フットボール!あなたのシャツの言葉です 〜高円宮U-18プレミアリーグ:浦和レッズユースvs三菱養和SCユース〜

プレミアイーストの降格枠はあと一つ。
残留をかける浦和と養和の直接対決だ。
養和は引き分け以上で残留決定、浦和は残留の望みを繋ぎ留める為には勝利が必須条件。
両チームともこの一戦に懸ける意気込みは並々ならぬものがあるだろう。
また「残留争い」という面から多くの物好きなギャラリー(僕の事だ)も熱い視線を注ぐ試合になる。
だが僕はこの年代の「残留争い」はプロのそれとは一線を画すべきものだと思っている。
育成年代にとっての昇格・降格制度には「リーグ戦の緊張感」や「真剣勝負」というお題目以上に「誰かのために」試合することに意義があると思っているからだ。
特に卒業する三年生は「後輩のために」って思いが強いはず。
結果は二の次とは言わないが「誰かを想って・背負って」サッカーすることにこそ価値がある。
その経験は万金を積んでも買えないもの。
それが「サッカー人生」だけではなく彼らの「人生そのもの」にとっての糧となれば。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ イースト
浦和レッズユースvs三菱養和SCユース

IMAG0129.jpg

浦和は4-4-2
CBは西袋裕太くんと茂木力也くん。
ボランチの寄特直人くんは来季の岡山入団が内定している。
中村駿介くんはベンチ。

養和はCBコンビ原島玄太くんと飯泉涼矢くんに加え関野太聖くんもDFラインに。
開始直後は5バックに見えたが右サイドの島田雄平くんと左サイドの佐々木巧くんはSHも出来る選手なので3-2-4-1とも言える。

試合開始。

前半2分、浦和が右サイドからクロス、ゴール前で落としたボールに左SB佐藤大介くんが合わせて先制。1-0

養和は出会い頭という感じの失点。
中に人はいたがマークについていなかった。
引き分けでも残留が決まるというシチュエーションはえてして試合の入り方が難しいもの。
守備を意識していたメンバー構成だけにどうなるか?と思ったが及び腰になってズルズル....とはいかず攻勢に転じる。
DFラインから前線へ目掛けて蹴り込むだけでなく中盤の清水貴明くんを経由してサイドに振る。
いつもなら蹴ってしまうところでも一手間をかけて攻撃を組立てる。
右サイドの島田くんは左SBの時だと守備に追われるシーンが多かったがもともとドリブル、スピードを併せ持った選手。
この試合はウィングとして機能していた。
DFラインを押し上げ中盤との距離を縮めて高い位置でボールを奪い手数を掛けずにカウンター。
守備陣もラインの裏を細心の注意を払ってケア。
一度裏へ抜けられたがGK永井堅梧くんが超至近距離からのシュートをファインセーブ。
1-0で前半を終了。

浦和は得点後はなかなか縦パスが入らずサイドで詰まって縦に長いボールを蹴る展開が続いた。
ひょっとしたら意図的にペースを落としたのかもしれない。
まずはサイドに開いてからじっくり展開しようとする。
少々DFラインとGKのビルドアップに不安定な面があり養和の前線からのプレスに苦しむシーンも見受けられたが開始早々の1点を守って前半終える。

後半開始。

養和は木村陸人くん。
浦和は中村くんを後半からピッチへ。
両チームの"真打ち登場"といったところか。

木村くんが入った事で養和はロングボールを解禁。
縦に長いボールを浦和PAギリギリ中へ送り込むと飛び出してパンチングしようとしたGKがDFと被ってしまい触れず。
流れて来たボールを木村くんがヘディングでGK不在のゴールへ流し込もうとするがゴール前カバーに入った右SB新井純平くんがギリギリ追い付いてクリア。

浦和は中村くんがトップ下の位置に入る。
こちらも前線で攻撃のキーマンとなりパスの預け所、出し所が増えた。
さらに途中交代で繁田秀斗くんが右SHに入ると大きく展開して右サイドで数的優位になる状況が増えた。

養和は下田悠哉くん、さらにDF関野くんに代えて相馬勇紀くんをピッチに。
攻撃の選手を増やす。
さらにプレミアではしばらく出場のなかった(怪我かな?)青山航くんをボランチではなく前目に配置。
木村くんを前線の軸にして左右から選手が前線へ飛び出す波状攻撃の構えだ。

浦和は養和の間隙を突いてカウンターを仕掛ける。
養和の再三のセットプレーもGK吉野雅大くんがキャッチ。

試合終了。
1-0で浦和が勝利。

養和は開始早々の失点が最後まで響いた。
プレスも効いていたしセカンドも拾えていた。
前半はサイドから、後半はロングボールから攻撃の形も造れていた
だがシュートまでに至る回数がいささか少なかったかな。
IMAG0130.jpg

浦和は後半攻撃が淡白になってしまうシーンが見受けられた。
一旦ボールを落ち着かせたほうが良い場面でも強引なシュートや性急なクロスにしてしまう。
「追い越す動き」や「連動」といった面で物足りなさも。
得点力はプレミア4位の実力のあるチームなのだが今日の試合は降格したくないというプレッシャーからか"硬化"しているように感じられた。
だがこの試合が今季初の完封勝利だったことを考えると「残留を争う」というモチベーションの"効果"は出ていたと言える。

この試合の"SMVP"は西袋裕太くんに。
チーム一の大型CB。
セットプレーやロングボールを跳ね返し続ける。
木村陸人くんとのマッチアップは見応え充分だった。

これでプレミアイーストの残留争いは浦和と養和に絞られた。
養和が勝点3差でリード、得失点差は同じ。
つまり浦和は勝利が絶対条件かつ養和が敗れた場合のみ残留決定。
養和は引き分け以上、もしくは浦和が引き分け以下で残留決定。
最終節はヴェルディvs三菱養和、浦和vs旭川実業。
それぞれ優勝チーム(ヴェルディ)と最下位チーム(旭川実業)との対戦。
浦和のほうが心理的には楽かもしれない。
なにしろ勝利が絶対条件なのだから。
だがそれは養和も同じ。
旭川には失礼だが浦和は勝敗面ではかなり優位だ。「もしかしたら....」と考える必要(余裕)がない。
浦和vs旭川の結果も得失点差も気にする必要がなくただヴェルディ戦に集中して試合が出来る。
まあこれはあくまで外野の皮算用。
映画『ガンヘッド』にこんなセリフがある...

9回裏2死満塁、確率から言えば勝ち目はありません。
しかし、確率なんかクソくらえ!でしょう?


どちらのチームも悔いなく試合をしてほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ