THE G.M.A JAZZ ORCHESTRA ライヴ・イン・自衛隊広報センター

先週の日曜日は陸上自衛隊広報センターへ足を運ぶ。
今回は展示品目当てではない。

THE G.M.A JAZZ ORCHESTRA
2012072914560000.jpg

のコンサートを聴きに来たのだ。
そもそもは前回来た時に貰ったイベント情報のチラシに書いてあったこの一文、、、、

「陸海空音楽隊ピックアップメンバーによるビッグバンドのジャズコンサートです」

自衛隊がビッグバンドのジャズ・・・
即座にグレン・ミラーを連想した(第二次大戦中にグレン・ミラー・アーミー・エアー・フォース・バンドを結成して従軍し慰安としての演奏活動を続けた。バンドの結成も軍の肝いりだったそうだ、所謂"戦意高揚"としてのスウィング・ジャズの一面)
「G.M.A」も"グレン・ミラー・アーケストラ"の略(オーケストラではなくアーケストラなのはサン・ラへのリスペクト)かと思ったが ground maritime air 陸海空のことだった。

と、いうわけで陸上自衛隊広報センターに到着。
会場のイベントホールへ。
開演20分程前に着いたが客席は結構埋まっている。
演奏が始まる頃には満席に。

セットリストは、、、

1 In The Mood
2 Mambo Medley(Mambo No.5,Tequila,EL Mambo,EL Cumbanchero)
3 Lupin The 3rd
4 Blue Moon
5 At Last
6 September
7 Bikini Beach
~~encore~~
Moonlight Serenade


1曲目はいきなりグレン・ミラー・オーケストラの『In The Mood』
スウィングしなけりゃジャズじゃない!
この曲を「自衛隊広報センター」で聴く事の特殊性に浸っていた。
2曲目、マンボメドレー。初っ端からドラムが走る走る。
こんなにドライヴィンな『Mambo NO.5』は初めて聴いた。
『Tequila』でのメンバーによる「テキーラ!」の掛け声には萌えた(笑)
3曲目が個人的にはハイライトだった『Lupin The 3rd』
いや、原曲は勿論ジャズだしこういうコンサートにはピッタリのポップで知名度も高い曲なんだけど、、、
これ「大泥棒のテーマ」ですからね。反社会的な。
それを演奏してるのが自衛隊という・・・
そう考えると物凄くシュール。
だが超クール!!!
4、5曲目は米国空軍から女性曹長がゲストVoとして参加。
6曲目は『September』
いわずとしれたアース・ウィンド・アンド・ファイアーの大ヒット曲。
メインのボーカルラインをサックスが担当。会場もヒートアップ。
ラストは『Bikini Beach』
ギターソロが最大の魅せ場。
アンコール1曲目は再び米国空軍女性曹長がゲスト参加(不勉強故曲名わからず。どなたかご教授ください)
アンコールラストはグレン・ミラーの『Moonlight Serenade』
締めくくりに相応しい曲をしっとりと聴かせる。
まったく会場内が飲食禁止じゃなかったら一杯(スピリッツを...ロック...が好ましい)やりながら聴きたかったところだ。

2012072914590000.jpg

そしてコンサートは終了(MC、メンバー紹介、アンコール含めてきっちり一時間で終了した。自衛隊員であるから時間厳守は原則なのだろう(笑)素晴らしい)
これがデビューライブだそうで、これからも定期的な開催を強く望む。
ビッグバンドに留まらず編成を変えてのビバップなんかも聴いてみたいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

音楽誌『スヌーザー』が休刊だそうだ

『スヌーザー』休刊か。

僕の音楽誌遍歴は16歳ぐらいからの『ロッキンオン』購読(ブリットポップの全盛~斜陽にあたる時期ですね、編集長で言うと宮嵜さん。そういやJリーグのスタジアムに行くとこの時期のブリットポップがよくかかってる、味スタではパルプの『ディスコ2000』ナクスタではスウェードの『ビューティフル・ワン』とか、むず痒くなると同時にクラクラっと来ます。選曲してる人が僕と同世代なのだろうか)

高校のとき読者欄にも投稿した記憶あるわ(しかも本名で!!採用されてTシャツ貰った。関係ないけど『VOW』にも採用されてテレカ貰ったな、しかも本名で!!)

『スヌーザー』は20代前半から買ってたな。
『ロッキンオン』に喧嘩売るような姿勢が面白かった。
ライターでは加藤亮太さんの文章が好きだった、エレクトロニカやアンダーグラウンドなヒップホップに造詣が深い方で、良く参考にさせてもらいました(ロック誌というよりも『remix』に近い立ち位置だった)

海外の音楽誌の翻訳記事も多くて、今もURの特集は切り取って保存してある。

そうか、もう10年近く前になるのか...『クラブ・スヌーザー』にもよく足を運んだもんや...(新宿リキッドルームももうないんだよね...)
当時を振り返ると赤面ものやね(恥ずかしいかって?凄くこっ恥ずかしいですよ!!楽しかったかって?滅茶苦茶楽しかったっすよ!!!)

よく"中二病"ゆうけど自分の場合20歳ぐらいの"大二病"のほうが恥ずかしいわ(まあ、自分、高卒だけど)

今はもう全然音楽誌読まなくなったけど。
でも影響は大きくて、それは音楽の嗜好もそうだけど...音楽についての文章を書こうとする時どうしても『ロッキンオン的』な文章になってしまう(笑)
普段はバイアスがかかってしまうんだけどたまにはブログで音楽をお薦めしてみよう(ブリットポップとか懐古対象の音楽なら書き易いんだけどね)

と、いうわけで紹介したいのは2MCヒップホップユニット『降神』
降神は"なのるなもない"と"志人"の2MCヒップホップユニット。
現在までアルバム二枚をリリース。後に各自ソロアルバムを出す。
降神としては2004年にアルバム『「望」~月を亡くした王様~』を出して以降リリースはないがフィーチャリングMCとして活動中。
いまは簡単に音源が紹介出来てしまう便利な世の中ですので能書きを控えてまずは曲を。


『あの海』志人、なのるなもない
Massive Attack『Karmacoma』THE SABRES OF PARADISE[『Wilmot』のようなゴシック・ダブを日本人が日本語で演るという。
菊地成孔さんがラジオで降神のことを「可能性の極北」と評していましたが、さもありなん。
両名素晴らしいMCですが、特に志人ですね、、、


『禁断の惑星』TABOO1 feat.志人
DJ KENSEIのトラックもPVも凄いが志人のラップが既に別次元...というかもはや異形。
極めつけはこの曲。


『満月~La pleine lune~』Jeunesse Cosmique feat 志人
この曲を聴いて久々に"音楽"に"リリック"にたまげましたよ。
"異形"もここまで突き抜けると"崇高"になるという例。最速ラップでありながら朗読であり演劇でありアリアでありわらべ歌でもあり読経にすら聞こえるという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

きちじょうじのなつやすみ ~小島麻由美フリーライブ~

夏だというのにサッカーばかり観てるわけにはいかん!!

と、いうわけで昨日行って来たのは吉祥寺で行われた『きちじょうじのなつやすみ』というイベント。
2010082822150000.jpg

懐かしのサンロードあたりにある昔伊勢丹だった場所でのフリーライブです(昔サンロード内のイタリアンレストランで働いてたことがあるのです)

小島麻由美さんのライブ目当てで。
実はライブは二回目で、数年前に日比谷の野音で『MAZRIの祭』という野外ライブイベントがありまして。
THE MICETEETH(トリだった)目当てで行ったことがあるのですがその時に小島麻由美さんがトリ前で出演。
ただ、まだアルバムを聴き始める前だったので一曲もわからなかったのです(MCのメンバー紹介でメンバーの名前を忘れて本人に聞いていたのが印象に残っています)
その後何枚かアルバムを聴き込んで「あの時聴いてから行っておけば...」と後悔していました。
ですからこれは絶好の機会。天気も良いし。

♪さあ、みんな始まるよ。夏の夜のパレードが

一時間弱のライブ(アンコールで一曲)で10曲程でしたでしょうか。
セットリスト(全曲を聴き込んでいるわけではないので知っている曲だけ、順番もあやふやですが....)は。


結婚相談所
黒い革のブルース
マイモンキーはブルー
メリーゴーランド
パレード
恋の極楽特急(アンコール)


素晴らしいバンドと歌声だった。
シャッフルするリズムの気持ちよさと塚本功さんのギターの素晴らしさよ。

やっぱ『黒い革のブルース』は名曲やね、アルバムでは『愛のポルターガイスト』が一番好きやな。

こうなるとフル編成でのライブも聴きたいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

Tokyo Disco Music All Night Long

DJ KAGAMIさん、急性心不全で急逝‎

あぁ...

2000年あたり石野卓球の"半追っかけ"みたいな娘と良く一緒にクラブイベントに行ってた。
卓球の『STERNE』、リキッドルームの『7HOURS』とかWIREとか。

KAGAMIのプレイで何回か踊った記憶はある(DISCO TWINSも一回だけ行ったことがあるようなないような...)
記憶が曖昧なのはこの時期がきっと最高に楽しかったからだろう(こっ恥ずかしい話だけど僕にとっての『サマー・オブ・ラブ』な季節だったから)

でもこの曲ははっきり憶えている、何回もフロアでかかっていたから。


『Kagami - Tokyo Disco Music All Night Long』

こんな突然の訃報の前には普段書くようなレトリックは放棄してしまうしかない。

素敵な音楽をどうもありがとう、ご冥福をお祈りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

僕の小規模なブリットなポップ

深夜、眠気を我慢して"BEAT UK"見てたかつてのガールズ&ボーイズへ!!
どうもノーザン・アップ・庄七です *ちなみに新潟では放送自体ありませんでした。

僕なんかねやっぱ中学~高校の時分にブリットポップが直撃した世代ですからね。
ロッキンオン、buzz、クロスビート(ミュージックライフとかも、インロックは...まあいいや)とか読んでチェックしてね、"シーン"というものにどっぷり浸かろうとしてたもんです。
当時はね「このバンドが世界を変える!」なんてのがね毎月毎号出てきてましたから。

要は「昔は良かったな~」ということなんですが。
この時代がいつか再評価されるのか?されないのか?多分されないと思うので勝手に再評価。


『Blur - Country House』
オアシスの『ロールウィズイット』と同時発売で(当時は)盛り上がってましたね。
当時はオアシス派だったんですが最近はブラーのほうがええわ~。
なんかデーモンはこの曲を"若気の至り"的なものとみなして後悔してるとか、、
いやいや完璧なポップソングですよ!!
後悔するならむしろPVのほうを....
しかしこの時のデーモンは宇宙で一番格好良かったと思います。


『Ocean Colour Scene - Hundred Mile High City Live』
かっちょえ~。スティーブのレスポールだけで麦飯三杯いけます、バカテクだったのね。
このつんのめるようなリズムがええですわ。
恐れながら僕もギターはレスポールです『バンドやろうぜ!!』の通販で買いましたよ。
UKバンド=レスポールみたいな思い込みが当時はあったんでしょう。
いまだと「"けい◯ん"の影響?」と聞かれかねないので言わないようにしています。


『Pulp - Disco 2000』
僕は『コモン・ピープル』よりこっちやな。
去年の開幕FC東京戦の味スタでこの曲がかかって軽く目眩が。これ選曲した人、僕とマイミクになって下さい。


『The Seahorses - Blinded By The Sun』
やっぱ当時は「あのジョン・スクワイアの新バンド始動!」とか散々煽られましたよね。確かアルバム一枚で解散したんだっけか?まあローゼズの後だしな~
でもいい曲ですよね。もう一つのシングル『Love is the Law』も佳曲。


『Kula Shaker - Grateful When You're Dead』

『Kula Shaker - Hush』
当時は"懐古主義的"という言葉が批判めいて使われていましたが(Kula Shakerなんかも結構言われていた)ブリティッシュ・ハードロックの歴史の中でも最高のバンドだったんじゃないかと。
いまだにこのバンドを上回る"ドライブ感"は体験したことがありません。
この頃のクリスピアンは銀河系一格好良かったと思います。


『Longpigs - Lost Myself』
兄が好きなバンドでした。当時この一曲だけ何度も聴かされた。
今聴くとくるりの”東京”の(何個かあるうちの)元ネタの一つだったのね。


『Elastica-Connection』
(この一曲だけ)コピバンして~。


『Cast - Alright』
このバンドはこの一曲しか知らんのですが確かVoのジョン・パワーが元ラーズとかでしたっけ?
イントロ聴いた瞬間「ブリィィッット!!!」って思う。


『Supergrass - Alright』
曲はエバーグリーン、でもPVは酷い!というある意味ブリットポップの象徴。


な~んかいまいちメジャーなのばっかになったわ~。

「もっとリーフとかスペース、ブルートーンズとかも入れろよ!」

と増井修に怒られそうやわ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ