山田王国 〜高円宮U-18プレミアリーグ:市立船橋高校vs青森山田高校〜

二週連続でグラスポ!
ちなみに会場では中学生のソフトテニス大会が行われていたで。
ワイはテニスよう知らんのやけど中学生のテニスの試合というのは、、、
対戦相手を客席まで吹っ飛ばしたり、、、
e7624f73.jpg

果ては"五感"を奪う恐ろしい競技らしいんやが、、、
dd9d7b98-s.jpg

試合観戦中に隣のサッカー場まで選手が吹っ飛ばされるという事はなかったで。
一安心。
ソフトテニスやからかな?

高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグ イースト
市立船橋高校vs青森山田高校

IMG_1185.jpg

市船は4-1-4-1
スタメンは前節のヴェルディ戦から変更なし。

山田は4-2-3-1
春先に行われたプレミアリーグ三菱養和戦の時は3バックだったが4バックに。
180cmオーバーの3CBによる「青い山脈」から186cmのCB菊池流帆くんは残っている。

さて、試合。

前半1分、立ち上がり早々山田が右サイド裏のスペースへロングフィード。ボールはカットされたがCKを得る。
右からのCKを山下優人くんがゴール前へ、ゴール中央で菊池くんが最高到達点でへディング。
ゴール右に叩き込む。1-0
よく「頭一つ分」と言うが彼の場合「頭二つ分」は高かった。

前半40分、山田の右SB小笠原学くんが右サイドからクロス。
ゴール前でヘッドを合わせるも市船GK志村滉くんが横っ跳び、左手指先でなんとか弾道を逸らすもポストに当たって跳ね返ったボールを丹代藍人くんがダイレクトで豪快に蹴り込む。2-0

前半終了。

市船は前半、シュート一本あったかどうか.....
開始早々の失点は出会い頭のフラッシュダウンのようなもので充分巻き返すだけの時間はあったのだが。
山田のコンパクトな陣形からワンタッチ、ツータッチで繋いで来る中盤に対応し切れていない。
トップの磯野隆明くんにロングボールを当てようとするもCB菊池くんに跳ね返される。
古屋誠志郎くんと矢村健くんが中盤の底から押し上がって前線に絡むシーンがあまり見られなかった。
逆に山田の切り替えの早さに翻弄される形に。
IMG_1186.jpg

山田はラインを高く保ちコンパクトに。
好守の切り替えが滅法速い。
ただし闇雲にハイプレス、ショートカウンターを狙うスタイルではない。
トップ下の山下くんが中盤で好守の緩急を付ける。
守備では市船の縦のラインを切断。
前線からのプレスでCBから中盤への縦軸を寸断する。
IMG_1187.jpg

後半開始。

山田、前線へのロングボールがPA手前で大きくバウンド。
頭上を越すボールを前線の丹代くんが背後に付くDFと体を入れ替えながら前を向いてPAへ持ち込み右足でシュート。
決定的だったが右ポスト直撃。
IMG_1189.jpg

後半35分、市船のアンカー椎橋慧也くんから前線の磯野くんへ。
PA付近でボールを受けると柔らかな切り返しでDFを一人躱してシュート。市船一点返す。2-1
IMG_1188.jpg

山田のプレスが掛かり切らなくなってきた。
市船は右SHの永藤歩くんが右サイドフリーでボールを持てる様に。
右を起点に中央を経由して逆サイドの鵜澤恵太くんへのルートが開通した。
右から鵜澤くんが左サイドフリーで受けて持ち込みシュートもサイドネット。
IMG_1191.jpg
さらに鵜澤くんが左サイドゴールラインギリギリのところまで粘ってから矢の様に鋭いクロス。
ゴール前で磯野くんがへディングを合わせる、触ってはいたが僅かにミートし切れず枠外に。
IMG_1190.jpg

試合終了。
2-1で青森山田の勝利。

市船は後半らしさを見せた。
古屋くんと矢村くんがバイタルで攻撃に絡む場面も増える。
一点を返してからは右SB打越大樹くんもオーバーラップでサイドを駆け上がりSHの永藤くんをサポート。
"鶴翼の陣"の如くピッチの横幅を存分に使った猛攻を見せた。
空中戦では山田のCB菊池くん相手に少々分が悪かった磯野くんだが地上戦で見事なドリブルから一矢報いるゴール。
磯野くんはポストプレーの幅も広く質が高い。
"剛"だけでなく"柔"も併せ持つストライカーだ。
IMG_1193.jpg

山田はプレミア再開後から三連勝。
明らかにプレミア開幕時とは別チームになっている。
特に前半のサッカーは見違える程だった。
バイタルで山下くん丹代くん野口雄輝くんが小気味良くボールを繋いでいく。
CB菊池くんと平松遼太郎くんのコンビも上手く機能していた。
ロングボールは菊池くんが防波堤となり平松くんが掃討する。
後半はペースが落ちて終盤はちとバタついたが要所要所を締めるディフェンス。
さらに菊池くんは長身に加えジャンプ力もある。
先制点の様に相手の対策とマークを一瞬で無効化してしまう。
セットプレーは一種の凶器。
"凶器山脈"だ。
IMG_1196.jpg

この試合の"SMVP"は山下優人くん。
先制点のアシストに加えあらゆる攻撃のパターンを創造した。
中盤を彩る多彩な技術とボールキープ力。
好守の切り替えの際のワンクッションとなり選択肢を産み出す。
青森山田のゲームメーカーでありペースメーカー。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ