FC2ブログ

Shine Like Stars 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs桐生第一高校〜

今日は栗平から巣鴨に移動しての二試合目。
あ、プリンスリーグ関東のパンフレット買うたで。
そういやプレミアやプリンスに使われてる『アオアシ』のイラスト。
IMG_0961.jpg
「葦人とマッチアップしてるのどこのチームやねん?」と思ってたけどイラストよ〜く見るとエンブレムに「AOMORI」「星蘭」ってあるからこれが青森星蘭高校なんやね。
IMG_0962.jpg
ユニ格好良いやんけ。
なんかラスボス感あるな。

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2018
三菱養和SCユースvs桐生第一高校

IMG_0891.jpg

養和は4-4-2
前線は栗原イブラヒムジュニアくんと勝浦太郎くん。
右SH林壮真くん左SH松川隼也くん。
ボランチは冨久田和真くんと田中恭司くん。

桐生は4-1-4-1か
トップが若月大和くん。
左から田代裕紀くん、中央に須藤礼智くんと田中渉くん、右に松下駿也くん。
アンカーに梅林幹くん。
中盤は須藤くん田中くん梅林くんの3ボランチ気味で守り攻撃時は須藤くんがトップ下の位置に。

さて、試合。

先に仕掛けたのは桐生。
左サイドを田中くんが単独でドリブル突破。
PAまで迫る。
IMG_0897_201804300301125c5.jpg

前半7分、養和右サイド林くんのクロス。GKの手の上を超えてファーのゴール枠内へ。
栗原くんが飛び込んできて体ごとヘディングでゴールに押し込む。養和先制。1-0
IMG_0892.jpg

前半10分、養和サイドへの展開から右サイドをSB宮嶋俊弥くんがオーバーラップしクロス。
これを栗原くんがヘディングを合わせる。2-0
IMG_0894.jpg
IMG_0895.jpg

前半15分、桐生ボールを奪うと素早く縦へ若月くんが受けてドリブルで左サイド進入。
グラウンダーの折り返しをゴール前で松下くんが押し込む。2-1

前半30分、桐生の若月くんが左から前へボールを運び中央へ折り返し。須藤くんが右足で合わせた。桐生同点。2-2
IMG_0913.jpg

前半終了。

養和は非常に幸先がいい試合の入り方をしたように見えた。
10分までに2点先制。
これ以上ない出来だろう。
問題はその後。
養和は相手のDFラインでのビルドアップ時に前線、SHさらにはボランチが飛び出して前掛かりなプレスをかける。
攻撃時はDFラインも高く押し上がり非常にコンパクトだ。
CB清水雅仁くんは前に出て行けてサイドへのフィードが抜群に上手い。
SH松川くんもサイドチェンジで大きな展開が出来る。
実際前半は何本もサイドチェンジを通していた。
勿論相手の様子を伺いながらだが2点先制しこのまま畳み掛けていけると判断したのだろう。
だが失点のシーンはそのプレスがいなされシンプルに縦へ薄いスペースに通された。
中盤のフィルターが機能せず桐生の前線とDFラインが一対一になるシーンが。
最初はサイドの主導権を握っていた養和、明らかにやり方を変えてきている桐生に対して後半はどう対応するのか。
IMG_0906.jpg

桐生は悪夢の様な立ち上がり。
2失点とも同じ様なやり方でやられてしまった。
それでも前半で試合を振り出しに戻した。
同点弾に繋がったのはシンプルなサッカー。
シンプルとはいえロングボールを放り込むわけではない(それも状況に応じてやるが)
なるべく前へ縦へ手数を少なくボールを運ぶ。
それに加えて若月くんという前線にスペシャルな選手がいる。
DFを背負ってボールを収められるしバイタルで前を向いて仕掛けることも出来る。
そこに須藤くんがトップ下的な位置で絡みパスを180度配給。
失点後はクロスに対してはまずサイドに人数をかけ出所にチェック。
それでも全部防げるわけではないがクロスやセットプレーのハイボールはGK杉浦駿介くんが果敢な飛び出しでパンチングで凌ぐ。
IMG_0908_20180430030418a37.jpg

後半開始。

後半16分、桐生の若月くんがハーフウェーラインを少し超えた所でDFを背にボールを受けると前に出てカットしようとしたDFを反転して躱し独走状態でDFを右に振り切りながらドリブル、そのまま右足でシュート。これがファーに決まった。
桐生逆転。3-2
IMG_0920_20180430053311fe4.jpg
IMG_0923_20180430053259781.jpg

後半20分、養和は三人代え。宮本康生くん、渡辺大貴くん、田中雄大くんを同時にピッチへ。
宮本くんは左SH、渡辺くんはCB、田中くんはボランチに入る。
IMG_0924.jpg

後半26分、桐生は小池泰誠くんが入る。
IMG_0926.jpg

後半32分、桐生は楠大樹くんがピッチへ。
IMG_0931.jpg

後半36分、養和二人代え。竹内駿斗くんと小山竜二くんをピッチへ。
竹内くんがFW小山くんは左SHに。左SHだった宮本くんを前線へあげる。
IMG_0933.jpg

養和、右サイドからの崩しからゴール前のこぼれ球を竹内くんが右足シュート。
IMG_0943_20180430053708acb.jpg
コース右、桐生GK杉浦くんは明らかに対応が遅れたがなんとか体を残し左手一本を当ててゴールをブロック。
IMG_0948_20180430053717b00.jpg

後半41分、桐生は熊谷広夢くんがピッチへ。
IMG_0936_2018043005330724d.jpg

後半43分、桐生、アタッキングサード中央から若月くんが右足アウトサイドで右サイドの小池くんへ。
小池くんのドリブルからグラウンダーのクロスにGKポジニョニングを対応し切れず。
ファーに詰めていた選手は体勢を崩してしまいシュートを打ち切れなかったがその後ろから詰めていた楠くんが冷静にシュートで駄目押し点。4-2
IMG_0939_20180430053313508.jpg

後半ロスタイムには大活躍の若月くんに代えて小澤謙登くんをピッチへ。
IMG_0951_20180430053659b39.jpg

養和終了間際にFK獲得。
廣川くんが直接狙うがコース左を狙ったキックは枠の外。

試合終了。
桐生第一が二点差を引っ繰り返して勝利。

養和は積極的な交代策で前線を活性化させようとする。
だが桐生の徹底的にサイドに蓋をする対応に対して有効策が最後まで出せず。
勿論全てのサイド攻撃が封じられていたわけではないが桐生がクロッサーに最後まで執拗にプレッシャーをかけることでクロスの精度を下げて有効なクロスを上げさせない。
なんとか打開しようとボランチの冨久田くんが前線に上がったりSHの宮本くんが中央へカットインしたりと工夫が見られた。
ただ桐生のDFラインも集中していた。
ゴール前にしっかりブロックを作る。
養和は最後までこじ開ける事が出来なかった。
一つ今日の養和で気になったのが松川くんのポジションだ。
勿論左SHは去年やっていたポジション。
ボールキープも出来繋ぎも丁寧だしパスで大きな展開も出来る。
それゆえに今年の新人戦での松川くんのボランチ起用はSHよりも非常にハマっているように見えたのだが.....
IMG_0956_201804300537179d7.jpg

桐生は二失点からよくぞ立て直した。
まずDFラインの整備。
最初は多少下がり過ぎていたのかもしれない。
養和の前線のプレースペースが広かったからだ。
さらにサイドへのケアを徹底した。
常に2〜3人で対応する。
中央では養和の栗原くんに対してアンカーの梅林くんとCB中野就斗くんで対応。
前半はゴールに近い所でプレーさせていたが後半はゴールから遠ざける事に成功。
守備だけでなく攻撃の意識も高い。
攻守の切り替えが早く奪ったらすぐに前へ展開。
サイドアタッカーが迷わず勝負する事で結果的に養和のサイドを押し下げる要因に。
養和も終盤は早めのクロスやロングボールで打破しようとするが中央のDF陣がしっかり跳ね返す。
そのこぼれ球を良く拾えていた。

この試合の"SMVP"は若月大和くん。
1ゴール2アシスト。
4点目も若月くんの中央から右足アウトサイド出したパスがアシストのクロスに繋がった。
プロフィールを見ると170cmと決して大型ではないがDFを背負っても当たり負けせずキープ出来る。
DFとの当たりを避けてスピードやドリブルで勝負するだけのタイプではない。
ちなみにプロフィールのセールスポイントには「無茶な突破」と書いてある。
確かに臆せずドリブル勝負を仕掛けるところは魅力的だ。
だが4点目に繋がった実にエレガントな右足アウトサイドパスを見るとそれだけの選手ではないことがわかる。
IMG_0959_201804300537188f0.jpg
IMG_0960_20180430053734e8d.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ