庄七堂’sアウォード 2017:漫画とか音楽とか映画とか

さて今回はサッカーを離れて。
2017年、漫画、映画、音楽で心に響いたもの。

まずは漫画。

庄七堂’s漫画・アウォード 2017
『シューダン!』横田卓馬

まず一話、冒頭で天才サッカー少女、七瀬晶が主人公たちのサッカークラブに加入。
チームはいわゆるガチ勢じゃない街クラブ。
二話になるとサッカー描写はなく、主人公桜田創始の家(二人の家が隣という設定)で七瀬の内面とサッカーへの情熱が語られる。
最初はサッカーに真摯に取り組んでいるとは言えなかった主人公やズバ抜けた才能を持ちながらサッカーに対してどこかシニカルだった両角禄郎、そしてチームメイト達が「自分達はもっと上に行ける!」という思いを抱き始める。
この漫画サッカー描写はむしろシンプルで展開が早く、チームや個々の成長を描きながらも一試合ダレずにスッと読める(某ジャイアント なんとかは見習えよ)
と、なかなか順調な滑り出しかと思いきや。
少年ジャンプの読者層はそうでもなかったみたいで、、、
段々掲載順が下がっていく(ついにはJリーグでいう降格圏まで)
で、鴨志田とか対戦相手にライバルを出したところで小学生編が終了。
ここでさあ!普通なら中学生編は小学校時代に敵やライバルだったやつらと同じチームで戦う熱い展開になると思うやん!
ところが中学生編はバッサリカット
この時は「ふざけんな!ジャンプ編集部!」と思ったで。
話は飛んで主人公は高校生に。
悩んでいた七瀬は主人公達によってサッカーに対するモチベーションを呼び起こすという展開に。
まあこのエピローグ編は悪くなかった。
試合後に、、、
「俺たちの戦いはこれからだ!」
でブツッと終わるよりは全然ええしね。
ジャンプ編集部の温情なのかもしれん、、、、
まあ綺麗にまとまったとも言うべきなんやろうけど、、、
だけどやっぱり勿体無い。
この作者の特徴として「女の子が可愛く」描けているというのがある(スポーツ漫画に重要なのか?と思うかもしれないがメチャクチャ重要です
七瀬は勿論、主人公のサッカー部のマネージャーも可愛い。
適度に恋愛要素がないとスポーツ漫画なんてつまらんからね(塀内夏子先生の『オフサイド』はホモソーシャル感がバリバリなのであてはまらない)
この漫画を打ち切った事はジャンプの悪手であると思う。
ジャンプ以外で描いて欲しい作家。


庄七堂’s映画・アウォード 2017
『バーフバリ 伝説誕生』

実際見たのは今年の頭やけど2017年日本公開の映画ということで。
上映時間は138分と長め(本国版は158分になっているから日本公開版はダンスシーンをカットしたんやろうか?)だがダレることがない。
合戦シーンもそれこそハリウッドと比べてもなんら遜色がない(たまに「モロ合成」のシーンもあるがそれはご愛嬌)
インド映画って『ロボット』しか見た事なかったけど『バーフバリ 伝説誕生』はああいう「ちょっと変わった映画」としてのインド映画のイメージを大きく覆されたわ(まあダンスシーンはあるけど)
めっちゃ王道やし熱い英雄譚。
そういえば日本の漫画『キングダム』実写映画化の話があるそうやけど製作を『バーフバリ』の監督とスタッフに任せた
らめっちゃ面白そう。


庄七堂’sブック・アウォード 2017
『トレブリンカ叛乱 死の収容所で起こったこと1942-43』著者:サムエル・ヴィレンベルク

2017年に出版された本ではないが去年読んだ中で選ぶならこの本(ワイはホロコーストを”研究”と言うと大袈裟だが関心があり関連の本は結構読んでいる。未曾有の虐殺を全て解き明かす事は不可能だろうが「なぜ?」かは問い続けたい)
ホロコーストの象徴とされるアウシュビッツ強制収容所。
トレブリンカも「強制収容所」だが「絶滅収容所」とも呼ばれる。
強制収容所とは敷地内外に様々な工場があり収容者は作業を強制される。
彼らは最終的に絶滅の対象でありながらドイツ国内の工業、科学生産に従事する労働者でもある。
故に労働者の適性ありとみなされた収容者は労働、無しとみなされたものはガス室。
全てが即ガス室送りというわけで無い、なので解放された時の生き残りも多い。
トレブリンカはまさに絶滅を念頭に置いた収容所。
汽車で輸送された彼らは基本的にはすぐにガス室に送られる(銃殺の場合もあった)
その中で一握りの者だけが収容者で構成されたゾンダーコマンド(特殊部隊)に選ばれる。
作業は収容者が大量に持ち込んだ衣類や貴金属、生活用品の選別と回収。
もしくは屍体からの金歯の採集や女性の髪の毛の散髪などなど(毛髪も回収してドイツ海軍のロープ、マット、靴下などに利用する)
ゾンダーコマンドと言えども安全ではなく簡単に替えの効く駒として使い捨てにされた。
なのでトレブリンカは生存者が恐ろしく少ない。
著者はトレブリンカ絶滅収容所でゾンダーコマンドとして従事した後に叛乱に加わり収容所を脱出。
その後ワルシャワ蜂起に参加した数少ない生き残りの一人。
後半の蜂起では反ナチであり反ユダヤでもあるポーランド(全てではないけど)の複雑さがわかる(実際ポーランドでは第二次大戦後もユダヤ人へのポグロム(虐殺)が起きている


庄七堂’s音楽・アウォード 2017
『EZ DO DANCE -THUNDER STORM ver.-』大和アレクサンダー vs 香賀美タイガ(CV.武内駿輔・畠中 祐)

まさか2017年に『EZ DO DANCE』聴いてるとは思わんかった。
まあ言わずと知れたtrfのヒット曲『EZ DO DANCE』のカバー。
でも順当にカバーするのではなくトラックはよりエッジーに、バッキバキになっています。
なによりもまず武内くんの声がええやね。
パートによってはファルセット、からの低域を強調したボイス。
カバーものにありがちな「奇を衒った.」感じは一切無し。
武内くんと畠中くんの声質が違う二人の掛け合いの高揚感!


庄七堂’s音楽・アウォード 2017
『たくさん!』アナスタシア (上坂すみれ))

ワイにとってなんかすげえ懐かしい。
真っ先に思いついたのはアドバンテージ・ルーシー(『グッバイ』大好き)
コーラスの入れ方とサウンドと歌詩。多分30代後半の人はジャストやと思う。
こういうすっげえ良い曲をカップリングでサラッと入れてくるのがシンデレラガールズの素晴らしさ(同時に勿体無さよね、まあ裏を返せば充実しているということ)
ほんのり片言感がある歌い回しがええんよね。
例えば「踊る」って歌詞が若干「I LOVE YOU」に聴こえたりする。


庄七堂’s音楽・アウォード 2017
『Frozen Tears』北条加蓮 (渕上舞)

この三拍子!
加蓮Pは恐らく号泣するであろう歌詞。

明日を想いながら
指先まで綺麗に磨き上げる
今が愛しいあなたに逢えたからだよ…ありがとう

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

庄七堂’sアウォード 2016:サッカーとか、漫画とか音楽とかデレマスとか

サッカーに限らず色々な2016のアウォードを発表。

まずは年末に書いた『庄七堂’sユース・アウォード 2016』の番外編から。

庄七堂’sユース・アウォード 2016【番外編】
2016年度U-18:ホスピタリティ賞
川崎フロンターレ


等々力での開催ではマスコット登場、売店、場内アナウンス等出来るだけ「プロの公式戦」の雰囲気を出そうとている。
ここまでしてくれると初見の観客へのアピールにもなる(まずはスタジアムのそして「Jリーグの雰囲気を知ってもらう」には基本無料開催されるユースの試合は良い足掛かりになるだろう)
それと共に選手達のモチベーションも上がる筈。
川崎の選手達にとっては「ホーム」を体感出来る良い機会だ。
無論、ここまでやるからには相応の費用も発生する。
ただ選手達が「将来、このスタジアムでプレーしたい!」と思ってくれるなら。
またプロに進む選手だけでなく所属していた選手達に川崎というクラブへの"愛着"が育まれるなら。
将来的にはかけがえのないクラブの財産になるだろう


庄七堂’sユース・アウォード 2016【番外編】
2016年度U-18:最優秀U-18監督賞
佐野一樹監督(FC東京U-18)


まずは2月の東京都新人戦決勝
この時期にあるまじきチームの完成度の高さ、、、というよりも既に"成熟"さえし始めていた。
そしてJユースカップのvsガンバ大阪戦
あの組織的かつ有機的なプレッシングは見事。
守備の一歩目としての前線からの守備は今や大前提だが。
東京はむしろ前線での守備から逆算した守備プラン。
この試合はそれが効果的、機能的に発揮されていた。
昨季はU-23との兼ね合いもありメンバーを組むのが難しかったと聞いた。
それでもJユースカップを優勝に導く。

庄七堂’sユース・アウォード 2016【番外編】
2016年度U-18:ベストショット賞
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオン・シップ
青森山田高校vsサンフレッチェ広島F.Cユース

PK戦で自らPKスポットにボールをセットする廣末陸くん。
IMG_5120.jpg
勝負を決めたPKを叩き込んだ直後の廣末陸くん。
IMG_5127.jpg
そして真っ先に駆け寄る控えGK坪歩夢くん。
IMG_5129.jpg
選手権を優勝で締めくくった青森山田。
廣末くんはまさに年間を通してMVPだ。
超高校級のGKということでは川口能活を彷彿とさせる。
来季からはプロとしてFC東京に加入。
かつてマリノスで高卒2年目の川口能活を抜擢(当時は日本代表GK松永成立がいた)したホルヘ・ソラリ監督みたいな事が起きるかもしれない。
いや、1年目でも十分ありうる。

サッカーはここまで。
次は漫画部門。

庄七堂’s漫画・アウォード 2016
『アオアシ』小林有吾・上野直彦


題材と設定が興味深いのは勿論やけどしっかり漫画として描けてる。
サッカーものは漫画としてのレベルが低すぎるのが多いからね。
あと『アオアシ』のええとこはヤンキー漫画要素(と料理漫画要素。これは『将太の寿司』とか『バンビ〜ノ!』に出てくる"意地悪な先輩"も含めて)が適度に入ってるとこ。


次は音楽部門。

庄七堂’s音楽・アウォード 2016
『STAY TUNE』Suchmos


帰省中兄に教えてもらった曲。
「和製ジャミロクワイ」っていう直球すぎるキャッチコピーを覆すオリジナリティとバンドの確かなグルーヴ感。
いままでありそうでなかった曲。
歌詞の載せ方が凄く不思議な感覚。


庄七堂’s音楽・アウォード 2016
『Radio Happy』大槻唯 (山下七海)


曲調パーティー・チューンだけど詩がグッとくる。

 悲しいときには呼んで
 オンエア いつでもOK
 君が踊りだすトップ10届けるよ
 キラキラなブルーの涙は
 あの虹の色に溶けていくよ


ほかでもない「音楽の力」を高らかに歌い上げた詩。
今年最も聴いた曲かもしれない。


庄七堂’sデレステ・アウォード 2016:ベストスクショ部門
『明日また会えるよね』宮本フレデリカ、一ノ瀬志希、櫻井桃華、中野有香、五十嵐響子

CjQmBosUgAAVNYW.jpg
CjagCVxUUAEpv6I.jpg

かわいい!(圧倒的語彙力不足)
このエントリーをはてなブックマークに追加

雑記(デレマスと映画と高校サッカー)

新年明けましておめでとうございます。
2017年も庄七堂をよろしくお願いしマス。

まずは新年早々の運試し。
ということでデレマスのガシャぶん回し。

まずはデレステ。
誠意とは言葉ではなくSSR

IMG_5170.jpg

ああっ(スクショミス)

IMG_5171.jpg

ちひろさんありがとう!
そしてデレマス。

IMG_5174.jpgIMG_5175.jpg

5%チケットであやめ殿。

IMG_5176.jpgIMG_5177.jpg

ジュエルからの13%チケットで限定SRちゃんみお!
これで今年の運は使い果たしました。


新年一発目の映画として『サベージ・キラー2』見た。

パッケージ見て「っていうか2あったんかい!」と思ったけどこれあれやね全然別物で続編でもなんでもないけど「復讐」「インディアン」の共通点だけで邦題で勝手に続編にされるっていうやつやね。
内容はそこそこそこやった。
新年一発目の映画としては悪くない出だし。

ちなみに『サベージ・キラー』の方は結構好き。

弓で射殺すシーンが最っっ高やった。
基本悪人がブチ殺されるだけだから同情せえへんしむしろスカッとするんやけど一人だけ矢ガモ(懐かしいな)みたいになってる兄ちゃんがいてそいつは少し可哀想やった。


昨日は埼玉スタジアムに高校サッカー選手権を観に行く。
青森出身のK氏が青森山田が準決勝進出するやいなや光の2倍の速さでチケットを購入してくれた。
第一試合目が青森山田高校vs東海大仰星高校。
序盤からポゼッションで優位に立つ山田。
先制点は左サイドからSB三国スティビアエブスくんがドリブルで持ち上がり切り返して右足で決めた。
仰星もすぐに左サイド橋本恭輔くんからのクロスをファーで松井修二くんが左足ダイレクトで流し込んで同点。
前半も終わる頃に郷家友太くんのロングスローから小山新くんがミドル、こぼれ球を高橋壱晟くんが決めて逆転。
後半は途中出場の松山樹生くんを前線の軸とした仰星の攻撃に度々ラインの裏を取られる青森山田。
青森山田GK廣末陸くんが1点モノのピンチを再三のファインセーブで凌ぐ。
耐える展開が続くが守りきった青森山田が決勝進出。
歓喜のK氏。

第二試合は前橋育英高校vs佐野日大高校。
前半に左サイド崩しからのクロスに高沢颯くんが合わせて前橋先制。
佐野も長崎達也くんのスピードを活かしたカウンターで応戦。
GKとの一対一という決定機も生まれかけるが前橋のDFの戻りが早い。
1-0で前橋が勝利し決勝進出。
印象に残ったのは前橋のCB角田涼太朗くん。
高精度なフィードと広範囲なカバーリング。
前橋のサイドアタックは人とアイデアを掛け合わせてこじ開けてくる。
青森山田がどう対応するか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

雑記(シンデレラガールズと音楽とサッカー)

皆様、あけましておめでとうございます。
東京に戻ってきました。
暖かく、雪が一切無い珍しい正月。
実家の冷凍庫に熊肉の塊(裏の山で罠にかかってたらしい)があったので、、、
27.jpg
まず串焼で味見。
残りはカレーにしてショウシチゴハン!
思ったほど硬くなく(煮込んでいると物凄いアクが出ましたが)マトンとラムの間ぐらい(子熊だったからか?)
ヒンナヒンナ!

年明けの出来事をジャンルごとに列記。

【デレマス】
新年の運試しでプラチケ120枚ぶん回し。
CXkXCvJWwAAcGsQ.jpg
喜多見(>ω・)柚ちゃん来たで。
CXkXfJbUQAA8I55.jpg
蘭子ちゃん(持ってるけど嬉しいやね)

CYf5daMVAAEpP9E.pngCYf5daIU0AQNMe1.png

おっ!忘れてたけどそういやあったな。

CYf5mk7UEAEpyN5.png

ああ...うん....

【デレステ】

こちらも新年一発目の10連ガシャ。
CX4MGHsUEAA1umI.jpgCX4MGJEU0AAvcH0.jpgCX4MGUfUEAAqDgt.jpg
新加入は白菊ほたるちゃん、村上巴お嬢、松山久美子さん。
CX_yaaDUEAAmoVD.jpgCX_yaaIUoAA6M1h.jpgCX_yaaHUEAAAQm0.jpg

さ〜ら〜に〜〜

CX4NPBcVAAEqFMN.jpg

来たで大型補強!美嘉ねぇ!!
今年はパッションな一年になりそうやな(まあ”受難”のほうかもしれんけど)
ちなみにイベント「LIVE Groove Dance burst」の結果、、、
CYRdRxrUMAAl7CF.jpg
よしっ(諦観)
まあ順位はともかく無課金でもコツコツやればポイント報酬SRはなんとかイケるな。
CYRdRxqUoAAL_ki.jpgCYRdRxsUoAAmYlL.jpg
というわけでだりーが新メンバーに加わったで!
CYRbeCvU0AARE45.jpgCYRbeCvUsAAgh3X.jpgCYRbeRMU0AAMyWS.jpg
デレステ界随一のクールでロックなアイドル(自己申告)だりーこと多田李衣菜ちゃん。
そして追加されたよしのんと、、、
CYWfctrUwAA5sHB.jpgCYWfct7UAAAnNKK.jpgCYWfcvbUsAELM_l.jpgCYWfct0UAAAqTfr.jpg
今井加奈ちゃん。
CYf2nLAVAAAKlpZ.jpgCYf2nLGVAAANvae.jpgCYf2nMiUkAArQRr.jpgCYf2nK6UoAEWIDQ.jpg

あとシンデレラガールズの一番くじひいてきた。
CYhhmUuUkAAM5B1.jpg
ポスター当たったで。
トライアドにしたわ。
CYhhmURUMAAgikx.jpg
A2って結構デカイな....

【音楽】

デヴィッド・ボウイ亡くなったんか.....

ワイがボウイを知ったのは昔NHKが放送したBBCの音楽ドキュメンタリー『ダンシング・イン・ザ・ストリート』って番組。
ロック、ポップ、ブラックミュージックの歴史を年代、ジャンルに分けて放送しててその「グラム・ロック」の回。
当時学生で録画して何回も見てた。
素晴らしい番組だったなあ。
ワイの音楽の知識の半分ぐらいはあの番組準拠やわ。
ニコニコにあったわ。

この回はヒップホップの誕生、勃興からテクノまで。
クラフトワークが初期のヒップホップに与えた影響とか凄く面白いよね。
少しでもヒップホップに興味があるなら絶対見るべきやと思う。
デリック・メイも出てるで(この番組で唯一違和感があるのは80年代の保守的、スタジアムロックの映像でスプリングスティーンが使われてることやな)
自分は結構体系立てて音楽を聴くのが好きなんやけど学生の時は田舎に住んでて環境的に難しかった。
今の若い人たちはネットっていう音楽にコミットしやすい環境があって凄く羨ましいやね。
あと実家帰ったら『BLUE GIANT』ってジャズ漫画があったから読んでた。
ワイはジャズにはあんま詳しくないけどハービー・ハンコックのこの曲はめっちゃ好き。

めっちゃファンク。
あとはジョン・ゾーンのMasada。

ジョン・ゾーンってユダヤ系アメリカ人なんよね。
ジャズでは珍しい独特な音階(クレズマーっちゅうらしい、東欧の音楽)

【サッカー】
選手権準決勝を観戦。
國學院大學久我山高校vs青森山田高校。
青森出身「高体連の雷電」ことK氏と青森山田側で観戦してたんやけど歓声と悲鳴と安堵のため息が交錯する最後まで予測不可の良い試合やった。
久我山は去年は観る機会がなかったんやけど二年前に観た澁谷雅也くん山本研くん名倉巧くん野村京平くん内桶峻くんがスタメン。
澁谷雅也くんは二年前観た時は左ウィングだったけどこの試合センター、中央突破は勿論サイドに流れてからの中央へのカッティングで相手DF陣を翻弄していた。
久我山は二年前とだいぶサッカーの印象が変わった。
個性的なチームなのは変わらないが二年前はチームが上手くいかない時はどこかしら「閉塞感」が漂っていた。
この試合ではそういう”閉塞感”をも吹き飛ばす力強さを感じた(K氏は後半ロスタイムの失点で放心していたが...)

最後に小ネタ。

ミランで衝撃の年齢詐称問題が発覚!下部組織のガンビア代表FWが大胆不敵な9歳サバ読み
問題になっているのはガンビア代表FWユスファ・ヤファ。2009年にACミランの下部組織に加入したが、この時から大胆に年齢をごまかしていたという。イタリアの移民管理局によると、2009年の入国時は1996年12月31日と年齢を申告していた。だが、実際は1987年11月14日であると判明。13歳のはずが、実際は22歳だったという信じられないほどの年齢詐称が物議を醸している

っていうかいくらなんでも22歳が13歳ってちょっと無理ありすぎたんちゃうか。
gakituka.jpg
ガキの使い「笑っては〜」のこの画像みたいでシュールやわ。
関係無いけど安部菜々さんの画像貼っておきますね。
f4c2b229d5ca32acc3a4505e83a5e746.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

「陸上自衛隊広報センター」へ行こう!!

先週の土曜日は久々にサッカー観戦から離れちょっとした個人ツアーへ。
西武池袋線に乗り向かったのは、、、、

2012063015110000.jpg

大泉学園駅から歩く事一時間弱(地図上だと大泉学園と和光の間にあるので「歩いていけるっしょ!」と余裕ブッコいていくと大変なことになります......)
この「陸上自衛隊広報センター」は朝霞駐屯地にある自衛隊の装備や車輛などの展示会場。

館内に足を踏み入れるとまずはマスコットがお出迎え。
2012063015110001.jpg
2012063015550000.jpg

これが陸上自衛隊広報センターのマスコット「りっくん」と「あさかちゃん」や。
・・・なんか『鏡の国のアリス』にこんなのがいたような・・・

!?

8419.jpg

ハンプティ・ダンプティ!ハンプティ・ダンプティじゃないか!!

さて、まずは屋外の展示品から紹介していこう。
2012063015430000.jpg

74式戦車
2012063016310001.jpg
2012063016310000.jpg
2012063015290001.jpg
2012063015340001.jpg

74式の威風堂々とした佇まいは僕好みだ。
思わず飛び乗って「パンツァーフォー!」と叫びたくなるが、、、、

2012063015300000.jpg

残念!!デサント禁止やっ!!!

10式戦車
2012063015310000.jpg
2012063015310001.jpg
2012063015320000.jpg
2012063015340000.jpg
2012063016210000.jpg
これが自衛隊最新の10式戦車。
一台当たりの単価は9.5億円らしいが香川の移籍金よりは安い。製造は三菱重工業。

2012063016290000.jpg
新旧のエースが並び立つ。左が74式戦車、右が10式戦車。
数字は年号なので30数年の差がある。
サッカーでは「重戦車のようなドリブル」と形容されることがままある(僕も使う)が
やはり実物を観ておかねば文章に説得力が伴わないだろう(でもこれサイズと重量的には"中戦車"なんだけどね)

90式戦車
2012063015580001.jpg
2012063015150000.jpg
エースの風貌。
2012063015170000.jpg
2012063015170001.jpg
りゅう弾と徹甲弾。
120mmなのでボンレスハムぐらいだと思って頂ければ。
2012063015160001.jpg
砲塔に据え付けられた機関銃。

勿論、展示されているのは戦車だけではない。

偵察用オートバイ
2012063015570000.jpg
製造は世界のHONDA

74式自走105mmりゅう弾砲
2012063015230000.jpg

75式自走155mmりゅう弾砲
2012063015220000.jpg

中距離多目的誘導弾
2012063015240000.jpg

94式水際地雷敷設装置

2012063015250000.jpg

87式自走高射機関砲
2012063015260000.jpg

89式装甲戦闘車

2012063015280000.jpg

館内に戻って「イラスト募集コーナー」を眺める。
小学生の微笑ましい作品から大人達の力作も。
個性的な展示品の中で一番自分好みの作品がコチラ。
2012063015420000.jpg
キャラクターデザインが気に入った!

館内で最初にお目にかかるのがこの模型コーナー。
2012063015120000.jpg
隊員が作っているのかしら?モデルには事欠かないからリアルさを追求できそうや。

戦闘糧食・・・所謂"レーション"の展示。
2012063015130001.jpg
元自衛隊員の友達に"とり飯"(五目飯だったかな?)の缶詰を食べさせてもらった事があるけど非常に美味だった。

ちなみに空挺部隊の装備を体験出来るアトラクションもある。
パラシュートだけで14kgあり予備パラシュート、装備一式を含めると60kgぐらいになるそうだ。
イラクで使用した防弾チョッキは鉄板入りで14kg!!
着用すると「ドラゴンボールの修行の気分」が味わえます。




と、いうわけで「陸上自衛隊広報センター」ツアーは凄く楽しかった。
家族連れやカップルもチラホラ。デートにもいいかもしれませんね。
入場無料だし色々アトラクションもある。
「ミリオタじゃないと楽しめないんじゃ?」という心配はご無用。
その証拠に僕の様な"非ミリオタ"でも楽しめた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ