湘南ベルマーレvsアルビレックス新潟

いや~勝てないですね~。

最近「何故勝てないか?」を突き詰めて考えた結果「相手が負けようとしていないから」という答えに辿り着きました。

はい、どうも庄七です。

今日の試合を観ていてふいにデジャヴに襲われたんですが「なんだろう?」と思ってみますと、、、

日本代表vsバーレーン代表(オマーンでもカタールでも可)

的な試合でした。
ボールはまあ持てるんだけどな~っていう。
崩し切るまで保持するという選択もあるんですけどね。
ポゼッション慣れしていないところがあるのかもしれません。
多分反町監督も試合前にヨンチョルへのケアは口を酸っぱくして言い聞かせていたでしょう、サイドで持つとDFがワラワラと集まって来てましたから。
そこで逆サイに振れないまでも真ん中に戻すかすればスペースが生まれるんですけどね。
個人的に矢野はハーフよりもFWかなと、シュートまで行けるならともかく酒井とのコンビネーション(それ自体は悪くなかったですが)でクロスを上げても中に大島が一人という状況では。
4-4-2でも良いと思うんですけどね、ヨンチョル左のマルシオ右(か左右逆か、試合中スィッチすれば相手にとってこれほど怖いことはないでしょう)

三門に関しても最初から運動量ありきでプレーするのではなくて本間の傍でボールを散らしつつ機を見て飛び出すプレーがあれば相手にも脅威になるんでしょうが。
いまだと最初っから4-1-4-1になっちゃってるんで。

酒井に関しては良い攻め上がりもありましたが対面の選手にスピードで振り切られたシーンが何度か。
これはスピード不足というより最初のボールへの寄せ方が悪手だったせいでしょう。

一失点目の東口くんのプレーですが、、、
まあ「失点は全てGKの責任」と言ってしまえばそれまでなんですが(GK自身そう思ってる選手が多いと思うし)、、、
あそこで飛び出せばよかったのか?というと難しいですしね、最悪PKor退場という可能性もあるわけですし。
そこは相手との駆け引きですから。

飛び出し=ボールに飛び込む

ではなく「飛び出す振りをして相手のプレーを狭める」ことも技術。
セービングにもフェイントの要素は確実にありますから。
そういう点ではあの場面ちょっと曖昧なプレーではありました。

湘南の守備陣、特に村松、臼井、野澤がよく守り切りました。
特に村松のような「タッパのないCB」は個人的に好みであります。


2010032712580000.jpg

まあ楽観もしていないし悲観もしていません。
僕は筋金入りの"傍観者"なので。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : アルビレックス新潟
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ