J2戦線異状有り ~FC東京vsカターレ富山~【J特】

J2は萌え燃えているか?

GWの締めくくりとして僕が選んだのがこのゲーム。

2011 J2 第11節
FC東京vsカターレ富山


富山は去年のヴェルディ戦を観戦しましたが好印象を持ったチーム。
特に安間監督が就任してからは3-3-3-1という独創性のあるシステムで一部の好事家達の注目の的に。
1トップ3シャドー3ボランチ3バックだ(3シャドーという言葉には違和感があるが)
僕は事前に兄から富山の情報を聞き興味を持っていた。
3-5-2とも違う、そのシステムを理解する為には一度観戦しておかねばなるまい(フォーメーションや戦術論に疎い僕ですが3-3-3-1を議論するのは非常に楽しい、中盤に6人配置出来るわけですから。『キャプテン翼』でオールスターを選ぶとこうなるんじゃないかな?)

FC東京はセザーが出場停止で高松と梶山の2トップ。
まあ、FWが一気にいなくなりましたからね(梶山はFW登録ですがトップ下的なポジションでしょう)
PJはコンディションに問題があるのでしょう、ベンチ外(東京ダービの試合を見ましたが身体が全くついていっていない。新潟在籍時の「スキップするかのごとく軽快なボールタッチ」を知っている自分としては心配になるレベル。まるで「バスケットボールでサッカーやってる」ようでした)

前半、やはりFC東京がペースを掴む。が、パスミスも多く圧倒してたわけではない。
シュートの意識という面では東京ダービーの時よりも若干改善されているかな。

前半は富山の3バック吉井直人、足助翔、池端陽介が踏ん張って無失点に。
足助は確か元ヴェルディだったはず、守備範囲も広く、カバーリングが冴えていた。

しかし富山は前半28分に吉川拓也が負傷退場、代わって入った谷田悠介も負傷で前半44分で交代してしまう。
戦術外のことで予想外に前半二人代えざるをえなくなってしまった富山。
この気温でこのサッカーだと消耗も激しい筈だ。

しかし味スタのピッチはかなりスリッピーだった。東京のサッカーをする為に水を撒いているのならわかるが東京の選手のほうが滑っていた気がする(権田が富山の流れたパスをトラップしようとして滑っていた、危うくボールが無人のゴールに吸い込まれていくところだった)

後半11分、FC東京が中村北斗→谷澤達也
そうか、谷澤がベンチにいるのか(何故に北斗がSHだったのかは謎だが)

後半23分、FC東京は上里一将→羽生直剛
そうか、まだ羽生さんもベンチにいるのか....

富山は押し込められる時間帯が続く。トップとの距離が空き、ロングボールが増えてくる。
それでも富山は木本敬介が左サイド裏へ抜け出し、深い位置で一度タメてから戻したボールをクロス。
ゴール前走り込んで来たソ・ヨンドクがヘッドでシュートも権田が横っ跳びで弾き出す。
富山の最大の決定機、劣勢でもしっかり人数をかけた攻撃をしてきた。
決まっていれば理想的なゴールだったがこれは権田のファインセーブを褒めるべき。

後半36分、FC東京のスローイン、PA付近の谷澤へ、谷澤がDFを背負いつつ胸トラップから右足で斜め後方にはたく。
羽生さんがPA内に斜めに走り込んで来てDFを振り切りシュート。これが決まってFC東京先制。1-0
人数をかけて守る相手の場合、正面突破だけではなく斜めに走ることでスペースとシュートコースを同時に生み出す、いわゆる"ダイアゴナル・ラン"が重要だというお手本のようなプレー(将棋で言う飛車と角のように)

このまま1-0で試合終了。
FC東京が勝利。試合後のインタビューは羽生さん。音が割れていて話の内容は聞き取れなかったが羽生さんが泣いていた・・・
2011050817580000.jpg

本来ならスタメンで使いたくなる選手だと思うんだけどな~次節はどうするんだろう?
高松がワントップなら攻撃陣はある程度入れ替えが出来るだけのメンツが揃っているだけに迷いが生じそうだ(もし、FC東京にとって梶山がアンタッチャブルな存在になっているのならそれは凄く危険な事だと思う。今日のFW起用は評価が難しいところだ、ゴールへの積極性は出ていたけど。やっぱり適性はボランチになるんだろうけど東京ダービーの時の出来を見るとなぁ...)

敗れはしたが興味深いチームだった富山。
富山の守備はサイドでボールを持たれると縦の三人が対応する。
ピッチを縦に3分割してそれぞれに選手を3人配置しサイドでの数的優位か同数を作ろうとする。攻め込まれているサイドにDFも寄っていく。
ボールサイドと中央に人数をかけているのでクロスを入れられても中央で弾き返せば良い。
ただしサイドチェンジで揺さぶられた場合逆サイドががら空きだ。終盤、そこをFC東京につかれていた。
こういった場合の対応策として富山がとったのは「頑張って走る」だった。
実際サイドチェンジされても「頑張って」一対一の状況に持ち込んでいた。
GKの内藤圭佑も良く耐えていたんだけど、、羽生さんのシュートは致し方なし。引き分けならMVP級の活躍だった(ちなみに富山の控えGKは昨年JSCから新潟に短期間在籍していた金井大樹くんだ)

富山の攻撃は苔口のワントップで黒部がトップ下という形。
スタメンを見て僕は「苔口と黒部の位置が逆じゃないか?」と思った。
前線で身体を張れる黒部をワントップにしないのか?と。
しかし今日の試合を観てやはりこのシステムなら苔口がワントップなのも道理だと思った。
黒部のポジションはトップ下とはいうものの守備に割く比重がかなり大きい。
仮にポストプレーヤータイプのFWをワントップに置いたとしても味方との距離が遠いためよほどキープ力がないと攻撃が成立しない。
苔口なら一発で裏を取れるスピードがある、ゴールに直結しなくても空いているスペースへドリブルで持ち込み味方があがってくる時間を稼ぐことが出来る。
逆に守備の負担が大きい中盤に苔口を下げたら攻撃力がだいぶスポイルされてしまうだろう。

富山ボールを奪った際は縦に並んでいる前2人へ縦パス(縦の関係はかなり流動的だ)、もしくは苔口に裏を走らせる、黒部が高い位置をキープ出来ているなら黒部に預ける。
味方が密集している時はショートパス主体で崩し、無理なようならサイドに大きく開いてサイドからクロス。
サイドからのクロスに対しては黒部が必ずファーに待ち構えヘッドで中に折り返す。

もう少し繋ぐ技術があればさらに魅力的になるだろう(志と狙いはわかるがパスミスでフイにしてしまうシーンが何度かあったからね)
選手個々の適性と特性がわかればもっと面白く観戦出来そうだ。
2011050817550001.jpg

しかしせっかくの独自なシステム。
名前がほしいな。『3-3-3-1』じゃあ今いち呼びにくいッ!
この庄七が名づけ親(ゴッドファーザー)になってやるッ!
そうだな…『メキシコに吹く熱風!』という意味の『サン.....

いや・・・失礼。いまなにか大佐の影が・・・
images_20110509205037.jpg

独自性のあるシステムにはミランの『クリスマスツリー』トルシエの『フラット3』ジュビロ黄金期の『N-BOX』のようなキャッチーな通り名が必要だ。

・・・ふむ・・・

中盤が3×3で並んでいる様はBOXにも見える。さらに選手間に線を引くと漢字の・・・・



に見えなくもない、"田".."た"..."でん"..."DEN"
ふむ、それでは『D-BOX』というのはどうかな!






1260060296.jpg











試合前にドロンパを密着マーク。

2011050815350000.jpg
勝つサンドを売るドロンパ。

u2011050815470000.jpg
片膝をつき、ホストのようなおもてなし。

u2011050815440001.jpg
ドロンパの人気に警視庁も出動。

u2011050815410000.jpg
子供達にも大人気。

u2011050815440000.jpg
ドロンパは世界に一匹の狸です。

u2011050815490000.jpg
気温22度を超える中でも衰えぬ運動量!!

u2011050815530000.jpg
声をかけると決めポーズをとってくれます。今度会ったら『ジョジョ立ち』をリクエストしてみよう。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ