川崎フロンターレvsアルビレックス新潟

等々力に川崎との試合を観にいっていつも思うのは
、、、

「なぜ黒津は川崎に残っているのだろう」

ということ。
なんだかいつも黒津の良さを目の当たりにしてるような....
今日の試合観てて「黒津の代表招集」を真剣に考えました(前半は)

前半2失点した段階で「やばい!ボコラレル」と思いましたが後半立て直しましたね。
まあ負けてしまいましたが後半のサッカーが出来るかどうか、やれるかどうかが今シーズンの鍵ではないでしょうか。

ヨンチョルが特に良かったですね、一緒に観戦した川崎ファンのKさんもヨンチョルを脅威に感じていました。
システム的にマルシオの位置に入った点では去年のアウェイ川崎戦と同条件でしたがKさんも「去年いたっけ?」と言ってましたから変われば変わるもの。
積極的な仕掛けで後半は小宮山の攻撃参加を抑制する効果も。
マルシオ不在の中最大の収穫でした。
ゴールシーンもちょっとトゥーキック気味に川島の脇下を抜けるシュート。
ここらへんのフットサル的感覚というのは若い選手ならでは。
ラインの裏へ抜け出す動きは今シーズンの攻撃の特徴になるのではないでしょうか。

しかし反面河原の左サイド(中野の攻撃参加、クロスも含め)の迫力がいささか物足りない部分も。
河原もいいCKを蹴ってはいたんですが.....

ファグネルもフィジカルの強さは使える目処が立ったのでは。
多少寄せられても相手を引き摺っていくようなドリブルはチームの武器になりそうです。
ファグネルinの後矢野を一列下げたように見えましたが4トップに近い形で点を取りにいく暫定措置でしょうか。

これでマルシオが戻って来たらどうなるんでしょうか、今日の出来だと4-4-2の右マルシオ、左ヨンチョルか?

後半終了間際で小林慶行投入。これは対川島対策でしょう。

「ハーフウェーラインからでも直接決めるぜ」

という。

しかし川崎は稲本を穫って大正解でしたね。
小宮山も深い位置に侵入出来る優れたSBですし(そのぶん森がおとなしくなったような印象も)

天気は良くなかったですが楽しめた試合でした(佐原の棒読み含め)
2010030615240001.jpg2010030616010000.jpg

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : アルビレックス新潟
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ