FC2ブログ

未来は白紙ってことさ ~東京ヴェルディvs松本山雅FC~【J特】

2012年のJリーグが開幕。
寒風吹きすさぶ味スタへ。

2012 J2 第1節 東京ヴェルディvs松本山雅FC

2012030416220000.jpg

山雅は3-4-3-か。
3トップはエイジソンを頂点に弦巻健人と木島徹也。
中盤は久木田紳吾と楠瀬章仁を左右に配置、SHとSBを兼ねる役割だ。
GKは野澤洋輔。
反町康治監督を迎え今シーズンからJ2に参戦。

ヴェルディは4-4-2
新加入の西紀寛と小池純輝はSHに、ジョジマールが阿部拓馬と2トップを組む。
ダブルボランチは和田拓也と今シーズンのキャプテンに任命された小林祐希。

試合開始。

ヴェルディ、小林が右サイドからFKを入れる、ファーで合わせるが枠外。

山雅、木島が左サイドの裏へ抜け出しGKと一対一。
シュートはGK柴崎貴広がブロック、こぼれ球をエイジソンがシュート、これも柴崎が素早くリカバーしファインセーブ。
完全に失点ものの形だ、柴崎のビッグプレーでヴェルディは救われた。

前半終了。

ヴェルディは阿部がゴリゴリとドリブルで突破するか小林のセットプレーからはチャンスを作れていた。
ただし攻撃陣がまだ密に連携が取れていないのか、密集地帯でのショートパスも精度を欠く。
西と小池のSHも持ち味を出せているとは言い難い、西はピッチを動き回る事で攻撃の糸口となろうとしているのが観えた。
小池は時折見せるフェイントや切り返しで魅せてくれるもそれが"点"でしかなく攻撃の"流れ"に繋がらない。

それ以上に問題だったのは守備だろう。非常にファジィな印象を受けた。
ラインを高く保つ事が災いしてか再三裏を取られる。
単純にスピードで抜かれるというよりもラインを上げてオフサイドを仕掛けるのか戻ってカバーするのかの判断が曖昧でボンヤリしていた。
なのでヨーイドン!で走られると判断の遅れか常に後手を踏んでいるような状況。
まるで地に足がついていないかのようなフワフワとしたディフェンス。
特に左SBの中谷勇介は全く良い所がなかった、攻めている時は曖昧なポジショニングで攻撃に絡めず、中盤で不用意にボールをかっさらわれてカウンターを受けるという場面が何度か。

山雅は前半の戦い方はほぼ満点に近いものだった。
最も効果的だった攻撃は極端な話後ろを7人で守って前線の3人で攻め切る形。
多分だが左右SHの楠瀬、久木田を使ってサイドで起点を作ってからの攻めというのもプランにはあったと思う。
ワイドに開いて攻撃を組立てる展開も少しだけあった。
ただやはり両SHが押し込められる場面が多く、中盤ではボランチがなかなか落ち着いてキープさせてもらえない。
ならばと後方からシンプルにロングボールを入れ、前線でエイジソンが競って裏へ落としたボールを両翼の弦巻と木島が狙う。
シンプルだが効果は抜群だった。
守備は後ろの3人がキッチリとブロック。
GK野澤もハイボールの対応(一回ポロリしかけたが)、シュートへの反応はソツがなく。ゴール前のクロスボールには積極的に飛び出しパンチングでピンチを未然に防ぐ。
反町監督のチームの印象はエンジンのかかりが遅く、セカンドギアで走行している様なもどかしいサッカーで「失点しないと目が覚めない」スロースターターなチーム(新潟時代に何度も観てきた)
そう思うと無失点の上に鋭いカウンターで得点の匂いも濃厚、前半の出来は上々だった。

後半開始。

後半6分、ヴェルディ、セカンドボールを拾った小林がミドルシュート。DFに当たってコースが変わりゴール右に決まってヴェルディ先制。
イレギュラーなコースチェンジにGKも逆を突かれた。

後半13分、ヴェルディ阿部が左サイドでボールを持つと斜め前方にドリブルで切り込む。
シュートコースを空ける動きでDFを引きつけピッチ中央まで進むと右足インサイドで左サイドのスペースに走り込んできたジョジマールにラストパス。
ジョジマールはGKの右脇ニアのコースにシュートを叩き込む。ヴェルディ追加点。2-0
阿部の絶妙なチャンスメイク。右斜め前方にドリブルで進行しながら関節視野で左サイドのジョジマールを捉えていた。

試合終了。
ヴェルディが2-0で開幕戦勝利。

山雅は上手く前半を乗り切ったかに思えたが後半に2失点。
後半の展開としてはカウンター(もしくはセットプレー)で1点をもぎ取り守備陣が踏ん張って1-0というのが理想だったかな(天皇杯の新潟戦のような)
前半終了時は僕の頭にもそのイメージがおぼろげながら(やや鮮明に)浮かんでいた。
しかし後半立て続けの失点。
山雅にとってのJ開幕戦はほろ苦い"Jリーグ"デビュー戦となった。

攻撃陣に関してはエイジソンは競り合いもそこそこ強く、スピードもなかなかある。
前線で起点となってのチャンスメイクや持ち込んでのシュートでヴェルディゴールを脅かす。
今月になって急遽入団が決まったブラジル人ストライカー、もしかしたらコンディションが万全ではないのかもしれない。
今日観た試合がトップフォームではないのなら...期待するに充分な選手だ。

弦巻はFWという印象は無かった選手だがこの試合左ウィングとして何度も前線のスペースに顔を出す。
また一列下がってゲームを組立てる役割もこなせる。

木島は前方にスペースがあればラッセル車の如くDFを薙ぎ倒さんばかりにドリブル。
戦術を超えて"個"を出す事の出来る選手だ。

この三人が前線にいればシーズンを通してある程度の得点は見込めるだろう。
反町監督が新潟時代にとった「前線にブラジル人(エジミウソン、ファビーニョ、リマ)を三人並べる」サッカーを思い出した。

左SHの楠瀬章仁(新潟の三門と流経大で同期だった選手)はドリブルを得意とする攻撃的SHだがこの試合はやはり守備に追われてしまった。
これからは守備をしつついかに持ち味を出すかが問われる。
主戦場の左サイドには前に弦巻がいる、楠瀬のドリブルと弦巻のパスセンスが組み合わされば相乗効果も期待出来る(その為には上下を何度もアップダウンする運動量が必須になってくるが)

前線へのロングボールが効果的なのは実証されたが山雅はこの先「中央のスペースをどう使えるか」が鍵となりそう。
一つの武器を持っているのは強みだが攻撃のバリエーションが増える事は決してマイナスではない。
途中交代でボランチの位置に入った北村隆二にはそういう「中央で変化をつける」意図と可能性を感じさせてくれた。
CBの三人は「サイドをある程度攻略されても中央で跳ね返す」という守備に徹するなら充分な働き。
後ろが安定していれば前の選手はより攻撃に比重を掛ける事が出来る。
GK野澤のフィードを含めて「前線にいかに素早く、正確に供給するか」の"練度"を突き詰めていけば"連弩"のような分厚い攻撃が可能となるだろう。

ヴェルディは前半の内容を観ていると今シーズンが心配になるほどだったが後半2得点。
チームの成熟度としてはまだまだだが攻撃陣の萌芽は感じられた。
小池は後半右サイドからの突破でチャンスを作っていたし西の運動量は攻守に効いていた。
ただ小池はまだまだプレーのエリアが狭いし有効範囲が限られている印象だ。
西の運動量ももっと効率良く発揮させることが出来る筈。
両SHとボランチのパス交換がまだまだぎこちないという印象を受けた(この点は試合毎に改善されていくのかな)
試合後のインタビューによると川勝監督はハーフタイムに、、、

【J2:第1節 東京V vs 松本】川勝良一監督(東京V)記者会見コメント

そこを開けないっていう硬さが、前半どこかで取れればいいなと試合前には思った。
ただ、それが前半45分間続いたので、『ケンタッキーフライドチキン』って言ってたんですよ(笑)
みんなフライドチキンだと。ハートがチキンチキンだ。

2012030414590000.jpg
この言葉に選手達は発奮したのではないでしょうか。
チキン(腰抜け野郎)となじられて黙っちゃいられないですからね。
そう『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティ・マクフライのように、、、
images_20120305194220.jpg
「誰にも 腰抜けなんて 言わせない!!」

こ試合の"SMVP"は小林祐希に。
先制点はヴェルディの今シーズン初得点というだけでなく思い切ったシュートで前半からの嫌な雰囲気を一掃した。
サイドでのキープ、フィールド中央でのパス捌き、セットプレーでのチャンスメイク等々、、19歳のキャプテンは既にチームの王様としてプレー。
元々ユース時代から観ていた選手だ。
感慨深いものがある。
ただ、中盤でボールを捌くだけでなく積極的にバイタルエリアでラストパスを狙うシーンをもっと観たかった。
あとは被カウンター時の中盤での守備の寄せ、そして縦パスの精度と頻度・・・
おっと、小林祐希に関してはついつい注文が多くなってしまう、しかしそれは期待の裏返し。
更なる進化を望む。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ