寒い夜に寒い映画を

雪、降ってます。

はい、どうも庄七です。

寒い夜には寒い映画というのも乙なもの(この場合の"寒い"は"おもんない"という意味ではありません)です。
スクリーン上の酷寒を眺めていると部屋の寒さが"サウナ"レベルに思えてくるもの。
おそらく「夏に鍋」のような効果があるのではないでしょうか。
寒い映画と言えばいままで『ファーゴ』『シンプル・プラン』でしたが今回紹介するのは、、、

スターリングラード :監督: ヨゼフ・フィルスマイアー


ガチです。

スターリングラード戦線と言えば100万以上(映画の主たる第六軍にいたっては9万人が降伏したものの生存者は僅か6千人)
の犠牲者を生んだ大激戦区。

ジョジョ好きにわかりやすく説明するなら、、、

「あのシュトロハイム大佐が戦死した」

ほどです。
shu002.jpg
この人がですよ?

史上稀に見る「アパートの一室を奪い合った」レベルの市街戦と零下30度以下という酷寒(アフリカ戦線から転属された兵士にとっては気温差80度以上)
が見ている人たちの心を凍てつかせるおすすめの映画です。

が、しかし、映画のストーリ進行は大まかに言って、、、

スターリングラードの工場を奪還→軍令違反で懲罰部隊行き→いつのまにかソ連軍に包囲されていた!

というちょっと戦況についての予備知識がないとついていくが難しい映画。
そこで併せて紹介したい本がこちら、、、

スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 /アントニー・ビーヴァー


スターリングラードについての重厚なノンフィクション。

膨大な史料、手記、手紙などからドイツ軍、ソ連軍の両視点で書いてありこれを読んでおけば問題ないでしょう。

非常に読み難そうですが淡々とした戦況描写の中にも「兵士達の手紙」や「戦場でのちょっとしたエピソード」などが交えてあり本の分厚さにも関わらずスッと読めてしまいます。

ソ連軍に完全包囲されたドイツ軍将校のジョーク、、、

投下された物資を開封したところマジョラムと胡椒の詰め合わせだった、、、

「いったいどこの馬鹿がこんなもんを入れやがった!!」
「まあ待て。マジョラムはともかく胡椒は接近戦で使えるかもしれないぞ」


「世界一薄い本=ドイツ人のジョーク集」と陰口たたかれるドイツ人にしては秀逸なジョーク。

ついでにお薦めするのは同じ作者の本で、、、

ベルリン陥落 1945/アントニー・ビーヴァー


こちらはベルリン攻防戦が主です。
ドイツがベルリン防衛の為に国民突撃隊(16~60歳まで、大戦末期はどさくさに紛れて14歳から招集していたらしい)を結成 。
中学生ぐらいの少年が自転車(普通のチャリですよチャリ)にパンツァーファウスト(使い捨てロケット弾みたいなもん、対戦車用)をくくり付け("戦車狩り部隊"と称して)戦線に投入していたころ。
これは、、、
ヒトラー~最期の12日間~ 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル


この映画と併せて読むといいかも。

物好きにも二冊とも読んだという方には、、、

赤軍記者グロースマン―独ソ戦取材ノート1941‐45 /アントニー ビーヴァー


も是非読んで頂きたい。
上記のスターリングラード攻防戦からベルリン攻略戦までをソ連の従軍記者ヴァシーリイ・グロースマンが綴った手記を元に編集、構築したもの。
ソ連の情報統制の凄まじさも実感出来ます。

あ、あとこれだけ紹介しておいてなんですが
僕はミリオタではありません!!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ