翔ぶが如く ~関東大学サッカーリーグ戦:早稲田大学vs筑波大学~

夢の島での二試合目。

それにしても暑い、小春日和というにはいささか強烈過ぎる日射しだ。

余談だが大学サッカー観てると選手の知人、もしくは肉親と思わしき方々の会話が聞くとはなしに聞こえてくる。
中には…「○○くん●●に加入が決まってるんだって」という正式発表前の思わぬ情報も。
まあ真偽も定かじゃないから書かないけど。
これが今流行りの「コンプライアンス」ってやつか(違)

JR東日本カップ2011第85回関東大学サッカーリーグ戦
早稲田大学vs筑波大学

2011111213460000.jpg

早稲田の奥井諒くんを観るのは久し振りだ。

筑波はアンカーの谷口彰悟くんと右SBの石神幸征くんがメンバーにいない。
ボランチには葺本啓太くん右SBは不老祐介くんが入る。

さて、試合。

後半7分、早稲田、島田譲くんが左サイドをタッチライン際まで侵入し±0のシュート。
GK三浦雄也くんが弾いたボールに小井土翔くんが押し込んで早稲田先制、1-0

筑波、中盤からの縦のフィードに車屋くんが抜け出しGKと一対一。
これはGK赤堀勇太くんが素早い飛び出しでゴールを守る。

筑波、ロビングがPA右サイドのスペースに流れると赤崎くんが拾ってシュート。
角度のあまり無いところからニアを狙うもサイドネット。

筑波、右サイドを不老くんが上がってきて中央の瀬沼くんにパス。
瀬沼くんはボールを左の玉城くんにハタく、玉城くんがそのパスをスルーして走り込んできた曽我くんがシュート。
筑波同点。1-1

試合終了。
ドローに終わった。

筑波のボランチ葺本くんは中々良いプレーを魅せていた。
元々攻撃的な選手。中盤で数多くボールに触って攻撃に絡もうという姿勢が好印象。
葺本くんは瀬沼くんと後半途中に交代で退きボランチは八反田康平くんと上村岬くんに。
ただ、この試合では「八反田⇄岬」という筑波の黄金ラインが早稲田のプレッシングによって寸断されていた。

早稲田は富山貴光くんの前線でのキープから二列目の奥井くんのドリブル、三列目の島田くんの前線への飛び出しでチャンスを作る。
実際、先制点は島田くんの突破から生まれた。
CBコンビの山地くん、畑尾大くんは後半筑波に押し込まれた時間帯も身体を張ってゴールを死守。
早稲田の"ダブル・翔"が活躍・・・
いやいや先制点を取った小井土くんもいるから"トライアングル・翔"やね。
この三人が躍動するサッカー。
それが早稲田の"It's  time"
2011111215410000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ