイドからグラウンダーのクロスはゴール前を通過しファーに選手が走りこむ、触れば一点というクロスだったが触れずラインを割る。
養和も中央の守備ブロックを固めてクロスを弾き返す。
IMG_1857_2018071603474039d.jpg

養和、セットプレーでゴール前へ。
左からのCK、ファーサイドで折り返しゴール前へボールを落とすも桐光も守備陣が密集しシュートを打たせない。

前半終了。

養和はビルドアップ時ボランチの松川くんがアンカーとなりDFラインに入る。
最終ラインはCB遠藤光くんと松川くんの二人になり右CB清水雅仁くんを右サイドの高い位置に押し上げる。
右SB宮嶋俊弥くんが右SH宮本くんと近いポジションを取りボランチの冨久田くんが絡んでサイドで数的優位を作る。
先制点はまさにその右サイドから生まれた。
ボランチコンビは松川くんが中盤の底を担当し冨久田くんが一列前で左右に動き中盤と前線を繋ぐ。
守備陣は遠藤光くんを中心に中央突破を食い止めサイドからのクロスに対してゴール前で防波堤となる。
後方からのハイボールで競り負けてもこぼれ球をしっかり回収、二次攻撃を防ぐ。
IMG_1862.jpg

桐光は前線の西川くんを経由してサイドに展開。
時には自らサイドに流れてクロスを上げる。
左SHの佐々木くんはスピードがあり縦へ突き抜けるドリブルが持ち味。
右SH阿部くんは細かく刻むタッチのドリブラー、縦というよりも中へカットインしてきた時が養和にとって脅威。
西川くんと前線を任された鷲塚くんは長身FWでハイボールは彼の独壇場。
西川くんが近くでサポートしてポストを受ける。
ただし前半が経過する毎に彼と周囲の選手の距離が若干開いてきた。
折角競り勝ったハイボールをポストプレーに繋げられるシーンがなかなか生まれない。
IMG_1865_2018071603560849b.jpg

後半開始。

養和はFWの西田くんに代えて上田英智くんを前線へ。

桐光、右サイドからSB國谷敦史くんがガンガンオーバーラップ。
國谷くんの高めの位置のクロスからファーサイドで西川くんがヘッドを合わせるが枠外。
IMG_1884_20180716035637f31.jpg

養和、バイタルの繋ぎから上田くんが思い切り右足を振り抜くロングに近いミドルシュート。
意外性を纏ってコース上段に飛んで行ったシュートはジャンプしたGKも届かず。
だがバー直撃、真下に落下し桐光DFクリア。
IMG_1888_20180716034751160.jpg

桐光はボランチの中村くんも積極的にバイタルまで上がってシュートを放つ。
IMG_1883_201807160347411c2.jpg
サイド攻撃が活性化しバイタル中央に人数を掛けてきた。
IMG_1868_20180716034925671.jpg

養和、自陣ハーフウェー付近中央から松川くんが前線の宮本くんへ真っ直ぐな鋭いなスルーパス。
DFより先に触れればGKと一対一の決定機だったが追い付いたDFが一足先にボールタッチ。
IMG_1863_201807160336266df.jpg

桐光は前川壮太くんと栗原祥太くんを同時にピッチへ。
IMG_1894_20180716040701263.jpgIMG_1893.jpg

中村くんと奈良坂くんのダブルボランチを交代。
右SBだった國谷くんをボランチにし前川くんを右SBに、栗原くんを右SHに。
ワンボランチ気味にして前線の人数を増やす。

養和、左サイドで粘ってボールを繋ぎDFとのボールを挟んだ鍔迫り合いからゴールライン際で上田くんが横に持ち出す。
後ろからボールをスウィッチした小山くんが角度の無い所からシュート。
これは枠外。
IMG_1889_20180716035613d23.jpg

養和は田中恭司くんを冨久田くんに代えてボランチに投入。

桐光は田中彰真くんをピッチへ。
サイドからクロスを雨霰とゴール前へ降らせる。
ロングスローも混じえながら養和のゴール前へ肉弾戦を仕掛ける。
IMG_1880_20180716035118fb6.jpg

対する養和も中央の守備ブロックは堅牢。
養和GK飯塚洸太くんのクロスへのハイボールのキャッチング、さらに思い切り良く飛び出してのパンチングクリアなど守備陣は総力戦でゴールを守護る。
IMG_1877_20180716040928249.jpg
またこぼれ球に対するリフレクションも速い。
ゴール前クリアからのバイタルもしくはPA付近でボールを拾った桐光の選手達に対してしっかり詰めてコースシュートを消す。

試合終了。
1-0で三菱養和の勝利。

桐光は後半サイドから養和ゴールを攻め立てるもゴールならず。
後半だけで10本以上はクロスを入れていただろうか。
後半途中は選手交代で國谷くんのワンボランチで中盤をダイヤモンド型にしてトップ下の位置に西川くん。
前線を2トップに布陣を変更。
リスクを取って攻勢に出る。
実際養和を押し込むことは出来ていた。
ただ養和の守備陣もある種のやりやすさはあったかもしれない。
ある程度サイドは見るが最後は真ん中で弾き返す。
桐光も養和も腹を括った感じでお互いのやり方を徹底。
根比べのような終盤だったがこの試合は養和に軍配があがった。
IMG_1904_20180716035125a4c.jpg

養和は会心の1-0
特に守備陣にとっては充足感溢れる試合になっただろう。
打点の高いヘディングでDFラインの要となった遠藤くん。
クロスボールのキャッチングに安定感があったGK飯塚くん。
また両SB廣川くんと宮嶋くんも中に絞っての守備を怠らず、さらに機を見て攻撃にも参加する。
ハイボールのクロス対応もそうだがその後が素晴らしい。
こぼれ球を拾われてもキッチリ誰かがついている。
そしてしっかりシュートコースを消している。
こぼれ球を拾われてミドルを打たれそうなシーンは何回かあったが体を投げ出してまで壁となる。
この試合でキャプテンを務めた松川くんも終盤は守備陣と共にブロックを形成。
中盤の底からゲームをコントロールする。
彼がボランチをやるのを観るのは1月の新人戦以来、久々だ。
SHでの起用もあったがやはりチームの舵取り役としての素質が素晴らしい。
チームを落ち着かせる時はあえてプレースピードを下げて全体をオーガナイズ。
キャプテンとして”声”でチームを鼓舞することも忘れない。
彼が中盤の底で安定している(前半一本危ないパスミスがあったが)おかげで冨久田くんのボランチとしての自由度が上がっている。

この試合の"SMVP"は勝浦太郎くん。
値千金の決勝弾。
シュートチャンス自体は試合を通じて多くなかったがここぞという場面で決めてくれた。
前線に張っているだけでなく下がってポストプレーもこなしながら得点機があれば前へ出て行く。
フル出場を果たしながら終盤でも前線からのプレスも怠らない。
前線からの彼のプレスが後ろを大分助けていた。
得点も勿論だが"守備の第一歩"としての役割を全うした。
IMG_1903.jpg
IMG_1905.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

いかしたクラブのある街で ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 T1:東京武蔵野シティFC U-18vs関東第一高校~

いまさらW杯のベルギーvs日本の話なんやけど。
個人的に昨日のベルギー戦は日本代表をどこかで「総合格闘技の舞台に立つプロレスラー」と重ねてたような気がする(もちろん適切な例えでは全く無いのは承知の上で)
どこかで「プロレスはまあ好きだけどボコボコにされるんだろうな...」と思いつつ見てたら追い詰めてたという。
柴崎のスルーパスはジョシュ・バーネットが総合で放つバックドロップ的な感動するシーンだった(そういう意味で高田延彦がベルギー戦の予想を完璧に的中させたことは驚くに値しない)
つまりプロレスの技は”幻想”ではなく格闘技に立脚しているということとさらに”プロレスの技が総合格闘技に通用する”という二重の驚き。
そりゃアガるよ。
だからあの試合を見て「日本はガラパゴスだ、このままじゃ取り残される」という意見もあれば「あれを突き詰めるべき」という意見もあるのは当然。
グローバリズムのタフネスと箱庭の美しさ。
どちらが良いかはわからんけど日本人に向いてるのは多分後者なんやないかな。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 東京 T1リーグ
東京武蔵野シティFC U-18vs関東第一高校

IMG_1769_201807150032562aa.jpg

武蔵野は3-4-3
前線は寺本剛瑠くん、高橋理人くん、西川陸斗くん。
左SHに藤岡聡志くん、右SH大場小次郎くん。
ボランチは小川開世くんと山登一弥くん。
CBは左から西郷瑛くん牧野晋作くん長澤シバタファリくん。
GK渥美拓也くん。

関一は4-3-3
トップは13番、左に7番、右に16番。
中盤は14番、5番、10番。

*選手名がわからない選手は背番号で表記(ご存知の方がいればご教授下さい)

さて、試合。

武蔵野のボールが左右に振られる。
右サイドはSH大場くんさらに右CB長澤くんが高い位置をとる。
左サイドは藤岡くん、両サイドからクロスの矢をゴール前へ射掛ける。

関一、中盤でボールを持った14番がピッチ中央をドリブルで運びミドルを放つ。
このシュートは枠の左に逸れる。
IMG_1784.jpg

前半26分、武蔵野の高橋くんが前線でゴールに背を向けボールを受けようとしたところを後ろからDFに倒される。
武蔵野にセットプレーのチャンス。
やや左、距離は30mとちょっと。
キッカーは藤岡くん。
IMG_1792_201807150033063cd.jpg
左足を振り抜いたFKはコース左に突き刺さる。
武蔵野先制。1-0
IMG_1795_201807150033234bd.jpg
IMG_1796_20180715003328d55.jpg

関一は8番を13番に代えてピッチへ。
8番はそのままトップに入る。
IMG_1799_20180715003343e71.jpg

交代後は関一がボールを回し始める。
バイタルでの選手密集度が高い。
そこからサイドに振りクロス。
IMG_1798_2018071500344735e.jpg

武蔵野も受け身にはならず。
関一の攻撃の波が引いた時を見極め前線と中盤が押し上がる。

前半終了。

武蔵野はボランチコンビが実に上手くチームをコントロールした。
中盤でボールを落ち着かせ左右に張り出した選手へ一本のミドルパスで一気にサイドアタックの攻勢を作り出す。
ボランチの小川くん山登くんが高精度のサイドチェンジを持っているのでどの局面でもフリーなサイドへ通せる。
また右CB長澤くんも長い距離のサイドチェンジでピッチをワイドに使う。
長澤くんは3バックの右だがSBの様にオーバラップしサイド攻撃に厚みと選択肢を増やす。
前線の三人は流動的。
高橋くん西川くんが2トップ的に並ぶこともあれば、寺本くんが一列下がってトップ下の様にボールを受ける場面も。
フレキシブルにポジショニングを変え、関一DFにとっては捕まえ辛い状況を作り出す(武蔵野が時間帯で決めているのかゲームの流れで変えているのかはわからないが)
IMG_1788.jpg

関一は武蔵野のクロス攻勢に対してはマークの混乱もなく粛々とゴール前で弾き返す。
ただ守備陣が前線の三人に付かなくてはならなくなると必然的にサイドに人数を割けずフリーにしてしまう。
武蔵野のサイドアタックにかなり手こずっていた印象だ。
攻撃面ではトップの13番になかなかボールが集まらない。
若干孤立気味。
失点した後に8番を投入。
その後は8番と16番の近い位置でのプレーが増えた。
中盤の三人は5番がアンカー、時折10番もDFラインまで下がってゲームメイク。
14番の中盤からのドリブルは関一の武器になっていた。
あまりシュート数の少ない関一の前半だったが14番は守備の均衡を破れそうなプレーが出来る。
IMG_1807.jpg

後半開始。

武蔵はCB25番を後半から投入。西くんに変わって左CBに入る。
IMG_1815_20180715003441aa8.jpg

関一、右サイドからSB19番がゴール前へクロス。
こぼれ玉をPA付近からシュート。
これは武蔵野GK渥美くんが横っ飛び片手でボールを枠外へ弾き出す。
IMG_1826_20180715010426ef2.jpg

関一、右サイドから繋いでバイタルから10番がシュート。
武蔵野GK渥美くんがキャッチ。

関一、7番に代えて22番。
IMG_1831_20180715004342146.jpg
その後15番をピッチへ、15番はボランチに入る。

武蔵野は寺本くんに代えて谷江開良くんを前線へ。

関一はサイドアタックからのクロスで武蔵野ゴールを脅かす。
DFラインを押しは上げ選手間の距離をコンパクトに。
またバイタルでの繋ぎが活性化。

武蔵野、ボランチの山登くんがハーフウェー手前から右サイドの高橋くんへロングパス。
ラインの裏へ抜け出しPAへ進入する高橋くんは飛び出してきたGKを冷静に見てGKの頭上を越すループシュート。
GKを置き去りにボールはゴールへ吸い込まれていくがGKの後ろをカバーしていた関一DF陣がゴールライン上ギリギリのところでクリア。
IMG_1833.jpg

武蔵野CKのチャンス。
左からのCK、キッカーは小川くん。
ゴール前を山なりに超えてファーサイドの谷江くんへ。
谷江くんのヘッドはポスト直撃、関一がクリアする。
IMG_1830_20180715004353d8b.jpg

関一、サイドからバイタルへ。
右SB6番がバイタル右からシュートもゴールならず。
IMG_1786.jpg

さらに武蔵野にCK。
先程と同じく左からのCK、小川くんがファーへ蹴るとまたしても谷江くんがヘディングを合わせる。
これは関一GK17番が正面でキャッチング。
IMG_1791.jpg

タイムアップが近づくにつれて関一は完全に攻撃にシフト。
最終ラインを上げて中盤〜バイタルの選手数を増やす。
10番が右サイドに張り出しボールを要求、19番左SBはサポートでサイドを駆け上がるよりも高身長なのでゴール前へ。
IMG_1808.jpg

武蔵野は11人全員が自陣に戻って関一の攻勢に備える。
人にはつくが決して不用意に飛び込まない。
パスを回してくる関一に対して正面に立ちじっくり距離を詰める。
そして相手のトラップの瞬間やドリブルを始めようとする時の体からボールが離れた瞬間を狙い一気に距離を詰める。
ボールはポゼッションさせているがゴールに近づけさせない武蔵野の好守備。

試合終了。
東京武蔵野シティFC U-18が1-0で関東第一高校に勝利。

関東第一は前半途中でワントップを変更。
8番はポストプレイヤーのタイプではなくドリブルやラインの裏を狙う動き出し。
後半は右SB19番の積極的なオーバーラップ、さらに前半から再三右サイドで縦に仕掛けていた16番でサイドで主導権を得る。
16番はサイドだけでなく中央で8番と2トップに近い形にも。
一点を追う展開になり攻撃の枚数を増やしたが武蔵野の壁もありなかなか決定機を作れない。
逆にビルドアップの段階で武蔵野のプレスを受けてパスが甘くなるシーンも。
さらに前掛かりになり過ぎてポジションが被ってしまい選手同士がノッキングを起こしてしまう。
IMG_1849.jpg

武蔵野は臨機応変な戦い方。
両SHは攻撃だけでなく関一が攻勢に出てる時は両SHがしっかり下がってサイド攻撃をケア。
状況に応じて左SHだけ残して4バックにスライド。
両SHの攻守の切り替えが早い。
中盤はボール奪取能力が高く、とにかく食らいつく守備でセカンドボールを回収。
ボールホルダーに対して一人で駄目なら二人目がまとわりつく様なチェイス。
守備陣も3バックの中央に入った牧野くんがロングボールをことどとく跳ね返す。
右CBの長澤くんはSBとCBの役割を兼務。サイドチェンジも正確でボールスピードも早い。
右から左へ一気にサイドを変えてしまう。
そして危険な枠内シュートをファインセーブしたGK渥美くん。
セービングも勿論だがチームメイトへのコーチングが的確で素晴らしい。
どちらのサイドが空いているのか?
SHをDFラインも戻らせるのか?絞らせるのか?
武蔵野の攻撃が切れた時には直ぐにチームメイトを守備に切り替えさせる。
GKのコーチングは才能の一つ。
だけどファインセーブのようなわかりやすさは無いし数値とかで表せるものではない。
だけど凄く重要やGKの役割だ。

この試合の"SMVP"はボランチの山登一弥くん。
小川くんとのボランチコンビで共に左右へのボールの配給を担う。
左右だけでなくDFラインの裏を狙った縦へのパスも出せる。
凄くシンプルにボールを捌いていくので中盤でボールを安全に預けられる。
当たりに強く守備面ではイーブンなセカンドボールを体を捻じ込んでマイボールにしてしまう。
堅実な守備からカウンターの起点にもなれる。
IMG_1846.jpg
IMG_1850_20180715004715112.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Good Day Sunshine ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 T1:成立学園高校vs國學院久我山高校~

「川島しかいない」元代表の松永成立氏は交代論否定
松永氏自身は「ドーハの悲劇」でゴールを奪われ、W杯出場を逃している。
だから「3大会連続出場は日本人で初めて。
うらやましい。
日本のゴールを守り続けている自信を取り戻してほしい」とエールを送る。
さらに「批判にさらされるのもW杯の日本代表だからこそ」厳しい批判も期待が大きいからこそだ


松永さんが言うと言葉の重みが違う。
ちなみに松永さんの本『ゴールキーパー専門講座』はGK経験者や志望者じゃなくても観戦する時にGKを見る上で勉強になることが多いからオススメやで。


高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 東京 T1リーグ
成立学園高校vs國學院久我山高校

IMG_1682.jpg

成立は4-4-2
2トップは窪田稜くんと八木橋俊介くん。
左SH吉永真優くん右SH高木健匠くん。
大野秀和くんと原田歩夢くんのダブルボランチ。

久我山は4-1-4-1
トップに宮本稜大くん。
中盤は左から野田祐成くん5番、金子和樹くん戸坂隼人くん。
アンカーに高橋黎くん。

さて、試合。

成立、左サイドを窪田くんが加速してDFを振り切りゴールライン付近まで持ち込んでグラウンダーのクロスを折り返す。
ニアに詰めていた八木橋くんが合わせるがゴール左に逸れる。
IMG_1698_20180702130958615.jpg

久我山左サイドから戸坂くんが切り込み金子くんとパス交換、シュートまで持ち込むもゴール左枠外。
IMG_1706_2018070213141714d.jpg

前半8分、成立CK獲得、左からのCKキッカーは左SB原豪汰くん。左足のキックはファーのCB照山颯人くんへ。
照山くんがヘッドでゴール前に折り返し右SB豊田優磨くんがヘディングをコース左に叩き込む。成立先制。1-0
IMG_1723.jpg
IMG_1727.jpg

前半15分、成立の窪田くんが左サイドでボールを持つと中央へカットイン。
左足を振り抜いたミドルがゴールに突き刺さる。2-0
IMG_1696.jpg
IMG_1697_201807021308044c1.jpg

前半24分、久我山左サイドから仕掛ける。野田くんが出した横パスを中央一人、二人とスルーして手薄な逆サイドの戸坂くんへ。
戸坂くんが左足でゴール左隅に決めた。2-1
IMG_1704.jpg

成立のCB照山くんが自陣からのロングフィードを前線の窪田くんへ。
ラインの裏に抜け出した窪田くんは背後からのボールをワンタッチで上手く処理すると浮き球をニアのコースへシュート。
ニアを強襲するシュートは久我山GK生垣海渡くんが枠外に弾き出す。
IMG_1713.jpg

久我山、左サイドから左SB竹浪良威くんがオーバーラップから成立DFのクリアミスを拾ってゴールライン際まで持ち込み、中央へドリブルからのシュート。
これはサイドネット。
IMG_1724.jpg

成立、八木橋くんがドリブルで中央突破をはかる。
PA僅かに外で久我山DFに倒されFKを獲得。
IMG_1709.jpg
原くんが左足で直接狙うが枠の上。

前半終了。

成立は窪田くんと八木橋くんの前線が上手く機能している。
窪田くんは左SHの吉永くんとポジションを入れ代わってサイドに張り出し八木橋くんが1.5列目から仕掛けるなど流動的。
中盤ではボランチコンビの大野くんと原田くんがセカンドボールの回収や相手のカウンターの起点を潰す。
守備陣はDFラインからのビルドアップでゲームを組み立て。
CB照山くんが縦パスで攻撃のスウィッチを入れる。
前半は照山くんのロングフィードが冴えていた。
後方から一気に前線へ。
ラインの裏へ絶妙なボールを落としてくる。
IMG_1700_201807021309519e3.jpg

久我山はウォーターブレイク後にバイタルでの細かい繋ぎが活性化。
サイドからのショートパスをキッカケに徐々に中央へ侵攻してくる。
チームの肝とも言えるアンカー高橋くんは中盤の底でボールを左右に配球。
ここでプレスをかけられボールを奪われると一気にカウンターをくらう恐れがあるのだが高橋くんはパスだけでなくキープ力によって中盤の礎となる。
ただ守備面ではDF陣が芝生に足を取られて滑ったりCBが釣り出されてピンチになる場面も。
ここは後半どう修正してくるのかが見所。
IMG_1688_20180702130743793.jpg

後半開始。

久我山は5番に代えて15番をピッチへ。
IMG_1731.jpg

成立26番をピッチへ、右SHに入る。
IMG_1734.jpg

久我山、CB保野友裕くんをピッチへ。野田くんと交代。金子くんが左に入りCBだった豊田歩くんが中盤に上がる。
IMG_1753_20180702132855778.jpg

久我山、右サイドからのパス交換で最後は豊田くんのミドル。
コース右隅を狙ったが成立GK大野来生くんが横っ飛びからの腕一本でセーブ。
IMG_1747.jpg

後半34分、成立ロングフィードに対し前線の選手が詰める。GKが前に出て処理前方の選手にパスを預ける。
受けた選手がもう一度GKにバックパスしようとするがこのパスが中途半端なスピード。
GKに届く前に窪田くんが掻っ攫いGKの位置を良く見てシュート。コース右に決まった。3-1
IMG_1736.jpg

成立、大野くんに代えてボランチに28番を投入。
IMG_1751.jpg

真夏日のピッチ、両チームとも疲弊しているはずだが成立も久我山もまだ出足は鈍っていない。
特に成立の攻撃陣は果敢な前からのプレスを怠らない。
そして特にハードワークしていたのが成立のボランチ原田くん。
中盤の底でボールホルダーにはまとわりつくようなプレスでボールを奪う。
ピッチを縦横無尽に駆け回り久我山の攻撃の起点を潰していく。

久我山は12番、13番、9番を立て続けにピッチへ。
9番はトップの位置に入る。
IMG_1750.jpg
さらに久我山は右SB井上翔太くん左SB竹浪くんが高い位置を取り攻勢に出るが、、、

試合終了。
3-1で成立学園が國學院久我山に勝利。

久我山は攻撃陣を選手交代を含めて試合経過毎に配置を転換。
特にCBだった豊田くんが中盤にあがりバイタルでの攻撃の組み立てに多大な貢献。
金子くんも左に入るとサイドからのドリブルの仕掛けとパスを織り交ぜ中央バイタルをこじ開けにかかる。
途中交代でトップに入った9番も恵まれた体格を最大限活かしたポストプレー。
さらに両SBが積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを増す。
右SB井上くんの運動量は後半になっても衰えず。
井上くんと戸坂くんが絡むことで右サイドに橋頭堡を打ち立てる。
守備陣からのビルドアップはまずサイドに振ってから縦パスで前へ、もしくは中盤に預けて中央からさらにサイド、もしくは中央をパスワークで強行突破。
GK生垣くんのフィードも精度が高い。
IMG_1756_20180702132115189.jpg

成立で後半素晴らしい活躍をしたのはボランチ原田くん。
相手ボールの時はいてほしいところにいるポジショニング。
中盤で彼がダイナモとなりボールホルダーへの果敢なチェックは久我山の攻撃の勢いを半減させていたといっても過言ではない。
しかもそれを後半の半ばを過ぎた一番キツイ時間帯でまるで気温の高さなど感じさせない運動量でピッチを所狭しと走り回り遂行する。
守備陣は細かいミスもあったが後半は久我山を無失点に抑えた。
CB西尾将吾くん照山くんのコンビは照山くんの空中戦の強さ、西尾くんのカバリーング能力が上手く噛み合った。
照山くんのロングフィードは後半、久我山が対応してきたことからスペースが減りなかなか出すチャンスが無かったがそれでも右サイドの窪田くんへ出したフィードは素晴らしかった。
後半は風下にたったが風の影響を考え低空のロングフィードを窪田くんへ通す。
スペースに出すというよりもここしかないという着弾点を計算し尽くした絶品のロングフィード。
成立の攻撃陣にはドリブラーの吉永くん1.5列目の位置でチャンスメイクの出来る八木橋くんと揃っている。
二人とも一人で局面を打開出来る各々の持ち味を持ち、それらが混ざり合うことであらゆる種類の攻撃を仕掛けられる。

この試合の"SMVP"は窪田稜くん。
文句無しの2ゴール。
去年観た印象では「ラインブレイクに優れたスピードあるストライカー」だった。
ところがこの試合ではスピードはそのままによりテクニカルな選手になっていた印象だ。
ドリブルで相手をワンタッチ、ツータッチの切り返しで完全に翻弄。
ポジションも常に最前線に張っているわけではなくサイドに流れてボールを引き出し長い距離をドリブルで加速していく。
去年の様な2トップの一人の11番ではなくファンタスティックな10番に進化していた。
ポジションと背番号が選手をここまで変えるものなのかと驚きを隠せない。
こういう選手を観ることもこの年代を観戦している醍醐味の一つ。
IMG_1758_20180702132157462.jpg
IMG_1759_20180702132145c5e.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Protecting My Hive 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ:市立船橋高校vs鹿島アントラーズユース〜

日本代表、セネガル代表に2-2!
最早「乾ゾーン」を作りつつある乾の同点ゴール。
青森の至宝柴崎(正直、柴崎ボランチは守備で不安があると思ってた。ワイの目も節穴やな)
そして整ってたリベロ長谷部。
後半、本田圭佑が出てきた時にはここぞの場面でしまむらで買った「本田未央Tシャツ」を着用。
DZBJN6CU8AABdZp.jpg
あのゴールは当然の結果です。
あと若い選手に日本代表の未来を託すのは大いに結構やねんけど「30歳を超えた選手は急速に劣化する」みたいな風潮はイカンよね。
これは自戒を込めてやけど育成年代の試合観てる人達は自分なりの「育成論」とか「サッカー論」みたいなんが出来てしまう。
でも現場と選手達を顧みない独り善がりになりがち。
代表選手と監督はワイらの「サッカー感」とやらを満足させる為やましてや証明する為に頑張ってるわけやない。
RHYMESTER『ウワサの真相』の歌詞やないけど、、、

この「現場」以外に「本場」なんてのは存在しない


僕らが観てる育成年代の選手達の目標に日本代表が入っているならやっぱり「日本代表」ってのは特別な場であるべきやね。
ワイら部外者がそれを不当に貶めたり冷笑的になる必要は全く無い。

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018
市立船橋高校vs鹿島アントラーズユース

IMG_1588.jpg

市船は4-3-3
前線は佐藤圭祐をトップに左に賀澤陽友くん右に鈴木唯人くん。
中盤はインサイドハーフ左に岡井駿典くん右に鈴木稀裕くん、アンカーに大関克弥くん。

鹿島は4-4-2
2トップは赤塚ミカエルくんと栗俣翔一くん。
右SH柳町魁耀くん左SH前田泰良くん。
小沼樹輝くんと篠塚愛樹くんのダブルボランチ。

さて、試合。

鹿島、右サイドSB結城将貴くんからのクロス。
流れたところを中央で佐々木翔悟くんがミドル。枠の外。
IMG_1611.jpg

市船、左サイド賀澤くんからオーバーラップしてきた松尾勇佑くんへ。
ゴールライン際まで持ち込んで中央へ折り返し。
佐藤くんがニアに詰めていたが鹿島DFがクリア。

市船右サイドからスピードに乗った畑大雅くんがDFを振り切ってクロスを上げるが鹿島クリア。

前半終了。

市船は鹿島のタイトなマークに苦しめられた。
前線の佐藤くんに対してのボールは鹿島の2CBが体を寄せて簡単には入れさせない。
トップの佐藤くんと左ウィングの賀澤くんがポジションを入れ替え、佐藤くんはロングボールに対してサイドに開きサイドラインの外に一旦出てからボールが入るとピッチへ競り合いにくるなどの工夫も。
市船の守備も鹿島の2トップに対してのケアはほぼ100%の対応。
前線にボールを当てられてもトラップ後にしっかり寄せてボールを奪い起点を作らせない。
左サイドはSB松尾くんが、右サイドはSB畑くんが抜群のスピードで掻き回す。
特に畑くんは2度程完璧にDFを振り切ってからのクロスでチャンスメイク。
IMG_1623_20180625051414b0e.jpg

鹿島はキックオフからCB増崎大虎くんが市船のトップに対してバチバチと当たっていく。
CB佐藤隆曉くんとのコンビでマークを受け渡しながら前線へのボールを空中戦で迎撃し続ける。
さらにアンカーの篠塚くんがDFラインの前でハイボールを跳ね返す。
長身で空中戦に強く中盤の起点を潰してくれるのがDFラインにとって大きい。
前線でなかなかボールが落ち着かないが両SBがカバーするようにオーバーラップで攻撃に厚みを出す。
右CB結城くんが精力的にアップダウンすることで攻め上がると共に対応せざるをえなくなる市船。
結果的に市船の左サイドの攻守の継ぎ目に楔を打ち込みサイドアタックの効果を半減させる。
IMG_1603.jpg

後半開始。

市船は賀澤くんに代えて井上怜くんを後半からピッチへ。

鹿島、右サイドから栗俣くん(柳町くんか?)がドリブルで切り込む。
市船DFと激しくぶつかり合いながらPAへ進入。
倒されてファウル、PAギリギリ外のところでFK獲得。
セットプレーは市船がクリア。

鹿島、自陣で奪ってから素早く右サイドの結城くんへ。
IMG_1602_20180625051924ad3.jpg
ハーフウェーを超えてスペースへドリブル、これを市船のインサイドハーフが止めきれず後ろから引っ張るような形で倒してしまう。
このプレーにイエローカード。
前半も貰っていたので二枚目となり退場。

鹿島、栗俣くんに代えて杉山眞仁くんをピッチへ。
ポジションはFW。
IMG_1616_20180625051316dc7.jpg

後半14分、鹿島のFK。右サイド45m程の距離。キッカー佐々木くんは右足で縦にDFラインの裏へ。
これを先程交代したばかりの杉山くんがDFとGKの間のスペースに入り込み後ろからのボールを体を捻りながら首を振り抜きゴールに突き刺すヘディングシュート!鹿島先制。1-0
IMG_1618.jpg
IMG_1620_201806250514288f5.jpg
IMG_1622.jpg

市船は鈴木くんに代えて西堂久俊くんを投入。
さらに佐藤くんに代えて城定幹大くんをトップへ。
IMG_1642.jpg

市船、左サイドから井上くんの低空クロス。ゴール前で西堂くんがダイレクトでボレーを合わせる。
これは鹿島のGK山田大樹くんが横っ飛び片手一本でシュートセーブ!
至近距離でシュートのタイミングも早く、反応するのは難しい状況だったがその場跳びの様にシュートに反応したGK山田くんのビッグセーブ。
IMG_1646_20180625051935da6.jpg

鹿島、右CKからファーでCB佐藤くんがヘディングで前へ。
佐々木くんがゴール前でヘディングを流し込もうとするがこれは市船DFがクリア。

鹿島は前線の赤塚くんがサイドに流れてボールを呼び込みDFを背にしながらボールキープ。
IMG_1639_20180625053153321.jpg
前半と違いボールが収まる様になりそこを足掛かりに鹿島の攻撃のスィッチが入る。

鹿島はアンカーの篠塚くんを生井澤呼範くんに交代。

鹿島、後方からのボールを杉山くんが収め、バイタル中央でシュート。
これは味方に当たる。
IMG_1650.jpg

市船、CB橋本柊哉くんが相手と接触。
ピッチに蹲り立ち上がれない。
プレー続行は無理との判断で負傷交代。
市船は中盤の鈴木稀裕くんがDFラインまで下りてくる。

両チーム制空権を握ろうと中盤で空中戦を展開。
ボールが地面に落ちることなくヘッドでお互い跳ね返し続ける攻防が中盤で繰り広げられる。
まさに根比べ。

市船は一人少なくなったがそれでも井上くんのキープ力とサイドの裏へ抜け出すドリブルでチャンスを作る。
アタッキングサードに入ってしまえば数的不利を感じさせない攻めを見せる。
IMG_1638_20180625051935b0e.jpg

試合終了。
鹿島が勝利し6連勝でプレミアイースト首位をキープ。

市船は後半からの井上くん投入が非常に効いていた。
左サイドを単独で突破出来、さらにバイタル中央では球離れ良くテンポの良いパス回し。
彼の投入で左サイドの攻撃が活性化。
さらに中央でも変化を付けられる選手なので彼がボールを持つと周囲の選手が一斉にラインブレイクを狙う。
ただ後半の一人退場はやはり響いた。
マークに付ききれなくなり両SBが中に絞っての守備に忙殺、攻め上がる機会が減る。
そんな中で選手達は試合の状況に応じてポジションを修正しつつ対応。
退場者に加えCBが負傷交代というアクシデントの二重苦の前にも守備を崩壊させずに踏み留まった。
IMG_1651_20180625052047f43.jpg

鹿島は殊勲の決勝点を上げた杉山くん。
交代直後のワンプレーで見事に結果を出した。
ゴールだけでなくコンビを組んだ赤塚くんとは赤塚くんのキープ力を活かすためのサポートや隙あらば自ら持ち込んでのシュートへの意識。
バイタルから前を向いて縦に仕掛ける、これが市船の守備ブロックに錐のように穴を穿つ。
中盤の前田くんもシンプルなプレーが効果的でボランチの小沼くんと共に鹿島のゲームメイクを担う。
前田くんはドリブルとパスの選択肢を最善かつ最速に実行。
中盤が停滞しない。
両SBの貢献も大きい。
右SB結城くんは自らのオーバーラップを武器に上下に精力的に走り回る。
結果的に相手を退場にする思わぬだが実に大きな"結果"が付いてきた。
左SB佐々木くんもセットプレーで決勝点をアシスト。
彼もオーバーラップでガンガン攻撃に参加。
サイドの縦だけでなく中へも切り込んで来るので市船にとっては厄介だったに違いない。
鹿島はプレミアイースト6試合で2失点というのもこの試合の守備を見ていると頷ける。
特殊な守備戦術や洗練された守備組織というよりも2CBコンビは守備の基本に忠実。
相手のキーマン、ストライカーに徹底してピッタリと寄り添う様なマークで封じる。
局面局面での守備のテンションが高く、時にラフになることもあるが90分間テンションを持続させた。

この試合の"SMVP"CB増崎大虎くん。
徹底してエースを封じる"エースキラー"
相方の佐藤くんともしっかり試合中コミュケーションを取って強固な防波堤となり、高性能の高射砲としてハイボールを撃墜し続ける。
守備陣を統率すると共にビルドアップでは時折鋭い縦パスを出すなどで攻撃に変化を付ける。
IMG_1654.jpg
IMG_1652_20180625052053676.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

栄光の架け橋 〜日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会:三菱養和SCユースvs柏レイソルU-18〜



まさかファイプロの新作が出るとはなあ。
スーファミの「スーパーファイヤープロレスリング」ではブレード武者よく使ってた。
毒霧からの浴びせ蹴りが好きなムーブやった。
っていうかファイプロの新作が出るなら「スーパーフォーメーションサッカー」の新作も出してくれよ!(元は同じHUMANやん)
一番好きなサッカーゲームやねん。
やり込んだ「スーパーフォーメーションサッカー‘94 World Cup Edition」ではナイジェリア代表のFWイエニキを前線でひたすら走らせてた。

第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会
三菱養和SCユースvs柏レイソルU-18

IMG_1485.jpg

養和は4-4-2
前回観たvsジェフ戦とメンバー及びポジションが変わっている。
この試合ではFWに竹内駿斗くん。
左SH小山竜二くん。
ボランチにはジェフ戦でCBだった清水雅仁くん。
CBには渡辺大貴くん。

柏は4-1-4-1
トップは森海渡くん。
左ウィングに正田徳大くん右ウィングに堤健太くん。
中盤は山田雄士くん小野寺巧くん山下雄大くん。
山下くんがアンカー。

さて、試合。

IMG_1488.jpg
柏、右サイドからの崩し山田くんから堤くん、堤くんがPA内へスルーパス森くんが抜け出してシュート。
ニアのゴール右下隅を強襲するシュートだったが養和GK渡辺舜作くんが体を倒して両手でブロック。
IMG_1532.jpg

養和、左サイド遠目でFK獲得。
キッカーは廣川虎太郎くん。
ゴール前の竹内くんは完全にオフサイド....と思いきやボールはファーサイドのCB遠藤光くんの元へ。
遠藤くんのシュートは柏DFがブロック。
IMG_1491_201806110105338b8.jpg

柏、正田くんが右サイドからドリブル。思い切ってシュート。
コースゴール右上段を狙ったが枠の上。
IMG_1513_20180611010642796.jpg

前半終了。

養和はなかなか前線の栗原イブラヒムジュニアくんにボールが集まらない。
それでも両SBがオーバーラップしサイドから突破口を開く。
左SB廣川くんの縦の仕掛けで柏の右サイドを抉る。
クロスはなかなか合わなかったがセットプレーでチャンスを作る。
守備陣では開始早々崩されかけたがその後は遠藤くんと渡辺くんのCBコンビが柏のトップを抑える。
ボランチの冨久田和真くんが中盤の底での守備から一列飛び出してハイプレスをかける。
柏にボールを回される展開が多くなるがしっかり付いていけている。
IMG_1493.jpg

柏はアンカーの山下くんが中盤の底からゲームメイク。
長短のパスを左右に振り分けここぞという時には前線に縦パスを入れる。
山下くんだけでなく小野寺くんも山田くんもゲームに変化を付けられるプレイヤーだ。
彼らが中盤からワンタッチでテンポ良く鋭い縦パスを通してくる。
さらに両ウィングの正田くん堤くんと絡むことでサイドを崩す為の数的優位が出来る。
守備陣はキャプテンのCB杉井颯くんと真家元彦くんを中心に養和のFWを封じた。
養和の栗原くんは長身FWだが身長差があっても空中戦ではポジショニングと読みで相手の先手を取る守備。
養和に前線で起点を作らせない。
前半は柏ペースか。
IMG_1517_20180611010703e01.jpg

後半開始。

柏、正田くんが右サイドの裏へ抜け出しPAへ。
飛び出してきたGKを躱すとマイナスの折り返し。
柏、GK不在のゴールへシュートするもゴール前をカバーしていた養和DFが体でシュートブロック。

後半14分、養和はFW竹内くんに代えて勝浦太郎くんをピッチへ。
IMG_1509.jpg

後半30分、養和の冨久田くんがバイタル右からロビング気味のボールを前線へ。
ボールを追う小山くんは後ろから来るボールを体を倒しながら浴びせ蹴りの様なジャンピングボレーを合わせる。
後ろから来るボール、尚且つダイレクトでジャンピングボレーという超テクニカルなゴールで養和先制。1-0
IMG_1526.jpg
IMG_1528_20180611011204f4f.jpg

柏、右SB吉田新くんのオーバーラップからのクロスに堤くんがフリーで右足を合わせるも枠を外れサイドネット。
IMG_1510_20180611012646aa3.jpg

後半34分、養和左からのCK。キッカーは廣川くん。廣川くんのキックはゴール前栗原くんへ。
栗原くんが恐ろしく打点の高い叩きつけるヘディングシュート。
これは柏DFが体に当てたがこぼれ球を素早く詰めた遠藤くんが蹴り込んだ。養和追加点。2-0
IMG_1533_201806110112019a3.jpg
IMG_1535_20180611011148b9b.jpg

後半35分、柏は正田くんに代えて鵜木郁哉くんをピッチへ。
続けて堤くんに代えて細谷真大くんを投入。
IMG_1537.jpg
IMG_1538_2018061101142403a.jpg

後半44分、養和は二人交代。田中恭司くんと古舘陸大くんをピッチへ。
柏も田村蒼生くんを投入。
IMG_1544.jpg
IMG_1543.jpg

後半ロスタイム、養和は栗原くんに代えて宮崎楓吾くん。
IMG_1548.jpg

さらに養和は今野息吹くんをピッチへ。
交代選手を次々に投入し総力戦。

試合終了。
三菱養和が2-0で勝利。
関東第一代表として日本クラブユースサッカー選手権に出場。

柏は敗れたとはいえパスコースを作る動き出し、トライアングルにおける第三者のポジショニングなどが素晴らしい。
最小限の動きで相手のプレスを無効化する技術をピッチ内にいる選手達が基本として身につけている。
その技術が全てのポジションに要求されるサッカーだ。
その中でいつものサッカーを継続しつつ変化をつけられる選手がアンカーの山下くんだ。
DFラインの前、時にはDFラインの中に入ってビルドアップ。
後ろと前を繋ぐリンクマンの役目を果たす。
ボールを受ける前のルックアップや素晴らしいサイドチェンジ、そしてバイタルに縦パスを通し攻撃のスウィッチを入れる。
中盤の底だけでなく一列前に出てドリブルしながら右足アウトサイドで右サイドのスペースに出したパスは素晴らしかった。
IMG_1558.jpg
IMG_1559.jpg

養和は後半、栗原くんにボールが入る様になり前線の中央でボールをキープし勝浦くんが裏を狙うシーンが増えた。
中央にマークが集まることで右SH宮本康生くんが右サイドからのカットインや右SB宮嶋俊弥くんとのパス交換でサイドを崩す。
CB渡辺くんはハイボールに対してとにかく前に遠くに飛ばす。
濡れたピッチを考慮してリスクを極力省いたプレー。
CB遠藤くんは空中戦に絶対の自信を持ちさらにセットプレーでは相手の脅威になる。
守備で貢献し尚且つ勝負を決定付ける2点目を奪った。
2点リードした後は交代選手を続々と投入。
とにかくフレッシュな運動量で全力プレッシングを仕掛け試合を無失点でクローズ。

この試合の"SMVP"は冨久田和真くん。
ボランチとしてゲームをコントロール。
コンビを組む清水くんとボールを左右に配給する。
ボールを横に動かすだけでなく2点目のアシストの様にチャンスメイクも。
守ってはDFラインの前で柏の攻撃を喰い止め中盤の底だけでなく状況によってはハイプレスも仕掛ける。
また守備だけでなく積極的に一列前へ出ての攻撃参加も光った。
IMG_1562.jpg
IMG_1561_20180611011651a0f.jpg
IMG_1567.jpg
IMG_1568.jpg
IMG_1570.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ