守護神の孤独【J特】

「GKを1回でもやったことがある人なら
試合中に自分だけがピッチから切り離されているような孤独感を味わったことがあるはずだ」


ゴールキーパー専門講座松永成立,北健一郎 (著)


最近読んだ本がこれ。冒頭の言葉はこの本からの引用。
今日はこの本を紹介したい。
松永成立さんについて改めて説明すると、、、
「"あの"ドーハの時の日本代表GK」と言えばわかりやすいだろうか。
プレー自体を見た事はなくとも"あの"シーンを映像で見た事がある人は多い筈だ。

現在は横浜FMでGKコーチをしている。

僕自身もフットサルではあるがゴールマウスを守る身。
この本は自分のプレーを改めて考えさせてくれる充実した内容だった。

しかしこれは専門職GKのためだけに書かれた本ではない。
冒頭のファン・サポーターへのメッセージで松永さんは、、、

「サッカーの試合をより深く楽しむために、もっともっとGKのことを深く知ってほしいと願っている。」

「GKのことがいまひとつよくわからないけれどなんとなくGKのせいにしている、という人が多いのではないだろうか。」

「GKの目線でサッカーを見られるようになれば、サッカー観戦力はグッとアップするはずだ。」

と書かれている。
例えば失点してしまった時に「あれはGKのミス」と、断罪してしまうのは容易い。
しかしもっと突き詰めることができるのではないか?
「100%GKのミス」というのは滅多にないのではないか?

また「あれはGKでもどうしようもない」と、言うしかないようなシュートもあるだろう。

ほんとにそうだろうか?

僕がGKをやる時も度々そういう「絶対的な危機」というシーンはある。
セットプレーだったり1対1だったり、時には2対1、3対1なんて状況もある。
それで失点したときはチームメイトが「あれはどうしようもない」と慰めてくれるが僕は「どうしようもない」シュートはないと思っている(もちろん言葉をかけてくれるチームメイトには感謝しているが)

「この状況ならこう動けば失点は防げた」

とか

「そもそもポジショニング、遡って言えばコーチング、DFとの話し合いが足りなかったのではないか?」

とゴールから逆算して考えてしまうのだ。
単なる失点シーンを「GKのミス」の一言で片付けてしまうのは勿体ない。
松永さんが仰るように、、、

「具体的にどこにミスがあったのか、GKのミスの割合はどれぐらいなのか、についてなど突っ込んだ話ができるようになれば、より深くサッカーを見ることができるはずだ。」

だからこの本は"専門講座"とあるが決して「GK経験者・志望者」向けの為だけの本ではない。

本の内容にも触れていこう。
章ごとに技術的なことが書かれているが第1章はずばり『ポジショニング』
目次を読むだけでハッとさせられる。

①ファインセーブをしないGKを目指す
派手なファインセーブの陰にポジショニングあり。
「そのファインセーブはポジショニングが悪かったからではないか?」という問いかけだ。つまり偶発的なもの。
逆に適切なポジショニングだったからこそセーブしえた"必然的"なファインセーブもある。
自戒の意味も込めて心に留めておきたい言葉だ。

②「背が低いから前に出る」は間違い
もっとも心に響いた章だ。なぜなら僕自身身長が162cmしかないから。
確かにシュートコースを狭くするために前へ出るのは有効だ。
僕のように背が低いと「身長をカバーするために出足を良く」しようとつい思ってしまう。
しかしこれも"タイミング"と"ポジショニング"あっての話。闇雲に出るのは間違い。
僕の場合、中学時代に見たカンポスのプレーの影響は確実にあるかもしれない。
しかしこの本を読んで「カンポスは仮に身長が180cm以上あっても前に出ていただろう」と思うようになった。

・・・このペースで書いていくと全章書いてしまいかねない。
なので目次から僕にとって示唆に富んだタイトルを抜粋したい。

コーチングは信頼関係が命

重心を前にするか、後ろにするか

ハイボールは空間認知能力で決まる

間接視野が広い選手がうまい選手

1対1は最高の見せ場だ!

迷ったときは「出ない」

ボールがオフのときに詰める

股のシュートは足を斜めに出す


このタイトルを見て気になったかたは是非この本を手に取って頂きたい。
逆説的だがFP、特にポジションがFWの方もこの本を読んでGKの心理、思考が理解出来れば決定力があがるかもしれない...まあ、GKの立場から言えばあまりお薦めしたくはないが(笑)

最後にこの本で最も感銘を受けた言葉。それが、、、

GKは孤独に打ち勝って強くなる!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ