もう一つの日韓戦 ~全日本大学選抜チームvs韓国大学選抜チーム~

直前になってこの試合の情報を知りました。
大学年代は馴染みが薄いかもしれないが広州アジア大会金メダルの代表メンバーである増田、比嘉、丸山、山村、富山が選出されている。

"選抜"だけどほぼ関東の大学から選出されている(4先生は参加していない)

告知が充分なら結構お客さんが入ったんじゃないかな?日韓戦だし。
いや赤羽スポーツの森は観易くていいんですけどね。
でも無料で観るのはちょっと忍びないくらいの豪華なメンバー。

試合前に、、、、

「こりゃ確実に関塚監督来るぜ!!!」

とか。

「セッキーなう!!!」

とか言ってたら、、、、
やっぱり来場されていました。
スタンドから階段降りたらそこに関塚監督が。

「金メダル御目出度うございます」

と言いたかった、、、がそういうとこはチキンな自分。
GKやってる時と違ってこういう時は一対一に弱いのよ・・・・・・

2010121112280000.jpg

日本・韓国大学サッカーフェスティバル
全日本大学選抜チーム vs 韓国大学選抜チーム

2010121112500000.jpg

日本は4-5-1か。
山村和也くんが中盤の底、相方のボランチは宮阪政樹くん。
とにかく山村くんの存在感、中盤にあれだけデカイのがいると目立つね。身長はチーム一じゃないかな。
高精度のパスで攻撃のタクトを振るう。今日のピッチは人工芝なので浮き球のボールが止まり易い。
裏のスペースへのパスはそこらへんを考慮して出していた。

河井陽介くんからPA付近の富山貴光くんへ、富山くんが受け、前に切り込んで右足で左に切り返し(シュートを撃つそぶりを見せつつ)でDFを躱し左足でシュート。全日本先制。1-0
富山くんはタッパもあるがボールタッチが柔らかく"落とす"と"繋ぐ"プレーが正確。

韓国は13番ション・ドンジンから右サイド奥深くにパス。受けた選手がゴールライン際からスルスルと中央へ。
簡単にフリーになりシュート。韓国が追い付く。1-1
日本のDFが全員ボールだけを観てしまい足が止まってました。

前半、河井くんの運動量が目立った。FWに近い位置でプレーしつつ左右に流れてチャンスを創る。
右SBの岩上祐三くんが積極的に駆け上がり何度も仕掛ける。
日本のパス廻しがスムーズで攻撃面では好連携。

守備ではロングボール対策にヒヤリとするシーンも。
今日は風が強いので落下点の予測という面ではDFにとっては難しい選択を強いられる。被ってしまうシーンが何度か。

後半。

日本は山本大貴くんを投入、富山くんと2トップに。
山本くんは右サイドでボールを受け反転、身体を入れ替えてフリーに。角度の無い所からのシュートはサイドネット。

日本は中央、河井くんから右サイドに流れ気味の富山くんにパス。GKと一対一、富山くんは距離を詰められる前に早めに撃った。
GKが横っ跳び弾いたボールに山本くんが詰める。スライディングで押し込んでゴール。2-1

日本の守備陣もロングボール対策に慣れ始める。単純に真っ直ぐ前線を目掛けて来るボールを無難に弾き返す。
林堂眞くんの「高い位置でボールを奪う」守備がこの試合利いていた。そこから攻撃の起点に。ロングフィードも◎

日本は富山くんに替え石津大介くんを投入。
左サイドでボールを持った石津くんが右足アウトサイドで細かくタッチしながら中央にボールを運ぶ。
ずれつつシュートコースを空けてニアへシュート、、、は枠を外れる。

日本が韓国の右サイド奥深くからグランダーでマイナスの折り返し。
中央でボールを受けた石津くんがワントラップからシュート。ネットに突き刺さり3点目。3-1

試合終了。
3-1で全日本大学選抜チームが勝利。
2010121112540000.jpg

韓国大学選抜チームはいまいち特徴がわからなかった。
フォーメーションは4-4-2だったがFWとSH、ボランチ、CBそれぞれの距離が離れ気味で攻撃に厚みが出せない。
終盤のパワープレーは多少迫力があったが、、、
GKは再三ファインセーブを披露。
韓国サッカー界における"大学"というのは日本とどう違うのだろうか?

全日本は攻撃面で多彩な攻めを魅せる。
六平光成くんはいつもより高めの位置プレーしていてむしろ今日のほうが活き活きしていた印象。

個人的なMVPは河井陽介くん。
2010121114520001.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ