追い風Running 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:FC東京U-18vs市立船橋高校〜







去年までは何票かを今井ちゃんや池袋ちゃんに投じてたけど今年は琴歌お嬢様に全票投じよう。
と、思ってたんやけど琴歌お嬢様のユニットとして「ノーブルセレブリティ」をもっと推してほしい身としては水本さんと涼宮さんにも票を投じることで運営へのアピールになるのではないかと考える。
なんだかんだで運営をめっちゃ信頼してるんよね。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ イースト
FC東京U-18vs市立船橋高校

IMG_5548.jpg

東京は4-4-2
原大智くんと久保建英くんの2トップ。
SHに小林真鷹くんと小林幹くん。
品田愛斗くんと平川怜くんのダブルボランチ。

市船は4-1-4-1
トップに松尾勇佑くん。
アンカーに平川孟人くん。
平川くんがDFラインまで下がって3-4-3の陣形になることも。

さて、試合。

市船、左サイドSB杉山弾斗くんのクロスにゴール前で松尾くんがヘディングを合わせる。
ボールはわずかにゴール左に逸れるも杉山くんのクロスはDFラインの裏とGKの間を縫うように完璧に合わせた。
IMG_5550.jpg

東京左サイド、坂口祥尉くんとのパス交換から小林くんのクロス。
ファーサイドで久保くんがダイレクトでボレーを合わせるもゴール右に外れる。
IMG_5562.jpg

市船、CB橋本柊哉くんのロングフィードに福元友哉くんがラインの裏へ抜け出しPAへ。
IMG_5551.jpg
福元くんがGKと一対一、右足でシュートも東京CB長谷川光基くんがスライディングで間一髪のシュートブロック。
IMG_5554.jpg

前半23分、東京右サイドからの崩し、市船のクリアミスからボールを拾った久保くんが左サイドをドリブルで切り込んでシュート。
これが決まって東京先制。1-0
IMG_5555.jpg

前半29分、市船左サイドから杉山くんのクロス。ファーサイドで郡司篤也くんがヘディングを合わせて市船同点。1-1
IMG_5556.jpg

前半39分、東京ショートカウンター。左サイドのパス回しから最後は小林くんが決めた。2-1
IMG_5567.jpg

前半終了。

東京はサイドからの細かいパス回しは上手くいっている。
右SB岡庭愁人くんや坂口くんがオーバーラップする時間がつくれていた。
前線でFW原くんが頭で落としたボールを拾って繋ぐ。
市船のDFラインに曖昧なプレーが散見され、それをうまく得点に結びつけていた。
守備面ではDFラインの裏に何度か抜け出されたのが気になるところ。
失点シーンもそうだがクロスに対してゴール前でマーカーが付ききれていなかった。
IMG_5557.jpg

市船は基本は4バックだがビルドアップ時にアンカーの平川くんがDFライン中央まで下がって3バックに。
CBが両サイドに目一杯広がり両SBが高い位置を保つ。
左SB杉山くんが攻撃に割く時間が増え彼のクロスから決定機を生み出せていた。
ただし反面、中盤とDFラインの間のスペースを埋めきれず。
特にサイドでボールを前に運ぶ時に東京のプレスを受けて奪われ、そのままカウンターを被弾するシーンも何度か。
中盤とバイタル中央に人数はいる筈なのだが有効に活用出来ていたとは言い難い。

後半開始。

東京はハーフウェーライン付近から品田くんがロングフィード、、、、
と、思いきや前に出ていたGKを見越しての超ロングシュート。
戻るGKの伸ばした手の上をギリギリ掠めるもバーを直撃する、惜しい。
IMG_5568.jpg

市船は郡司くんがサイドでキープから中央にカットイン。
IMG_5570.jpg
もしくは有田朱里くんが右サイドを大外から駆け上がってサイド深くまで進入。
左サイド杉山くんのクロスに福元くんゴール前へ走り込むも僅かに合わせ切れない。
IMG_5564.jpg

東京は小林くんと久保くんのコンビでバイタル左から崩すシーンが何度か。
久保くんは両サイドに流れて受けてバイタルの密集地帯にドリブルでスルスルと入っていく。
IMG_5572.jpg

両チーム共にサイドでの攻防が激しくなってきた。
FC東京は右サイド岡庭くんが前半からよりサイド深くまで上がってくる。
IMG_5559.jpg
市船はクロスをFC東京攻略の手掛かりに。
それに対してFC東京はGK高瀬和楠くんのハイボールの対応が落ち着いていた。
クロスに対してもキャッチが無理そうなら飛び出してパンチングで凌ぐ。

試合終了。

市船は後半FC東京のゴール前まで何度も迫るもゴールが遠い。
郡司くんと井上怜くんがバイタル中央でパス交換からサイドへ展開。
大関克弥くんがDFラインと中盤を繋ぐ位置でボールを循環させる。
前後半を通じて杉山くんのクロスは相手にとって脅威。
左サイドのパスワークから深い位置で上げることもあればタイミングを変え高目から速めに上げることも。
DFの背後のスペースを一本のクロスで危険なエリアへ変える。
IMG_5581.jpg

東京は後半中盤でのパスミスが若干目立ったがキッチリ市船を抑えた。
長谷川くんと篠原新汰くんのCBコンビは相手を背負っての空中戦で確実に跳ね返す。
裏を取られるシーンもあったが単純なロングボールにはしっかり確実な対応。
試合終盤で光ったのが原くんの前線からのプレス。
市船DFのビルドアップ時にボールホルダーに走ってチェックをかける。
取り切れなくともパスの先までボールを追う。
中盤まで下がってその長身を活かし、ロングボールをヘディングでクリア。
この日は4月にしては暖かい、、、というよりもはっきり"暑い"
このコンディションで終盤に原くんのような献身的なプレーが出来るか否かはチームにとって大きい。

この試合の"SMVP"は久保建英くん。
先制弾は見事。
DFを抜いてあまり角度の無い位置からGKの傍を強襲するシュート。
凄い事なのだが”事も無げに”見えるというかあっさりやり切ってしまう。
ドリブルから左足を振り抜くタイミングが速い、、、というよりも独特。
新人戦のvsヴェルディでも同じ様な位置から決めていたが撃ち方がフットサル的な気がする。
フットサル特有のエリアの狭さとゴールの小ささを前提としたコースを狙うより威力を重視したコンパクトでGKのタイミングを狂わせる独特なインパクトのシュート。
IMG_5583.jpg
IMG_5584.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ