Lady Steady Go! ~全日本大学女子サッカー選手権大会:日本体育大学vs神奈川大学~

FIFAバロンドール授賞式 澤 穂希選手、女子年間最優秀選手賞を受賞 アジア初の快挙

日本女子サッカーの頂点が名実共に世界の女子サッカーの頂点に。
世界最高の選手が日本に、なでしこリーグにいることの価値は計り知れない。
サッカー少女にとっての最高のお手本が(プレーだけでなく生き方のロールモデルとして)存在しているのだから。
少女の夢に「サッカー選手になりたい」が加わること、"裾野の拡大"ってそこから始まるんじゃないでしょうか。

というわけでインカレ女子サッカーの決勝戦。
ここ、国立のピッチがバロンドール授賞式の壇上に続いている....のかもしれない。

第20回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝
日本体育大学vs神奈川大学


日体大はなでしこの川澄奈穂美、丸山桂里奈も在籍した大学。
インカレ優勝13回の名門校。
布陣は4-4-2

神大は4-4-2

さて、試合。

日体大は右SH小栗麻緒選手の高精度のクロスからチャンスを作る。
小栗選手のクロスからゴール前、久保田麻友選手が飛び込む形が何度か観られた。
ボランチの嶋田千秋選手は中盤でボールをキープし、捌ける。
攻撃のテンポを操ることが出来ていた。
試合を優位に運んでいたのは日体大か。

神大は中盤での主導権争いでは分が悪い。
その代わりカウンターでチャンスを伺う。
トップの長田いづみ選手にシンプルにボールを預け、中盤から長い距離を走って水島久美選手が飛び出してくる。
実際、決定的なチャンスも作れていた。

後半開始。
2012010511290000.jpg

後半15分、神大CKのチャンス。こぼれ球を大谷志帆選手がPA付近から豪快にシュート。
必死に横っ跳びしたGKの指先も届かずネットに突き刺さる。神大先制。1-0

後半29分、日体大CK。小栗選手が直接入れたクロスをゴール前で福田真理香選手がドンピシャのヘディングシュート。
これが決まって日体大同点。1-1

勝負は90分で決着がつかず延長戦へ。

日体大の途中出場、吉澤亜依選手がスピードでDFラインを抜け出しチャンスを得るがシュートは枠外、DF陣とGKのブロックに阻まれる。

延長でも決着はつかず試合終了。
両校優勝。

日体大のFW久保田選手はポストが出来てスピードで相手を振り切る事も出来る万能のFWだった。
その持ち前のスピードで左サイドを突破するシーンが何度か。

左SHの高島瑠里子選手も背後からのロングボールをボールタッチとスピードで一瞬にしてチャンスに変えてしまう。

右SH小栗選手のサイド突破からのクロスも精度が高く、DFを一山超えてゴール前に落とし込むクロスが度々神大のゴールを脅かす。
同点弾のアシストも見事だった。

10番を背負うボランチの嶋田選手はDFに寄せられても足技で躱してから落ち着いてコースを探し丁寧なパスで攻撃を組立てる。

日体大は始終有利に試合を運ぶが神大が瀬戸際で良く踏ん張った。

神大の攻撃陣は前線の長田選手を軸に水島選手が良く攻撃に絡む。
長田選手は全体的に押し下げられてしまう中、優れたキープ力で水島選手の上がる時間を創り出す。

水島選手は攻撃のアイデアを多数持つ選手、カウンターに幅を持たせる。

神大のMVPはGKの水谷綾香選手だろう、再三の好セーブで日体大の攻撃を一点に抑えた。

2012010516350000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ