GKの受難

広島がAFC浦項戦で披露したトリックPKですが皆さんどう思いますか?

いや、あくまでルール上は何の問題もないんですよ(映像で確認したところ寿人が蹴る前に槙野がPA内に入っている気もしますが...)

しかしこの胸に残るもやもや感はなんでしょう。

野球で例えるなら、、、

「隠し球でゲームセット」

でしょうか?

プロレスで例えるなら、、、、、

「逆水平チョップの応酬時に"TAKAみちのく"が使うサミング(目潰し)」

、、、いかん!これでは肯定的なニュアンスになってしまう。

え~僕はこのPKに反対します。
ルール上ではっきり「パス禁止」にしてほしいぐらいです。

元々PKの成功率は高い上にこれをやられたら....
いや僕が危惧するのは、、、

「これがスタンダードなPKのスタイルになるのではないか?」

ということです。
成功率が高ければ皆使い出すのは当たり前の話。

これは僕自身がGKをやっているからかもしれませんがGKにとっては頭の痛い現象ですよ。
シュートコースの予測に加えてパスコースにまで気を使わないといけないですから。
マークするDFを含め対応しなければならないでしょう(まあ有効なのはあくまで"奇襲"としてのみだと思いますが)

僕はあくまで1対1のPKが好きです。団体競技のなかでの純粋な個対個。

"一騎打ち"、"タイマン勝負"、"サシウマ"

と呼び代えてもいいかもしれません。
どうです?少年誌チックな趣があるじゃあないですか(ちなみに僕が横山光輝の『三国志』で一番好きなシーンは「孫策と太史慈の一騎打ち」でした)

あのPKを蹴る瞬間の"ボッ"という破裂音とネットが揺れる音なき音、GKの身体に当たる衝撃音、バー・ポストに直撃した時の"ガンッ"という振動音。

これをプロレスに例えるなら、、、

フォール時の「1...2....2.9..3」のカウント。
その「2.9と3」の間の瞬間に相当するのではないでしょうか。
2.99で返した時の観客のドヨメキ。
そしてレフェリーがマットを3回叩き終えた直後に巻き起こる爆発的な歓声。

その音と音の間に横たわる一秒にも満たない刹那の瞬間こそがプロレスの...ひいてはPKの醍醐味ではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ