東京ヤングライオン杯決勝戦 〜東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会:東京ヴェルディユースvsFC東京U-18〜

西が丘での二試合目。
傘持たずに西が丘に行ってしまい第一試合の途中から降りだした雨に打たれっ放し。
意地でも避難せずに観戦してたんやけどワイの愛用のキャスケット帽から雨がしたたり落ちてきたので流石に第二試合前にコンビニで傘買ってきた。
まあ雪よりはマシやけど。

第16回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会 優勝決定戦
東京ヴェルディユースvsFC東京U-18

150208_132839.jpg

ヴェルディは4-4-2
2トップは平田竜士くんと郡大夢くん。
郡くんは184cmの長身FW(なんとなく船越優蔵を思い起こさせる)
監督は藤吉信次さん。
藤吉さんがヴェルディユースの監督とは感慨深い。


FC東京は4-3-3か。
西元類くんがトップ。
安部柊斗くんがアンカー。
GKの波多野豪くんはなんと身長194cm!
FC東京は今年からプレミアリーグが勝負の舞台となる。

さて、試合。

前半35分、ヴェルディの左SB松本幹太くんがサイド切り込んでクロス。ゴール前には郡くん。
低めのクロス(郡くんにとっては。だが)を体を折り曲げてヘディングシュート。ヴェルディ先制。1-0

FC東京もサイドからのクロスとCKでチャンスを作る。
決定機もヴェルディDFがライン上でギリギリのクリアを見せる。

前半終了。

FC東京はポゼッションでは東京を押し込んでいた。
安部くん大熊健太くんが中盤でボールを持てる。
DFも一人一人がキープしプレスをいなし後ろからビルドアップ。
150208_152109.jpg

ヴェルディは決して多いとは言えないチャンスを一回でモノにした。
150208_152044_20150210114232239.jpg

後半開始。

ヴェルディは交代で渡辺皓太くんを左SHに、井上潮音くんをボランチに。
IMG_1716.jpg

FC東京は伊藤純也くんと柳貴博くんをピッチへ。
柳くんは右SBで180cmオーバーの選手。
セットプレーでも脅威となりそうだ。
FC東京後半最大の決定機は左サイドから。
クロスに安部くんがシュート。
これはヴェルディGK村田怜穏くんがブロック。
ゴール前のこぼれ球を佐藤亮くんが押し込んで同点、、、と思いきやシュートの段階でオフサイド。
FC東京は生地慶充くんのドリブルでの仕掛けがヴェルディのブロックを混乱させる。
IMG_1715.jpg

ヴェルディは耐える時間帯が多くなる。
が、FW平田くんが前線から積極的なプレス。
郡くんも前線でボールを追いかける。
攻め込まれていても郡くんを前線に残してカウンターのチャンスを窺う。
郡くんが前線でキープし渡辺くんや平田くんが攻撃に参加する為の時間を作る。
IMG_1719.jpg
IMG_1718.jpg

試合終了。
東京ヴェルディユースが1-0で勝利し東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会優勝。

FC東京は後半もゲームを優位に進めながらヴェルディのブロックをこじ開けようとする。
能力的には疑いようの無い選手達ではあるが欲を言えばもう「ワンアクション」がほしかった。
それはドリブルであったりパスであったりするのだが強引にでも「仕掛け」ること。
それは決して「闇雲にチャレンジ」するということではなく攻撃に「変化」を付けるという意味だ。
気になった選手は大熊くん。
去年はトップの位置で観る機会が多かったが下り目の位置から前を向き、ボールを運ぶ。
高い技術を見せてくれた。
もう一人気になったのは後半途中から右SBに入った柳貴博くん。
長身SBで何度もいいオーバーラップをしていた。
150208_152317.jpg
150208_152904.jpg

ヴェルディは耐える時間を乗り切って試合をモノにした。
CBコンビ品田竜之介くんと東山亮くんが堅固なブロックをゴール前に築く。
GK村田怜穏くんはセービングもさることながら落ち着きがあって時間を使うのが上手い。
自分のテンポを崩さずに間を取り相手を攻撃のリズムに乗らせない。
強かなGKだ。
中盤でのプレスも相手にしっかり詰める。
プレスが躱されてもボールに食らいつく。
"競り合う"というよりも"鬩ぎ合う"かのようだ。

この試合の"SMVP"は郡大夢くん。
前線の「プリーズ・ミスター・ポストマン」
前に張るだけでなく両サイドに流れて起点になる。
また守備でも両サイドにまでしっかり寄せている。
決勝点をあげたのは勿論だが後半の苦しい時間帯に彼の前線でのプレスがチームを助けた。
150208_152303.jpg
150208_153012.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ