三位争奪編 ~国際親善ユースサッカー大会 イギョラ杯:東京朝鮮中高級学校vs藤枝明誠高校~

フジのすぽると!でナビスコのゴールシーン見てて、、、

「あれっ?なんで美空ひばりの息子の加藤和也が映ってるんだ?」
et-080207-2-ns.jpg

と思ったらジュビロ磐田の森下仁志監督だった。
20120302event04.jpg

第22回 国際親善ユースサッカー大会 イギョラ杯 3位決定戦
東京朝鮮中高級学校vs藤枝明誠高校

2012032013310000.jpg

東京朝鮮は初見だ。
布陣は4-4-2

藤枝は予選の一回戦vs成立学園を観戦。
4-3-3の魅力的なサッカーをしていた。

試合開始。

藤枝は試合序盤から東京朝鮮のゴールを脅かす。
ウィングとSBの縦の関係が良い。何度か相手陣内の奥深くまで侵入する。
前半終了間際にPAライン付近でFKを獲得、ゴールほぼ中央。
キッカーはボランチの高須信光くん。右足で巻いて蹴ったボールはバーを叩く。
惜しいシーンだった。
チャンス自体は藤枝のほうが数多く作り出していた。
ただし前半の最後のほうではDFラインでのビルドアップ時に中央での動きが少なくなる。
SBまではボールが渡るけどその先になかなか進めず結局はGKに戻してロングキックという流れ。
展開が膠着してしまう。

東京朝鮮は序盤こそ押し込まれた感があったが次第にリズムを刻み出す。
SHのパク・スンヒョクくんは中々の技巧派。バイタルの中央で上手くボールを動かす。
彼がボールに多く触る事で東京朝鮮の攻撃にリズムが生まれる。
FWのハン・ヨンジュンくんが何度も前線に飛び出しシュートを放つ、決定的なものもあったが枠外。

後半開始。

後半6分、東京朝鮮のカウンター、FWキム・デセンくんがSHコ・チファンくんのパスから右サイドを抜け出しシュート。これが決まって東京朝鮮先制。1-0

後半12分、東京朝鮮FWハン・ヨンジュンくんが追加点。2-0

後半14分、東京朝鮮FWハン・ヨンジュンくんがPA中央付近でボールを受けると右足アウトサイドで切り返してコースを空けシュート。3-0

後半31分、東京朝鮮FWハン・ヨンジュンくんがスルーパスに反応、PA内左サイドに走り込みシュート。4-0

試合終了。
東京朝鮮中高級学校がイギョラ杯3位に輝く。

藤枝明誠は敗れはしたが魅力的なサッカーだった。
この時期の大会という事で各チーム色々と思惑はあるだろうが予選では成立学園(PK戦)、青森山田、三菱養和を撃破している。
この大会で僕の目を惹いたのはトップ下の嘉茂良悟くん。ゲームを作るだけでなく機を見ての前線への飛び出し、セカンドトップとしての得点力もありそうだ。
ボランチの高須光信くんもアンカーとしてDFラインと前線をリンクする。彼の配球力がなければ前線へ縦を狙うだけのサッカーになってしまうだろう。
特に刮目したのは右SBの山崎勇一郎くんだ。
多彩なフェイントで突破を図る。足元、トラップの技術も高くGKからのフィードもピタリと止める(GK鈴木翔大くんのフィードの精度の高さも勿論ある)
左SBの川島弘くんも前線のスペースへ果敢に飛び出すSB、両SBが攻撃に秀でている。
サイドアタックの突進力と中央でのショートパスによる崩し。
チーム状態が良い時間帯だとこの二つを効果的に使い分ける、観ていて楽しい。
この試合では全体の動きが少なくなってしまっていた。
まあこれは三日間で五試合というこの大会のタイトなスケジュール故というのあるだろう、仕方ない。
藤枝明成を含め群雄割拠する静岡県内での覇権争いに注目したい。
2012032015000001.jpg

東京朝鮮は前半、堅牢な守備で堪えて自分達のペースをモノにした。
個々が身体を張ってキープし持ち場を確保する、登山で言うならピッケルで山肌を打ち込むが如く着実にピッチを登攀する。
SHのパク・スンヒョクくんはこの試合で技術の高さを見せた。
テクニックだけでなくDFを背負って泥臭くキープし味方の押し上がりを待つ。
彼が東京朝鮮の"時間"を創っていた。
バイタルでボールを持つとなにか決定的な仕事をしてくれそうな期待を抱かせる選手だ。

この試合の"SMVP"はハットトリックのハン・ヨンジュンくんに。
前半、決定的なチャンスをモノに出来なかったが後半爆発。
相方のキム・デセンくんとの関係も良い、キムくんがボールを運べるのでハンくんはゴールに近い位置でプレー出来る。
FWに必要な図太さも備えていそうだ。
目に見えたり数値で測れるものではないがそういう選手には自然とボールが集まる。
2012032015000002.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ