一日専修の思い ~関東大学サッカーリーグ戦:専修大学vs筑波大学~

フクアリでの二試合目、筑波と専大の試合。

首位と2位の直接対決、両者とも勝点で並んでいるが得失点差5で専大が首位。
この試合の後は残り一節だということを考えると筑波は引き分けるとかなり不利だ。

両者とも、自力で優勝を掴む為にはなんとしても勝たなければいけない。

フクアリはそんな頂上決戦に相応しいスタジアムと言えよう。

JR東日本カップ2011第85回関東大学サッカーリーグ戦
専修大学vs筑波大学

2011112613440000.jpg

専大は4-3-3。
2011112613450000.jpg

筑波は2トップの4-4-2か。
2011112613450001.jpg

さて、試合。

筑波は右SB不老祐介くんの位置がかなり高い。
自陣でマイボールになった時点でハーフウェーラインを超えていることが多い。
かなり変則的だが3バックのような形だ。

前半24分、専大のCK、下田北斗くんが入れたボールをゴール前の栗山直樹くんがヘディングで合わせて専大先制。1-0

前半29分、専大、右サイドの町田也真人くんから逆サイドの長澤和輝くんにパスが通る。
PA付近で受けた長澤和輝くんはドリブルでエリアへ侵入しそのままシュート。これが決まって専大追加点。2-0

前半43分に筑波は不老くんに代えて中野嘉大くんをピッチへ。
2011112614510000.jpg

前半終了。

筑波はいきなりゲームプランが狂ってしまった。
不老くんは元々FWの選手、攻撃的に前へ押し上げようという狙いがあったのかもしれない。
そのサイドを専大に狙われてしまった、CB田代諒くんと長澤くんが度々マッチアップする。
それでも不老くんの攻撃で専大の左サイドを押し込めれば良かったのだが攻撃に効果的に絡めず守備時はカバーが遅れてピンチを招いた。
WBとしてもSBとしても中ぶらりの状態だった。

専大は筑波に対して前を向かせないプレスが見事だった。
FW、SHにボールが入ると距離を一気に詰めてターンしきれないうちにボール奪取。
筑波は八反田康平くん⇄上村岬くんのボランチ間ではボールが廻せるが横に廻るだけ。縦の関係にならない。
しかも横の距離間が短過ぎる、"展開"になっていない。

後半開始。

筑波は中野くんに代えてCB古谷真悟くんを投入。田代くんを右SBにして4バックへ。

後半ロスタイム、専大の長澤くんが左サイドでボールを持つとワンフェイント入れて対面する相手をずらし、シュート。
GKの手をすり抜けて転がっていくボールは右ポストに当たりゴールラインをコロコロと越えていく・・・
専大、優勝を大きく手繰り寄せる追加点。3-0

試合終了。

筑波は前半の失点を取り返せなかった。
むしろ前半は失点を取り返すというよりも自分達が出来るサッカーとやっているサッカーのズレに自ら四苦八苦していた印象だ。
後半4バックにして守備は立て直す事が出来たかもしれない。
攻撃も八反田⇄岬ラインが縦に開通、岬くんの縦の突破からチャンスも創れていた。
CB谷口彰悟くんも中盤まで顔を出し時には二列目を追い越してまで一点を取りに行く。
が、前半の負債を最後まで取り戻せなかった。
攻撃陣は判断の遅れが目立ち、ポストプレーも微妙にズレてシュートまで持ち込めない。
筑波らしからぬ、と言わざるを得ない。
2011112615400001.jpg

専大はこの勝利で2位の明大、3位の筑波とは勝点3差。
専大が負けて筑波、明大が勝てば数字上は可能性がある。
ただし得失点差が9。
この得失点差を覆すのは容易ではないだろう、実質専大の優勝は決定したと言ってもいいのではないか。
専修大学は今季2部から昇格してきていきなり優勝(決定はしてないが十中八九決まりだろう)
今年はそういうシーズンなのかも。

専大は4-3-3-の魅力的な攻撃サッカーをシーズンを通して貫いた。
21試合で総得点50、一試合で2得点以上という計算だ。

左SBの松本陽介くんはサイドチェンジで攻撃に幅を持たせる。
2得点の長澤くんは左サイドで仕掛けるだけでなく中に切り込んで積極的にシュートを放つ。
町田くんは2アシスト、一本のパスで局面を変えられる。

この試合の"SMVP"は庄司悦大くんに。
中盤で配球の妙を観せるだけでなくプレス、チェックと筑波の攻撃の芽を潰しまくった。
ボール奪取率はかなり高かったんじゃないかな。
個人的には関東大学リーグでNo.1ボランチだと思っている。
2011112615400000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

よしひろ君を応援している者です.
パスセンスはいいと思いますV(^-^)Vもう少しDefを頑張ってくれれば...と思います☆

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

庄司くんですよね。
僕も応援しています、彼のプレーをもっと観たいのでプロに行ってほしい、と思います。
この試合では守備も頑張っていましたよ。

プロに行ってほしいですね♪”
でもまだオファーはきてないみたいです”(ノ><)ノ
インカレで活躍して欲しいと思います☆

Re: タイトルなし

彼にオファーを出さないとはスカウトの目はとんだ節穴です。
まだインカレがありましたね。
お正月に国立の大舞台で活躍する姿が観たいです。
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ