開幕間近の緊急企画 ~関東大学サッカーを観に行こう!~【会場紹介・観戦方法編】

さて今日は関東大学サッカーリーグの会場や観戦方法について。

【関東大学サッカーはこんな場所で開催されている】
まずは僕が良く行く会場を紹介しよう。

国立西が丘サッカー場
2012022615450000.jpg
"アマチュアサッカーの聖地"といった競技場(たまにJの試合も組まれるが)
ピッチも近く西が丘の雰囲気の良さに引き付けられる人も結構いるのではないか。
クラブミュージックシーンにとっての"新宿リキッドルーム"と言えばわかりやすいか。
しかし屋根が無く、雨天は雨を凌げる場所が皆無なので要注意。

赤羽スポーツの森公園競技場
西が丘から歩いて2分程の場所にある。
前期の日程に組み込まれている会場ではないが一応紹介しておく。
人工芝のピッチ、スタンドはこんな感じだ、、、
2012032016580000.jpg
小さいながらも屋根付き。
会場の真ん前には道路一本隔ててファミリマートがある。
競技場というよりスポーツ施設なので出入りは自由、ここでの試合は無料で開催される。
去年はここと西が丘で同時キックオフで試合が行われ、一試合目を赤羽で観てから試合後西が丘に移って二試合目を観るというまるで「フジロックフェスティバルのステージ移動」のようなことをする好事家もいたとか(僕だ)

江東区夢の島競技場
2011111213460000.jpg
最寄りは新木場駅。
そこそこ大きなメインスタンド(屋根付き)がありなかなか立派だ(但し電光掲示板が点いていない事がある)
ここで観戦する際の注意点は太陽が西に傾むくとメインスタンドの方角の関係で日射しをモロに浴びる事になる(まるでジョジョの「シャボンカッターを喰らったワムウ」が如く。写真のフィルムだ! 真っ黒に感光しろ!)
眼球を突き刺す日射しでピッチ上の選手がぼやけてしまう事もある。
夏などは要注意だ、なるべく上段の屋根の下に入るか日除け対策をしたほうが良いだろう。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
歴史のある競技場、都心から近いので観戦にも足を運び易い。
席種などはないのでメインスタンドに座ると良いだろう。
トラックによりピッチが若干遠いのは気になるが...
近接の第二球技場でも試合をすることがある(前期日程には入っていないが)
こちらは人工芝で競技場ではなく普通のグラウンドなので無料で観戦出来る。



以上、僕がよく行く会場を紹介してみた。
他にもフクアリやニッパツ等Jでお馴染みのスタジアムでも試合が組まれている。
また全会場で各試合のプレビューが配られている。
予想スタメンや監督のコメント、試合展望等々かなり充実した内容だ。
なんの前知識もなしにフラリと観戦出来る。
少しでも興味を持っていただき最寄りのスタジアムに足を運んでいただけたら、と思う。

おっと!一つ言い忘れていた。

どの会場でもそうだが「試合前にしっかり食事の準備」を(あ?スタメシ?ねぇよそんなもん)

【観戦するには?チケットはどこで買えばいいの?】
チケット代だが全会場で1000円だ。
"試合"ではなく"会場"と書いたのはわけがある。
通常、大学サッカーは一つの会場で二試合行う、つまり1000円で二試合観られるというわけだ。
一試合500円、安いと考えるか高いと考えるかはおまかせしたい。
「180分を1000円で過ごす」と考えれば「映画館より安いかな」とも思う。
まああまり意味のない比較ではある(映画館で「はや●さ三部作」を見ろと言われたら1000円貰っても断固拒否するが)
チケットの入手方法だが当日券だけでなくチケットぴあでも買える(前売りは800円)

【関東大学サッカーに興味が出てきたら...】

ちなみに『関東大学サッカー後援会』というファンクラブがある。
ファンクラブとはいうもののれっきとした関東大学サッカー連盟公認のもの。
年会費5500円を払うとこのような会員証が贈られてくる。
2012040522590000.jpg
*マラサイは付属していません
これを会場の受付で提示すれば全会場無料で観戦が出来る。"フリーパス"だ。
一会場1000円なので5500円ということは少なくとも6回行けば元が取れる計算になる(チケットぴあも手数料がかかるのであまり変わらない)
さらに特典として会報が(ほぼ毎月)郵送される。
2012040523020000.jpg
各試合の試合結果、スタメン表、選手のインタビュー等が掲載されている。
選手インタビューは選手数人による座談会といった感じで固い内容ばかりではなくむしろ選手同士の和気あいあいとした様子が紙面から伝わってくる。
前述した様に会場によっては(大学のグラウンド等)無料で観戦出来る機会もあるので一度お試しで観てから入会を検討するといいだろう。





日本サッカー界のダイヤの原石を探すもよし。
パトロン気分を味わうのもまた良し。
とにかく多くの人に観戦していただいてもらいたいもの。
一部の好事家(数奇者)に愛でられているだけでは勿体無い。

それでは皆さん、会場でお会いしましょう(スタンドに「漫画内での福満しげゆき先生」みたくドンヨリ猫背気味で観戦してる奴がいたらそれは高確率で僕です)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ