目には青葉山ほととぎす初ゴール 〜J1第13節:川崎フロンターレvsアルビレックス新潟〜

川崎と新潟の試合を観に行って来た。
IMAG0216.jpg

前半は良い勝負だったが後半は川崎がラインを押し上げて前線への圧力を高めて来た。
何度か破られていた左サイドからレナトに打たれ大久保が押し込んで失点。
一度は武蔵のゴールで同点にするも二点目はぐうの音も出ない憲剛からの「This is スルーパス」を大久保が決めて逆転される。
川崎のジェシにかなりチャンスを潰されていたね。
實藤もマークとカバーリングできっちり締めていた。
失点シーン以外はこの二人にほとんどミスが無かった。
あと棗がいつの間にかDF登録になってるんやけどコンバートか?
長身のターゲットマンやが足も結構速い。
駒大のワントップ棗の印象しかないので意外。

亜土夢、成岡はちょっと存在感が出せず。
前半はまあまあ(目立つ程悪くはないという意味だが)だったにしても後半成岡は守備への貢献が下がり。
亜土夢はミスもそうやけど有機的に攻撃に絡めていない。
成岡は独特のパス出しのタイミングを持っているんだし亜土夢は天才的なパスセンスは無いかもしれんが一つ一つのプレーを正確に数多くボールに触る事で持ち味を発揮してほしい。
FWを飛び越してDFラインの裏へ仕掛けるとかね。
SHのどちらかが好調ならなんとかなるんやが二人があの出来だとちょっと苦しいな。
レオのとこでボールはある程度落ち着いて廻るんやしあとは攻撃に変化をつけられるかどうか。
あの位置でラインブレイクなりアクションを起こさないとボールが横に動いているだけになってしまう。
ただ現状だと酒井がボランチに入るとSHのオプションは藤田ぐらいなんだよなあ....
ここは小谷野、奥山、小塚に期待したいとこなんやが。

川口は前半はレナトと良い勝負をしてた。
距離を空け過ぎの嫌いはあったが迂闊に詰めて躱されるよりは好判断。
チェックに行く時と複数で囲む為の遅らせる守備も上手く使い分けていたしキッチリカバーリングも出来ていた。
前半は初アシストの時の様なDFの頭を超えてターゲットの川又目掛けてドロップするクロスが見られたし。
後半はちょっと一対一の勝負に持ち込まれるシーンが増えたがそこはもう対応してもらうしか無いやね。

ただ川又が軸として固定出来そうやし(アシストの場面のああいう「DFを引き摺ってでも」突破するFWは見ていて心強いやね、あの"川又"を止めるにはDFが"刺又"を装備せんとアカン)
武蔵も初ゴール(御目出度う!「ゴールはケチャップのようなもの」というがケチャップがなかなか出てこなかったり不意にドバッと出たりする現象は「チキソトロピー」という。そのまま放置しておけば個体の「ゲル」であり振って撹拌すれば流動する「ゾル」になる。あのもつれながら押し込んだゴールのように常にゴールに向かって「動いて」いればこれからもドバドバと点が取れる筈やで)で自信をつけてくれればFWはそう心配せんでもええかな...
田中達也と岡本もおるし。
ブルーノは...今「精神と時の部屋」で修行しとるんやろ...多分...
1125907.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ