チェックメイト ~全日本大学サッカー選手権大会:専修大学vs中京大学~

日本代表の新ユニに対して否定的な意見が多いようだがあのユニは裾をちゃんとパンツにINしないとかなりだらしなく見える。
サッカー少年達に向けて、、、

「ユニフォームの裾はちゃんと入れなさい」

という教育的な意味も含まれているのだろう。

第60回全日本大学サッカー選手権大会 準決勝
専修大学vs中京大学

2011122513530000_20111226185412.jpg

専大は4-3-3
今年は2部昇格からいきなり関東大学リーグ1部優勝という快挙を成し遂げた。
来季プロに進むのはジェフに内定している10番町田也真人くん、町田に内定の庄司悦大くんの二人。
個人的に大学No.1ボランチだと思っている庄司くんのプロ入りは本当に嬉しい。
町田ゼルビアにとって良い補強なのは間違いないだろう。

中京は前回のインカレ準優勝チーム。
監督の西ヶ谷隆之さんは試合当日に、、、

アルビレックス新潟新コーチに元新潟の西ケ谷氏


との報道があった。
中京は去年、準々決勝決勝を観戦している。
その時の布陣は3-5-2で守備時は両翼とアンカーが下がって6人で守備ブロックを形成。
かと言ってドン引きサッカーをしているわけではなく中盤→前線を経由しタメてから両翼のサイドアタックを誘導する。
この試合は4-2-3-1だった。

さて、試合。

前半1分、専大の松本陽介くんが前線へフィード。
町田くんが頭で合わせたボールはループ気味になりGKはバックステップしながらジャンプして必死に手を伸ばす。
GKはボールに触れるも弾き出せず後ろにこぼしてしまう。
ゴール前転々とするボールを大西佑亮くんがスライディングで押し込み専大先制。1-0
開始から1分も経たないうちの先制点。

前半39分、専大の町田くんが右サイドを走ってきた仲川輝人くんにスルーパス。
仲川くんはPAまで持ち込みニアを強襲するシュート、これが決まって専大追加点。2-0

前半終了。

中京はあまりにも早過ぎる失点で萎縮してしまったか。
とにかくボールが繋げられない、専大の猛プレスにさらされDF陣からのビルドアップがままならず。
大袈裟に言えば、3本まではパスが繋がるが4本目でカットされる・・・という状況。
省略してワントップの藤牧祥吾くんに当てて...というパターンもあったが不発。
まずキープがなかなか出来ない上にトップと二列目の距離も遠い。
前半はシュート0本だった。

専大は先制点で完全に試合を掌握した。
開始早々の先制点は出来過ぎだったのかもしれないがその後浮き足立つ中京を圧倒的に押し込んだ。
多彩な攻撃パターンと圧巻のプレス。
追加点は必然だったかもしれない。

後半開始。

中京が若干持ち直してきたか。
やり方を大幅に変えたわけではない。
専大に完全に呑まれていた前半を省みて後半はやれる事、出来る事を再確認し自分達のサッカーをやろうとした。

専大は若干プレスの勢いが落ちてきた、中京に攻め込まれるシーンも。
ただ"中だるみ"の時間帯を乗り切ると再びプレス開始。

試合終了。
専大が決勝進出。

中京は持ち味が出せないまま試合終了。
それでも何も出来なった前半に比べ後半はチャンスを作れていた。
後半5分にFW中村亮太くんを投入すると前線で起点が出来、多少は攻撃が流れるように。
しかし前後半通じてシュート2本ではいかんともし難い。
堅守との評判が高かった中京、実際トーナメント一回戦では筑波を完封している。
この試合も「しっかり守ってから」というプランがあったのかもしれない。
だが試合開始早々の失点でそのプランも崩れ、戦況も気持ちも受け身にまわってしまった。
序盤から専大の圧力に押し込まれたDF陣。
その時、西ヶ谷監督が左SB福ヶ迫知秀くんに飛ばした檄は、、、

「福ヶ迫!!スマイルッ!!!

専大の勢いにさらされ余裕がなくなっていた事が表情に出ていたのだろう。
2011122515500000.jpg

専大は関東大学リーグを制した勢いそのままにインカレでも躍進。
インカレ制覇にも"王手"をかけた。
ドリブルに優れた両ウィングと身体を張れるワントップ。
攻撃のバリエーションを増やすゲームメイカーに中盤で自在にタクトを振るうボランチ。
まさに4-3-3の理想型があった。
そして攻撃だけでなく圧巻のプレス。
一手二手まで先を見越したかのようなチェックが中京の選手を搦め捕る。
チームメイト同士が連動した、まるで"詰め将棋"のようなプレスだった。

この試合の"SMVP"は左SB松本陽介くんに。
先制点のきっかけとなったフィード。
さらに左サイドで攻撃の起点となる、特にサイドからバイタル中央の選手に当てるパスが効果的だった。
あそこを一発で通せるSBがいれば攻撃がスムーズになるだけでなく相手のプレスを無効化出来る。
攻撃では積極的なオーバーラップ、守備では相手のカウンターを防ぐ為に左に右に走って攻撃の芽を摘み取る。
将棋で言うなら香車ではなく飛車、、、さらに成って"竜王"と言ったところか。
華麗な攻撃陣を支える有能で能なSBだ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ