東部戦線異状あり 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:大宮アルディージャユースvs市立船橋高校〜

中野で大槻唯ちゃんのポスター買うてきた。
CxRkWfXUUAApCrq.jpg
もういっそSR絵を全部ポスターにしたらええねん。

『Radio Happy』大好き。
曲調パーティー・チューンだけど詩がグッとくる。

 悲しいときには呼んで
 オンエア いつでもOK
 君が踊りだすトップ10届けるよ
 キラキラなブルーの涙は
 あの虹の色に溶けていくよ


ゲーム(アニメ)のキャラクターソングって感じがあんまりないんよね。
それこそラジオから前情報なしで流れて来たら最っ高やと思う。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ イースト
大宮アルディージャユースvs市立船橋高校

IMG_4901.jpg

大宮は4-3-3
前線に小柏剛くん。
中盤は奥抜侃志くん安島樹くん山田陸くん。

市船は4-3-3
トップが福元友哉くん左に野本幸太くん右に西羽拓くん。
トップ下的な位置に阿久津諒くん。
ボランチは金子大毅くんと高宇洋くん。

さて、試合。

市船、左サイドから阿久津くんがゴールラインギリギリまで持ち込んで中央へ折り返し。
福元くんのシュートは枠の上。

IMG_4913.jpg

大宮、左サイドから高柳郁弥くんがライン裏へ抜け出しシュートも枠外。
IMG_4905.jpg

市船右サイドからのクロスのこぼれ球に野本くんが合わせてシュート。
これは大宮GK宮崎浩太朗くんがキャッチ。

大宮CKから土田直輝くんが右足を合わせるもGK正面。
IMG_4912.jpg

市船、右SB真瀬拓海くんがサイドを持ち上がりクロス、、、と思いきやゴール右上隅を直接狙ったシュート。
GK宮崎くんがジャンプして片手で枠の上へ弾き出す。
真瀬くんの意外性がありながらしっかり枠を捉えた素晴らしいシュートと判断。
IMG_4908.jpg

前半終了。

大宮はアンカーの山田くんが最終ラインからのパスを左右に散らしていく。
中盤は三枚だが3ボランチではなく役割的には安島くんがボランチ。
奥抜くんは中盤から加速をつけて前線へ切り込んでいく。
前線では小柏くんがドリブルで仕掛ける。
前で構えているだけでなく一列下がってボールを受け両サイドの動き出しに合わせてパスを出す。
守備ではCB土田くんのカバーリングが光っていた。
決定機は市船が多かったが前半は均衡状態といったところ。
IMG_4910.jpg

市船は4バックだがバックラインからのビルドアップ時はCB杉岡大暉くんと原輝綺くんがサイドに開く。
真ん中にアンカーの金子大毅くんが降りてきて3バックでボールを回す。
時間が経つ毎に原くんがSBの様に右サイドで高い位置を取るパターンが増えてきた。
その関係でSB真瀬くんが前半の半ば辺りから前掛かりで攻撃に出られる様に。
ラインを高く保っているが裏のスペースは原くんがしっかりカバー。
裏に抜け出そうとする大宮に対してスペースを潰しドリブルで仕掛けられた時もしっかり寄せてボールを奪う。
左SB杉山弾斗くんも大宮のカウンターに対し中央へ絞ってインターセプト。
大宮の決定機を未然に防ぐ。
IMG_4907.jpg

後半開始。

市船、右サイドから中央の福元くんへ。
ラインの裏へ抜け出した福元くんがシュートも枠の上。
IMG_4918.jpg

さらに市船、CKからのこぼれ球を左サイドゴールライン際で野本くんが拾ってほとんど角度のないところからシュート。
ファーで大宮がクリアしたが浮き上がったこぼれ球がバーを直撃。
IMG_4920.jpg

市船は後半、大宮の中盤とDFラインの間のスペース中央を有効に使える様になってきた。
ここでフリーで受ける選手がいることで中央を経由して両ウィングが攻め上がれる。
野本くんのゴリッゴッリのドリブルが活きる形だ。
ここにSB杉山くんがオーバーラップして攻撃に加わる。
シュートで終わる形が多くなり、CKのチャンスが増えた。
IMG_4915.jpg

大宮は右SB蛭田大輝くんがオーバーラップする回数が増えきた。
中盤の底からトライアングルでボールを繋げつつサイドへ展開する。
IMG_4923.jpg

市船が主導権を握り大宮ゴール前まで迫るも大宮がゴールを割らせない。
IMG_4924.jpg

試合終了。
スコアレスドローで勝点1を分け合う形に。

大宮は後半受けに回る事が多くなったが守備陣がよく踏ん張っていた。
CB土田くんと大塚力也くんが集中を切らさずCKでの空中戦もしっかり競っている。
GK宮崎くんもハイボールのキャッチング、飛び出してのパンチングと状況判断の良さで最後の砦に。
決して守勢なだけではなくしっかり受け切った上で攻撃に転じる。
中盤からバイタルへワンタッチ、ツータッチで繋いでいく。
サイドからも揺さぶりをかけるが市船の守備ブロックは固かった。
プレミアリーグも残り2試合。
大宮は現在3位で首位FC東京U-18と勝点差が3(得失点差は東京にかなり差をつけられているが)逆転優勝も十分射程距離圏内。
IMG_4926.jpg

市船はバックラインが強固。
杉岡くんの対人と競り合いの強さ、原くんのカバーリング。
二人とも守備だけでなく攻撃にも絡んでいく。
杉岡くんは最終ラインからドリブルで持ち上がり。
原くんは右サイドに開きながら正確なロングフィードを前線へ送る。
CBがこれだけ自由度高く動けるのもボランチの二人がしっかり空いたスペースをカバーしているから。
特に金子くんがボランチとCBを兼務出来ているからこそ。
市船は現在5位で首位と勝点差4となった。
残り2試合は柏レイソルU-18と清水エスパルスユース。
最終節の相手の清水とは勝点27で並んでいる(得失点差で市船が上)
勿論次節次第だが優勝戦線は未だ混戦真っ只中だ。
IMG_4925.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ