デタミネーション【断固たる決意】~高円宮杯U-18チャンピオンシップ:コンサドーレ札幌U-18vsサンフレッチェ広島F.Cユース~【J特】

今年からイーストとウェストに分かれてリーグ戦形式となった高円宮杯。
東西の王者が真の日本一を懸けてこの試合に挑む。

ボクシングで例えるなら全日本新人王決定戦といった所だ。
もっとわかりやすく言えば『はじめの一歩』の一歩vs千堂戦。
一年のリーグ戦の成果を、努力の結晶を発揮する場だ。
o0383064010466701054.jpg
両者とも勝っても負けても悔いの無いような試合をしてほしい。

高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップ
コンサドーレ札幌U-18vsサンフレッチェ広島F.Cユース


札幌はプレミアの開幕戦を観た。
その時好印象を抱いたのは確かだ。
だが正直プレミアイーストで優勝するとは思わなかった。
来季のトップ昇格は小山内貴哉くん奈良竜樹くん前貴之くん荒野拓馬くん榊翔太くんの5名。
特に奈良くんは今季トップチームでもJ2リーグ終盤にCBのレギュラーとして出場している。
布陣は4-4-2

広島はウェストの覇者。
今季は初見だ。
布陣は登録上は2-6-2になっている、実際はFW登録の藤井貴之くんがCBの3-6-1
右WBの森保圭悟くんは来季広島の監督に就任した森保一さんのご子息だ。

さて、試合。

広島、森保くんが右サイドからクロス、ファーに届いた川辺駿くんが合わせるもバーに弾かれる。

前半終了間際、広島FKのチャンス。ゴールほぼ正面で距離は30mを軽く超える。
直接狙った森保くんのシュートはゴール上段を強襲、GK阿波加俊太くんが弾いて難を逃れる。

前半終了。

広島は序盤から積極的にシュートを放つ。
サイドからのクロスにワントップの越智大和くんを目掛けた長いボール。
さらにトップ下の野津田岳人くんと末廣浩暉くんがショートパスでバイタルを崩しにかかる。
攻撃のバリエーションが豊富だ。

札幌はシュート数、チャンスの数を観ると押し込まれてしまった印象だが前半は抑えていたのかな?
ボールを奪ってからショートパスでなるべく手数をかけずに繋いでくる。
フィニッシュに至る回数こそ少なかったが小気味良い繋ぎが観られ、カウンターで得点出来そうな雰囲気はあった。
広島に攻めさせつつも懐中に忍ばせた短刀をチラつかせる...といったところか。
2011121716020000.jpg

後半開始。

後半3分、広島の野津田くんが右サイド抜け出しPAに侵入、縦に行ったところを札幌のDFが倒してしまう。
手がかかってしまったかな?PKとなる。これを野津田くん自らが決めて広島先制。1-0

後半6分、広島にCK、野津田くんが右から入れたボールはゴール前を通過しファーサイドに走り込んできた藤井くんの足元にピタリ。
藤井くんがダイレクトで蹴り込んで広島追加点。2-0

後半18分、広島は野津田くんがドリブルからゴール中央PA付近の平田惇くんにパス。
平田くんは少しタメてから右から走り込んできた末廣くんにラストパス、末廣くんはDFを振り切ってニアへシュート。3-0

後半42分、札幌は左サイドでボールを奪取するとそのままドリブル、中へ切り込んで中央の中原彰吾くんにパス。
中原くんが右足を振り抜いて札幌意地の一発。3-1

試合終了。
広島が高円宮杯U-18プレミアリーグ"初代"王者に輝いた。


札幌は先制点を与えたPKから立ち直るのが若干遅れてしまった。
確かにPKの判定は少々厳しいものに観えたがボクシングなら「スリップ気味だったのをダウンに取られた」程度に思っておけば良かった。
だが僅か3分後に2点目を奪われた。
3分間はボクシングなら1Rと同じ。
「切り替え」とは言葉で言う程容易い事ではない。
両SBをあがらせてサイド攻撃に活路を見出そうとするも広島はWBが下がって5バック気味になりサイドで数的有利を作らせない。
カウンターパンチャーにとっての「左右の足」を封じられてしまった状況に。
2011121717090000.jpg

広島は前半、右サイドから森保くんが良いクロスを供給。
右の差し合いで優位に立つと中央から野津田くんと末廣くんのワンツー&コンビネーションで札幌のブロックを揺さぶる。
トップの越智くんはロングボールをタメて周りを使う気の利いたプレーをしたかと思えば一気に裏への抜け出しを計る等、札幌守備陣を手こずらせる。
最小モーションのジャブが実はノックアウトも狙えるストレート並の破壊力を秘めている・・・と言えばわかり易いだろうか。
手数の多さ、攻撃パターンの多彩さが広島を勝利へ導いた。

守備でもキャプテンのCB脇本晃成くんを中心にした柳川剛輝くん藤井くんの3バックが粘り強い対応。
藤井くんは守備だけでなく果敢に前線まで上がって攻撃に絡む、10番を背負っている選手だけに攻撃参加が板に付いていた。
だが決して守備を疎かにしているわけではない、しっかり走って戻ってくる。
フルラウンド、最後まで足が止まらなかった。

もう一人脅威のスタミナを発揮していたのが川辺駿くんだ。
攻め込まれた時はWB、ボランチの位置から左サイドの奥深くまでカバー。
左サイドで対峙するのは札幌の前くん、僕は彼をこの年代で屈指の左SBと評価しているがこの試合は川辺くんの完勝だった。

"SMVP"は野津田くんに。
先制点のPK獲得は積極的な仕掛けが実ったものだが僕はパス出しのセンス、技術を評価したい。
3点目のきっかけとなった楔のパス、得点こそならなかったが中央から右へのスルーパス、これらはドリブルしながらのパスだった。
前に運びながらも周りが視えている証拠だ。
ボールの置き所も良いのだろう、ドリブルしながらいつでも広角にパスが出せる状態にある。
この試合1ゴール1アシスト、見事だった。

広島の森山佳郎監督は前年(前身)の高円宮杯も制している。
決勝戦では選手達に、、、

「(出場停止で出られない)宗近の想いを背負ってほしい、背負うのは"重荷"ではなく背中を押してくれる筈だから」

という言葉をかけたそうだ。
戦術や指導方法等は試合だけでは伺い知れぬところがあるがモチベーターとして一流の監督だというのはこの言葉だけで頷ける。
監督にはボクシングのセコンドと一緒で状況を分析し指示する冷静さだけではなく時にはハッパをかけ選手を奮い立たせる熱さも必要だ。
ハーフタイムにはこんな言葉を投げかけていたのではないかと想像する、、、
t2AnW.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ