ザ・フットボールハスラー 〜関東大学サッカーリーグ戦:関東学院大学vs青山学院大学〜

スカウトのフリして高校野球見に行くの楽しすぎwwwwww|ねたAtoZ

まあネタやろうけど悪趣味やな。
サッカーのスカウトって野球みたいに「スピードガン」っていうわかりやすいアイテムないからパッと見わからんよね(でもスカウトやなく、ただ単に趣味でスピードガン持って野球観戦してる人もおりそうやな)
メモ取りながら観戦しとる人はスカウトに限らず結構おるしな(ちなみに僕はメモを取ってないし取った事無いんよね。ハーフタイムや試合後に携帯でtwitterにメモ代わりに書き込んでるけど。あとモバゲーの『アイドルマスターシンデレラガールズ』やってるで。育成年代の試合の合間合間にアイドルも育成しとるんや)
よしッ!
僕も今度この格好でU-18や大学サッカーの試合観に行ってみるか!

katagiri.jpg

"片桐庄七"の誕生や!

JR東日本カップ2013 第87回関東大学サッカーリーグ戦 2部
関東学院大学vs青山学院大学

IMAG0192.jpg

関学の布陣は4-4-2
ベンチには2012年の「庄七堂’sユース・アウォード:ベスト・イレブン」に選出した前橋育英の三橋秀平くんがいる

青学の布陣は4-1-4-1
ポジションの表記上はゼロトップだが実際は後藤拓斗くんがワントップ。

さて、試合。

前半、関学の攻撃は縦に素早く仕掛け、球離れも良い。
シュートまで持ち込むという意識が高く観ていて小気味良い。
右サイドはSH山本真也くんのドリブルとSB木村魁斗くんのクロスからチャンスを演出。
バーとポストに嫌われた惜しいシーンもあり前半のペースは関学が完全に掌握。
IMAG0193.jpg

青学はバイタルで横に繋いで崩そうとする意図は感じられた。
だがなかなか危険な縦のパスが入らない。
シュートに持ち込むまでにカットされてしまう。
カウンターのチャンスもパスの精度不足でフイにしてしまうシーンがチラホラ。
そんな中で伊藤光輝くんの強引に持ち込んでのシュートが光る。
前半終了間際関学に右サイドからのクロスにファーで決定的なヘッドを合わせられるもGK高橋博昭くんが好セーブで防ぐ。
IMAG0194.jpg

後半になると青学のチャンスシーンが増える。
手数をかけずにシンプルに裏を狙う動きを織り交ぜ横のパスに加えて縦への飛び出しが増えた。

関学は後半28分に山口聖矢くんを右SBに投入し木村くんを左SHへ。
セットプレーに加えてカウンターで虎視眈々とチャンスを狙う。

終盤、関学が右サイドからゴール中央へ持ち込んでフリーで決定的なシュートを放つも青学のGK高橋くんが左手一本でセーブ。
身体は右に倒れ込みながらコース左に飛んで来たシュートを左手で弾き出す。まさに超セーブ。

双方決定機を迎えながら決め切れず。
0-0のドローで試合終了。

関学は前半の勢いのまま押し切ることが出来ず。
チャンス自体は複数回あっただけに勿体無いドローと言えるだろう。
だが選手の特徴を活かした攻撃への姿勢は好印象。
気になった選手が何人かいた。
FW萱沼優聖くんは攻撃陣の勢いを加速させる存在だ。
ボールを持ったら前を向いて仕掛ける積極的な姿勢が良い。
さらに前線からのチェイシングも惜しみなく激しい。
右SH山本くんは縦への仕掛けが魅力だ、一歩目からグイグイ加速するスピードで相手を引き離す。
右SB(左SH)の木村くんはクロスの精度もさることながら質も良い。
やや遠く浅めの位置から巻き気味にファーへ"落とす"クロスが相手にとって脅威になっていた。
IMAG0195.jpg

青学は後半内容が良くなり押している時間もあった。
特に後半の入り方は凄く良かったと思う。
そこで決めていればまた違った展開になったのだが。
ペースを完全に掴むまでには至らず。
GK高橋くんが二本ビッグセーブを発動していなかったら危うい試合だった。
無失点に抑えることが出来たのはGKは勿論CBコンビの奮闘もあってのこと。
特にCB京谷季樹くんはフィードも良いものを持っている。
この試合で注視した選手は一年生の伊藤光輝くんだ。
中盤でのボール配球、DFを背負いつつ後方からのボールを受けてターンする際に「相手を躱す」「前を向く」二つの動作が一連となり実に滑らかで一切の無駄がない。
前線で二人、三人と囲まれてもボールを離さず突進する鬼のようなキープ力も見せてくれた。
IMAG0196.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ