アナフィラキシーショック 〜J2第1節:東京ヴェルディvsアビスパ福岡〜

Jリーグが開幕。
今年も「遊撃」をモットーにJリーグを観戦していく。
先週の日曜日は味スタへ足を運んだ。

2013 J2 第1節
東京ヴェルディvsアビスパ福岡

130303_135956.jpg

昨年、ヴェルディを何試合か観戦したがメンバーはガラッと変わっている。
昨季と比較するとこの試合のスタメンに残っているのはDFでは森勇介ぐらい。
前線のメンバーも飯尾一慶くらいか。
中島翔哉はユースの頃から観続けている選手、トップチームでの試合は初観戦だ。
ベンチにはユース昇格組の前田直輝、南秀仁、高木大輔も。
前田はユースではFWでワントップも出来る選手という印象だったが登録はMF。

福岡はCBに古賀誠司。
両SBには尾亦弘友希と堤俊輔。
堤は浦和にいた頃から気になっていた選手、SBよりもCBとしてだ。
フィードの精度に加えゲームを創る事の出来る選手と好印象だったのだが浦和でなかなか試合に出られずJ2へ移籍。
怪我もあってのことだろうが......本来ならチームの主軸になれる選手だと思う。

試合開始

ヴェルディは中盤を菱形にしてくるかと思ったが4-3-3かな?
高原直泰がワントップ。
中後雅喜をアンカーに。
SHの鈴木惇と中島はボランチとして中盤をケアしつつタイミングを見て前線へ。

ヴェルディが全体的にボールを保持。
前線の高原がボールを持てるので攻撃に緩急がつけられる。

福岡はソリッドなカウンターで対抗。
ボール奪取からテンポ良く縦に繋いでいく。
ただバイタルまでは運べるのだがそこからの決定的な局面でパスの精度を欠いてしまう。

前半のヴェルディDF陣はお世辞にも"ライン"を"コントロール"していたとは言い難い出来。
金鐘必が再三裏を取られる。
ラインを上げ切れていないしはっきりとスピードで負けている。
前半は明らかに福岡に"狙われて"いた。

後半になってもペースはヴェルディ。
中島が何度もサイドを突破、中央では果敢にミドルシュートを狙う。
何度か福岡PA奥深くまで攻め込むもゴールまでには至らず。
前半はバタバタしていた金鐘必も落ち着いたのか前半程はやられるシーンもなく、フィードで存在感を発揮。
右サイドから対角線の逆サイドへ何本も正確なロングフィードを通していた。
なるほど、これが持ち味の選手なのか。

しかし後半28分、福岡のCKに城後寿が頭で合わせて福岡先制。
福岡にとっては理想的な展開。
蝶の様には舞わないが確実に突き刺す針の一撃。

ヴェルディは右SBの森を下げて小池純輝をピッチへ。
さらに高木をFWに入れて高原との2トップに。
左SBの福井諒司をスライドさせた3バックかな?

ヴェルディの攻カード投入もゲームを大きく動かすまでには至らず。
試合終了。
最後まで福岡GK神山竜一が立ちはだかるゴールをこじ開けられなかった。

ヴェルディは攻めの形は造れていた。
開幕戦ということと三浦監督の(諸事情により)不在という条件を考えればなかなか良かったとも言えるのではないか。
ただ守備を安定させるまでには時間がかかりそうだ。
3バックも考えているのかな?とも思う。
2CBが少々バタついていたし少なくともこの試合では福井の「SBとしての」良さはあまり見られなかった。
まあSBの層がお世辞にも厚いとは言えないチーム事情もあるだろう。
あれこれとやりくりしていくなかでハマっていくのを待つしか無いのかもしれない。
さらに欲を言えばもう一人中後の他にも計算出来るアンカータイプのボランチがいればとも思うが.....
中島はチーム最多シュートじゃないかな?
ユースの頃はトップ下からボランチもやっていたが中盤を菱形にするなら(なんなら3-5-2でも)トップ下で観てみたい選手だ。
サイドでのドリブル突破やパスセンスも魅力だがセカンドトップの位置に入ったときは「使われる」ことにも長けた選手。
高原の近くでプレーさせてみたい。
高原はFWとしての基礎能力が高く、前線で張れるしサイドに流れてボールを呼び込む事も出来る。
この試合ではサイドに流れた高原を(チームも自身も)持て余し気味に見えたので出来るだけスペースと共に使っていきたいところだ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ