青春狂走曲 ~adidas CUP 2011:東京ヴェルディユースvs柏レイソルU-18~【J特】

♪夏の朝がぼくに呼びかける 「調子はどうだい うまくいってるかい」

日本の夏、ユースの夏。
というわけで三ツ沢へ。

入り口で『ガリガリ君』を貰う、パッケージがちゃんと日本代表仕様になっている。
日本クラブユースサッカー連盟からの粋な計らい(帰りも「余ってるので」とのことでガリガリ君を貰った。先着3000名ならそりゃ余る、『ガリガリ君』が欲しい人は明後日の日曜に三ツ沢へ来れば貰えますよ)

adidas CUP 2011 第35回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準決勝
東京ヴェルディユースvs柏レイソルU-18

2011072915580000.jpg

ヴェルディは登録上は4-4-2。
見た感じではトップに南 秀仁くんを置く4-2-3-1といったところか。
今年に入ってヴェルディは3試合目の観戦だが南くんを観るのは久々の気がする(怪我だったのかな?)
2011072915590000.jpg

柏も登録上は4-4-2。
こちらはアンカーに小林祐介くんを配した4-1-4-1に見えた(4-1-4-1と4-3-3の区別は僕の中では曖昧なので気にしないで頂きたい)
2011072915580001.jpg

さて試合。

柏が右サイドから蓮沼翔太くんのシュート、左に枠を外れる。

さらに柏、左サイドを平久将土くんと山中亮輔くんのパスワークで崩すとサイド深くから山中くんがクロス。
中央でフリーの中川寛斗くんがシュート、決定的だったがバーを叩く。

柏が二度の決定機を創り、リズム良く試合に入っていたかに観えた。が、、、、

前半15分、ヴェルディが中盤でボールをカット、中央から右サイドの南くんへ、DFと対峙するがワンフェイントでコースを造りそのままシュート。
これが決まってヴェルディ先制。1-0
南くんのチャンス時の落ち着きが光ったゴール、GKを冷静に観ていた。
「ゴールが見えたら撃て」と良く教わるがGKにはとってはシューターに「観察される」のも怖い。
それほどコースが空いていたわけではないがGKが意外と反応しづらい身体の近く(脇下や股下、頭横)を強襲したシュートだった、

前半22分、ヴェルディ南くんが右サイドからシュート、GKがブロックしたこぼれをさらにヴェルディがシュート、DFに当たりこぼれ球が再び南くんの元へ。
これを落ち着いて押し込んで追加点。2-0

前半終了。

柏はサイド、バイタルエリアに人数を掛けた攻撃をするもちょっとしたミスで攻撃をやり切ることが出来ない。
ヴェルディはこぼれ球に対する出足が良く、カウンターでチャンスに繋げていた。
しかし点差ほどゲーム内容に差があるわけではなく柏も充分チャンスを創りえていた。

後半開始。

柏にFKのチャンス。ゴールから24mぐらい、位置は左であまり角度が無い。
キッカーポジションに三人並ぶ、一人目は蹴る振り、二人目が蹴る....振りをして左サイドへ走り、三人目の秋野央樹くんが直接蹴る...振りをして左サイドを抜けた二人目の山中くんへスルーパス。
山中くんがGKと一対一になるもGK中村一貴くんが身体でブロック。
入りこそしなかったがなかなか良いアイデアだ。
三人のコンビネーションはまさに"ジェットストリームアタック"、さしずめ"黄色い三連星"と言ったところか。
こういったK・U・F・Uすなわち工夫は大いにするべきだ。

後半23分、柏、途中交代の荒木大吾くんがドリブルで右サイドを突破。クロスを上げると中央の平久くんがヘッドで合わせてゴール。2-1

荒木くんのスピードが柏の右サイドを活性化。
左サイドは前半からSBの山中くんが攻撃の核となりチャンスを演出。
試合はどう転ぶかわからなくなる。

ヴェルディ、中盤でのパスカットから縦パスで南くんへ。ゴールやや右からニアへシュート、これはポスト直撃。

さらに途中交代のヴェルディ舘野俊祐くんがバイタルやや左で受けるとターンしてミドル、ゴール右上に外れたが強烈なシュートだった。

圧力には圧力で押し返すヴェルディ。

後半38分、ヴェルディの南くんが左サイドの奥深くまで侵入し、フワリとしたクロス。
ゴール前でDo!!フリーの中島翔哉くんがヘッドで合わせるがシュートはバー....
バーに跳ね返ったボールをヴェルディが拾って右サイドからゴール前へグラウンダーのパス、ゴール前の南くんに当て、潰れながらはたいたボールを再び中島くんがシュート。これが決まって、3-1

ヴェルディがかなり貴重な追加点。
柏もトップの川島章示くんらが積極的に裏へ抜け出そうとするもパスがことごとくオフサイドに引っ掛かる。
ここは勇気を持って押し上げたヴェルディのDFラインを褒めるべきだろう。

試合終了。

白熱の試合展開。準決勝に相応しい好ゲームだった。

敗れはしたが柏は魅力的な選手が揃っている。

一番目を魅いたのは左SBの山中くん。
SBとしての突破力、クロスの精度もさることながら左サイドでボールを貯める、捌く技術も一級品だ。
周りに「使われる」ことも出来るが周りを「使う」ことも出来る。
スペース裏へのパスや左から逆サイドへ一気に高精度のサイドチェンジを蹴る事で攻撃に幅を持たせる。

そしてアンカーの小林くん。
前掛かりになる事で生まれる広大なDF前のエリアを運動量で埋め、最終ラインと前線をリンクしていた。
守備一辺倒ではなく機を見て前線へ飛び出し攻撃に絡む。

秋野くんはDFラインからの正確なフィードとセットプレーのキッカーとしてチャンスメイク。

柏は3位。
2011072917540000.jpg
授賞式の写真。
3位決定戦はないので準決勝で敗れた2チームともに3位という扱い(こんなに選手達が意気消沈した授賞式もないだろうな...どうせなら決勝戦の前に3位決定戦を行えば良いのにとも思うが...)

決勝進出したヴェルディ。
前回見た高円宮杯プレミアでは高木大輔くんのワントップだった。
今日は前線で南くんがドンと構え、右に高木くん(前半で交代したが)、左に杉本竜士くん、中央に中島くんというのが基本布陣。

中央の中島くんはトップに近い位置で攻撃に絡む。
南くんの傍でサポートし、サイドへ流れた選手のパスコースになることで攻撃がスムーズに流れる。
中盤でのパスカットからカウンターの始点にも。

左の杉本くんはサイドライン際でのターン、切り返しての中央への切れ込み。
ターンの半径は小さく相手よりも半歩先へ足が届く。
柏のDF陣はかなり手こずっていた、杉本くんがボールを持つと躱されるリスクを恐れて距離をとってしまいジリジリと後退する。
とにかく足技で魅せる選手だが今日は守備でかなり貢献していた、試合終了まで左サイドでアップダウンを繰り返し自陣のサイド奥深くまでボールを追いかける。
疲労からか試合終了後にうずくまってしまい。しばらく立ち上がれなかったが大丈夫だろうか?

そして2得点の南秀仁くん。
胸トラップでのポストプレー、前線でのターゲット、ラインブレイクの駆け引き等の所謂「FWの仕事」を完遂した。
バイタルエリアでのボールの預けどころとして(そこらの銀行よりも)安心感と安定感がある。
去年観たときのインパクトも凄くて今年度のトップ昇格選手に名前が無いのを見て、、、

「ヴェルディのフロントの目は節穴か!!!」

と憤ったものだが調べてみるとまだ2年生だった(節穴だったのは僕の目だった、陳謝したい)
この試合の"SMVP"だ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ