速攻・速効・即効 〜関東大学サッカーリーグ戦:中央大学vs慶応義塾大学〜

普段は月見なんぞという風流は解さない僕だが昨日の満月にちなんで一曲紹介したい。

満月〜La pleine lune〜 Jeunesse Cosmique feat 志人/sibitt
まさに日本語ラップの極北と言えるだろう。
木魚の様にミニマルなバックトラック。
日本人がラップを突き詰めた結果「読経」に近付いたという一例(そう考えれば同じ宗派でも坊さんによってフロウが違うのも納得だ)

JR東日本カップ2012 第86回関東大学サッカーリーグ戦
中央大学vs慶応義塾大学

IMAG0027.jpg

中大は4-2-3-1
スタメンの安柄俊くんが川崎、今井智基くんが大宮、六平光成くんが清水と既に三人がJ内定。

慶大も4-2-3-1
藤田息吹くんがトップ下。
藤田くんは右SH、右SB、ボランチもこなせるマルチな選手だ。

さて、試合。

前半36分、慶大はバイタルで森田達見くんから右サイドの近藤貫太くんにスルーパスが通る。
PA内に抜け出した近藤くんはGKと一対一、右足でGKの股を抜くシュート。慶大先制。1-0

中大は前半、悪くもないが良くもない。
前線の安くんにボールが収まらず、シュートの形がなかなか造れない。

慶大もそれほどチャンスが造れていたわけではなかった。
だが数少ないチャンスを近藤くんが確実にモノにした。

後半開始。

後半14分、中大の澤田崇くんが同点弾を叩き込む。
ここから彼のゴール・ショーが幕を開ける。

後半24分、中大の澤田くんは左サイドでボールを受けるとカットインして中央に。
グングンと切り込むドリブルの勢いそのままに右足でシュート。中大逆転。2-1

後半28分、中大がCKからゴール、押し込んだのは澤田くん。

澤田くんが15分足らずでハットトリック達成。

後半29分、慶大がCKのチャンス、右からのクロスにファーの岩田修平くんがヘッドで折り返す。
山なりのボールはGKの頭上を越えゴールラインギリギリを放物線を描いてゆっくり落下。
武藤嘉紀くんが頭で押し込んで慶大一点差。3-2
IMAG0030.jpg

後半41分、自陣でボールをカットした中大の六平くんが縦パスを送る。
DFに跳ね返されるも再び六平くんがボールを奪取して澤田くんへパス。
受けた澤田くんの既視感溢れるゴールで中大が突き放す。4-2

試合終了。
中大が4-2で勝利。

慶大はボールはそれなりに動かせるのだが決定機を産み出せず。
攻撃の狙いはワイドにボールを動かしていくことで相手の守備網を拡げ隙を見出すこと。
トップ下の藤田くんからの配球でSHにはボールがよく廻る。
惜しむらくはそこからのもう一アクション。
SBが絡んでくるなりボランチが前線へ飛び出す等の「一手間」がほしかった。
後半は途中交代の武藤くんが見せたように多少強引にでも突っかける姿勢がチャンスとなり得ていた。
端山豪くんもその姿勢を見せてくれた選手の一人だ。
いささか不用意な位置で不本意なボールの取られ方をしていたのが気になったがその意気や良し!だろう。
荒削りだが魅力のある選手。
状況判断を磨く事でさらに輝けると思う。
IMAG0032.jpg

中大は素晴らしい速攻を見せた。
ボールを奪ってからがとにかく早い。
中盤がボールをカットしルックアップすると既に両サイドが駆け上がっている。
サイドに流すも良し、前線を経由しても良し。
まるで「ゴールから逆算した」かのように最短距離でシュートまで繋げる。
攻撃力が目立った試合だったが僕は木下淑晶くん岡崎亮平くんのCBコンビとGK岡西宏祐くんの守備陣こそが中大最大の強みだと思う。
特に個人的にGK岡西くんは安定度では関東No.1GKだと思っている。
この試合では鋭い低空フィードを左サイドの澤田くんに直接通していた。
両SBも魅力の一つだろう。
右SB今井くんはこの試合でもスプリント能力と身体接触への強さを見せていた。流石プロ内定者だ。
今井くんがプロ入りで注目を集めるのは必然だが僕は左SBの古賀鯨太朗くんにも注目したい。
高い位置でもボールが持てるしサイドでのパス交換に頻繁に顔を出しサイドを活性化させる。
特に同サイドの澤田くんを良くカバーしサポートしあっていた。
それもそのはず、二人とも三年生で大津高校出身の同期。5年間同じチームでプレーしてるわけだ。納得。

この試合の"SMVP"は澤田崇くんに。
中大のカウンターを(少々強引だが)レアルになぞらえるなら彼がロナウドだ。
彼がドリブルでカットインしていくと何かが起こる。
4得点は文句なし。
慶大相手に同点に追い付き、追い越し、さらに突き放した。
さらにスタッツ上ではシュート4本になっている、つまりは百発百中ということだ。
フィールドの狙撃手。
まさにハイパーでスナイパーなストライカー。
まあ、僕が言うまでもないか。
IMAG0033.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ