育成年代に関しての初心表明 ~S・キングの『ヘッド・ダウン』を読んで~

スティーブン・キングの短編集『ブルックリンの八月』読了。

収録作の中に『ヘッド・ダウン』という短編がある。
ホラーでもSFでもなく、キングの息子の所属する少年野球チームのリトル・リーグ・トーナメント戦を追ったドキュメンタリーだ。
文体は簡潔だがキングのリトル・リーグへの愛情が伝わってくる。
少し長くなるがキングとチームのコーチであるデイヴの会話を引用したい、、、

「彼らはなにを得るのかな?」と、わたしはデイヴに質問する。
「このシーズンが終わったとき、なにを手に入れるのかってことだよ。彼らはどんなふうに変わると思う」

デイヴは意外そうな表情をうかべて考えこむ。それからマットのほうを向いて微笑を浮かべる。

彼らはおたがいを手に入れるのさ

と、彼は答える。

この子たちは一緒にプレーし、一緒に地区予選を勝ち抜いた。
ある者は裕福な家の生まれだが、使い古しの皿洗い機のように貧しい家に生まれた子供も二人いる。
しかしユニフォームを着てグラウンドに出るときはそういうものをすべてラインの外に置いてくる。
グラウンドでは学校の成績も親の仕事も助けてはくれない。グラウンドではすべてが子供自身の責任だ。
彼らはグラウンドで起きることにできるだけ専念する。

彼らは一緒にプレーした。くる日もくる日も一緒に練習した。
おそらくこのことが試合そのものより大切だろう。
おれは優勝できるとは思っていないが、そのことは重要じゃない。出場できるだけで充分だ。
なぜならそれは彼らがグラウンドで一緒になしとげたことだからだ。
彼らはそのことをいつまでも忘れないだろう。
そのときどんな気持ちだったかを一生忘れないだろう。
勝ち負けの問題じゃない。
それは二義的なことだ。
大切なのは今年彼らがどんなふうに廊下ですれちがい、顔を見合わせ、そして思いだすかということだ。

大切なのはだれが自分のチームメイトかを知ることだよ。
好き嫌いは別にして、自分が頼らざるをえなかった人間はだれかということを


チームメイトを信じ。相手に、審判に敬意を払う。
"アマチュア"か"プロ"か以前の当たり前の事だがプロの試合を観戦しているとつい忘れがちになってしまう。
キングはリトル・リーグを通して野球の、ひいてはスポーツそのものの魅力と意義を読者に問いかける。
また選手のプレー描写、形容も事細かく流石一流の作家だなと感心する。

おこがましい限りだが僕もU-18年代や大学サッカーの観戦記を書く時はこうありたい、と思う。

何故自分が"育成年代"の試合を好んで観るのか?

西が丘や深川に「ダイヤの原石」を探しに...というのもあるがそれだけじゃない。
勿論「良い選手だな」と思ってた選手がプロに進んだら嬉しい。
けどそんな「スカウトごっこ」だけでは虚しい。
品評会や利き酒大会じゃないんだ。

試合を観て観戦記をブログに書く時「この試合で輝いた選手」をピックアップするわけだけどプロに進む選手にとってそれは"経過"になる。
でも高校や大学でサッカーを辞めてしまう選手もいる。

選手権ならいざ知らずほとんどの大会や試合はTV中継も無いし観客だって数十人か数百人だ。
大会の規模や知名度で試合の価値が決まるわけじゃないが公式記録に名前が載るだけでは寂しい。
映像に残らないならネット上に文章だけでもその子の「サッカー選手として」の足跡を刻みたい。
彼らにとってはその試合が最後の公式戦かもしれない。
だから(拙い)レトリックと(貧弱な)ボキャブラリーを総動員してその選手のことを書き留める。

実際、選手名で検索して僕のブログに来てくれる人がいる。
多分プロ入りの噂があるとか将来有望な若手の情報を得る為、というのが多いんじゃないかな。
でも全員がプロに行けるわけじゃない。
中にはもうサッカーを辞めてる子もいるかもしれない。
ネット上じゃ彼らの「サッカー選手として」の情報は限られてる、今後更新される事はないかもしれない。
だからこそ読んでくれた人がプレーを想像出来るような、映像が喚起される様な描写がしたいしその為に努力する。
半端で上っ面だけの文章なんて選手にも読んでくれた人にも失礼だから。

それが自分なりの選手への、サッカーへの恩返し。

サッカーには大きな借りがある。
多分、返しきれないけど。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ