庄七堂’s大学サッカー・アウォード 2012

昨年末の「庄七堂’sユース・アウォード 2012」に続いて今回は「庄七堂’s大学サッカー・アウォード 2012」を発表したいと思います。
開幕前はブログで「関東大学サッカーを観に行こう!」っていう企画をやったんですが去年は前年よりも観戦数が減ってしまうという体たらく。
それでも関東1部は全チーム観戦出来たのでギリギリですがアウォーズ開催にこぎつける事が出来ました。
ユースの時もそうですがチームによって観戦数にバラツキがあるのはご容赦を。
基本西が丘、江戸川、夢の島(時々駒沢)を中心に観戦しているので・・・

それではまずベスト11の発表から!

2012年度関東大学サッカー:ベスト・イレブン
GK:三浦龍輝【明治大学】
身長はそれほどないがフィードは超一級。ビルドアップの時はフットサルの(バックパスルール改正前の)ゴレイロばりに前へ
DF:木下淑晶【中央大学】
広範囲をカバーリング。木下くんと岡崎亮平くんのCBコンビとGK岡西宏祐くんの三人の守備は本当に強固であり堅固な"中大トライアングル"を築いていた
DF:谷奥健四郎【順天堂大学】
空中戦に絶対的な強さを誇るCB。超高精度の高射砲のような存在感で相手のロングボール、ハイボールをことごとく撃墜
DF:早川史哉【筑波大学】
CBにコンンバートされたが試合によっては右ウィングに入る事も。レギュラーの座を掴み取った期待の一年生
MF:島田譲【早稲田大学】
ボランチとしての中盤でのゲームコントロール、ボール捌きも勿論だが機を見ての攻撃参加が光る。FKも武器
MF:碓井鉄平【駒澤大学】
中盤から前線へのパスやセットプレーのキッカーとして精度が高いボランチ。今季はチームトップタイの7得点もあげている
MF:茶島雄介【東京学芸大学】
広島ユースの時は中盤の底から、時には最終ラインに入ってビルドアップする姿が印象に残る選手だった。大学では自らドリブルでガンガン仕掛ける選手に
MF:新井純平【日本体育大学】
日体大躍進の立役者の一人。鋭利なドリブルで切り込み自ら獲得したFKを直接叩き込むシーンが印象に残っている
FW:仲川輝人【専修大学】
細かいタッチの足捌きでピッチを横断するウィング。ドリブルで縦断し角度の無い所からでも持ち前のテクニックでチャンスを産み出す
FW:金子昌広【国士舘大学】
トップ下もしくはシャドータイプだが今季はワントップ起用がハマった。足技を駆使したキープでタメを作る。チームのアシスト王であり得点王
FW:星広太【神奈川大学】
ドリブルとラインブレイクの動き出しでDF陣を撹乱する。ドリブルに加えてそのキープ力で神大に攻撃のリズムをもたらした

あ、「大学サッカー」と謳ってますが実際は関東大学サッカー(の主に1部)からの選出となります。
関西とかは誰かがやってくれるでしょう(丸投げ)

2012年度関東大学サッカー:ベスト・ゴール賞

関東大学サッカーリーグ開幕戦
明治大学vs日本体育大学
明治大学矢田旭くんのダイレクトボレー

後半ロスタイム。明大の途中出場石原幸治くんが右サイドを突破しゴール前にクロス。
しかしクロスがズレてしまった。
落下点に誰もいない....と思ったら矢田旭くんが(若干戻り気味に)猛然と走ってきてそのままダイレクトでボレー。
これが決まって明大土壇場で同点に追いつく。3-3
矢田くんのマーベラスなゴール。
体勢的に難しいところだがしっかりと腰が入っていた。



トリを飾るMVPの発表です。
難航したMVPの選考。その栄光は・・・

2012年度関東大学サッカー:MVP
神奈川大学 星広太くん
去年は守備が持ち味のチームだったが今年の神大は攻撃的なサッカーを展開していた。
結果的にチームは降格してしまったがそのインパクトは記憶に残る。
その中でも星くんのプレーは"光"を放っていた。
ピッチを夜空に例えるなら、数多の星々のなかで一際眼に映える一等星の如き輝き。
その存在感は恒星レベルだ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ