U-22代表選手のキャッチフレーズ【J特】

サカマガ恒例U-22代表選手のキャッチフレーズが話題に

率直に言ってあまり質が高くないな、と。
高徳の『美白のファイター』に関しては伝説の『美白のロベカル』の偉業をいまだに引きずってる感がある。

いや、ここはサカマガに任せず自分で考えていこう。。。

高徳に関してはドイツを前面に出したキャッチフレーズにしたい。
サッカーでは「重戦車のようなドリブル」という表現があるがドイツで重戦車と言えば「ティーガー重戦車」だ(ティーガーとはドイツ語で"虎"のこと)
となると、、、「動く要塞、フィールドのティーガー」なんてどうだろう。
またロンドンを目指す選手なだけに「一人アシカ作戦」もいいかもしれない(アシカ作戦とは第二次大戦中ドイツ軍が計画した英国上陸作戦、実行される事は無く幻の作戦となった)

鈴木大輔には「心とスケール、LLサイズ」というキャッチフレーズ。
実際本人がLLサイズを着ているかはさておきスケールのでかさを"LL"で表現したいという気持ちはわかる。
ならばここは一ヒネリ加えて「LL・クール・Jリーガー」なんてどうだろうか。
スケールのでかさ、ピッチ上での冷静さ、Jリーグを代表した選手と言う意味を込めてみた( 元ネタは当然アメリカのヒップホップMC、"LL Cool J"だ)

ついでなので何人か考えてみた。

酒井高徳「動く要塞、フィールドのティーガー」「一人アシカ作戦」

鈴木大輔「LL・クール・Jリーガー」

山村和也「BEAT 流経」

清武弘嗣「毒注意!ツキヨタケ」

安藤駿介「アン ドゥ 取るわ!!」

権田修一「海神ダゴン、守護神ゴンダ」

東慶悟 「フィールドの"さまよわない刃"」「フィールドの"あずまんが大王"」

原口元気「ダイヤの原セ気」

扇原貴宏「最終"奥義"」

山口蛍 「蛍・鋼・闘」

濱田水輝「ハマミズキ~百年続きますように~」

大迫勇也「モンスター・ハンパーない」「ハンパー×ハンパー」

関塚隆 「旧石器時代から新セッキー時代へ」



、、、もう何がなんだかわからなくなってきた、、、
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ