FC2ブログ

東京ヤングライオン杯 〜東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会:三菱養和SCユースvs東京ヴェルディユース〜

西が丘での二試合目。

第19回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会 優勝決定戦
三菱養和SCユースvs東京ヴェルディユース

IMG_0169_20180214083919842.jpg

養和は4-4-2
前線は栗原イブラヒムジュニアくんと勝浦太郎くん。
右SH林壮真くん左SH宮本康生くん。
ボランチは冨久田和真くんと田中恭司くん。
前回観たvs大森FCからボランチに田中くん、左SHに宮本くんと若干スタメンに変更がある。

ヴェルディは4-3-3
右ウィングに栗畑玲偉くん左ウィングに荒木大輔くん。
3トップだが明確なワントップを置くわけではなくトップ下の位置に森田晃樹くん。
アンカーは山下柊飛くん。

さて、試合。

ファーストチャンスはヴェルディ。
バイタル左でボールを受けた荒木くんがシュート。
GK渡辺舜作くんが前に弾き、こぼれ球を詰められそうになるもなんとか両手でボールを抑える。
IMG_0184.jpg

前半36分、養和CKからセカンドボールを拾い二次攻撃。
右サイドでSB宮嶋俊弥くんがドリブルで切り込みグラウンダーのクロスで折り返す。
若干戻りながら栗原くんが右足でトラップから鋭い切り返しでDFを振り切り左足シュート。
これがコース右隅に決まった。養和先制。1-0
鮮やかで細やかなボールタッチからクイックネスなシュート。見事。
IMG_0178.jpg

前半終了。

ヴェルディはビルドアップ時に両SBが高く押し上がりCBとアンカーの山下くんがボールを繋いでいく。
両ウィングはサイドいっぱいに広がり張っている形。
SBを押し上げる事で中盤を厚くしさらにサイドで数的優位を作り易くする。
サイドから形を作り中央の森田くんが前線の少し下から飛び出してくる。
狙いは分かり易い。
確かに相手をある程度押し込むという前提なら理想通りの攻勢に出られる。
実際キックオフからしばらくはヴェルディの時間が続いていた。
ただ養和も慣れてきたのかプレスが効率的になりヴェルディがショートカウンターを受けるシーンが何回か。
DFラインから中盤の経路でのちょっとしたミスでボールを取られると両SBが戻りきれずピンチを招いてしまう。
IMG_0175.jpg

養和は立ち上がりこそヴェルディに押し込まれているかに見えたが短い時間で修正してきた。
プレスの位置を前からではなくヴェルディのアンカーから左右に配球されるボールに狙いを定める。
サイドで追い込み中央へ返されるボールを2トップとボランチが挟み込む。
FW勝浦くんと右SH林くんが良いチェイスを仕掛け続けていた。
前線では栗原くんがヴェルディの長身CB綱島悠斗くんにマークに付かれ手を焼いていたが次第にマーカーとの距離の取り方が上手くなってきた。
キープ力を活かす為にその長い足だけでなく"手"も有効に使い相手と自分との間合いを保つ。
ポストだけなく先制点の様に細かなボールタッチとシュートに確かな技術を感じさせる。
IMG_0183.jpg

後半開始。

ヴェルディは松橋優安くんを荒木くんに代えて投入。
養和はCB清水雅仁くんに代えて渡辺大貴くん。
IMG_0186_20180214084122e00.jpg

養和、右サイドからのFK。
廣川虎太郎くんのゴール前へのキックに渡辺くんがダイレクトで右足を合わせるが枠外。
IMG_0245.jpg

ヴェルディは馬場晴也くんに代えて坂巻日向くん。
IMG_0189.jpg

養和は林くんに代えて上田英智くん。
IMG_0193.jpg

ヴェルディ、村井清太くんに代えて石川拓磨くん。
IMG_0202_20180214084745a52.jpg

養和、二人交代。栗原くんに代えて樋口陸くん。
勝浦くんに代えて西田湧大くん。
IMG_0212.jpg

後半38分、養和右サイドから宮嶋くんのクロスにファーでフリーの宮本くんがヘッドを合わせる。養和追加点。2-0
IMG_0220.jpg

ヴェルディ、サイドからのパスをPA中央で受けた森田くんが切り返しでDFを外してシュート。
IMG_0229.jpg
至近距離からのシュートだったがこれをGK渡辺くんがしっかりキャッチ。
IMG_0242_201802140852475e9.jpg

試合終了。
三菱養和が第19回東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会優勝。

ヴェルディは前線の両翼を目一杯広げサイドを起点に崩していく。
布陣は恐らく4-3-3なのだろうが感覚的には4-4-2で2トップがサイドに張っている形の方がイメージし易い。
攻撃時は「ウィング+2シャドー」で形成するイメージが個人的にはしっくりくる。
実際永井監督はベンチからウィングに対して「張ってろ」と再三コーチング。
コーチングと言えばDFラインの選手に対し「もう3m前に」と細かくポジショニングを指示していたのが印象的だった。
攻撃のメンバーが入れ替わる中で形を保てていたのは森田くんの運動量。
中盤から前線へ飛び出しサイドに流れて来たかと思えば中盤に戻って相手にプレスを掛ける。
全体で見れば細かく繋いで崩すシーンも見られたがまだ戦術を選手に落とし込んでいる段階だろう。
IMG_0255_20180214085949e35.jpg
IMG_0259.jpg

養和はチームの形がある程度固まっている印象を受けた。
前半のメンバーに加えてこの試合は出ていなかったがボランチの松川隼也くんを軸にディテールを煮詰めていくのだろう。
後半良かったのはボランチの冨久田くん。
田中くんと組んで中盤でカウンターのケア。
守備と並行してバイタルにもガンガン進入し積極的に前線と絡んでの攻撃も。
宮嶋くんと廣川くんの両SBのクロスも養和の攻撃パターンを形成する重要な要素。
この試合2アシストの宮嶋くんはゴールライン際まで持ち込むドリブルとファーサイドにピンポイントで合わせる高精度のクロスで試合を決定付けた。

この試合の"SMVP"はCB遠藤光くん。
対人の強さは勿論だが相手のパスコースを読み何度かパスカット。
パスが入る前に一歩踏み込んで取りに行けるのは度胸だけでなく観察力、洞察力に加え俊敏性があるからだろう。
さらにパスカットからそのままドリブルで持ち運べる。
DFリーダーとしてもコーチングと共にオフプレーの時も味方に声をかけ続ける。
前半CBコンビを組んだ清水くんも良かったが、後半からCBに入った渡辺くんもなんら遜色の無い高いレベルのCB。
養和の守備陣はこの時期のチームとしては既に頭一つ抜きん出て安定感があった。
IMG_0254_201802140859087d5.jpg
IMG_0256.jpg
IMG_0263.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ