可能性(Possibility)は可視性(Visibility) ~川崎フロンターレvsアルビレックス新潟~【J特】

さて、開幕戦。
平穏な(例年に比べれば比較的...ですが)オフシーズンが終わり。
心掻き乱されるサッカーシーズンの始まりです。

2012 J1 第1節 川崎フロンターレvsアルビレックス新潟
 
川崎の中盤は去年の主要メンバーが揃う。
新加入組はGKに西部洋平、CBにジェシが入り。
小松塁とレナトの2トップ。

新潟は4-4-2
新加入組はCBに大井健太郎。
左SBに金珍洙。
SHにアラン・ミネイロ。小谷野顕治。
FWに矢野貴章が入る。
実に5人の選手が去年と入れ替わっている。
GKは黒河貴矢、1年前のこの時期に川崎との練習試合でアキレス腱断裂、長期離脱を余儀なくされた。復活を祝うと同時に一昨年も開幕直後に負傷しているので今年は怪我が無いよう祈る。
ダブルボランチは菊地直哉&本間勳。
右SBには村上佑介ではなく三門雄大を起用。

試合開始。

開始早々。新潟の矢野がワンツーで抜け出しGKと一対一。シュートも西部がブロック。

前半11分、川崎が右サイドでセットプレーのチャンス。
レナトがゴール前に入れるとニアで實藤がヘッドを合わせて川崎先制。1-0

前半終了。

新潟、先制はされたが内容自体は悪くない。
特に攻撃面では菊地、本間のボランチを軸にワイドに展開。
中央、サイドでタメてDFを引き付けておいて空いたスペースを使うというやり方で度々川崎のPAまで侵入、
シンプルな縦へのロビングパスもブルーノ、矢野がしっかり追いついてくれるので効果は絶大。
反面守備では川崎の裏へのボール対応に四苦八苦。
攻め上がった三門、金のスペースを狙われる。
大井、鈴木の必死の戻りと黒河の果敢な飛び出しでなんとか防いでいた。
気になったのはロングボールが入った時、川崎の前線一人と新潟のDFが二人の1対2のケースでDF二人がくっつきともに距離を取って対応してしまったシーン。
左右のスペースががら空きだった、あそこを追い越してきて使われると一瞬でピンチを招く。
一人がボールにチェイスし一人はカバーする"チャレンジ&カバー"の部分が曖昧なシーンも。
これはサイドの守備でも似た局面があった。

川崎は開始早々押され気味だったが縦への素早い攻撃で効率良く先制点を取る。

後半開始。
2012031018050000.jpg

後半17分、新潟は本間勲OUT 村上佑介IN で三門をボランチに。
小谷野顕治OUT 平井将生INで平井を左に配しミネイロをトップ下に置く4-3-3もしくは4-2-3-1に。

川崎は小松がシュート。バーを叩く。危ねぇ...

後半32分、川崎は山瀬功治OUT 稲本潤一IN
後半35分、川崎、小松塁OUT 小林悠IN さらにカウンターの切れ味を増すべくスピードに長けた選手を投入。

後半39分、新潟アラン・ミネイロOUT 田中亜土夢IN
亜土夢が左SHで矢野を一列下げ平井、ブルーノが2トップの4-4-2に変更したかな?

新潟にFKのチャンス、ゴールほぼ中央27mぐらいか?
充分直接狙える距離。亜土夢のシュートは壁を直撃。

後半45分、川崎、レナトOUT 黒津勝IN
黒津のいない川崎はどこか物足りない。
いわば「イチゴ不在のショートケーキ」みたいなものだ(新潟のゴール裏で黒津復活をひっそりと祝う)

終了間際、新潟CKのチャンスから畳み掛ける。
ゴール前のクロスに数人が"肉弾上等!"で雪崩れ込むも川崎も肉の壁で弾き返す。

試合終了。

J1開幕戦は1-0で新潟敗れる。

川崎のジェシはかなり良いCBだ、裏のスペースのカバーリングが抜群で対人にも強い。
落ち着いたボール捌きでDFラインでの繋ぎにも貢献。
ヘディングもただ跳ね返すだけでなくパスとしても精度が高い。
菊地、横山が抜けても充分お釣りがくるCBだ。

レナトも小松も二人だけで攻撃を完結させることの出来る選手。
小松が前線でよくボールを収める。タッパもあるが足元の技術もなかなか。足も遅くはない。

レナトは間合いを詰められても仕掛ける事の出来る選手。DFは迂闊に飛び込めない。
後半は距離を取って慎重に対応せざるを得なくなってしまった。

この二人をターゲットに中村憲剛が二列目、三列目から正確なパスを通してくる。
カウンターに比重を置けばチームとしてはかなりの破壊力を持つだろう。
反面、遅効の時に崩し切れないシーンも目立った、サイドに人数をかけて崩してはいるが何故かボールが廻るごとにゴールの臭いが薄れていくような。
山瀬のような強力なアタッカーと田坂のようなテクニカルな選手が二列目にいるのだが、、、まだ噛み合っていないと見るべきなのか。

この試合の"SMVP"はGKの西部洋平に。
前半早々に決定的なシーンを防いだことで結果的にこの試合の行方を決めてしまったのかもしれない。
再三、ゴール前に最後の壁として立ちはだかりシュートをブロック。
まさに「身を挺して」という言葉がピッタリだ。
両チームがシュートの撃ち合い、サッカーを観に来たのだが繰り広げられたのは西部劇だった。

新潟は前半の展開とは一変し後半の選手交代によって試合の流れを自ら手放してしまった。
ピッチをワイドに使えていた前半。
後半も左右にボールは動くのだがそれもDFの間でだけ、縦になかなか入らない。
前半はDFを引き付けられていたのだが後半は川崎があまりラインを高く設定せずしっかりブロックを形成してドンと構える。
選手交代でチームが活性化せず、逆に硬直してしまった印象だ。
両サイドが張り出して固定してしまいさらに中央での選手の動き出しも足りず。
あの布陣を機能させるにはボランチがいかにトップに当てられるか?が鍵になってくる。
その為には縦パスの精度といかに前線が流動的に動くかだろう。
さらにボランチ二人の関係が横だけになってしまっていた、二人が前後して縦にならないとパス交換でブロックを崩せない。
あとはいかにサイドに人数をかけるか?
ミネイロかブルーノが顔を出さないとトライアングルが生まれず崩すのは至難の技だ。
前半の右SB三門はスペースへの走り込み、特にフリーでボールを受けるシーンが目立ち守備では全速力でのカバーリング等なかなか良かった。
しかし後半になると三門が低い位置でボールを持った時何をしていいのかわからずフリーズしてしまう。
前方の矢野は裏か足元へのボールを要求しているがコースを切られている、かろうじて菊池が近寄ってサポートするがボールが動くのは横か後ろ。
途中出場の村上には"仕掛ける意志"がある分相手のブロックに綻びが生まれ易い。
右SBの適任者問題はなかなか判断が難しいところだ。
前半の三門なら及第点なのだが・・・後半はちょっと守備面でもサイドのボールホルダーに対しての寄せの甘さが目に付いてしまった。

左サイドの金の課題は当たりの強さと中央に絞っての守備、オーバーラップのタイミングだろうか。
マークの受け渡しでも迷いがあるように見えた。
攻撃面では前半良い所もあったが味方の「使い方」と自分の「使われ方」にまだ思い描くイメージと実際のプレーに誤差があるように感じる。
まあ後半は左サイドで孤立させてしまったのでチーム全体の課題だろう。
あとロングスローは意外と武器になるかもしれない。

FW陣は前半の矢野とブルーノの絡みは良かった、近距離で二人が攻撃に絡めば得点の気配も濃厚に。
ただ矢野は最初からサイドを主戦場にするとなるとまだまだ未知数。
中央からある程度サイドに開いて、もしくはサイドから中央に切り込んで突破していく形は期待出来る。
前線での川崎DFラインへのファーストディフェンスでもチームに貢献。あの位置で追ってくれると後ろは凄く助かる。
それとヘディングの競り合いに以前とは違う逞しさを感じた、きっとドイツ移籍の成果だろう・・・というのは贔屓目かな?

平井はこの試合あまり良い所無く終わってしまったがやはりある程度スペースが無いと良さが出ないのかも。
ウィングとして投入した段階で左サイドがガチャガチャしてしまいこういった状況ではなかなか持ち味が活きないし活かせないかな。

ミネイロはなかなか身体がキレていたように感じた。
前半のゴールライン際まで侵入したシーンなんかはスピードやテクニックというより相手に身体をぶつけてゴリゴリと刻むようなドリブル。
仕掛けて奪われるシーンもあったがまだまだ日本で実戦を数試合こなした程度。
JリーグのDFの間合いとスピードを身体で覚えていく段階なのでこれから自分のスキルをブラッシュアップしていく筈(と、信じている。でもあまり低い位置で仕掛けないでね・・・)

小谷野はなかなか希望を抱かせるプレーを見せてくれたと思う。
特に前半の右サイドでボールを持った時にニアに走り込むブルーノにスルーパスを通すシーンがあったけどああいうプレーは大好きだ。
スペースは狭かったけど動き出すブルーノが視えていたって事だしね。
もっとドリブルで仕掛けるシーンも見たかったがそれは今後に期待したい。



なんだかんだでダラダラと書き連ねてしまいましたが面白い試合でした。
去年観戦した負け試合に比べれば格段にストレスの少ない試合でしたよ(開幕戦という要素はさっ引いても)
負けたし不安な要素もありましたがそれ以上に楽しみな部分が大きかった。

不安な要素というのはDFラインの初期設定とCBの前後関係含む連携。
それに4-3-3の機能性。
楽しみな部分は攻撃のバリエーション増と選手個々の特徴と持ち味。
そして4-4-2の可能性。
2012031018560000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ