今頃は 終りの季節 ~関東大学サッカーリーグ戦:法政大学vs拓殖大学~

秋晴れ。

Jリーグも大詰めのこの時期。
関東圏だけでも降格争いのFC東京が多摩川クラシコ、千葉は昇格を掛けてフクアリで北九州と。平塚では名古屋が初優勝を掛けて。

個人的には日産スタジアムで横浜FCvs札幌が気になっていた。
順位的にさして緊迫している両チームではないがこの試合は大日本プロレスとのコラボ企画で試合前に数試合が特設リングで催されていたらしい。
関本大介の試合も組まれていたみたいだ。
こ・れ・は観たかったな~
彼の"ぶっこ抜きジャーマン"を初めて観た時のインパクトは忘れられない!!!
相手がうつ伏せの状態からぶっこ抜いたからねっ!!!大根じゃないんだからッ!!!



しかし僕は西が丘で大学サッカー。

関東大学サッカーはマッチデープログラムが充実している。
順位、アシスト・得点ランキングに全大学の予想スタメン、見所、インタビューが掲載されていて初心者でも構図がわかり易い。
オフィシャルの公式記録も細かく、得点者だけでなくアシスト者も載っているので鳥頭の僕でも観戦記が書き易いのです(笑)

JR東日本カップ2010 第84回関東大学サッカーリーグ戦 2010
法政大学vs拓殖大学

2010112011280000.jpg

両校とも観戦は二度目。
法政は早稲田拓殖も早稲田との対戦だった。

両校、来季の二部降格が決定している。

さて、試合。

前半22分、法政縦へのロングボールを前線の松本大輝くんがトラップからシュート、1-0
後ろからのボールをファーストタッチでボールの勢いを殺さずに自分とGKとの間に間に、まさに完璧な場所に落とす。
ファーストタッチで勝負あり!!!でしたね。あとはゴールへパスするだけ。

後半12分、法政が右サイド、相原辰くんと米田賢生くんのワンツーで崩す。相原くんがPA付近からシュート。2-0
ナイスワンツー、米田くんの浮き球パスも絶妙でした。

後半26分、法政の深町健太くんが追加点。3-0

直後の後半27分、拓殖ゴール前でパス交換、添田哲也くんがミドルを叩き込み、3-1
拓殖の反撃。

後半29分、法政、松本くんがこの試合二点目を決め試合を決定づける、4-1

そのまま試合終了。

拓殖は前線でボールが収まらなかった。
前半は左サイドに大きく開いた添田くんの位置からチャンスを造ろうとしていたが単独の仕掛けに終わり厚みを持たせる事が出来ない。
サイドの攻防は法政の森保翔平くんが上手く対応していた。
後半はDFライン、中盤がボールを持つと2トップはまず裏へ仕掛ける。
繋がればチャンスだが法政の平智広くんと畑共哉くんの両CBにことごとく弾き返される。
途中出場の本間優之くんは起点作りを期待されての投入だったと思う。
2010112011290000.jpg

法政は松本くんの存在が際立っていた。今日はFWではなく一列下がったSH。
身長は184cmと高い、でも身長以上に驚いたのが足の長さ。
足が長い上にボールタッチが柔軟で、あれで足裏で撫でつつキープされるとDFが非常に対応し辛い。
守備する側から観ると間合いが計りきれない。
それが前線からのチェイシングにも活きてましたね、相手が届かないと思っている所に足が伸びてくる。

いままで日本人ではあまり見た事のないタイプのアタッカーですね。
2010112100070000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ