FUTURE IS YOURS ~横浜F・マリノスカップU-17大会:柏レイソルU-18vsガンバ大阪ユース~

サッカー界では「和製◯◯」という形容詞が使われているが今年のセンバツでは「ダルビッシュ2世」が紙面を賑わしている。
これから「ダルビッシュ2世」は「マラドーナの後継者」とか「ポスト・レディオヘッド」みたいに定期的に湧いて出てくるのだろう。
5人登場したら『キン肉マン』みたいに王位争奪戦をするのだろうか?
54.jpg
各地に「ダルビッシュフェニックス」とか「ダルビッシュマリポーサ」「ダルビッシュビッグボディ」etcが存在していて甲子園に集結するのかと思うと....熱いぜッ!

第4回 横浜F・マリノスカップU-17大会
柏レイソルU-18vsガンバ大阪ユース

2012032513130000.jpg

柏は4-2-3-1か。
ボランチにはU-17日本代表の主力としてメキシコ大会でも活躍した秋野央樹くん。
秋野くんと中川寛斗くんとのダブルボランチに見えたが中川くんは積極的に前線へ飛び出す。
中川くんトップ下の4-1-4-1かも。

ガンバは4-2-3-1か。
左SBの内田裕斗くんはサニックス杯のU-17日本代表に選ばれている。

さて、試合。

前半、ガンバはトップの出岡大輝くんを前線の起点として攻勢に出る。
2列目の薮内健人くんはトップを追い越してゴール前まで迫り、井手口陽介くんが適時配球していく。
井出口くんの左サイドでのタメとパスで同サイドの内田くんが何度かオーバーラップを仕掛ける。
ボランチの徳永裕大くんと福田浩規くんの関係も良好だ。

柏はCBの御牧建吾くんと中谷進之介くんの奮闘が目立った。
中谷くんは広範囲をカバーリング、御牧くんは随所で鋭いフィードを繰り出す。
攻撃は吉川くんの縦への仕掛けを突破口とし中川くんが中盤を走り回って攻撃のピースをリンクさせる。

前半終了。
どちらのペースとも言い難い、一進一退の攻防といった感じだ。

後半開始。

後半5分、柏の中川くんがPAまで持ち込み左からシュート。
GKの弾いたこぼれ球を吉川くんが押し込んで柏先制。1-0

後半29分、ガンバのSB永保尭くんが左サイドをドリブルでPAまで運ぶと柏DFやや遅れて接触し倒してしまう。
主審がファウルの判定。ガンバにPKが与えられる。
これを福田くんが決めてガンバ同点に追い付く。1-1
2012032514540000.jpg

試合終了。
1-1でドロー。

ガンバは後半、先制された後のゲーム運びがやや覚束ない展開でどうにも得点の気配が感じられなかった。
しかしそれでも同点に追いつく。
追い付いてからのガンバは攻撃に勢いが出てきた。
前目にポジションを取ったボランチの徳永くんの縦への仕掛けが活きる。
何度か柏ゴールを脅かしたが...ゴールへの決定的な"あと一歩"がなかなか出しきれなかった。
印象に残ったのはボランチコンビの徳永くんと福田くん。
福田くんは中盤の底でしっかりルックアップしてボールを出し入れし、的確に周囲を使っていた。

柏は中盤を支える秋野くんが長短のパスを織り交ぜながらゲームを創る。
秋野くんだけでなくCBの御牧くんもロングフィードが得意で機を見て一気にボールを大きく動かす。
特に素晴らしかったのは中川寛斗くんだ。
先制ゴールのきっかけとなったドリブルからのシュート。
さらに中盤の底から前線~ゴール前まで絡んでいく運動量。
フィールドの至る所に顔を出すことで攻撃が円滑かつ潤滑に。
フル出場だったが前半よりも後半、さらに試合終盤まで尻上がりに調子が上がっている様な気さえした。
ボールに多く触る事で自分のリズムを掴んでいくタイプなのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ