今日の平松くん 〜関東大学サッカーリーグ戦:専修大学vs国士舘大学〜

快晴の西が丘。
肌寒い日が続いたが今日は汗ばむ程の陽気。

JR東日本カップ2014 第88回関東大学サッカーリーグ戦
専修大学vs国士舘大学

IMG_1352.jpg

専大は4-3-3
トップは山川翔也くん。
新潟西高校出身。

国士舘は4-4-2
2トップは平松宗くんと山口和樹くん。
182cmと155cmの2トップ。
平松くんは新潟ユース出身で来季のアルビレックス新潟に入団が内定しているFW。
奇しくも両校のFWが新潟出身。

さて、試合。

国士舘の左SH荒木翔くんが左サイドからカットインして遠目からGKの頭上を越すループ気味のミドル。
僅かにバーの上。
さらに国士舘は専大DF陣のビルドアップをカットして前線の平松くんへスルーパス。
抜け出した平松くんがGKと一対一になるもシュートは右に逸れる。
IMG_1354.jpg

前半45分、国士舘は右サイドでスローイン。
右SB橘一樹くんがニアの平松くんにロングスローを合わせる。
後方に逸れたボールを専大がクリア仕損なってニアに転がりオウンゴール。国士舘先制。1-0

前半終了。

専大は明らかに攻撃のリズムが作れていない。
サイドからの短いアーリクロス気味のパスにFWが斜めに走り出して抜け出すシーンが何回かあったぐらい。
DFラインから細かく繋いでいくスタイルに変わりは無いが両ウィングのところで攻撃が詰まってしまう。
守備ではCB河津良一くんが平松くんを空中戦で抑える。
IMG_1356.jpg

国士舘は前半左SHの荒木くんが一番印象に残った。
サイドでガンガン仕掛けるドリブルからカットインして中央へ切り込む。
攻撃の基本は前線の平松くんに預けて展開する形。
DFを背負ってボールをキープし味方の追い越しを待つ。
山口くんはポストから裏への抜け出し、さらにセカンドボール奪取で前線と中盤の繋ぎ役として躍動。
前線の2トップが有機的な絡みを見せる。
IMG_1353.jpg

後半開始。

専大はハーフタイムに中村俊介くんに代えて佐藤遵樹くん。
前半の30分に既にウィングを私市一樹くんに代えている。
速い段階で二人交代し修正してきた。
IMG_1355.jpg

後半13分、専大が右サイド佐藤くんのクロスにニアで山川くんがダイレクトで合わせて同点。1-1
佐藤くんの鋭いクロスに山川くんのDFを置き去る素早い二アへの走り込み。

国士舘はバイタル中央で山口くんから左の平松くんへ。
PA内でフリーになった平松くんのシュートを専大GK福島春樹くんが瞬時に距離を詰めてブロック。

国士舘は後半17分に海野智之くんに代えて平野佑一くんをボランチに。
後半20分には荒木翔くんに代えて進藤誠司くんを左SHに。

専大は左サイド東大樹くんがDFラインの裏に抜け出してGKと一対一。
国士舘GK小澤章人くんが至近距離からのシュートをブロック。
専大の厚みを増すサイドアタックに国士舘は対応し切れず付き切れない場面が目立ってきた。
IMG_1357.jpg

後半39分、専大が国士舘のバックパスをカットした佐藤くんが前線の山川くんへラストパス。
DFに付かれながらも強引にシュート。ブロックされるがこぼれ球はゴールへ。専大逆転。2-1

国士舘は後半41分、山口和樹くんに代えて林祥太くん。
IMG_1358.jpg

後半45分、国士舘が右サイドから中央の林くんへ。林くんは左サイドの進藤くんへ素早く展開。
進藤くんが左サイドから強烈なミドル。
弾丸の様なシュートが完璧なコースでゴール右上段に突き刺さる。国士舘同点。2-2
これまでスーパーセーブでゴールを守ってきたGK福島くんだがあのシュートは致し方ない。

試合終了。

専大は前半から見事な修正を見せた。
停滞していたサイドアタックが活性化。
常時二人が絡む分厚い攻撃で国士舘のサイドを切り裂く。
国士舘のロングボールにはCB河津良一くんの卓越した寄せとカバーリングで対応。
175cmの河津くんだが平松くんとの空中戦では一歩リード。
身長差をポジショニングとタイミングでカバー。
この二人のマッチアップは見応えがあった。
主力の仲川輝人くんが怪我で離脱している専大だが山川くんの2ゴールは明るい材料。
鋭い裏への飛び出しと決定機を逃さないストライカーとしての嗅覚を見せてくれた。
IMG_1359.jpg

国士舘は後半はサイドとバイタルで劣勢に立たされる場面が多かったが粘り強く対応。
防戦一方にならずにカウンターでゴール前まで迫る。
ボランチに平野くんが入った事で攻撃の選択肢が増えた。
林くん進藤くんと途中出場の選手達が最後の最後で決定的な仕事。
平松くんは多少寄せられてもビクともしない体幹の強さを活かして前線のターゲットに。
そのフィジカルはDFを背負った時にこそ真価を発揮。
背筋を伸ばして上体を起こしたままキープが出来るので視野も確保しつつパスが出せる。
サイドで三人に囲まれても奪われずにアウトサイドでパス。
縦パスをダイレクトにヒールで流すなど多彩なポストプレーを見せる。
FWとして決定機は三回程あったがこれは全て止めた専大GK福島くんが凄過ぎた。
IMG_1361.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ