FC2ブログ

Protecting My Hive 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ:市立船橋高校vs鹿島アントラーズユース〜

日本代表、セネガル代表に2-2!
最早「乾ゾーン」を作りつつある乾の同点ゴール。
青森の至宝柴崎(正直、柴崎ボランチは守備で不安があると思ってた。ワイの目も節穴やな)
そして整ってたリベロ長谷部。
後半、本田圭佑が出てきた時にはここぞの場面でしまむらで買った「本田未央Tシャツ」を着用。
DZBJN6CU8AABdZp.jpg
あのゴールは当然の結果です。
あと若い選手に日本代表の未来を託すのは大いに結構やねんけど「30歳を超えた選手は急速に劣化する」みたいな風潮はイカンよね。
これは自戒を込めてやけど育成年代の試合観てる人達は自分なりの「育成論」とか「サッカー論」みたいなんが出来てしまう。
でも現場と選手達を顧みない独り善がりになりがち。
代表選手と監督はワイらの「サッカー感」とやらを満足させる為やましてや証明する為に頑張ってるわけやない。
RHYMESTER『ウワサの真相』の歌詞やないけど、、、

この「現場」以外に「本場」なんてのは存在しない


僕らが観てる育成年代の選手達の目標に日本代表が入っているならやっぱり「日本代表」ってのは特別な場であるべきやね。
ワイら部外者がそれを不当に貶めたり冷笑的になる必要は全く無い。

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018
市立船橋高校vs鹿島アントラーズユース

IMG_1588.jpg

市船は4-3-3
前線は佐藤圭祐をトップに左に賀澤陽友くん右に鈴木唯人くん。
中盤はインサイドハーフ左に岡井駿典くん右に鈴木稀裕くん、アンカーに大関克弥くん。

鹿島は4-4-2
2トップは赤塚ミカエルくんと栗俣翔一くん。
右SH柳町魁耀くん左SH前田泰良くん。
小沼樹輝くんと篠塚愛樹くんのダブルボランチ。

さて、試合。

鹿島、右サイドSB結城将貴くんからのクロス。
流れたところを中央で佐々木翔悟くんがミドル。枠の外。
IMG_1611.jpg

市船、左サイド賀澤くんからオーバーラップしてきた松尾勇佑くんへ。
ゴールライン際まで持ち込んで中央へ折り返し。
佐藤くんがニアに詰めていたが鹿島DFがクリア。

市船右サイドからスピードに乗った畑大雅くんがDFを振り切ってクロスを上げるが鹿島クリア。

前半終了。

市船は鹿島のタイトなマークに苦しめられた。
前線の佐藤くんに対してのボールは鹿島の2CBが体を寄せて簡単には入れさせない。
トップの佐藤くんと左ウィングの賀澤くんがポジションを入れ替え、佐藤くんはロングボールに対してサイドに開きサイドラインの外に一旦出てからボールが入るとピッチへ競り合いにくるなどの工夫も。
市船の守備も鹿島の2トップに対してのケアはほぼ100%の対応。
前線にボールを当てられてもトラップ後にしっかり寄せてボールを奪い起点を作らせない。
左サイドはSB松尾くんが、右サイドはSB畑くんが抜群のスピードで掻き回す。
特に畑くんは2度程完璧にDFを振り切ってからのクロスでチャンスメイク。
IMG_1623_20180625051414b0e.jpg

鹿島はキックオフからCB増崎大虎くんが市船のトップに対してバチバチと当たっていく。
CB佐藤隆曉くんとのコンビでマークを受け渡しながら前線へのボールを空中戦で迎撃し続ける。
さらにアンカーの篠塚くんがDFラインの前でハイボールを跳ね返す。
長身で空中戦に強く中盤の起点を潰してくれるのがDFラインにとって大きい。
前線でなかなかボールが落ち着かないが両SBがカバーするようにオーバーラップで攻撃に厚みを出す。
右CB結城くんが精力的にアップダウンすることで攻め上がると共に対応せざるをえなくなる市船。
結果的に市船の左サイドの攻守の継ぎ目に楔を打ち込みサイドアタックの効果を半減させる。
IMG_1603.jpg

後半開始。

市船は賀澤くんに代えて井上怜くんを後半からピッチへ。

鹿島、右サイドから栗俣くん(柳町くんか?)がドリブルで切り込む。
市船DFと激しくぶつかり合いながらPAへ進入。
倒されてファウル、PAギリギリ外のところでFK獲得。
セットプレーは市船がクリア。

鹿島、自陣で奪ってから素早く右サイドの結城くんへ。
IMG_1602_20180625051924ad3.jpg
ハーフウェーを超えてスペースへドリブル、これを市船のインサイドハーフが止めきれず後ろから引っ張るような形で倒してしまう。
このプレーにイエローカード。
前半も貰っていたので二枚目となり退場。

鹿島、栗俣くんに代えて杉山眞仁くんをピッチへ。
ポジションはFW。
IMG_1616_20180625051316dc7.jpg

後半14分、鹿島のFK。右サイド45m程の距離。キッカー佐々木くんは右足で縦にDFラインの裏へ。
これを先程交代したばかりの杉山くんがDFとGKの間のスペースに入り込み後ろからのボールを体を捻りながら首を振り抜きゴールに突き刺すヘディングシュート!鹿島先制。1-0
IMG_1618.jpg
IMG_1620_201806250514288f5.jpg
IMG_1622.jpg

市船は鈴木くんに代えて西堂久俊くんを投入。
さらに佐藤くんに代えて城定幹大くんをトップへ。
IMG_1642.jpg

市船、左サイドから井上くんの低空クロス。ゴール前で西堂くんがダイレクトでボレーを合わせる。
これは鹿島のGK山田大樹くんが横っ飛び片手一本でシュートセーブ!
至近距離でシュートのタイミングも早く、反応するのは難しい状況だったがその場跳びの様にシュートに反応したGK山田くんのビッグセーブ。
IMG_1646_20180625051935da6.jpg

鹿島、右CKからファーでCB佐藤くんがヘディングで前へ。
佐々木くんがゴール前でヘディングを流し込もうとするがこれは市船DFがクリア。

鹿島は前線の赤塚くんがサイドに流れてボールを呼び込みDFを背にしながらボールキープ。
IMG_1639_20180625053153321.jpg
前半と違いボールが収まる様になりそこを足掛かりに鹿島の攻撃のスィッチが入る。

鹿島はアンカーの篠塚くんを生井澤呼範くんに交代。

鹿島、後方からのボールを杉山くんが収め、バイタル中央でシュート。
これは味方に当たる。
IMG_1650.jpg

市船、CB橋本柊哉くんが相手と接触。
ピッチに蹲り立ち上がれない。
プレー続行は無理との判断で負傷交代。
市船は中盤の鈴木稀裕くんがDFラインまで下りてくる。

両チーム制空権を握ろうと中盤で空中戦を展開。
ボールが地面に落ちることなくヘッドでお互い跳ね返し続ける攻防が中盤で繰り広げられる。
まさに根比べ。

市船は一人少なくなったがそれでも井上くんのキープ力とサイドの裏へ抜け出すドリブルでチャンスを作る。
アタッキングサードに入ってしまえば数的不利を感じさせない攻めを見せる。
IMG_1638_20180625051935b0e.jpg

試合終了。
鹿島が勝利し6連勝でプレミアイースト首位をキープ。

市船は後半からの井上くん投入が非常に効いていた。
左サイドを単独で突破出来、さらにバイタル中央では球離れ良くテンポの良いパス回し。
彼の投入で左サイドの攻撃が活性化。
さらに中央でも変化を付けられる選手なので彼がボールを持つと周囲の選手が一斉にラインブレイクを狙う。
ただ後半の一人退場はやはり響いた。
マークに付ききれなくなり両SBが中に絞っての守備に忙殺、攻め上がる機会が減る。
そんな中で選手達は試合の状況に応じてポジションを修正しつつ対応。
退場者に加えCBが負傷交代というアクシデントの二重苦の前にも守備を崩壊させずに踏み留まった。
IMG_1651_20180625052047f43.jpg

鹿島は殊勲の決勝点を上げた杉山くん。
交代直後のワンプレーで見事に結果を出した。
ゴールだけでなくコンビを組んだ赤塚くんとは赤塚くんのキープ力を活かすためのサポートや隙あらば自ら持ち込んでのシュートへの意識。
バイタルから前を向いて縦に仕掛ける、これが市船の守備ブロックに錐のように穴を穿つ。
中盤の前田くんもシンプルなプレーが効果的でボランチの小沼くんと共に鹿島のゲームメイクを担う。
前田くんはドリブルとパスの選択肢を最善かつ最速に実行。
中盤が停滞しない。
両SBの貢献も大きい。
右SB結城くんは自らのオーバーラップを武器に上下に精力的に走り回る。
結果的に相手を退場にする思わぬだが実に大きな"結果"が付いてきた。
左SB佐々木くんもセットプレーで決勝点をアシスト。
彼もオーバーラップでガンガン攻撃に参加。
サイドの縦だけでなく中へも切り込んで来るので市船にとっては厄介だったに違いない。
鹿島はプレミアイースト6試合で2失点というのもこの試合の守備を見ていると頷ける。
特殊な守備戦術や洗練された守備組織というよりも2CBコンビは守備の基本に忠実。
相手のキーマン、ストライカーに徹底してピッタリと寄り添う様なマークで封じる。
局面局面での守備のテンションが高く、時にラフになることもあるが90分間テンションを持続させた。

この試合の"SMVP"CB増崎大虎くん。
徹底してエースを封じる"エースキラー"
相方の佐藤くんともしっかり試合中コミュケーションを取って強固な防波堤となり、高性能の高射砲としてハイボールを撃墜し続ける。
守備陣を統率すると共にビルドアップでは時折鋭い縦パスを出すなどで攻撃に変化を付ける。
IMG_1654.jpg
IMG_1652_20180625052053676.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ