Never say never 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:鹿島アントラーズユースvsアルビレックス新潟U-18〜

カシマサッカースタジアムに来るのは10年ぶりぐらいか。
やっぱりピッチが近くてええやね。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ イースト
鹿島アントラーズユースvsアルビレックス新潟U-18

IMG_3678.jpg

鹿島は4-4-2
石津駿斗くんと須藤翼くんの2トップ。
若干須藤くんが下り目のポジション。
前年度のプレミアリーグチャンピオン。

新潟も4-4-2
開幕戦とのスタメンの違いはボランチ登坂信裕くんがスタメン。
FWに本間至恩くん。
CBに吉田光希くん。

さて、試合。
IMG_3680.jpg

ファーストシュートは鹿島。
SB荒川弘大朗くんとSH出津真哉くんのコンビが左サイドで有機的な絡み。

新潟FK。
IMG_3685.jpg
キッカーは長谷川巧くん。
IMG_3686.jpg
壁を越えてニア上段に巻いて落とすキック。
バーを直撃、弾かれたボールは右サイド。
拾ってゴール前クロスに合わせるもバーの上。
前半最大の決定機。

前半終了。

鹿島は前半途中で出津くんから小沼樹輝くんに交代。
負傷ではないはず。
確かに鹿島の攻撃陣は噛み合っていたとは言い難い。
ポジショニング、プレス等で熊谷監督のコーチングの対象になっていた。
サイドからの突破、セットプレーでチャンスを作るも決定機とまでは中々いかない。
ただし前からの強烈なプレスは十分新潟のビルドアップを乱していた。
CBでキャプテンの松浦航洋くんは新潟のFW堀航輝くんに完璧な対応。
空中戦では完勝、裏を取られる事もなかった。
IMG_3688.jpg

新潟は鹿島のプレスに手を焼きながらも左SB山賀和輝くんが積極的な攻め上がり。
サイドに開いてボールを受ける機会が多い。
左SH松岡翔太くんとのコンビで左サイドから仕掛ける。
ただし両チームに言える事だがサイドから崩し切るまでは至らず。
バイタル中央でパスがあまり繋がらず、仕掛けも単発で終わってしまう。
チャンスはセットプレー絡みが多かった。
IMG_3679.jpg

後半開始。

鹿島は石津くんから増崎大虎くんに交代。
増崎くんはDF登録だが石津くんに代わりトップにポジション。
鹿島はどんどん交代カードを切る。
後半10分には須藤くんに代えて結城将貴くんをピッチへ。
IMG_3697.jpg

交代の影響もあるだろうが鹿島のプレスが緩んできた。
新潟に余裕が出てボールを回せるように。
最終ラインからボランチを経由してサイドへ展開。
SB長谷川くんとSH中野優也くんのコンビネーションで右サイドから崩せるように。
IMG_3699.jpg
さらにSH松岡くんに代えて小枇ランディくんをピッチへ。
IMG_3700.jpg
ランディくんは195cmの長身FW。
トップに入り本間くんが左SHへ。
前線で起点を作る意図の交代。

鹿島は交代で入った貞光佑磨くんが前線でボールを収め小沼くんが押し上げた新潟のサイドのスペースへ流れてボールを受ける。
IMG_3705.jpg

新潟のサイド攻撃が活発化しクロスが増える。
ただし鹿島の守備陣もゴール前では自由にさせない。
CB松浦くんと篠崎輝和くんが堅める。
ランディくんにはボランチ西本卓申くんがしっかりついている。
ハイボールの勝負には負けてもやすやすとは前を向かせない粘りの守備。
鹿島GK沖悠哉くんのクロス、ハイボールの対応も良い。
ファインセーブやビッグセーブでは無いが堅実で危なげないキャッチング。
IMG_3696.jpg

新潟も度々カウンターを受けるがCB荻原渓太くんと吉田くんのコンビが前線の選手をしっかり見ている。
ボランチの丸山壮大くんが中盤の底で時に最終ラインのカバーに入って対応。
IMG_3708.jpg

試合終了。
両チーム決め手を欠き0-0のスコアレスドロー。

鹿島は攻撃陣を3人交代。
個々の選手の仕掛けは見られたが連携という点では厳しいものが。
後半は新潟にポゼッションされる展開が多く中盤と前線の距離がやや開き気味に。
色々と試行錯誤している感もあり新潟にとっては助かった面があった。
まだまだチーム作りの半ばなのかもしれない。
前後半を通じてCB松浦くんは安定した守備。
集中を切らさず、新潟の前線への供給を断ち切る。
IMG_3717.jpg
IMG_3714.jpg

新潟は開幕戦と比して登坂くんと丸山くんのボランチコンビが安定していた。
特に登坂くんが中盤でボールを捌けるのが大きい。
丸山くんも中盤の底で前線へのボールをカット。
こぼれ球もよく拾っていた。
攻撃陣に関して言えば後半途中にランディくんが入って堀くんの負担が減り活きるスペースが生まれた。
ランディくんはプレスやポストプレーという面ではまだ未知数な面があるが大きな武器になりそうだ。
この試合FWからSHに移った本間くんだが一年生ながら面白い存在。
バイタルで何かを起こしてくれそうな期待を抱かせる。
SB長谷川くんはこの試合で一番目立っていた選手。
FK、突破、クロスに加えSBの位置から逆サイドに展開出来る視野も持っている。
後半の様に右サイドの長谷川くんと中野くんのコンビネーションが90分を通して出せる様になれば新潟の攻撃スタイルが確立出来る。
今日の鹿島なら勝ちたかったし、勝てたかもしれないと思わないでもない。
が、ここは相手を完封したことに自信を持って欲しい。
鹿島相手にドローなら上々。
開幕戦を思えば十二分な結果と言えるだろう。
「男子三日会わざれば刮目して見よ」
という言葉があるがこの世代は三試合で見違える様に成長している事がままある。
事実、市立船橋に完敗したあの試合から格段にチームとして良くなっている。
勿論細かいミスや拙さというのはまだまだあるがこの世代に大事なのは「自信」
技術云々以前に自分達に不信を抱いていては試合にならない。
ここまで4試合で1勝2分1敗の勝点5。
プレミア残留の為には今シーズン絞り出すように勝点を積み重ねていく事。
そしてそれと共に選手達が「自信」を積み上げていってほしい。
IMG_3718.jpg
IMG_3721.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ