AME NI MO MAKEZ 〜関東大学サッカーリーグ戦:順天堂大学vs東京国際大学〜

西が丘での二試合目。
雨止まへん.....
ポンチョにくるまりジッと耐える。
塹壕の中の兵士の様な気分や。
手の感覚が無くなってきたで....

JR東日本カップ2014 第88回関東大学サッカーリーグ戦
順天堂大学vs東京国際大学

IMG_1277.jpg

順大は4-3-3
佐野翼くんがワントップで長谷川竜也くんがトップ下に入る。
順大は現在首位。

東国大は4-4-2
今年二部から昇格してきたチーム。
12チーム中10位

朝からの雨足は衰える事を知らず。
バックスタンド側のピッチには既に水溜まりが出来ている。
ドリブルやスライディングをするごとにキース・ムーンのドラミングさながらの水飛沫が舞う。

さて、試合。

立ち上がり間もなく東国大にチャンス。
右サイドからのクロスにバイタル中央で菅原翔太くんがシュート。
GK大畑拓也くんがブロックしこぼれ球に詰める東国大がシュートもポスト直撃。
さらに拾って中央に折り返し菅原くんが右足でシュートするもGK大畑くんがコース右の至近距離シュートを超絶反応で弾き出す。

前半25分、東国大の樋尾海人くんのシュートに順大DFがクリアミス。
遠くへ蹴り出せず近くに落ちたボールを樋尾くんが拾ってシュート。東国大先制。1-0

前半30分、順大が長谷川竜也くんのクロスから宮本和輝くんがへディングシュート。順大同点。1-1

前半終了。
雨は降り続き、ついにはバイタルの当たりも水でパスが止まるほど。
パススピードが足りないと即座に失速する。
選手達には速いパスと正確に足元へ収める技術が要求される。

後半10分、東国大のCK。上船利徳くんのキックにゴール前で樋尾くんが走り込みながら落ちて来るボールに足を合わせる。東国大勝ち越し。2-1

後半20分、順大の佐野くんが中央から右足ミドル。素晴らしい弾道のシュートが決まって順大同点。2-2

後半35分、順大の長谷川くんが右サイド深くから真横へPA内に進入するドリブル。
抜け出した長谷川くんの足をDFが引っかけてしまい倒してしまう。
順大にPKが与えられる。
長谷川くん自らキッカーに。
トリッキーで緩急をつけた助走からGKが先に体勢を崩したところで冷静に右へ流し込んだ。
順大逆転。3-2

後半44分、東国大のシュートがPA内のDFの手に当たってしまう。
故意では無いと思うが主審がしっかり観ていた。
笛が吹かれて東国大にPK。
キッカーは後半途中投入の若井祥吾くん。
GKにタイミングとコースは読まれていたがゴール左端ギリギリをGKが届かないコースに叩き込む。
東国大同点。3-3

試合終了。

東国大は首位相手に貴重な勝点1をゲット。
一年生の樋尾くんが2ゴール。
前線で張るだけでなく左右に流れてボールをキープ。
さらに一列下がってチャンスを創る。
これから残留争いに向けて正念場の試合が続くが東国大のラッキーボーイ的な存在になるかもしれない。

順大は佐野くんと長谷川くんのコンビが強烈な印象を残した。
清水商と静学の静岡コンビネーション。
佐野くんは一見細く見えるが驚く程コンタクトプレーが強い。
当たり負けしない強靭な足腰としなやかな上半身でボールをキープ出来る。
長谷川くんはバイタルで創造性を発揮。
ドリブルに加えてラストパスも狙える。
それを同時進行させる事が出来るのが彼の魅力だ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ