東京ヤングライオン杯三試合目 〜東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会:FCトリプレッタユースvs杉並アヤックスユース〜

バイト経験者が激白!絶対に行きたくない飲食店5つのパターン

混んでて並ぶのは嫌やけど飯時の時間帯に客がまばらな飲食店もちょっと躊躇するわな。
実はワイも飲食店で勤務してた事があるんや。
そんなワイが「絶対に行きたくない」やなくて逆に「庄七が激白!絶対に行きたい飲食店5つのパターン」を教えるで。
参考にしてや。

◆その1:店長は居酒屋のつもりだがラーメンが名物
◆その2:店長が元プロレスラー
◆その3:店長が元三冠ヘビー級王座
◆その4:店長が川田利明
◆その5:麺ジャラスK

2011012322370000.jpg

第15回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会
FCトリプレッタユースvs杉並アヤックスユース

IMG_0455.jpg

試合開始から仕掛けたのは杉並。
猛プレス、ハイプレッシャー、ハイスピード。
ボールを奪ってはポンポンとパスを繋いで攻め立てる。
Doppo1.jpg
右SB9番は物凄い勢いでサイドを駆け上がり。
FW48番も小柄だが速さに自信あり、積極的にドリブルで仕掛けて奪われてもすぐさまプレス。
IMG_0458.jpg
トリプレッタもこれには面食らっただろう。
CBを中心にパスを回せるのだが勢いにつられたのかこちらもスピードアップ。
左SB3番がサイドに目一杯開いて高い位置を取りピッチをワイドに使おうとするのだが中々タイミング良くボールが回って来ない。
IMG_0459.jpg
勢い、中央に攻撃のパターンが固まってしまう。
トリプレッタの10番はトップ下の位置からパスやドリブルで仕掛けるなど攻撃のバリエーションを増やせる選手。
両チームとも異様な程テンポアップした試合展開。
まるでビデオの3倍速で見ているかの様だった。
前半が過ぎて行くに連れてやや球持ちが良くなって行ったのはトリプレッタ。

後半に入るとトリプレッタが攻撃に人数を掛けられるように。
ボランチの一人が前線へ絡む機会が増えた。
トリプレッタの右SB4番が守備を引き締めつつサイドの高い位置を取れる様に。
IMG_0466.jpg
杉並はキャプテンのCB2番が懸命に守り前線へとボールを送る。
左SBに入った10番も守備をこなしつつ機を見て押し上がりサイドから中央へ入ってプレー。
IMG_0462.jpg
チャンスの数自体はトリプレッタのほうが多くセットプレーの機会も多数。
10番がドリブルで中央をこじ開けるシーンが目立つ。
IMG_0464.jpg
ただ杉並も粘り強い守備からカウンターへ。
トリプレッタにバイタルでボールを持たれてはいるが守備陣がガッチリ固め決定機を作らせない。
そして杉並は左サイドでFKを得る。
ゴール前へ入れ混戦からヘッドで落としてファーに詰めた選手がゴールに押し込む!!....もこれはオフサイド。
後半ロスタイム。
トリプレッタCKから左サイド氏橋寛くんのクロスに後半途中出場の金子甲弥くんが身体ごと押し込まんばかりのへディングでゴールをこじ開ける。
IMG_0468.jpg
トリプレッタ先制。1-0

杉並も両SBとCBを押し上げて全面攻勢に打って出るが、、、、

試合終了。
1-0でトリプレッタの勝利。

両チームとも選手間の主張と要求がピッチで盛んに交わされる。
杉並のキャプテンが一番声が出ていたかな。
身体を張った守備と声で味方を励まし時には叱咤してチームを鼓舞する。
IMG_0471.jpg

トリプレッタで目立ったのは10番。
一人二人と寄せられても強引にドリブルで中央を突破する。
IMG_0470.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ