天使と聖人 ~大宮アルディージャvsアルビレックス新潟~【J特】

2010112715230000.jpg
ゲートにいたアルディくん。動きながら撮ったからなんか怖い写真に....

2010 J1 第33節
大宮アルディージャvsアルビレックス新潟

2010112821270000.jpg

前半19分。大宮のラファエルが右サイドに抜け出しパスを受けてファーへシュート。ゴール。1-0
スローで見ると千葉ちゃんに当たってる...オウンっぽいが....

前半29分。小林慶行さんのシュートチックな縦パスがゴール前の三門に入り、右に流れてシュート。1-1
三門にパスが入った瞬間「オフサイド?」と思ったが左サイドに大宮の選手が(杉山かな?)残っていた、残っていたというより戻るのが速過ぎた。

前半39分。ミシェウのCKからマルシオがダイレクトボレー。
北野が掻き出したボールはラインを割っていたと線審がジャッジ。ゴールが認められ。2-2
現場で観ていると北野の上半身がゴールラインを既に割っている、正直「入っているとは思うけど...」と思った。
こういう微妙なジャッジは線審も取りずらいもの、特にGKのファインセーブは(僕の心情としては)ノーゴールにしたくもなる。


ちなみに北野は試合後のインタビューで、、、

2点目は悔しかった。あれだけ良い反応をして、できればスーパープレーとして流してほしかった(笑)



と。暗に認めているじゃないか(笑)北野正直過ぎだぜ(笑)
2010112719290000.jpg

前半は終了。
新潟がボールを廻せているが主導権を握ったり握られたり。
三門の右サイドは良かった。上下動で対面の鈴木規を押し込む。得点も◎

大島と亜土夢のコンビでワンツーからチャンスを掴む。北野のファインセーブに防がれたが良い崩しだった。
これは亜土夢の良さが出た場面。裏へ抜け出すシーンも度々あってそこは亜土夢の特性がでていた。
ただ前線で起点を作りきれてなかった、動きながらのパスの受け方、出し方がちょっと不正確。
もうちょっと亜土夢の位置で正確にボールを経由する事が出来れば...とも。

後半。ハーフタイムに鈴木淳監督は2枚替え。
藤本主税 → 金久保順
鈴木規郎 → 村上和弘

左SBに村上さんが。僕は『他チームだけど村上和弘を暖かく見守る会』の会長なのです。

後半11分。大宮は市川雅彦 → 石原直樹へ。
イ・チャンスが出場停止で今日は石原が先発だとばかり思っていた。
市川がさしてインパクトなく、石原はやはり裏にスペースがあると脅威になる存在。
「石原が先発じゃなくてよかった....」というのが正直なところ。

後半19分。右サイド渡部からのクロス。ゴール前、ラファエルのヘッドが空を切るその裏を深谷が飛び込みボールはゴールへ。2-2

新潟は後半20分。田中亜土夢 → 木暮郁哉
大島ワントップで左からミシェウ、マルシオ、木暮と並べる1トップ3シャドーのような陣形。

後半41分。大島秀夫 → 曹永哲
0トップ4シャドーへ。マルシオが若干中央高めの位置に張る。

後半ロスタイム。小林慶行 → ジョン・パウロ
新潟の攻撃カードはもうこれ以外ないんだよ....

2-2で試合終了。
新潟がゲームを支配しきれずに追い付かれた。
マルシオが"鬼ボールキープ"で中盤を落ち着かせることが出来ていた。問題はそこから。
シュートまでの攻撃パターンが増えればもっと厚みが出る筈、、、
って言ってももうリーグは次節で最終戦。ちなみにこれが僕の最終観戦試合。

結局今季の観戦成績は4敗2分。

散々やな...........

高徳のフィジカルと東口のロングフィードに来シーズンの光明を見出せた。と、言っておこう。
特に終盤、東口の対角線上左サイド前線に張ったミシェウへのロングフィードは特筆ものだったと付け加えておこう。
あ・れ・は凄いですよ。
キックの正確性は勿論「そこを狙っている」というセンスが。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

亜土夢はマルシオのゴールにつながったコーナーをとるきっかけとなった縦への動き出しの際の相手DFへの身体の使い方が良かったと思うよ 

相手がコンタクトしてきた瞬間に半身でボールを触ったことによってリーチの差を埋めて掻き出されずにすんでコーナーにもっていけたんじゃないかな。

たぶん貴章くらいならわざわざそんなことしなくても余裕をもってキープできたはず。

東口のフィードの素晴らしさから生まれることなんだけど、ミシェウのアウトサイドのトラップはすごく難しいんだ。普通ならラインを背にしてトラップするのが基本なんだけどああいうトラップされるとマーカーは縦も切らなくちゃいけなくなって一瞬中への意識が遅れる。そこで素早く中のマルシオにパスを出してシュートまでもっていった。2本のパスでシュートまでもっていくあのシーンに巧をあげたかったね(笑)
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ