混戦 ~関東大学サッカーリーグ戦:早稲田大学vs順天堂大学~

西が丘は雨模様。

JR東日本カップ2011 第85回関東大学サッカーリーグ戦
早稲田大学vs順天堂大学

2011061111270000.jpg

順大は前回観た試合から3トップの面子を変えて来た。
開幕からワントップを努めてきた山嵜駿くんに代えて斉藤尚治くんが入る。
天野純くんも一列下がる。

早大は前回観た時からスタメンに変更は無い。
2011061111280000.jpg

順大は3位、早大は6位だが勝ち点10で並んでいる(さらに言うと2位から7位までが勝ち点10だ)

さて、試合。

前半25分、早大FKのチャンス、やや右で距離は22mほど、富山貴光くんが直接狙ったシュートは壁に当たりコースが左にズレた。
GKは逆をつかれた格好となり反応が遅れた、早大先制。1-0

1-0で前半終了。

早大が左SH白井豪くんと左SB三竿雄斗くんのコンビネーションで順大の右サイドを攻略。
富山くんはポストプレーで光る。中盤でのハイボールの競り合い、相手を背負ってのプレーでは無類の強さを発揮。
収まりどころがはっきりしていたので早大はある程度中盤を省略することが出来ていた。
2トップを組む小井土翔くんは決定的なチャンスもあったがノーゴール。

順大はサイドにボールは渡るもののそこからの崩しにもう一工夫あれば、、というところ。
シンプルに岡庭和輝くんに裏を狙わせる形も見せる、が、これはよほどタイミングが合致しなければ難しいだろう。
前半38分の早い段階で"順大のリーサルウェポン"こと原田開くんを投入する。

後半開始。

早大のペースが落ち始める、右SHの近藤貴司くんが守備に押し込まれてしまい右からの攻撃がままならない。
さらに後半17分に富山くんが交代してからは起点をつくることもままならなくなってしまう。

順大はサイドからは崩せている、左SBの砂森和也くんが駆け上がって何度も中に入れる。
全体的にペースは掴めているが決定的なチャンスにまではなかなか至らない。
早大陣内までボールは運べるがシュートにまでもっていけてない。

後半終了。
1-0で早稲田が勝利。

順大は不完全燃焼感が色濃く残った試合だった。
3トップの組み合わせ、特に中央でトップを張る人材を色々試しているのだろう。
天野くんがサイドからのクロスもしくはセットプレーで良質なボールを供給出来る。
点で合わせることの出来るFWがいれば....
さらに岡庭くん原田くんの機動力、俊敏性に優れたアタッカーを活かすために最前線でボールが収まるFWがいれば....
と、観ていて思った、逆に言えばトップが固定出来ればもっと攻撃の形が造れそうだ。
候補の山嵜くん斉藤くんもまだ1年生だ、伸びしろが充分ある。リーグ後半になって劇的に化ける可能性も有り得る。
守備では谷奥健四郎くんが存在感を見せ付けた、1年生CBだが堂々と渡り合っている。
2011061113220000.jpg

早大は前半の一点を守り切った。

個人的にMVPはCBの畑尾大翔くんにあげたい。
サイドはある程度順大にやられていたが肝心の中央、ゴール前では自由にさせなかった。
順大との空中戦を徹底的に跳ね返し続ける、とにかくヘッドが強い!!!
谷奥くんとの制空権争いは見所があった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ