Orange Sapphire(Passion!) 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:大宮アルディージャユースvs横浜F・マリノスユース〜

4.png
デレマスのロワイヤル走ったやで。
前日やけどどここまで稼げば大丈夫やろ(慢心)
544.png
正直もう残弾があんまないねん...
最終日は全弾注ぎ込みあとは天に任せる!

1454.png

結果発表〜〜
51.png
よしっ!
52.png
横山千佳ちゃんが我がプロダクションに来てくれた!
これで梅雨を乗り切れる。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ イースト
大宮アルディージャユースvs横浜F・マリノスユース

IMG_4184.jpg

大宮は4-4-2
奥抜侃志くんと小柏剛くんの2トップ。

マリノスは4-1-4-1
西田優太くんがトップ。
二列目は左から渡辺力樹くん薄葉迅人くん吉尾海夏くん堀研太くん。
アンカーは佐多秀哉くん。

さて、試合。

マリノス右サイドから大きなサイドチェンジ。
左でフリーの渡辺くんが受けるとファーのコースを狙うが枠外。
IMG_4190.jpg

大宮は奥抜くんが中盤に下がってチェック、ボールを奪うと前にボールを預けリターンを受けてPA付近からシュート。
コース右、マリノスGK千田奎斗くんが左に跳んでブロック。
IMG_4194.jpg

前半40分、大宮はまたもや奥抜くんのチェックから。
ボール奪取から前線に預けると右に回りこみつつ裏へ抜け出し小柏くんのスルーパスを受けてGKと一対一。
やや角度は無かったが躊躇せず思い切り足を振り抜いたシュートは直線的な弾道でネットに突き刺さる。大宮先制。1-0
IMG_4191.jpg

前半終了。

大宮は右SB蛭田大輝くんが積極的なオーバーラップ。
右SH山本剛嗣くんもワイドに開いてボールを呼び込む。
中盤の底では山田陸くんがDFラインからのパスを左右に展開。
左右だけでな鋭く足元に収まる縦パスで攻撃に変化をつける。
先制点の奥抜くんはFWだが前に張っているだけでなくポジションを下げて中盤の組み立てに参加。
そこから前線へ駆け出しライン裏への抜け出しを狙う。
先制点は彼の特徴が出た。
IMG_4188.jpg

マリノスはトップの西田くんがボールを収める。
連動して二列目の選手達が動き出し。
バイタルで細かく繋ぎながらブロックの隙間を伺う。
チャンス自体は作れていたがなかなか決定機とまではいかない。
もう一歩というシーンが多かった。
IMG_4186.jpg

後半開始。
マリノスは後半から山田康太くん川原田湧くんを薄葉くん吉尾くんに代えてピッチへ。
ポジションは同じ。

後半13分、大宮は左サイドボールが流れ左SB笹原大くんがクロス。
ゴール前へのクロスにマークは付いていたがタッパのある山本くんがジャンプ一番頭一つ飛び抜けたヘディングシュートを叩き込む。
大宮追加点。2-1
IMG_4195.jpg
IMG_4196.jpg
IMG_4197.jpg

マリノスは山本くんに代えて椿直起くんを左ウィングで起用。
山本くんの位置だったトップには渡辺くんが入る。
椿くんはスピードとドリブルで何度か大宮の右サイドを切り裂く。
ゴールライン際までドリブルで持ち込み直角にゴール前へ入ってくる。
ゴール前の選手へのラストパスは若干合わなかったがタイミング次第では一点もののチャンスを作り出す。
IMG_4206.jpg

大宮は山本くんに代わり渡辺俊介くんが入る。渡辺くんは左SHに。
IMG_4201.jpg

後半38分、マリノスは交代で入った椿くんが左サイドから直角にPAへドリブルで進軍。
ドリブルからの速めのグラウンダークロスをゴール真正面で合わせたのは渡辺くん。2-1
IMG_4202.jpg

ここからマリノスが俄然勢いに乗る。
左サイドは椿くんが。
右サイドはSH堀くんと高い位置を取る右SB松井康輔くんで押し込む。
IMG_4200.jpg
さらに二列目に川原田くん山田くんと裏への飛び出しやショートパスの連弾で崩し切れる選手達がバイタルに並ぶ。
特に山田くんのサイドに流れてのキープからドリブル突破、タメを作って周囲と連動。
川原田くんのバイタルからの繋ぎ役から一気にラインの裏へ抜け出す動きに大宮DFラインは相当な負担を強いられる。
IMG_4203.jpg

大宮は防戦に回る時間帯が多くなる。
マリノスのカウンターを考えれば前線に人数を掛けるのは難しい。
特にバイタル、ここを空けるわけにはいかなくなりボランチ、二列目が容易に上がるわけにはいかない。
むしろ残りの時間を考えれば「守り切る」というモードにスウィッチした感じだ。
CB北西真之くんやSB蛭田大輝くんなど足をツる選手も出てきた。

マリノスは後半ロスタイム、右サイドの突破からのクロスが相手のクロスを誘発。
右サイド遠目からFK。
IMG_4208.jpg
GK千田くんもゴール前まで上がってくる。
クロスボールをゴール前へ入れるが大宮が懸命に弾き出す。
こぼれ球をマリノスに拾われるがゴール前に人の壁を作りシュートコースを塞ぐ。
最後はタッチラインに大きく蹴り出しここで主審の笛が鳴る。

タイムアップ。

試合終了。
大宮が一点差を守り切った。

マリノスは一点が届かず。
前半は一進一退。
どちらにもチャンスがあった。
後半は交代で大分流れを引き寄せる。
前線を大きく動かしたがそれぞれの選手が持ち味を魅せてくれた。
山田くんは中央から右サイドに流れドリブルしながら状況を俯瞰。
そのまま突破も出来るがそれだけが彼の選択肢ではなく周囲の選手を活かしたショートパス、ワンツーで相手ブロックを揺さぶるなど攻めのバリエーション、引き出しが多い。
そして後半途中から左サイドに入った椿くん。
対面の選手を抜き去るスピード、助走無しから短く最小のタッチ数でトップスピードに乗っている。
ただ速度だけでブッチギルタイプではなくボールをキープし、運びながら足技を駆使、緩急をつけた突破には大宮の対面選手が相当苦労していた。
敗れたとはいえ個性豊かな攻撃陣が目立った試合。
IMG_4212.jpg

大宮は終盤、マリノスの猛攻を凌ぎ切る。
前半は中盤からサイドへの展開もスムーズ。
ただし闇雲に前へいくのではなく何度も中盤、DFラインでボールを動かし局面をコントロールする。
攻撃のスィッチを入れるのは縦パス。
中盤の底から前方へ鋭く足元に正確に届く質の高いパス。
受けた選手が前を向くと同時かそれよりも一刻早く周囲の選手たちが動き出している。
この大宮の攻勢を司るのがボランチの山田くん。
DFラインと共にビルドアップに努めながら状況を俯瞰し常に縦パスのタイミングを計る。
彼の縦パスが大宮センターラインにゴールへの一本の道筋を示していた。

この試合の"SMVP"はCB北西真之くん。
終盤は大宮のDF陣の忍耐力が試される展開。
何度かマリノスにサイドを破られるが中央で弾き返す。
終盤はマリノスが使ってくる裏への飛び出しに対応。
PAへ抜け出されても最後まで諦めず足を投げ出して必死にシュートコースを防ぐ。
北西くんは後半CKでの追加点のチャンスに合わせにいって負傷。
ピッチ外で治療を受ける。
一度ピッチに戻ったがベンチは交代の準備。
実際交代の選手が出てきてライン際で待機。
ボードには彼の背番号"5"が。
ただこの間のプレーでSB蛭田くんが負傷。
急遽蛭田くんを交代。
大西くんは最後までピッチに残りボールに喰らいつく。
IMG_4209.jpg
IMG_4210.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ