PUMA CUP 2011東日本大震災復興支援チャリティフットサルデー ~がんばろうニッポン! フットサルからもチカラを~

PUMA CUP 2011の準々決勝は3/11に行われた。
あの時に止まってしまった時計を再び動かす為に・・・

"PUMA CUP 2011東日本大震災復興支援チャリティフットサルデー ~がんばろうニッポン! フットサルからもチカラを~"

駒沢体育館で行われた『フットサル初めてのオールスター・ゲーム』
メインのオールスター戦の前にも『エンジョイフットサルジャム』として「先着の来場者チームvs女子フットサル選手+勝村政信、福田正博」のスペシャルマッチも。
何気に福田さんがプレーするのを観るのは初めてだな。
ちなみに僕が初めて観たJリーグの試合は1998年の1stステージ浦和vs市原だ(当時はジェフファンだったからね)
ちなみにその試合は小野伸二のJリーグデビュー戦だった筈(当時のメンバー見ると現浦和監督のペトロヴィッチもいたんだね。ちなみに福田さんが数年前に浦和vsマンUの親善試合を解説した時、内舘さんのスーパーゴールに「(シュート入ったの)初めて観ました」「若い選手には"内館さんにも出来たんだから俺も"という気持ちで頑張ってほしいですね」と何気に内館さんをディスってたのが印象的だった)

そして『エキシビジョンマッチ』
CASCAVEL 2001、FIRE FOX 2001/2005、PREDATOR 2006、FUGA 2007/2009と過去の全日本フットサル選手権大会の準優勝、優勝チームが復活。
岩本昌樹、甲斐修侍、金山友紀選手のプレーが観られたのが嬉しかった。

そしてPUMA フレンズ vs FOOT×BRAINの試合。

2011050313360000.jpg

PUMA フレンズは昨シーズンで引退した藤井健太さんを中心にしたチーム。漫画家の高橋陽一先生も特別出場。
FOOT×BRAINは勝村政信さんを中心に、都並敏史、アマラオ(いわずとしれたキング・オブ・トーキョー)、マルキーニョ(元川崎、新潟にもちょっとだけいた)、お笑い芸人のディエゴ・カトウ・マラドーナが。
試合はディエゴ・カトウ・マラドーナの"神の手"ゴールと高橋陽一先生の(漫画では絶対に書かないであろう)泥臭く押し込むゴールが観られて満足。
ディエゴ・カトウ・マラドーナが全てを持っていった試合。

2011050313340000.jpg

やはりこういう試合、芸人の存在感は偉大だった(本名は加藤謙太郎、お笑いユニット『春夏笑冬』所属。ピチピチのアルゼンチンユニ...顔は似てない。経歴を調べたら中学で横浜マリノスジュニアユース所属、帝京高校サッカー部から順天堂大学サッカー部と何気に凄い経歴だった!!)

そしてメインイベントのPUMA CUP 2011のベスト8チームによるオールスター戦『Dream Stars vs Power Stars』

2011050314060000.jpg
2011050314040000.jpg

まだまだ知名度が高いとは言えないフットサル界。
こういったフットサル未体験者向けのショールーム的な企画はもっとあっていい。
そういう意味でもこの試合はフットサル初見の方にも訴求力のある、魅力の詰まった試合だったのではないだろうか。
チャリティーマッチということで詳しくは書かないが、特に小曽戸允哉、野嶋倫、木暮賢一郎の技術とプレーに心奪われた方が一人でも多くいればいい。
特に圧倒的だったのは森岡薫だろう。
怪物フィジカルと繊細なテクニックが高度な次元で融合した選手。
森岡のプレーが観られただけでも僕にとっては大満足のイベントだった。

今回の企画、チャリティーマッチとしても成功したがこれを機に『Fリーグのオールスター戦』を毎年開催してもいいのではないか(勿論、今度は外国人選手も含めて)
2011050315350000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ