There will be an answer ~東京都クラブユースU-17サッカー選手権:FC東京U-18vsFC町田ゼルビアユース~

快晴の西が丘。

実は去年も東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会の3位・優勝決定戦を観戦している。
去年は見事なドカ雪だったな.....
2011021114110000.jpg
『傘地蔵』のお地蔵さんの気持ちがよくわかった。

第13回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会
FC東京U-18vsFC町田ゼルビアユース

2012021110580000.jpg

FC東京は去年高円宮杯プレミアリーグから降格し今シーズンは関東プリンスリーグ1部で戦う。
しかし関東1部は柏、マリノス、ジェフのユース強豪クラブに加え前橋育英、市立船橋、山梨学院等の選手権強豪校が群雄割拠する試練のリーグだ。
ひょっとしたら去年のプレミアリーグ以上に厳しいものになるかもしれない(楽になるのは移動だけかも)
FC東京は野沢英之くん五勝出竣仁くんブーゾ アモスくん二瓶翼くん等去年から試合に出ていて印象に残っている選手が多い。
布陣は4-4-2

町田ゼルビアユースは初見。
こういう初見のクラブユースを観るのもこの大会の楽しみの一つだ。
町田は今年、去年までヴェルディユースの監督をしていた楠瀬直木さんが育成部門のアカデミーダイレクターに就任した。
ヴェルディユースで実績を残した楠瀬さんだけに期待は大きい(監督と違ってダイレクターという肩書きがどういうポジションなのかはよくわからないが)
布陣は4-4-2

さて、試合。

前半FC東京、左SB吉田くんが左サイド切り込んでからクロス、中でフリーのアモスくんがヘッドを合わせるがGKの真正面。

FC東京、二瓶くんがドリブルで中央切り込んで右の斎藤涼汰くんへラストパス、斎藤くんのシュートは枠の外。
2012021112030000.jpg

前半終了。

ボールを持てているのはFC東京。
後方から裏へのロングボール狙いでシンプルな攻撃も。
ダブルボランチの野沢くんは抜群の配球力でボールを細かく繋ぎ、川上翔平くんが中盤から右サイドへ一気にパスを通し展開を大きくする。
ただし前線に当ててからのコンビネーションに若干のほつれが観られ、容易くボールをロストしてしまうシーンも。

町田は前線の辻川樹くんにボールを預けてから二人、三人と連動して攻撃に絡んでいく。
何度か左サイドを抜け出してチャンスを作る。
しかしだんだんとFC東京の寄せの速さに四苦八苦するように。
1本、2本、3本、、とパスが繋がれば良い形になりそうだなという場面で1.2...のところでカットされてしまう。
なかなかシュートシーンまで持っていけない。

後半開始。

後半になってFC東京は前半FWの位置にいた斎藤くんと右SHの岩田拓也くんがポジションを交代した。
俄然、FC東京に良い流れが出始める。

FC東京、ゴール前での浮き球を岩田くんがヘッドで競り合い落としたボールに斎藤くんが詰める。
決定的だったがGKが左足一本でブロック、ナイスセーブだ。

後半21分、FC東京。中央二瓶くんから右サイドを駆け上がって来たSB青木啓輔くんへスルーパスが通る。
ゴールライン付近まで侵入した青木くんがグラウンダーでゴール前へ折り返すとゴール前まで上がっていた二瓶くんが豪快に蹴り込んでFC東京先制。1-0

後半30分、FC東京FKのチャンス。位置はゴール右、PAラインの"角"の辺りだ。
キッカーは川上くん、左足で直接狙ったシュートがゴールニアの左に決まる。2-0
コース的にはそれほど厳しいところではなかったかもしれないがGKが完全にファーへ体重をかけていた為に反応が遅れてしまった。

後半40分、町田の岡端拓哉くんがバイタルのゴールやや左で前を向いてボールを受けると躊躇い無くミドルシュート。
ゴール右上段に突き刺さる様なミドルが決まった!!町田希望を残す、2-1
凄い弾道だった、蹴り足から綺麗に一直線という感じ。
例えるなら昔縁日で売ってたツバメ玩具製作所のソフトグライダーのような美しい弾道だった、、、
softglider.jpg
(こういうの。わかる人いるかな?)

後半41分、裏へのスルーパスに抜け出した途中交代の天野将平くんがDFを引きつけ、同じく途中交代の岸寛太くんへラストパス。
これを岸くんが落ち着いて決めてFC東京駄目押し。3-1

試合終了。

町田は前半はともかく後半で地力の差が出てしまった印象だ。
自陣でのマイボール時から強烈なプレスにさらされボールキープもままならない。
FC東京の「サイドに追い込む守備」が見事だったのもあるがボールの置き場所、身体の向きのどれか一つでも不安定だと即座にプレスの餌食になってしまう。
後半に辻川くんの惜しいシュートもあって決まっていれば...と思わないでもないがこういう大会の性質上勝敗は大した問題ではないのかもしれない。
なによりも強豪との実力差を見極め、自らのポテンシャルと摺り合わせて行くという作業が重要だからだ。
まあなにしろ今年から"Jリーグクラブ"として戦う町田だ、ユースのあり方も変わってくるだろうし人材も変わってくるだろう。
これからはユースが"プロサッカー選手"に直結しているわけだから志の高い子供たちが町田に集まってくる事も考えられる。
これからも注目していきたい。
2012021112510001.jpg

FC東京は前半と打って変わって後半は魅力的なサッカーをしていた。
FWとSHが有機的に絡み合い。スウィッチプレーとダイレクト、ワンタッチの細かいパス交換で崩す。
サイドのアタッカー陣、二瓶くんはスピードと切り返し、岩田くんはシザース、斎藤くんはボールを足に吸い寄せる様なコントロール技術がありまさに三者三様の変幻自在な突破を仕掛ける、

守備陣は五勝出くんと浅野友亮くんのCBが盤石、空中戦でも完勝。
特に浅野くんはインターセプトで光った、フィードも◎
左SBの吉田一彦くんはプレスのいなしかた、躱しかたが巧い。
キックフェイントで相手をいなし、足裏で引いて相手を躱す、これを自陣左サイドでやれるのが凄い。

この試合の"SMVP"二瓶翼くんに。
先制ゴールを呼び込んだパスに注目したい。
彼の持ち味であるドリブルの切れ味は勿論のことだが今日はパスの精度にも目を見張った。
ドリブル後、もしくは最中でもパスが雑にならない。
スピードをつけて横に切り込みながらでも柔らかく優しいパスを逆サイドに流すことが出来る。
また、バイタルでボールを足裏でトラップ、背負ったDFがボールに当たりに来たところを足裏で引いてすり抜けながらターンしつつシュートというシーン....
これは惜しくもバーに弾かれてしまったが重要なのはこういう"アイデア"を持っているということ。
2012021112520000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ