神奈川ヤングライオン杯 〜神奈川県クラブユースサッカー新人戦:横浜F・マリノスユースvsエスペランサユース〜

アダム・ウィンガード監督の『ビューティフル・ダイ』っちゅう映画見た。

ヒロインの元彼が連続殺人鬼で服役中。
自身はアル中でアルコホーリックス・アノニマスに通ってる(ここらへんの"断酒会"の描写は吾妻ひでお先生の『失踪日記』と『失踪日記2 アル中病棟』を読んでいると理解が深まると思う)
この元彼が脱獄し、新しい出会い、新しい生活を送る彼女にその影が次第に忍び寄る......っちゅう映画。
この監督のホラー映画『サプライズ』が結構良かったから前作にあたる『ビューティフル〜』も見たんやけどこっちの方がストーリー的には「サプライズ」やったわ。

あとこの監督、音楽の使い方上手いね。
『サプライズ』ではドワイト・トゥイリーの「Looking For The Magic」

が使われてるんやけど画面とのミスマッチで凄く印象に残る上に執拗にリピートさせるとこなんかは恐怖演出としても良い効果。

2015年度 神奈川県クラブユースサッカー新人戦
横浜F・マリノスユースvsエスペランサユース

IMG_3238.jpg

マリノスは4-1-4-1か。
背番号は去年のまま(の筈)

エスペランサは4-4-2

さて、試合。

前半10分、マリノスの吉尾海夏くん、右からドリブルでPA内縦に突破したところで相手DFの足が掛かってPK獲得。
IMG_3241.jpg
自らゴール左に蹴り込んだ。
IMG_3243.jpg
IMG_3244.jpg
マリノス先制。1-0

1-0で前半終了。

IMG_3247.jpg
エスペランサはDFラインを高く設定。
ベンチからも「ライン!」という言葉が何度も飛ぶ。
裏への飛び出しも何度かオフサイドで未然に防ぐ。
前線と最終ラインがコンパクトになり中盤は密集気味。
前からのプレスも積極果敢。
ただラインを上げるという事は必然的にリスクも伴う。
何度か裏を取られる事もあったがGK伊能一穂くんが決定的なシュートを防ぐ。
IMG_3239.jpg

マリノスは落ち着いたボール回し。
中盤の過密状態を苦にしない。
DF陣もエスペランサの前線からのプレス、チェイスをいなして繋いでくる。
前半を通して与えたCKが一本、被シュートが二本かな。
相手にチャンスを作らせず安定していた。
攻撃陣は右SH薄葉迅人くんがキレの良いドリブルで右サイドを切り裂く。
左SH岩城大助くんが何度かラインブレイク、一対一でガンガン仕掛けサイド深くまで進入。
トップの渡辺力樹くんは前線に張っているだけでなく下りてきてパス回しに絡む。
ボールを持って前を向けばDFを引き摺っていくかのような力強いドリブル。
川原田湧くんが中盤からトップ下の位置でチャンスメイク。
IMG_3245.jpg

後半開始。
マリノスは大幅なメンバーチェンジ。
IMG_3250.jpg
IMG_3254.jpg

後半29分、マリノス右サイドからの崩し。左サイド走り込んだのは後半から出場の山田康太くん。
逆サイドから流れてきたボールに合わせた。マリノス追加点。2-0
IMG_3252.jpg

試合終了。

エスペランサは中盤でなかなかボールが繋がらない。
前線の吉家大助くんとアルブル クマゾノ ディエゴ レナトくんがカウンターを狙う。
ボールを収めて前を向ければチャンスになりそうな場面は何度かあった。
ただマリノスの寄せは速く、そして強かった。
敗れはしたが守備陣は最後まで集中を保つ。
CB多治見駿吾くんは果敢なラインコントロールとスペースのカバー。
キャプテンとしてチームを後方から鼓舞するコーチングで存在感。
新人戦という事で両チームともまだまだ未知数なところが多いのは前提だが今季からプレミア所属のマリノス相手に2-0という結果。
結果を悔やむのは勿論だが自信にもしてほしいところだ。
個人的にエスペランサというチームには凄く大きなポテンシャルを感じている。
IMG_3257.jpg

マリノスは去年スタメンで主力を張っていた選手が数多く残っている。
CBは前半が坂本寛之くん後半は板倉洸くんだったが二人とも去年からスタメンを張っていた選手。
さらにトップの渡辺くん、前半左SBで出場の阿部隼人くん後半から出場のボランチ佐多秀哉くんとGK千田奎斗くん。
メンバーの経験値は非常に高い。
先制点の吉尾くんや薄葉くんも去年のプレーが印象に残っている。
吉尾くんは去年は右SHで起用されていた試合を観たがこの試合中央よりのFWに近い位置からブロックをこじ開けるドリブル。
彼がサイドに流れ薄葉くんとの二枚刃でサイドをスッパリと剃りあげる。
またマリノスの選手達はボディバランスがしっかりしている。
寄せられてもボールを繋ぐ事が出来るのはテクニックもそうだが少々当たられても体勢を崩さずプレーがブレないから。

この試合の"SMVP"は川原田湧くん。
去年観た試合ではボランチでの起用が多かった。
彼の魅力はバイタルでのアイデアが豊富なところ。
佐多くんという安定感抜群のボランチがいることでポジションがトップ下的になる。
相乗効果により彼の魅力が一層引き出された。
今年のプレミアリーグで楽しみにしている選手の一人だ。
IMG_3255.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ