2000万パワーズ 〜「アミノバイタル」カップ2013:明治大学vs流通経済大学〜

キン肉マン「超人総選挙2013」開催中!

ブラックホールとキン肉マンマリポーサとザ・ニンジャに投票したで!
ブラックホールはこのシンプルな外見がええね。
tumblr_liu01wtdIQ1qz7x7bo1_500.jpg
アメコミのダークヒーローみたいや。

マリポーサはルチャが出来るからね。
kinnikuman2412.jpg
杖に頼らなければ普通にロビンに勝てたで。
というかマリポーサ版「マッスルリベンジャー(通称:偽マッスルリベンジャー)」のほうが難易度高いんちゃうか?

まあザ・ニンジャは何位やろうと
middle_1259168331.jpg
『順逆自在の術』で一位と入れ替わればいいのよ(まあブロッケンJr.も使えるけど)

投票締め切りは6月13日の24時までや!


「アミノバイタル」カップ2013 第2回関東大学サッカートーナメント大会
明治大学vs流通経済大学

IMAG0231.jpg

明大は4-4-2
スタメンには野間涼太くん差波優人くん室屋成くんと各年代の青森山田出身者が揃う。
ボランチの工藤将太朗くんは大宮ユース出身。
明大の選手として見るのは初めて。

流大は4-2-3-1

さて、試合。

前半3分、明大がCKを得る。差波くんが入れたボールに合わせたのは山越康平くん。明大先制。1-0

前半8分、明大野間くんが前線でポストプレー、右に落としたボールを和泉竜司くんが受けてミドル。
足元に入り過ぎてしまい力を込めて打ち切れなかったのかシュートのスピードはさほどない....と思ったらGKの頭上を緩やかに超えてネットに突き刺さる。2-0

前半10分、流大の鈴木翔登くんが一点を返す。2-1

前半ロスタイム、流大の江坂任くんが同点弾。2-2

前半終了。

前の試合に続き開始早々に試合が動く。
明大はボランチの二人を経由してボールを動かす。
差波くんが前目で工藤くんがアンカーというボランチコンビが理想的な縦の関係。
流大はちょっとDFの動きが固いかな?
何気ないシーンでのミスが目立った。

後半開始。
IMAG0230.jpg

後半30分、明大の梅内和磨くんからパスを受けた差波くんが左足でゴール左に決める。3-2
このゴールが決勝点となった。

試合終了。
明大が決勝に進出。

明大の工藤くんはユースではCBをやっていたけど明大ではボランチ。
ユース時代も足元の技術の高さ、パスの精度はズバ抜けていただけにボランチ起用も納得の出来。
ほとんどパスミスがなかったんじゃないかな?
かれがアンカーにいることで差波くんも思い切って前へ出て行ける。
和泉くんはSHで起用される事もあったがFWの位置だと「セカンドストライカー」としての資質を強く感じさせる。
前線で判断早くプレーを選択出来るので周りが活きるしなにより自ら得点する能力も持っている。
この試合は青森山田のアタッカー陣が活躍。
野間くんは去年はスーパーサブ的な出番が多くスタメンで見たのはこれが初めて。
元々テクニックもあるがこの試合ではDFを背負ってのプレーで好印象。
ポストプレーがかなり上達している印象を受けた。

この試合の"SMVP"は差波優人くんに。
1ゴール1アシスト。
ボランチから一列追い越して前線へ駆け上がり得点を決める彼の卓越した能力は高校三年時にプレミアイーストでのチーム内得点王、さらにボランチながらリーグの得点ランク3位と数字が証明している。
さらにこの試合ではボランチとしてのゲームメイク能力も見せてくれた。
工藤くんと差波くんの「2年生ボランチコンビ」は関東大学リーグでトップクラスかもしれない。
IMAG0234.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ