Kick The Beam 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:大宮アルディージャユースvs浦和レッドダイヤモンズユース〜

日曜日は鷲宮グランドからNACK5スタジアムへのハシゴ。
めっちゃギリやけどキックオフには間に合った。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ イースト
大宮アルディージャユースvs浦和レッドダイヤモンズユース


大宮は4-3-3
前線はトップに吉永昇偉くん。
左に氏川匡くん、右に大室慶将くん。
高柳郁弥くん植松亮くん西谷学くんでドイスボランチを形成。
高柳くんをトップ下気味に中盤の上の方に配した三角形になる形が多い。

浦和は4-3-3
前線中央に長倉幹樹くん。
左にシマブク・カズヨシくん、右に池髙暢希くん。
中盤は弓削翼くんと玉城大志くんをダブルボランチにして一列前に佐藤陸人くんを置く三角形。

この試合、埼玉ダービーというのは勿論だが両チームともプレミアリーグ下位に沈んでいる。
降格圏に巻き込まれないよう浮上のきっかけの為にも勝点が是が非でも欲しい一戦だ。

さて、試合。

前半10分、大宮右サイド高柳くんがクロス。
ゴール前のDFの頭をギリギリで超えてファーの吉永くんに合わせてきた。
吉永くんが乾坤一擲、頭を振り抜く。
コースはGKの守備範囲、だが一度は身体に当てるも止め切れずにボールはゴールラインを転々と超えていく。
吉永くんのヘディングシュートの威力が勝った。大宮先制。1-0
IMG_6296.jpg

浦和はPA僅かに外でFK獲得。
ゴール正面から僅かに左。
キッカーの位置にはシマブクくんと橋岡大樹くん。
橋岡くんが直球ストレートのズドンとしたキックを蹴り込む。
壁に当たって枠の上へ。
IMG_6305.jpg

前半41分、大宮が攻撃は浦和に防がれるもその後の最終ラインのビルドアップのパス回しを虎視眈々と狙う。
プレスをかけた吉永くんがDFが甘く戻したパスを見逃さずパスを掻っ攫うとそのままPAへ、GKとの一対一を決めた。
大宮追加点。2-0
IMG_6315.jpg

前半終了。

浦和は若干前線が孤立していたかもしれない。
ロングボールを最終ラインに蹴り込み長倉くんを走らせる。
ただ前線の両サイドの選手達がなかなかサポートに行けない。
特に左に入ったシマブクくんのプレーエリアが狭く中盤のプレスを受けやすいので前線まで上がる事が難しい。
先制点は致し方ない部分もあるが二点目は自分達のミス絡みであり取られ方が悪過ぎた。
後半は切り替えられるかどうか?
IMG_6302.jpg

大宮は吉永くんが値千金の二得点。
二点目は相手のパスコースをしっかり読み切ってのインターセプト。
堂々と正面から切り込む姿勢に浦和DF陣は相当面食らった筈。
吉永くんをサポートする形で高柳くんが近くでプレー。
ラストパスを狙う。
前半右サイドを牽引したのは大室慶将くん。
物凄くテクニックや足技があるタイプの選手ではないが強引な切り返しのドリブル突破でゴリゴリと浦和の左サイドを我が陣地に変えていく。
"馬力"に溢れるサイドアタッカー。
彼が右サイドで粘る事によって周囲がサポートの時間を作れる。
IMG_6297.jpg

後半開始。

浦和は若干システムを変えてきた。
シマブクくんをFWの位置に上げ長倉くんと2トップの形に。
これが効果覿面。
前半左サイドにいた彼が右サイドに流れてチャンスを作る。
シマブクくんの右サイド柔らかいクロスからファーサイドで押し込む。
だがこれはオフサイド。
IMG_6308.jpg

浦和にボールを持たれる展開が増えてきた大宮。
だがソリッドなカウンターで対抗。
セカンドボールを拾うと数名の選手が連動しゴール前まで迫る。
中盤でボールを奪って植松亮くんが中央そのまま持ち上がってシュート。
これは浦和GK河畑光くんが横っ跳びでパンチングしゴールを割らせない。
IMG_6309.jpg

浦和、途中投入の甲斐崇史くんがラインブレイクを試みる。
DFラインとGKの間に落とすボールに反応し裏へ抜け出してシュートを撃とうとするも僅かに足先が届かず。

前掛かりになる浦和に対して大宮は冷静に浦和守備陣の手薄なところを突いてくる。
特に右サイドからの攻め上がりでスライドして来た浦和に対して逆サイドに振ってあっという間に左サイドで数的同数、もしくは数的優位を作り出す。
浦和GK河畑くんが果敢な飛び出しでピンチを未然に防ぐ。
IMG_6310.jpg

残り時間が少なくなってくると大宮は守備の選手を交代で切って守備ブロックを固める作戦。
守り切るという意思を明確に示した采配。
守備に人は割けるがその分DFラインと前線の間に大きな距離が出来てしまう。
この時点で吉永くんは前線で孤立。
まさに我慢比べ。

後半ロスタイム、浦和左サイド高めの位置からのクロスにゴール前長倉くんがクロスの勢いを殺さずゴールに背を向けたまま足裏で押し込む。2-1

浦和はCB橋岡くんを前線に上げるパワープレー。
IMG_6313.jpg

後半ロスタイムに入ると浦和GK河畑くんもセットプレーで前線へ上がる。
IMG_6317.jpg
シマブクくんのCK、左、右と連続したが最後は大宮がクリアしたところで主審の笛が鳴る。

試合終了。
2-1で大宮が浦和に勝利。

浦和は後半からシステムを4-4-2し変更しているように見えた。
シマブクくん長倉くんの2トップで中盤をボックス型に。
この変更によって選手個々の"やるべき事"が明確になった気がする。
特にシマブクくん。
右サイドに流れるケースが多かったが最初から右に固定されているわけではない。
バイタルの前の段階では周囲を活かすプレーが多く、サイドに張る時は周囲から活かされる動き出しをしていた。
IMG_6321.jpg

大宮は前半を2-0で折り返し後半は一点を返されるものの勝点3を手中に。
後半の様な相手に押し込まれる展開も選手達はある程度想定していたのだろう。
ああいう状態からジャックナイフみたいなカウンターを繰り出して来るのが大宮。
的確に相手の守備網の一番薄い所を抉ってくる。
その分前線と中盤の運動量は相当なものになる筈。
攻守にアップダウンしていた植松くん、高柳くん、吉永くんは後半途中で交代。
そんな中で一際目立ったのがフル出場した大室くんの運動量。
どんな時間帯だろうがチャンスがあれば右サイドの深い位置までボールを運ぶ。
彼の様な選手は試合終盤になってくるととても頼もしい存在。

この試合の"SMVP"は吉永昇偉くん。
試合を決める二得点。
高柳くんのクロスも絶妙だったがGKのブロックを突破する力強いヘディング。
冷静な読みのパスカットからの落ち着いたシュート。
ボールを持つと期待させる存在。
後半も前線で張るだけなく攻め込まれていると見るや降りてきて守備にも参加。
IMG_6318.jpg
IMG_6319.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ